夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

#野鳥観察

大宮第三公園でハシビロガモと遭遇 2021

春本番が近づき野鳥観察も残りわずかですね。
鳥たちも次々北へ旅立つ日が近づいています。

梅林から大宮第三公園へ。
北へ渡るための腹ごしらえに余念のない鳥たち。
ツグミさんをたくさん見かけました。
IMG_0201
IMG_0248


初めてハシビロガモとご対面。
スコップのような嘴がかわいいですね。
こちらはつがい。
メスは地味で他のカモとの見分けがつきにくいですが、この嘴で見分けるそうです。
IMG_0229
求愛のポーズ。
IMG_0241
IMG_0245


まるで老夫婦のようにまったりくつろぐヒドリガモのつがい。
IMG_0225
こちらはカルガモのつがい。
IMG_0217

ダイサギもいました。
IMG_0219


公園の柳は芽吹き始め、少し緑がかってきました。
IMG_0250

トモエガモ再び ヤマガラさんともご対面 2021

午後からご近所公園へ。

すでに北への旅路についたと思っていたトモエガモと再会。
常連さんからの情報によると、私たちが見かけなかった日は芝川第一調整池までお散歩に出かけていたらしいです。

元気なトモエガモと再会し、陸地もウロウロ。
陸に上がると体の小ささが際立ちますね。
あの小さな体でよく頑張っています。
IMG_0040
IMG_0055
IMG_0060
IMG_0069
IMG_0095
IMG_0101
IMG_0107
IMG_0133


そして林で見つけたヤマガラ。
初めて見る野鳥です。
よく見るとエサが撒かれていてそこへ集まるようです。

写真を撮るためにおびき寄せているようですが、ちょっとなんだかな?という気がしました
IMG_0187
そしてシジュウカラ。
IMG_0194
IMG_0199

木の枝に留まっていたのはジョウビタキ?
IMG_0173

見沼自然公園で見かけた鳥たち ツグミ、バン、カイツブリ 2021

昨日の見沼自然公園で見かけた鳥たち。

残念ながらトモエガモとは会えず。
急に暖かくなったので、北へ旅立ったのか、それとも別行動していたお父さん、お母さんと合流し一緒に旅立ちの準備をしているのか、いろいろ想像は尽きないです。

他のカモたちは群れで移動するので守られますが、トモエガモ一羽で長距離移動は大変ですよね。
できることなら、お父さん、お母さんと合流し無事に北国へ旅立ったと思いたいです。


もうすぐ旅立つカモたちはエサ取りに夢中。
IMG_0137

ヒドリガモつがい。
IMG_0026 (2)
オオバン。
IMG_0050
オナガガモとヒドリガモ。
IMG_0129
コガモ。
IMG_0062
IMG_0066
オカヨシガモつがい。
IMG_0073


この地で子育てするカルガモたちはエクリプスという繁殖羽が目立ちます。
IMG_0080


林の中にはツグミ。
IMG_0032
池の中州にはバンの幼鳥。
IMG_0043
カイツブリも潜ってエサを獲っていました。
IMG_0092


あと少しで会えなくなるカモたち。
来年もまたここへ戻ってきてくれますように。

大宮第三公園で野鳥観察 ヨシガモ・カワセミ・ツグミ 2021

大宮第二公園梅林で梅見を楽しんだ後、第三公園へ。
香りロードを歩き芝川へ。

橋から眺める芝川にはたくさんのカモたちが...
いつものお散歩コースの芝川はカモがめっきり減っていましたが、こちらへ移動したのですね。
IMG_0235

みぬまの沼で早速カワセミさんにご対面。
日影のため羽のキラキラ感がなくちょっと残念。
IMG_0239

沼のほとりにアオサギとダイサギ。
IMG_0249
IMG_0253


初めて見るヨシガモのつがい。
IMG_0251
IMG_0262


大木の上にたたずむダイサギ。
首がこんなに小さくたためるなんて不思議。
昔、近所のサギ山公園にはたくさんのサギが生息し、こうして木の上に巣を作り、木が白い山のように見えたそうです。
そんなサギ山公園のサギたちは絶滅してしまったそう。
IMG_0267

もうすぐ北へ帰るツグミ。
IMG_0279


沼のほとりの野鳥観察舎に面白い展示があったので紹介しますね。
IMG_0273
IMG_0270
IMG_0271
IMG_0272


次第に長い旅に出る準備を始める鳥たち。
野鳥観察もあとわずかです。

大宮第二公園梅林へ 2021

寒波も通り過ぎ午後からは暖かな日差しが降り注ぎ、久しぶりに大宮第二公園の梅林へ。
例年はお彼岸近くなって訪れることが多かったため紅梅は散ってしまっていることが多かったですが、今年はバッチリ。

白梅はまだ蕾の固い木もありましたが、いつもと違った梅見が楽しめました。
お散歩している人もそれほど多くなく、密にならずにゆったり。
IMG_0009
IMG_0018

