夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

映画

メイン州のリンゴ畑とロブスター アーヴィングの名作を美しい映像に仕上げた「サイダーハウス・ルール」

梅雨寒のサイタマです。

久々撮りだめていた映画を見ました。

ジョン・アーヴィングの名作「サイダーハウス・ルール」。
脚本も彼が手掛けています。

ルールという言葉がより重みを増している昨今。

孤児院で育った一人の青年が、彼が成長するまで温かな愛情を注いできたラーチ医師の元を離れリンゴ園で働きながら自立していく様子を美しい映像で描いている。

まず日本ではほとんどあり得ない貧しい者、困っている者に差し伸べる手、視線の温かさ。
住宅事情や宗教的価値観の違いなど様々な違いがあるにせよ、セカンドチャンスのほとんどない日本では、こうした人たちを受け入れる寛容さはほとんど持ち合わせていないといっても過言ではない。


そんな彼がリンゴ園で見つけたルール表。
厳しい労働の中で、ルールは押し付けられるものではなく、自分たちで作りだしていくものだと学んでいく。

そこには青春ストーリーとして淡い初恋、他人と共同して働くことの困難さ、そして近親相姦という衝撃的な出来事などが描かれている。


そんな厳しい環境だが、基本人々は温かく善として描かれている。

それはメイン州のリンゴ畑や海、草原など四季を通して移り変わる美しい自然の映像と相まって、より優しい印象を与える。


一回り大人になった彼が育った孤児院へ戻っていくところで、この映画は終わる。

いかにもアメリカらしい、自力で人生を切り開いていく物語。
だが決して一人ではなく、周りの温かい励ましもある。

ある意味、古き良き時代のアメリカだが、それだけでとどまらず、やはり一人の大人として成長していく過程をふんわり柔らかく描いていることにホッとさせられる。

こんな映画は大人だけでなく、これから大人になろうとする思春期の子どもたちにも見てもらいたい。

ピューリッア―賞受賞の名作を厳しい自然の情景豊かに描く「シッピング・ニュース」

久々映画の紹介です。

1993年にピューリッアー賞と全米図書賞を受賞した「シッピング・ニュース」。
日本で翻訳され間もなく読んだ記憶があります。

かなりずっしりした読み応えのある長編で、祖先の住んでいたニューファンドランド島へニューヨークから移り住む父と娘、そして父の異母妹が繰り広げる物語。

原作ではそれぞれロープの結び方がタイトルになっていて、移り住むまでの経緯が事細かに語られる。
主人公のクオイルは厳しい父の元、落ちこぼれとして蔑まれ、妻にも同様の扱いを受ける日々。
そんなある日、妻を自動車事故で亡くし、亡くなった父の故郷ニューファンドランドへ向かう。

そこでの過酷な自然、街の人との交流、新たな出会い。
原作では気の遠くなるような些細な出来事を丁寧に描写している。


2002年に制作されたこの映画では、そういった長編の重たい文章をうまく掬いあげ、凝縮されたエッセンスを表現している。


映像で表現されるニューファンドランドの厳しい自然。


積み重なった過去が祖先の家が大嵐によって吹き飛ばされることでクリアになっていく。
その彼の再生の物語は、良くあるテーマかもしれないが、やはり圧倒される自然描写でそれをうまく補っている。


お気に入りの原作が映画化されるときは大抵ガッカリするものだが、この映画はある意味原作を超えた素晴らしい出来。

できることなら気の遠くなるような原作を読んでから映画を見ると、さらにその良さが伝わるかもしれない。

新しい視点からホロコーストをとらえアフリカの映像が美しい「名もなきアフリカの地で」

朝からどんよりしたお天気です。
今年一番の冷え込みで、日中も寒そう


久しぶりに感動する映画に出会えたので紹介しようと思います。

2001年のドイツ映画「名もなきアフリカの地で」。
アカデミー賞外国語映画賞も受賞しています。

ヒトラーが台頭し始めた1938年。
ユダヤ人の弁護士一家がいち早く迫害から逃れるため、アフリカのナイロビに移住する。

そこでの暮らし、アフリカの人たちとの交流、文化、そして故郷を離れて暮らす夫婦の葛藤。
様々な要素が少女の成長と共に描かれています。


この映画の冒頭で描かれる1938年は、裕福なユダヤ人社会ではパーティーが開かれ、ヒトラーは一時的なものいずれドイツの良識が勝つと大半の人は思っていたことに驚きを覚えました。

それがあっという間にナチが台頭し、国民同士が殺しあう悲劇。

戦後、弁護士一家がドイツに戻ることになっても、国民同士が憎みあった社会に戻るのが怖いと語る場面では、同じ国民同士の対立を煽り戦争へと加速していったというドイツの複雑な状況が描かれています。

この映画がドイツで制作されとことに意味があり、戦争を引き起こしたものに対しての様々な謝罪も含めて描かれていると思います。


一方その時代の問題だけでなく、便利な文明社会から何もないアフリカの地へ移った夫婦の戸惑い、そして次第にそれを受け入れ、生きていく生活のあり様。

当初は愚痴ばかり言っていた母親が違いは素晴らしい、違いこそ進歩の源と語る場面は感動的。


様々なアフリカの風習、お祭りも美しい映像で語られています。

コックの現地の男性と少女の交流。
最後に拾って育てた野良犬と一緒に去っていくシーンは一編の詩のような美しさです。

ロンドンの地下鉄、スコットランドの荒野 英国の魅力がいっぱい詰まった「007スカイフォール」

見逃していた007のシリーズ「スカイフォール」がCSで放映されました。


「007」シリーズの23作目ということですが、今までの007とは全く違った魅力を持った作品で、私の中では一番のお気に入りかも。


初期の007の派手なアクションや毎回登場するボンドガールなどはほとんど影を潜め、英国らしい魅力に詰まったシーンが数々登場します。



冒頭のイスタンブールでのアクションシーンから上海・マカオの美しい夜景。

そしてロンドンの地下鉄で繰り広げられる逃走劇。

最後はスコットランドの荒野の古い石造りの館でのアナログな死闘。



今までのハイテクの最新兵器から英国らしい人間関係の葛藤が描かれるストーリーになっています。


その中でも重要な役割を果たす「M」。
7度目の出演というジュディ・デンチの演技が光ります。


初期の007の時代は東西冷戦でしたが、完全懲悪では当てはまらない時代がやってきたときに、最後に描かれるのは人。

そして英国の美しい風景。


初期の作品のアクションを期待していた人にはがっかりかもしれませんが、英国ドラマ好きならはまるかもしれません。

久々、すっきり楽しめた映画でした

戦争映画が好きでない私が感動した「キリング・フィールド」

少し前NHKBSで放映された「キリング・フィールド」。

ようやく見ることができました。


戦争映画というジャンルは私が苦手とするもので、よっぽどの話題作でもない限り、基本パスすることが多かったです。


そんな私が久々感動した戦争映画でした。



特に米国の映画会社制作の戦争映画はベトナム戦争を題材にしたものが多く、残虐な戦闘シーンが延々と続き、見続けるのが苦になり、途中飛ばしてしまうこともしばしば。


「キリングフィールド」は英国・米国の共同制作ですが、英国の映画会社が制作を担ったため、戦闘シーンで戦争の残虐性を訴えるというより、そこに登場する人物を丁寧に描くことにより、当時の
カンボジアで起きたことをリアルに訴えかけています。



「キリング・フィールド」はピュリッツァ賞を受賞したニューヨーク・タイムズのジャーナリストの実体験に基づいて制作されました。


そのため、派手なアクションはなく、彼の助手を務めていた一人のカンボジア人との交流が淡々と描かれています。


その中でポルポト政権の恐ろしい虐殺など、彼の目を通してみた体験として描かれています。


命がけで今何が起きているのか伝えようと努力するジャーナリストたち。


そして自分たちが正義と信じて疑わず、それ以外を排除しようとする人たちの怖さ。
(日本の野党にもそういう方々いますよね)



