夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

赤や黄色に色づく千畳敷カール 2021 <4>しらび平で日暮の滝へ、そして駒ケ根高原を散策

10月4日千畳敷カールへ行った続きの報告です。

千畳敷カールを一周し、少し早かったのですが、ホテルで昼食をとることに。
カフェはおしゃれで素敵だったのに、レストランは昭和のままでちょっとがっかり。
カフェのコーヒーでホットドッグを食べたいのは私だけではないはず。

仕方がないのでレストランでホットドッグとスープ、ミニサラダのセットを注文。
スープはわかめスープってどう考えてもホットドッグと合いませんよね。
これで1250円はかなりぼったくりですね。
IMG_0615
IMG_0616
IMG_0618
カフェは良い雰囲気。
IMG_0620


ロープウェイでしらび平へ下ります。
前日駒ヶ岳に泊った登山客がかなり乗り込んできました。
こんなにいいお天気が続いたら山は最高でしょうね。

しらび平ではローウェイに乗る人たちは整理券を配るほどの混雑。
早起きは三文の徳で、早めに行動してよかったです。

日暮の滝まで歩いてみます。
ロープウェイ駅の裏手から始まり、ずっと石畳みの道です。
けっこう上るので、千畳敷カールで腰の痛くなった私はちょっと辛い上り。
IMG_0716
IMG_0718

15分ほどで到着。
大きな岩が滝の入り口をふさいでいます。
IMG_0722
IMG_0726

この梯子を上ってもあまり眺望はよくならないようで、途中で降りてきました。
こんなところで足を踏み外したら誰も助けに来てくれませんから。
IMG_0732
かろじて草の間から見える滝。
IMG_0748
IMG_0755

下りも石畳の道は辛かったです。
ちょうどロープウェイが発車するところでした。
IMG_0761


来ていた臨時バスに乗り込み、管の台バスセンターへ。
観光案内所で売っていた大きなかぼちゃ。
IMG_0764

こまくさ橋へ。
バスツアーのお客さんもちらほら見かけました。
IMG_0768
IMG_0776
IMG_0781
IMG_0785

橋のたもとはススキと少し色づいたモミジで秋の雰囲気。
IMG_0788
IMG_0813
IMG_0816

橋から見る南アルプス。
IMG_0790
対岸の紅葉はこれからですね。
IMG_0795
中州に取り残された巨岩。
夏は川遊びもできるのでしょうね。
IMG_0797

観光案内所に戻り、駒が池へ。
IMG_0825
IMG_0830
IMG_0846

ちょっとおしゃれなリゾートホテル。
IMG_0833

オットが早めに下山するらしいので、観光案内所に引き返し、ソフトクリーム食べて待ちます。
これで250円はかなりお得。
ミルクの味たっぷりで美味しかったですよ。
IMG_0767
IMG_0851


帰りは諏訪湖SAでおぎのやさんの釜めしを買って帰ります。
IMG_0855


途中大きな渋滞にも巻き込まれず、無事自宅。
いつまでできるかわからないロングドライブで、こうした絶景に会えたことに感謝です。

赤や黄色に色づく千畳敷カールへ 2021 <3>出会った秋のお花たち  ヤマハハコ

季節外れの暑さからようやく解放されましたが、それも今日限りだそう。

千畳敷カールは素敵な紅葉でしたが、夏は高山植物で有名ですよね。
次回は近場の温泉に泊まり、朝イチ高山植物を見に行きたいですね。

ヤマハハコ。
IMG_0191

IMG_0241

IMG_0242
チングルマの綿毛が風になびいて素敵。
IMG_0291
イワツメクサ。
IMG_0384
コイワカガミの葉。
夏はここに群落するということですね。
IMG_0571


赤や黄色に色づく千畳敷カールへ 2021 <2>のんびり散策のはずが意外にアップダウンが厳しいカールの遊歩道を一周

一昨日の千畳敷カールの様子。

ロープウェイで一気に2612mまで上ってきました。
青空に広がる千畳敷カール。

オットは駒ヶ岳目指して登山開始ですが、私は千畳敷カールの遊歩道を散策するのみなので、のんびり出発。

ローウェイ改札口を出てすぐにあるこちらで記念撮影する人多かったです。
まあ日本人ばかりなので譲り合ってすぐに交代してくれるので、良かったです。
ちょうど真ん中に入っている山が宝剣岳です。
IMG_0196
やはり少し遅かったですね。
この辺りから見るカールはほぼ茶色でした。
IMG_0131
ロープウェイ駅より下はまだ見ごろ。
下っていくロープウェイ。
IMG_0163

登山の安全祈願を願ってまずは駒ヶ岳神社へお詣り。
IMG_0203
極楽平へ向かう分岐。
元気があったら少し上ってみようと思ったのですが、そんな余裕はまったくありませんでした。
こちらも道は緩やかに見えますが300mを一気に上っていく道。
IMG_0213
IMG_0215