八重寒紅。
IMG_0003
森の関。
IMG_0007
曙枝垂。
IMG_0015
IMG_0053
IMG_0061

IMG_0025

芳流閣。
IMG_0028

宇治の春。
この梅林に2本しかない珍しい梅。
IMG_0038
IMG_0041

藤牡丹枝垂。
IMG_0068
IMG_0071
IMG_0073


蠟梅もまだまだ見ごろ。
IMG_0077

空が青いから梅の花が映えます。
IMG_0086

白加賀。
IMG_0093
大盃。
IMG_0097

白梅と紅梅のコラボ。
IMG_0110

花香実。
IMG_0216
紅冬至。
IMG_0122
鹿児島紅。
IMG_0126
見驚。
IMG_0181

八重冬至。
IMG_0141
IMG_0152

八重寒紅。
IMG_0158
八重満月枝垂。
IMG_0173

こちらからも入れます。
IMG_0189
今年の梅まつりは感染拡大防止のため中止に。
IMG_0190



テニスコート脇の道にも梅の大木が。
未開紅。
IMG_0209


この後第三公園へ野鳥を見に行きます。
そちらの様子は次回に。

トモエガモも独り立ちの時期に 2021

2度目の緊急事態宣言が首都圏で発令となるとの報道。
この状況を考えれば致し方ないのかもしれません。

いくら自粛を呼びかけても我慢できずたくさんの人が箱根駅伝の応援を沿道でしてしまうという現実。

人には厳しくしても自分には甘く、他の人がやっているのだから自分もと考える人の何と多いこと...


言葉では営業短縮になる飲食店の大変さに理解を示しながらも、自分たちの予定してきた行事は変更しようとしない行政。

そんなことが見え見えだから、強制してまで従わせようとするのだったら、まず成人式の見直しなど考えてほしいですね。

一生に一度の成人式であっても、生活を削ってまで犠牲になる人たちの重さに比べれば自ずと答えは出てくると思います。(夏に成人式でもいいじゃないですか)



なんて、いろいろ考えると気が重くなるので、昨日のトモエガモの様子をお伝えしたいと思います。

暮れには2羽いたトモエガモも1羽に。
こちらに残ったのは若い方のトモエガモで、多分息子トモエガモだと思います。

飛来したばかりの時は奥に隠れなかなか出てこようとしなかった息子トモエガモも、今ではお父さんの定位置に陣取り、他のカモたちともすっかりなじんでいます。

多分お父さんトモエガモは自分が慣れ親しんだ越冬地を息子に譲り、奥さんと別な越冬地に移動したものと思われます。(私の妄想)

カモの寿命が7年くらいと考えるとお父さんトモエガモは来年はこの地に飛来できないかもしれません。
息子がこの地できちんとやっていけることを確認し、移動したのでしょうね。

また来年この若いトモエガモがここへ戻って来れることを願って、様子を見守りたいと思います。
IMG_0002
IMG_0017
IMG_0024
公園を一周してきたら、池で泳いでいました。
IMG_0111
IMG_0131
IMG_0133
オナガガモ、オカヨシガモと共に。
IMG_0122
オオバンとも。
IMG_0147


それ以外のカモたちの様子ですが、やはり昨年に比べると少ない気がします。
芝川の工事の影響で、どこか別な地域へ移動したのかもしれません。
IMG_0100
オナガガモ♀
IMG_0031
カルガモつがい。
IMG_0035
オオバン。
IMG_0062
カルガモのお通り。
IMG_0053
池の氷の上を歩くコガモ。
IMG_0073
オナガガモ♂幼鳥。
IMG_0077
オナガガモ♂成鳥。
IMG_0081

まだしばらくは冬の楽しみ野鳥観察ができそうです

ようやく間近でトモエガモと再会 2020

今日は暖かな日差しの一日でした。

午後から芝川第一調整池へ。
残念ながらハクチョウさんとはお目にかかれず。
カンムリカイツブリはたくさん泳いでいました。
IMG_0028

中洲の奥にはダイサギやアオサギ、カンムリカイツブリ、カワウなどたくさんの鳥たちがいました。
IMG_0054
池が浅くなり、エサが取りやすいのか、今年は例年以上にダイサギが多いです。
IMG_0083


場所を移してトモエガモの様子を見に。
まだまだきれいなモミジです。
IMG_0108

ようやく公園に慣れてきたのか、毎年飛来しているお父さんトモエガモは他のカモたちと泳いで岸の近くまで来ていました。
IMG_0123
IMG_0137
IMG_0259

今年初めて飛来した息子のトモエガモはまだ奥の方で用心深く泳いでいます。
IMG_0173
IMG_0186
息子が心配で傍を離れないお母さんカモ。(私の妄想です)
IMG_0194

オカヨシガモ。
IMG_0205
オオバン。
IMG_0224

ダイサギの飛翔。
IMG_0213
IMG_0218

お気に入りの場所でくつろぐお父さんトモエガモ。
IMG_0295
IMG_0296

ようやくなじんでくれたトモエガモ親子。
無事この冬をここで過ごしてほしいものです。
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 大宮第二公園の香りロードのハーブたち 2021
  • 我が家の今日のバラ クィーン・エリザベス 2021
  • 我が家の今日のバラ クィーン・エリザベス 2021
  • ベランダでミニトマト栽培 <2>サントリーのミニトマトの花が咲きました
  • ベランダでミニトマト栽培 <1>今年1回目のわき芽かき
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
  • 大宮農林公苑のバラ園とポピー、矢車菊、ネモフィラ お花いっぱいの公園を散歩 2021
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー