夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

海外ドラマ

素材を生かしたアメリカ発の料理番組 マーサの楽しい料理教室

連日メダルラッシュに沸く日本列島ですね。
私的にはスケボーやカヌー、マウンテンバイクなどあまり日本で見ることができなかった競技の世界レベルの選手たちを見れるのが嬉しいですね。


ただ金メダルが取れて日本は素晴らしいと盛り上がるにはちょっと複雑な感情もあったりします。
これほど過酷な気象条件の中で、本来であれば世界ナンバー1だった選手が力を発揮することができず、この気象に慣れていた日本人選手が有利だとしたらフェアではないですよね。

連日天気予報で危険だから外には出ないでと言っておきながら、過酷な競技を繰り広げるのはどうかなと。
まあ、無観客で熱中症の患者さんが出なかったことが幸いですよね。

日本の組織委員会に騙されたという海外メディアの報道もあるくらいで、これだけSNSが発達し瞬時に情報がシェアできるこの時代に、昔のように臭いものに蓋はできない状況で、やはりオリンピック後、世界中からの評価が怖いですね。

素晴らしい自販機やトイレを自画自賛したところで、本質的に問題を捕えることなくスルーしているしっぺ返しはあっという間に来る気がします。

特に気候変動ということに関してヨーロッパで関心が集まる中で、人工的に作られたものがさらに温暖化を悪化させているということが問われてくるでしょう。



自宅でお料理が増えた方もいらっしゃると思いますが、日本では農薬まみれの野菜や保存料だらけ調味料にあまり気づくことはありませんよね。

特に若い世代では素材の悪さを濃い味で誤魔化すジャンクフードが大人気なのも心配なところ。

アメリカと言えばジャンクフードの代表のように感じられると思いますが、実は地場の野菜や放し飼いの鶏の卵など、かなりオーガニックの素材にも人気があります。

そんな定番のアメリカの料理を紹介しているマーサ・スチュワート。
彼女の料理番組が最近のお気に入り。
「マーサの楽しい料理教室」はFOXで放映されています。

最初はお料理の基本など紹介していましたが、最近は豪華なおもてなし料理まで幅を広げ、見ているだけで楽しくなります。

スーパーでは合わせ調味料が山ほど売られていますが、素材のいいものだったらシンプルにお料理するだけでおいしいですよね。

身近にハーブが植えてあるとより味付けが深まりますね。

最近はトウモロコシの芯を使ったスープストックが目に鱗でした。


ただ英国のジェイミー・オリバーのような文明の利器をあまり活用していないので、その辺は工夫が必要かもしれないですね。
IMG_0002
IMG_0003
IMG_0006

ちょっと期待外れ 「警視グレイス」

ピーター・ジェイムズの世界的ベストセラー、そして「ルイス警部」「刑事モース」の脚本家が手掛けた作品ということで前評判の高かった「警視グレイス」。

あまりに前評判が高かった割には平凡な作品で、ちょっと私にとっては期待外れに終わってしまいました。

ルイス警部や刑事モースのような奥行きやストーリーの美しさは感じられず、なかなか魅力ある主人公を作り出していくのは難しいなと。

主人公のグレイス警部を演じるジョン・シムも英国の名優ですが、あまりに無難すぎる演技にルイス警部や刑事モースのような愛着や共感を感じることができませんでした。

ちょっと訳あり警視も良くある設定で、第1話はまだ見ごたえもありましたが、第2話はちょっと退屈。
シーズン2もすでに制作決定らしいですが、どうなんでしょう?長く続くシリーズになるとは思えません。


主人公の役者さんを替えてキャラクターチェンジしたらまた違ったものになるかもしれませんが...

アイルランド発最新のミステリー 「息詰まる愛~なぜ夫は殺されたのか? Smother」

関東地方はまた梅雨空に戻り、湿気がものすごいので、かなりモアッとした空気です。

夏は4時起きですが、真夏になる前に庭の草むしり、薔薇の剪定、トマトの収穫...
なかなか忙しく働いています。

暑さでちょっとほったらかしにすると虫にやられたり、花の勢いがなくなったりと本当に正直です。
今年はまだ手をかけているので、きれいな状態が保てています。



このところBBCの新作が良く放映されるようになりました。
お家時間が増えてそれだけニーズがあるのかもしれませんね。

昨日一挙放映された「息詰まる愛」。
あまりに安っぽい邦題ですね。
原題のSmotherの方がすっきりして深みがあるのに...

BBCの作品ですが、制作はアイルランドの国営放送RTEで、今年3月に放映されたばかりです。

舞台はアイルランド。
地方の名家が物語の中心です。

名家ゆえその体面を取り繕うための嘘や策略、だましあい...
日本だとよくある出来事や事件なのかも知れませんが、やはりアイルランドや英国でもあるあるなのですね。

もしかしたらアイルランドの方が地元率が高くよそ者を受け入れない風土なので、英国よりよくあることなのかもしれませんね。


そんなこんなで、あまり新しさは感じることのできないミステリーでしたが、アイルランドの荒涼とした風景、そして何より主題歌がいい感じの曲でした。
調べてみましたが、主題歌はわかりませんでした。

ちょっとメローなタッチで、この曲だけで癒されますよ。
IMG_0001
IMG_0008

英国のモダンな新しさ感じるサイコ・サスペンス「刑事ジョン・ルーサー LUTHER」

ミステリーでもサイコ・サスペンスはあまり見ないことが多い。
やはり強烈なシーンはいつまでも頭に焼き付いていたりするし、重苦しい気分から抜け出せなかったりすることが多いから。


そんな私がお気に入りのサイコ・サスペンスがNHKBSで再放映されている。
飛び飛びの放映だと前の流れを忘れてしまったりするが、一挙放映だとそのままどっぷり世界に浸かっていられる。

現在シーズン5まで制作されているそうだが、今回はシーズン4までの全16話。

主人公のルーサー刑事を演じるイドリス・エルバはこのドラマでゴールデングローブ賞を受賞している。

これまでの英国ミステリーがどちらかといえば郊外が舞台になることが多かったのに対し、ロンドンの街なかで繰り広げられる事件はサイコ・サスペンスにふさわしいおどろおどろしい雰囲気も良く伝わってくる映像になっている。

そしてこのドラマで一番のお気に入りはアリス・モーガン演じるルース・ウィルソン。
彼女はノッティンガム大学で歴史を専攻した後、LAMDAで演劇を学んでいる。

ミステリーで言えば追われる立場の彼女とルーサー刑事との関係。
一方追う立場のルーサー刑事も問題だらけ。
ここまでやるのかというくらいあからさまに自分を出し、それが原因で様々な衝突も発生する。

そんな二人の関係と起こる事件を的確に解決していくルーサーの刑事としての腕前。
英国ミステリーではよく女性の上司が登場しますが、その能力の高さ、組織をまとめていく力はすごいですね。

シャカリキになって仕事一図ではなく、ちゃんとパブに行き好きなスコッチを飲む時間もあります。

第1話は2010年制作ですが、鋭い映像とモダンな音楽。

やはりBBCは世界ナンバー1の放送局ですね。
IMG_0003
IMG_0005
IMG_0008

北アイルランドを舞台に繰り広げられるBBCの新作「ブランニック警部~非常の大地」

またしても悲しい災害が発生してしまいました。
まるでスローモーションのように流れる土石流の映像。
スマホで簡単に映像が撮れてしまう時代だからこそ、実感のないセンセーショナルな映像に自分が体験したような気になってしまうところが恐ろしいところですね。

日本ではお役所に対して根深い不信感があるので、もう避難しなければ間に合わないといった情報が届いたとしてもそれを信用しないため、何とかやり過ごせるだろうと思って手遅れになってしまうことが良くあることです。

だからと言って自宅付近のハザードマップをきちんと確認してリスクを確認している人がどれくらいいるのかというと、それも甚だ疑問。
ハザードマップはちょくちょく確認しなくても、一度は自宅がどんな場所にあるのか確認するのに便利ですね。
我が家も少し離れただけでリスクのあるエリアもあったので、いざという時は重要ですね。



昨夜一挙放映されたBBCの新作。
私のお気に入りの「ボディガード」も手掛けたジェド・マーキュリオが製作総指揮をとっています。
今年2月に英国で放映された時は最高視聴率1000万人を超えたそう。

英国ミステリーには珍しく北アイルランドが舞台になり、事件そのものにも北アイルランドの紛争が色濃く反映されています。

2020年英国で注目の脚本家10人にも選ばれたクリス・ブラントンが脚本を手掛け、主人公のブランニック警部を映画「ホビット」などで有名なジェームズ・ネスビットが演じている。
どちらかというとこのドラマでは追う者の警部より追われる者にフォーカスし話は進んでいきます。

最後のどんでん返し、そして結論をみせない手法は進化している英国ミステリーを感じさせます。

北アイルランドの荒涼とした大地、そして英国でありながら、アイルランド語も使われる文化。
様々な要素がたっぷり詰まったBBCの新作ミステリーです。
IMG_0003
IMG_0005
IMG_0006

新技術を駆使しますます面白くなった スタートレック ディスカバリー シーズン2

鳴り物入りで始まったスタートレック ディスカバリーのシーズン1。
かなり重いダークな感じでちょっと見るのに疲れるなぁというドラマだったが、シーズン2ではその辺が一掃され、娯楽ドラマとしての単純明快な面白さが伝わってくるドラマに仕上がっている。


そもそも断片的にしかスタートレックも見ていないので登場人物含め、よくわかっていないところがあるが、そんな私でも十分に楽しめるドラマになっている。

宇宙をテーマにしたドラマは私たちの憧れであり希望でもある。
そんな宇宙を題材にしたドラマは山ほどあるが、やはりエンターティナー性を考えてもダントツ面白い。

この分野のドラマではそれこそ最先端の撮影技術が駆使されているが、このドラマではさらに臨場感あふれ、より面白さが増している。


今回重要な役どころスポックを演じるのは何とグレゴリー・ペックのお孫さんだという。
これからどんな演技を見せるのか楽しみ。
そして私の大好きな女優さんのマイケル・バーナムの活躍も見逃せない。

様々な人間関係の奥深さ、仕事として携わる警部の苦悩 英国ミステリーの傑作と評された「埋もれる殺意」期待にそぐわぬ仕上がり

金曜日にモデルナワクチンを接種し、昨日が腕の痛みのピークでしたが、今日はかなりマシになりました。
まあ、高齢者は副反応少ないという情報だったので、その通りかなという感じです。
2回目はどうなるかわかりませんが...

ようやく孫のバースデイパーティーにも行くことができちょっぴり気が楽になりました。
インド株は手ごわいので2回目の接種が終わり抗体ができるまでは油断せず、感染予防に努めます。



昨日放映された「埋もれる殺意~18年後の慟哭~」。
さすが英国メディアで絶賛されただけあり、見ごたえたっぷりでした。

全6話で一つのストーリーを構成しているので、普通なら端折ってしまう登場人物一人一人を丁寧に描いています。
そこにはその事件にかかわる人だけでなく、事件の解決に尽力する警部キャシーも。

キャシーを演じる二コラ・ウォーカーは2018年のTVスター100人に10位に選ばれたほどの人気と実力を兼ね備えた女優さん。

彼女の警部として仕事っぷりは見事だが、そんな彼女も父との関係など悩みは多い。
だからこそ、被害者の両親の思いに寄り添い心から犯人逮捕のため全力を尽くすことに。


そして一人の少女の白骨遺体を巡り、犯人とそれを取り巻く友人や家族。

最近の日本でも好きな人に思いを遂げられないからと刺し殺したり、思い通りにならないと子どもを殺したり、親との意見の違いから殺したりと様々な事件が起きています。

なかったことにして蓋をすることができない、様々な人との関係。

あまりに表面的に取り繕うことに慣れてしまったこの日本で、人と人の関係を突き付けられるこのドラマの鋭さにドキッとしハッとさせられます。

そしてそれはやはり一人一人向き合い、思いを語ることで、少しでも前へ進んでいけるんだと...


ちなみに今回は吹き替えで、あまり吹き替えは好きではない私ですが、キャシー役の声優さん、いい感じです。
違和感なく、彼女の存在を受け入れられる吹き替えでした。


次回は字幕版でもう一度みたい、本当に素晴らしいドラマでした。
シーズン4も制作されているようですね。
楽しみです。

最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • 素材を生かしたアメリカ発の料理番組 マーサの楽しい料理教室
  • 素材を生かしたアメリカ発の料理番組 マーサの楽しい料理教室
  • 素材を生かしたアメリカ発の料理番組 マーサの楽しい料理教室
  • 我が家の庭に仲間入りハナトラノオ 白い花がかわいい
  • 我が家の庭に仲間入りハナトラノオ 白い花がかわいい
  • 鈴虫飼育日記 <5>脱皮4回目 オス、メスの区別がつくように
  • 鈴虫飼育日記 <5>脱皮4回目 オス、メスの区別がつくように
  • 鈴虫飼育日記 <5>脱皮4回目 オス、メスの区別がつくように
  • 鈴虫飼育日記 <5>脱皮4回目 オス、メスの区別がつくように
  • 2回目ワクチン接種から3日目
  • 白のカサブランカが咲きました 2021
  • 白のカサブランカが咲きました 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 見沼氷川公園のハーブ園は百花繚乱 ハーブのお花たちに癒される 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
  • 浦和くらしの博物館民家園の古代蓮にギリギリセーフで間に合った 2021
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー