今朝は冷え込み、慌てて薄手のダウンのお布団を出しました。
今週は一気に冷え込みが加速しそうなお天気ですね。
テレビのニュースでも雪化粧の酸ヶ湯温泉が中継されていました。


今回宿泊を予約したホテルの一つが酸ヶ湯温泉。
雪深い冬の時期はとてもリスキーで宿泊はできませんが、本格的な冬が来る前の時期に一度は泊まりたかった酸ヶ湯温泉。

有名な千人風呂も夜と朝は女性専用の時間があるのでゆっくりお湯に浸かれますね。

酸ヶ湯温泉は湯治場としても名高いので昔ながらの湯治場も残っていますね。
その風情を味わうのもいいですが、まだコロナ禍ということもあり、夜中のトイレも近いので、リニューアルした時に作られた洋室、トイレ付に泊まることに。

食事もテーブル席で食べられるようです。

紅葉の時期なのでお値段は高めですが、普段だったらなかなか予約の取れない酸ヶ湯温泉で泊まれることができただけでもラッキーです。

まだ団体さんのツアー客も少ないのでお風呂もゆっくりは入れますね。

1号館Cというツインのお部屋で2食付き20220円です。
湯治場様式の和室でも5000円ほどの差なので、ゆったりしたい方はそちらの方がいいかもしれません。



青森にはいくつか星のや系列のホテルもあり、そちらも検討したが、紅葉最盛期の宿泊はあまりに高く、ちょっと我が家では手が出なかったので、十和田湖のプリンスホテルに泊まることに。

こちらは十和田湖の中心から少し離れた西湖畔エリアにあり、何よりも低層建築の部屋数が少ないゆったりした造りが気に入りました。

ホテルの前に散策路が広がり、朝のお散歩には良さそう。

最近の若い方は夕食をつけないで安くあげるという方法を取る方も多いようですが、近くに美味しい居酒屋さんでもない限り、それはあまりに寂しいです。

普段は外食もせず贅沢をしていないので、これくらいはと思い、2食付きレイクビューツインで26312円です。
我が家の基本1泊2万円を超えますが、何とか頑張りました


八甲田山のエリアと奥入瀬渓流のエリアでは、紅葉のピークに1週間のずれがあり、どちらをメインにするか考えた時奥入瀬渓流の方を取りました。

今週いっぱいは寒い日が続きますが、来週はまた暖かくなるとの予報。
あとは晴天を望むばかりです。