私はこちらの遊歩道を進みます。
IMG_0218
オブジェのようなシルエットの木。
IMG_0225
この辺りは赤や黄色がカールを縁取っています。
IMG_0237

最初は少し下り。
土の道ではなく、すべて噴火の石のみちなので、浮石を踏まないよう注意しながら歩きます。
IMG_0238

ホテル千畳敷の真下は紅葉真っ盛り。
IMG_0245
IMG_0255

大きな石が転がっているカールの縁。
IMG_0299
IMG_0308

剣ヶ池方向を見下ろします。
IMG_0326
IMG_0333
IMG_0376
IMG_0387
遠く見える富士山。
IMG_0353


大半が終わりかけのナナカマドですが、1本だけ鮮やかに色づいた木が残っていました。
IMG_0399
IMG_0416
IMG_0419
IMG_0427
IMG_0460

乗越浄土へと向かう登山者。
オット曰く若い人はぐんぐん登っていくが、年配者(自分も含め)はすぐに休憩が入り、休み休み登っていたと。
まあ滑落事故もなく無事登れたので良かったです。
左が宝剣岳。
IMG_0475

登山道との分岐。
IMG_0478
南アルプス方向。
IMG_0482
IMG_0518

赤だけでなく黄色も映えます。
IMG_0526

数年に一度しか咲かないコバイケイソウの当たり年で、一面の茶色もなかなかいい雰囲気。
IMG_0538

中央アルプスの方も枯れた草原が広がっています。
IMG_0543
IMG_0545


剣ヶ池に到着。
IMG_0550
IMG_0559
IMG_0565
IMG_0584


ここからロープウェイ駅までは上り。
IMG_0592
IMG_0600
IMG_0603


この後ホテルのレストランでホットドッグをいただきます。
そしてしらび平を散策。
そちらは次回に。

赤や黄色に色づく千畳敷カールへ 2021 <1>中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイからの紅葉絶景

昨日、ちょっと見ごろは過ぎたかなと思いつつ千畳敷カールへ行ってきました。

朝3時に出発に6時半にはロープウェイの駐車場に着いていました。

諏訪湖SAで朝食タイム。
ちょうど日が上り始めていました。
IMG_0001
IMG_0005


管の台バスセンター駐車場第一は満車でしたが、第二はまだ余裕がありましたが、あっという間に埋まりました。
この時期7時までに着かないと駐車場はさらに奥になりますね。
ちなみに駐車料金は800円。

バスとロープウェイがセットになったチケットを購入しバスに乗り込むまでに1時間。
ロープウェイも9分間隔、それに合わせてバスもピストン輸送でしたが、それでも押し寄せる登山客に対応しきれなかったようです。
チケット代金は4200円。
別にロープウェイのチケットを購入しなくてもいいのが便利。

30分山道をバスに揺られてしらび平へ。
ここからロープウェイに乗るのにさらに並びます。
出来たらバスの前方の座席を確保できると少しでも早く並べますね。
IMG_0708
IMG_0017

駅の売店にも山グッズがたくさん。
最近は皆さん大量にお土産を買い込みますね。
我が家は不要なものは買わない主義なので縁のないことですが。
IMG_0021


ちょうど最後に乗り込むことになり、ドアの前にいると乗務員のお姉さんが一番前を譲ってくれました。
青空に映える紅葉の彩り。
ロープウェイの車内からも歓声が上がっていました。
ちなみに感染対策でお客さんの数を減らしているので、かなり余裕のあるロープウェイの中でした。

この上りのロープウェイとすれ違う時がちょうど半分まで来たところだそうです。
ここからが圧巻。
IMG_0041
IMG_0043
IMG_0044
IMG_0052
IMG_0056
IMG_0061
IMG_0066
IMG_0068
IMG_0073
IMG_0077
IMG_0080
IMG_0081
IMG_0084
IMG_0093
IMG_0095
IMG_0097
IMG_0100
IMG_0104
IMG_0117

標高2612m。
ロープウェイ終点です。
ここまで一気に高度を上げ、美しい紅葉が見られるのは有難いですね。
IMG_0119



こちらは下りのロープウェイの様子。
行きとは反対側に陣取ってみましたが、逆光でかなり見づらかったです。
IMG_0633
IMG_0637
IMG_0655
IMG_0659
後から行く日暮の滝。
IMG_0700


ロープウェイの乗車だけでもかなり満足いく景色が眺められます。

その後ははるかに予想を上回る絶景が待っていました。
そちらの様子は次回に。

高尾山へ紅葉登山 2019 ②いろはの森から日影沢へ まだ色濃く残る台風の爪痕

もみじ台で紅葉を満喫した後は5号路、1号路を経ていろはの森へ向かいます。

分岐となる案内板。
IMG_0367

4号路からこちらの道に入ったのだろうか?
何人かの観光客に遭遇。


いきなりの階段が続きます。
下りなので楽々。
IMG_0377

いろはの森の由来となった48文字で始まる木の名前がかかった説明板。
東京都でありながら奥深い森の一端を知る機会にもなりますね。
IMG_0375
IMG_0378


4号路との分岐の看板。
IMG_0380
クマ注意の看板が出てきたので、あわててクマよけの鈴を鳴らしながら歩きます。
(常に鳴りっぱなしの鈴はうるさいので、ON,OFFの設定ができる鈴が便利です)
IMG_0384

結構急な下り道。
濡れた落ち葉で滑らないように用心しながら下ります。
IMG_0389
IMG_0390


ようやく林道との分岐に出ます。
ここまで1時間弱。
IMG_0391


ここから川沿いは濁流で押し流された川の堤防や流木など、自然の脅威のすさまじさを物語るものばかり。
ちょっと離れた高尾山では大勢の登山者や観光客で賑わっているというのに...

林道もあちこちえぐれた川の後が残っています。
IMG_0392
IMG_0395
IMG_0397

キャンプ場に到着しました。
ここにはきれいなトイレも整備されています。
IMG_0400
本来であれば林間学校などに利用される自然豊かな森だったのでしょう。
IMG_0404


整備された林道をバス停まで下ります。
森に溜まる湿気の影響でしょうか?
ロープに苔が密生しかわいい姿。
IMG_0406
IMG_0409
IMG_0417

途中の川にはまだ流木が。
IMG_0413


今年の春ハナネコノメを見に行った木道は通行止めになっていました。
来年は無事ハナネコノメが見られるのか心配です。

そして日影のバス停へ。
IMG_0420
林道はもちろん一般車両は通行止め。
IMG_0427
バス停近くの川もこんなに削られていました。
IMG_0432
木道が閉鎖されていたので時間は余ってしまったけれど、日向で気持ちいいのでのんびりバスを待ちます。
IMG_0433


野鳥の鳴き声もあまり聞かれず、わずかにかわいいお花が咲いていました。
IMG_0398
IMG_0426
IMG_0431

高尾駅に到着。
IMG_0435


今回は高尾山LOVEのオットに付き合って、気になる通行止め解除後の様子を見に行きましたが、都内でもこうしてまだ台風の爪痕が残っていることを実感しました。

こうした自然災害の状況はすぐに忘れられがちですが、やはり自然の力に人はなすすべがないということを戒めにして、そうした状況になった時にいち早い避難をするしかないですね

高尾山へ紅葉登山 2019 ①混雑回避と富士山眺望には早朝出発が鍵

昨日ようやくお天気が回復した高尾山へ紅葉登山に出かけました。

今回オットはようやく開通した6号路の状況を確認するため徒歩で登山。
私は紅葉の写真撮影がメインなので、ケーブルカーを利用し薬王院経由で山頂へ向かい、山頂で落ち合うことにしました。


高尾山口駅へ到着したのが7時半。
すでに1号路を登り始める登山者も結構見かけました。

清滝駅のベンチでチョコクロワッサンで朝食タイム。
落葉が始まっているモミジもあり、ちょっと見ごろは過ぎてしまった感じ。
ただ植えてある場所によってはまだこれからといった木も。
IMG_0008
IMG_0010
IMG_0013
IMG_0017
IMG_0024


始発のケーブルカーで山頂へ。
10分前から並び始めました。
超満員のケーブルカーは寒さと人いきれで窓ガラスは曇ったまま。
IMG_0032
IMG_0040


山頂駅からの眺望。
この時間カスミ展望台はまだ開いていません。
IMG_0056
IMG_0058


薬王院へ。
蛸杉の周りの開運の石碑また増えていました
IMG_0065

浄心門に到着。
IMG_0067
今回は女坂を歩いて仁王門へ。
この辺りはまさに紅葉の見ごろ。
IMG_0085
InkedIMG_0090_LI
IMG_0093
IMG_0111
InkedIMG_0115_LI
IMG_0131
IMG_0133
高尾山のお水を売っている自販機もモミジに包まれて...
IMG_0136
お札の販売所も。
IMG_0144

