連日メダルラッシュに沸く日本列島ですね。
私的にはスケボーやカヌー、マウンテンバイクなどあまり日本で見ることができなかった競技の世界レベルの選手たちを見れるのが嬉しいですね。


ただ金メダルが取れて日本は素晴らしいと盛り上がるにはちょっと複雑な感情もあったりします。
これほど過酷な気象条件の中で、本来であれば世界ナンバー1だった選手が力を発揮することができず、この気象に慣れていた日本人選手が有利だとしたらフェアではないですよね。

連日天気予報で危険だから外には出ないでと言っておきながら、過酷な競技を繰り広げるのはどうかなと。
まあ、無観客で熱中症の患者さんが出なかったことが幸いですよね。

日本の組織委員会に騙されたという海外メディアの報道もあるくらいで、これだけSNSが発達し瞬時に情報がシェアできるこの時代に、昔のように臭いものに蓋はできない状況で、やはりオリンピック後、世界中からの評価が怖いですね。

素晴らしい自販機やトイレを自画自賛したところで、本質的に問題を捕えることなくスルーしているしっぺ返しはあっという間に来る気がします。

特に気候変動ということに関してヨーロッパで関心が集まる中で、人工的に作られたものがさらに温暖化を悪化させているということが問われてくるでしょう。



自宅でお料理が増えた方もいらっしゃると思いますが、日本では農薬まみれの野菜や保存料だらけ調味料にあまり気づくことはありませんよね。

特に若い世代では素材の悪さを濃い味で誤魔化すジャンクフードが大人気なのも心配なところ。

アメリカと言えばジャンクフードの代表のように感じられると思いますが、実は地場の野菜や放し飼いの鶏の卵など、かなりオーガニックの素材にも人気があります。

そんな定番のアメリカの料理を紹介しているマーサ・スチュワート。
彼女の料理番組が最近のお気に入り。
「マーサの楽しい料理教室」はFOXで放映されています。

最初はお料理の基本など紹介していましたが、最近は豪華なおもてなし料理まで幅を広げ、見ているだけで楽しくなります。

スーパーでは合わせ調味料が山ほど売られていますが、素材のいいものだったらシンプルにお料理するだけでおいしいですよね。

身近にハーブが植えてあるとより味付けが深まりますね。

最近はトウモロコシの芯を使ったスープストックが目に鱗でした。


ただ英国のジェイミー・オリバーのような文明の利器をあまり活用していないので、その辺は工夫が必要かもしれないですね。
IMG_0002
IMG_0003
IMG_0006