今日、関東地方も梅雨明けとなりました。
まだ不穏な黒い雲も出ていますが、これまでよりは安定した青空になりそうです。

突然の雷雨などの予報でなかなか出かけられなかった浦和くらしの博物館民家園の古代蓮を見に行ってきました。

池の手前はすでに終わっていましたが、奥の方にわずかに咲いていました。
ギリギリセーフで間に合って良かったです。

ちょうど9時過ぎは蓮が開き始めたところで、一番美しい姿ですね。
やはりスイレンとは違う、神々しさのようなものを感じます。
IMG_0004
IMG_0008
IMG_0013
IMG_0020
IMG_0023
IMG_0040
IMG_0049
IMG_0055

最近見かけなくなったシオカラトンボが蓮の蕾にとまっていました。
IMG_0033
お料理にも使われる蓮の実。
IMG_0018


奥の展示も見に行ってみました。
IMG_0002
IMG_0062
IMG_0069
IMG_0073
IMG_0074
IMG_0081
IMG_0082

かやぶきの屋根は降り続く雨で苔が生えてしまったようです。
IMG_0076

この木の雨戸もなつかしいですね。
IMG_0092

建物の脇は竹林。
ちょっと前までこの辺りも竹林が多かったのですが、すっかり宅地に変わってしまいました。
IMG_0095


駐車場近くの建物はお商売をしていたお家のようです。
IMG_0100
IMG_0101

IMG_0103
IMG_0107

ノウゼンカズラとオニユリが咲いていました。
どちらも濃いオレンジ。
夏の日差しに負けない色ですね。
IMG_0059
IMG_0111

小学3年の社会科で習う教材のようです。
IMG_0112
IMG_0113

コロナの影響で訪れる人も少ないひっそりした雰囲気でしたが、久しぶりの青空。
地元の散策もいいものです。