階段を上り、本堂へ。
IMG_0161
IMG_0159
IMG_0170

さらに階段を上り、本社へ。
IMG_0181
IMG_0199
IMG_0227
IMG_0229


山頂へ続く緩やかな上り道も紅葉がいい感じ。
IMG_0236
山頂到着。
IMG_0280
IMG_0270
IMG_0290

富士山も雪化粧した美しい全容が見れました
IMG_0250

小休憩のあと、もみじ台へ。
IMG_0297


階段を下りると奥高尾の入り口です。
IMG_0313
IMG_0318
IMG_0365

もみじ台のお蕎麦屋さんへ。
開店を待ちわびる方多数。
IMG_0323
IMG_0351

ここからの富士山が一番きれいなのですが、あいにく雲が出てきてしまいました。
やはり富士山をすっきり眺めるのは10時ころまでがベストかと。
IMG_0348

この後、いろはの森を下り、台風の爪痕を多数見かけました。
そちらの様子は次回に。

「神の絨毯」栗駒山へ紅葉登山 2017 ③東栗駒山から栗駒山へ 中央道より下山

東栗駒山山頂より稜線伝いに気持ちのいいトレッキングコースを歩く。
DSCN5784
山頂がガスって道がわかりづらい時のため、岩にこんな印も付いている。
DSCN5795
栗駒山を眺めながらの稜線歩きは最高
DSCN5807
DSCN5810
DSCN5841
この辺りから栗駒山山頂まで美しい草紅葉が続く。
DSCN5855

東栗駒分岐。
ここから山頂まで30分のコースタイムだったが、1時間はたっぷりかかった。
DSCN5857

真っ赤に色づいたナナカマド。
DSCN5874
アキノキリンソウ
DSCN5880

DSCN5882

最後の急な登り。
DSCN5883
山頂に近づくにつれガスってくる。
DSCN5888


ようやく9時20分に山頂へ。
DSCN5914
DSCN5902
麓の方からガスがわいてきて、かろうじていわかがみ平の駐車場が見える位。
DSCN5911
麓の天気が良ければ良いほど山頂との温度差でガスがわきやすいので、やはり良く知っている人は日の出前に出発していた。
ちょっとのんびり出発したことに後悔
晴れていれば、月山、鳥海山、蔵王連峰などが望めるとのことだったが、ここはあきらめ、早々に下山する。

帰りは山頂直下の階段を下りた後、途中の分岐で中央コースへ向かう。
DSCN5917
DSCN5918


ここが東栗駒コースとの分岐点。
DSCN5934


ここからは「神の絨毯」の間を歩く絶景のコース。
空が青くないのは残念
DSCN5943
DSCN5952
DSCN5961
DSCN5969
DSCN5981
DSCN5985
DSCN5986
DSCN5989
DSCN6001
DSCN6017
DSCN6034
DSCN6047

途中で地元の小学生の遠足と出会った。
みんな元気よく挨拶してくれる

この辺りは、コンクリートで固められた道で、たぶんちょっとぬかるむと滑りやすい道と言うことで、このような方法をとったのだと思うが、基本登山道ということを忘れてショルダーバックで雨具も持たず街歩きの靴で来るような観光客を増やすことになってしまうのではないかと思ってしまった。

ホームページで見る限りかなり楽なハイキングコースの様な気がしていたが、結構な距離があり、天候の急変時、気軽な観光で来た人が戻るには時間がかかるのでは...

やはり、きちんとした装備で登る道だと思うのですが。
DSCN6065
DSCN6070


結局1時間半ほどかかり、駐車場へ戻ってきた。
平日にも関わらず、駐車場は満車で「いこいの村」の駐車場からシャトルバスも出ていた。

山頂ではトイレが気になり食べられなかったので、車の中でおにぎりを食べ、駐車場を後にする。


東北道に入り、行きと同じ長者原SAでずんだのソフトクリームで一息つく。
DSCN6097
DSCN6098

この後、安達太良SAと佐野SAで休憩し、我が家へ戻った。
DSCN6105
DSCN6109


天気予報を見ながらバタバタと決めた日程だったので、高い高速料金を払った割にはどこへも寄らず、栗駒山だけのために長距離移動となったが、まさに見ごろの「神の絨毯」を堪能でき、間にあって良かったです

関東からはかなり遠いですが、車中泊をすれば日帰りで戻ってこれるので、お天気が良かったら行く価値はあるのでは...


なかなか紅葉の見ごろと晴天が一致することは難しいですが、もし青空の下「神の絨毯」が見れたら、山の神に感謝ですね

山の知識も技量もない私の報告におつき合いいただきありがとうございました
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • こぼれ種から4年目に咲いたツワブキの花 2021
  • 鈴虫飼育日記 <10>メスもすべて死亡 今年の鈴虫シーズン終了
  • 鈴虫飼育日記 <10>メスもすべて死亡 今年の鈴虫シーズン終了
  • 鈴虫飼育日記 <10>メスもすべて死亡 今年の鈴虫シーズン終了
  • ベランダでガーデンミックスレタス栽培 <2>すくすく成長 そろそろサラダに
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 冬眠準備で大忙しのシマリスさん さいたま市りすの家へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
  • 紅く色づくコキアやコスモス 秋真っ盛りの大宮農林公苑へ 2021
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー