夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

その他

シーズン1より面白いマヨルカ島捜査ファイル シーズン2

先日放映されたマヨルカ島捜査ファイル シーズン2。

年の半分はどんよりしたお天気で暮らす英国人にとっては、明るい太陽の南の島は憧れの的。

その先陣を切って作られたドラマが「ミステリー・イン・パラダイス」。
英国本土でのミステリーとは違い、明るい日差しと現地の風土がスパイス。

そのドラマの成功の二番煎じとして作られたのが、マヨルカ島の捜査ファイル。
正直、シーズン1はどうも私にしっくりこなくてちょっとがっかりのドラマだった。
せっかく英国ドラマには珍しく美男美女コンビだったのだが...


今回放映されたシーズン2はちょっと複雑で微妙だった二人の刑事の関係がすっきりし、同僚としていい感じで事件を解決しています。

マヨルカ島というスペイン領の島で繰り広げられる事件は、美しい海はもちろん、スペイン風のお屋敷や街並みなどどれも絵になる景色。


BBCのお家芸の登場人物の人間像を描く手法はそのまま、そして最後は軽い仕上がりになっているので、このコロナ禍で海外に行けない重苦しさを吹き飛ばしてくれるものがあります。

二人の関係がシンプルになった分、それぞれの個性を楽しめるミステリーになっていると思います。

「囚われの愛」がドロドロ愛憎劇だけでなくトルストイにもつながる奥深いドラマでした

まだ放映途中ですが、「囚われの愛」当初の予想のドロドロ愛憎劇だけかと思っていましたが、なかなか奥が深いです。

このドラマの舞台はクリミア戦争にロシアが敗北し、これまでの農奴制から近代へと移り変わっていく時代。
1861年にアレクサンドル2世が「農奴解放令」を発令し、地主の所有物だった農奴に人格的な自由と土地が与えられることになりました。


そうした時代背景の元、今まで売り買いされ人として扱われてこなかった農奴が少しづつ力をつけ、自分たちの主張を訴えるようになります。


主人公のカーチャもある意味恵まれた生活を送っていた農奴でしたが、愛する人の死により過酷な状況に置かれながら次第に自分の意志を持ち目覚めていく様子が描かれています。


広大なロシアではとても農奴なしでは農地を耕すことはできず、そうした状況は他のヨーロッパの国より厳しいものがあったと思います。
エカテリーナ宮殿にみるようにごく限られた一部の貴族だけに富が集中し、他の人たちには過酷な生活が待っていました。


そこに登場する人物があまりに善人、悪人がはっきりしすぎているところは物足りないですが、過酷な農奴の生活の色どりを添える収穫祭の衣装やダンス、音楽どれも素敵です。


トルストイの「戦争と平和」に描かれているような良い貴族、悪い貴族。
そして良い貴族の良心の呵責と地主としての務め。

様々なものが交錯するスケールの大きな作品だと思います。

まだ後半どんな風に彼女は成長していくのか見てみたいです。

今もアメリカの一部分 開拓時代に奮闘する女医「ドクタークイン大西部の女医物語」

寒波は去ったようですが、今日のサイタマは北風が冷たいです。
予報ほどの暖かさはありませんが、明日、明後日と日を追うごとに暖かくなりそうですね。


AXNで1993~98年にかけて放映された「ドクタークイン 大西部の女医物語」が放映されています。

先駆けて放映された「大草原の小さな家」と物語の舞台はほぼ一緒の19世紀後半。
南北戦争の影響が残りまだまだ西部開拓により町が作られている時代の物語。

個人的には「大草原の小さな家」シリーズは私の愛読書でもあったので、その物語の世界とあまりにギャップがあり過ぎてドラマの「大草原の小さな家」はあまり好きになれませんでした。


一方、「ドクタークイン」は制作されたのが10年以上後ということもありますが、ボストン育ちのお嬢さんが西部のコロラドスプリングスで開業医として奮闘する姿は、同時代を描いているにもかかわらず新しさが感じられ結構気に入っています。

男社会の西部の町で偏見や差別と闘いながら次第に町の人の信頼を得ていく姿は、ある意味今の日本の雰囲気と重なるところがあり共感が持てます。


開拓者として新しいことに挑戦していく彼女は、1人の頑張りではとても解決できないことも周りの人の協力によって道を切り開いていきます。

どんな理念にかなったことも新しく始めるには抵抗があり反発もあります。

それをそれ見たことかと揶揄するのではなく、失敗を容認する優しい目が必要ですね。

特に専業主婦願望の強い日本では女性が女性の足を引っ張ることはよくあることです。

少しづつでも若い世代から切り開いていく人が出てくることを願うばかりです。



そんな彼女のもう一つの魅力はお料理は全く苦手という姿。
いつも焦がしたり色々失敗ばかりで、当時の女性の家事は完ぺきにできて当たり前という姿から外れているのも、完璧すぎない女性の魅力ですよね。

古い時代の考えの母親からは良いところへ嫁に行くのが一番の幸せと押し付けられますが、最終的にはあなたの考えを尊重しますという態度に。

そんなところは個人の意思を尊重するアメリカらしいですね。


そしてドラマではインディアンとの衝突、黒人など様々な事件が起きますが、最終的に自力で解決するという姿勢を貫きます。

今のアメリカの分断という大きな問題はその当時からの開拓者魂が消えない人たちが中西部にはたくさんいると思いますので、なかなかすぐには解決できないでしょう。


このドラマの魅力の一つは主人公演じるジェーン・シーモアの素敵な笑顔にあると思います。
まだまだバリバリ現役で輝き続ける彼女の魅力から当分は目が離せそうもありません。

IMG_0002
IMG_0005

薔薇戦争のその後 英国王室の基礎を築いた「ホワイトプリンセス エリザベス・オブ・ヨーク物語」

今日は一日雨になりそうです。
一昨日の地震で大きな被害にあわれた皆様、この雨が心配ですが、どうぞ大きな被害が出ませんように願っています。



ホワイトクィーンの続きのドラマ「ホワイトプリンセス エリザベス・オブ・ヨーク物語」が始まりました。

今回はBBCではなくアメリカの会社が手掛けるドラマですが、演じる役者さんは英国出身の方が多く、前作と同じ流れをくむドラマ展開になっています。


中世、一つの国としてまとまっていくまでに地方の貴族たちの争いが絶えなかったのはヨーロッパのどの国も一緒ですね。
日本でも戦国時代と呼ばれ、各地の諸侯たちが争いを繰り広げていました。

そんな中でも英国はとりわけ内戦が長引き、身内同士の骨肉の争いが収まらなかったようです。

ドラマにも裏切りや陰謀、様々な策略が登場します。


最初は互いに憎みあって政略結婚で夫婦になったヘンリーとエリザベス。

日本のような夫を支える内助の功ではなく、自分の意志を持ち行動するエリザベス。
淑やかな付き従うだけではない傲慢な女性に手こずりながらも、共に国を治めていくことに協力する二人。


今日騒がれている様々な問題は、今に始まったことではないような気がしますね


そんなエリザベスを演じるジョディ・カマーが素晴らしい演技を見せています。
エミー賞を受賞した彼女は元々お気に入りでしたが、現代のドラマとは全く違った顔を見せながら強い王妃を演じています。

欧米では大学を出て演技の技を磨いた女優さんがたくさん活躍していますが、日本では若いということだけで持てはやされ、ロクに演技の基礎もできていない女優さんが多いですね。
今思い浮かぶ素晴らしい女優さんは吉永小百合さんくらいです。


これからも英国が一つの王朝となるために様々なことがありそうですが、展開が見逃せないお気に入りのドラマになりそうです

IMG_0006
IMG_0010
IMG_0012
IMG_0015

ウクライナを舞台にしたドロドロ愛憎劇「囚われの愛 Love in chains」になぜかハマる

最近ロシアのドラマがたくさん放映されるようになりました。

先週始まった「囚われの愛」。
クリミア戦争後のロシアを舞台に貴族と農奴との愛憎劇です。

英語のタイトルのchainは農奴として生きてきた主人公カテリーナの存在、そして愛に縛られるという二重の意味合いが込められているような気がします。

先日のエカテリーナもそうですが、ウクライナを舞台にしたこのドラマは東欧諸国でも大変な人気だそうです。


英国ドラマのような人の二面性を描くような深みはなく、善人、悪人が完全に分かれて描かれているのは日本のドラマと同レベルだけれど、貴族のお屋敷の調度品や煌びやかなドレス、ロシアの美しい自然に心奪われます。


まだ始まったばかりですが、あまりのドロドロにちょっと辟易しながらもついのめりこんでしまう魅力を持ったドラマです。
IMG_0017
IMG_0023

英国ミステリーの伝統をさらに進化 WE HUNT TOGETHER ロンドン追う者たち、追われる者たち

先週放映された英国ミステリーの新作「ロンドン追う者たち、追われる者たち」。
2020年制作という最新作。

あまり期待をしないで見たのですが、さすが英国ミステリーの伝統を引き継ぐ新作。
かなり良かったです

まさに今のロンドンを舞台に繰り広げられる事件。
追う者、追われる者のそれぞれの心の闇を深く掘り下げ、単なる犯人捜しのミステリーに終わっていません。

原題のHUNTって邦訳の狩り以上の意味合いが込められていますよね。
それは狩猟民族の英国の文化を象徴する言葉でもあり、それぞれが闘い主張しあいながら関係を築き理解を深めてきた文化ですね。

片や農耕民族として融和を第一に主張は控えめにしてきた日本の文化とは異なります。


そんな文化の違いが如実に感じられるこのドラマ。


善悪をラインで分けることのできない、それぞれが抱える闇の奥深さ。
その中で許しや愛によって善を見出していこうとする人々の苦悩。

最後に追われる者のババが「愛していなくとも君だけが僕を見ていてくれていた」という言葉は現在の社会を象徴する言葉ですね。


さすが英国ミステリーは人の心の闇を描くことにかけてが群を抜いていると思います。

あえて結末をすべて描かない所に救いが...

もしAXNミステリーで再放送があればぜひチェックしてみてくださいね。
私のイチ押しです

今日は節分 2021

今年は124年ぶりの2月2日の節分だそうです。
いつも玄関に柊だけ飾っていますが、今年は鬼のお面と柊、イワシがセットになったものを見つけたので購入しました。

今日一日飾り、明日の朝に外すそうです。


今年は特にきちんとやって1年の邪気を払いたいという気持ちでいっぱいです。
感染拡大が収まらない中で


最近は恵方巻が大流行ですが、30年前関東から大阪へ転勤で引っ越した時はまだそんな風習は関東にはなく、びっくりしたものです。

今や日本全国で恵方巻を食べる日になっていますね。

我が家も今晩ちょっと贅沢な恵方巻をいただこうと思っています
IMG_0001


最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • 昨年秋に種まきしたヤグルマギクが開花 2021
  • 昨年秋に種まきしたヤグルマギクが開花 2021
  • 昨年秋に種まきしたヤグルマギクが開花 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • 青葉園西駐車場の藤が見ごろに 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
  • チューリップ、ネモフィラ、八重桜お花がいっぱいの大宮花の丘農林公苑へ 2021
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー