季節は進み一気に寒くなる予報ですね。

感染者の数は減っていますが、第6波も懸念も取りざたされてやはり年末には昨年と同じような状況になりそうです。


この1年半のコロナ禍で学んだこと、チャンスを逃すと次はなかなかやってこないと。

わずか1年半だけど、気力も体力も衰え、このまま何もせず年月は過ぎ、あの時しておけばよかったと後悔しても、すでに遅しと。


ということで、そうなる前に、青森の奥入瀬渓流と十和田湖の紅葉を楽しみに行くことにしました。

JR東日本の「お先にトクだ値スペシャル」が今年12月半ばまで延長されたこともあり、やはり50%offは大きいので、そちらを利用することに。

感染が収まっているとはいえ羽田まで出るのもちょっとためらう状況ですし、自宅近くの駅から新幹線に乗れるのは気が楽です。

ビジネスのスタイルも変わり、以前ほど出張に新幹線を利用する人も減っていると思います。
もうしばらくこのサービスを続けたら、個人のリピーターも増えるし、シニア世代はもっと利用するようになるのでは。

八戸からはレンタカーを利用。
マスクなしの移動は楽ですね。

大まかな日程は次回お伝えしますね。