最後は二人が奇跡的に再会するシーンで終わります。


正義という大きく振りかざしたものより、米国、カンボジアという国籍を超えた交流。

それは何より作者のジャーナリストの強い思いだったのかもしれません。

原作の美しい文章の魅力そのまま、そしてスペンサー・トレイシーの名演光る「老人と海」

昨日NHKBSで放映された「老人と海」。


元々ヘミングウェイの作品は大好きで、簡潔な文体と乾いた空気が私好みでほとんど読破しています。

その中では「老人と海」はノーベル文学賞受賞に寄与した作品ではあるのですが、私的にはちょっと苦手だった作品。

巨大な魚と老人との長い長い闘いのシーンが私にとってはちょっと退屈でした


そんなわけでいくつも映画化されたヘミングウェイの作品の中で、これだけは見逃していました。

見始めると思わず引き込まれるヘミングウェイの世界。

簡潔で美しい文章がそのままナレーターとして登場します。
スペンサー・トレーシーも小説のイメージそのまま、いい感じで年老いた漁師の役を演じています。

そしてハバナの酒場の雰囲気、美しいメキシコ湾の映像。
どれも映像の世界ならではの表現です。

ちょっぴり退屈だったカジキマグロとの死闘もリアルに描かれ、そこで負けずに頑張る姿はやはりアメリカ映画ですね。

自然は征服するものという欧米の考え方と自然は同化するものというアジア的な考え方の違い。

ここまでの死闘はやはり日本人には抵抗があるかもしれません。


最後は少年の温かい言葉に救われます。
死闘は一人だったけれど、迎え入れてくれる人がいるということに...

老人だけでなく、見ている私たちにとっても救われるシーンですね。

チャップリンの役者魂を痛いほど感じる「ライムライト」

ちょっと前ですがNHKBSで放映された「ライムライト」。
何十年ぶりに見直し、若い時には気づかなかったチャップリンの思い、痛いほど感じる視聴となりました。


この映画に関しては評価もまちまちで期待外れだったという声もありますが、私的には見直すことで新たな発見のあった映画でした。

若かりし頃は輝き、人気絶頂だった道化師カルヴェロ。
若く美しく心優しいテリーというバレリーナの命を救ったことから始まる交流。
(この辺はかなりチャップリンの理想の女性が登場していますね)


かつての輝きを取り戻したいともがき苦しむカルヴェロ。
老いていけば過去の栄光にしがみつき何とか自分を守ろうとする気持ち、今になってよくわかる気がします。

若く美しい女性に思いを寄せられるのも男性の最後の憧れでしょうか?
そんな彼の憧れを夢見ながら、最後には若いカップルの幸せを願い、舞台で亡くなるというこれまたチャップリンの生き方の理想が表現された形で映画は幕を閉じます。


初めてチャップリンが素顔を見せたということでもこの映画は評判に。
かつての舞台を演じる相手役としてこれまた喜劇俳優として有名なバスター・キートンが務めています。

アメリカの映画界を去る最後の作品ということで長年の盟友であった彼との共演も最後に果たしたかった夢なのでしょう。



映画の出来よりもチャップリンの思いが勝ったこの映画。
主題曲のライムライトと共にいつまでも心に残る作品です。
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • 素材を生かしたアメリカ発の料理番組 マーサの楽しい料理教室
  • 素材を生かしたアメリカ発の料理番組 マーサの楽しい料理教室
  • 素材を生かしたアメリカ発の料理番組 マーサの楽しい料理教室
  • 我が家の庭に仲間入りハナトラノオ 白い花がかわいい
  • 我が家の庭に仲間入りハナトラノオ 白い花がかわいい
  • 鈴虫飼育日記 <5>脱皮4回目 オス、メスの区別がつくように
  • 鈴虫飼育日記 <5>脱皮4回目 オス、メスの区別がつくように
  • 鈴虫飼育日記 <5>脱皮4回目 オス、メスの区別がつくように
  • 鈴虫飼育日記 <5>脱皮4回目 オス、メスの区別がつくように
  • 2回目ワクチン接種から3日目
  • 白のカサブランカが咲きました 2021
  • 白のカサブランカが咲きました 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー