2度目の緊急事態宣言が首都圏で発令となるとの報道。
この状況を考えれば致し方ないのかもしれません。

いくら自粛を呼びかけても我慢できずたくさんの人が箱根駅伝の応援を沿道でしてしまうという現実。

人には厳しくしても自分には甘く、他の人がやっているのだから自分もと考える人の何と多いこと...


言葉では営業短縮になる飲食店の大変さに理解を示しながらも、自分たちの予定してきた行事は変更しようとしない行政。

そんなことが見え見えだから、強制してまで従わせようとするのだったら、まず成人式の見直しなど考えてほしいですね。

一生に一度の成人式であっても、生活を削ってまで犠牲になる人たちの重さに比べれば自ずと答えは出てくると思います。(夏に成人式でもいいじゃないですか)



なんて、いろいろ考えると気が重くなるので、昨日のトモエガモの様子をお伝えしたいと思います。

暮れには2羽いたトモエガモも1羽に。
こちらに残ったのは若い方のトモエガモで、多分息子トモエガモだと思います。

飛来したばかりの時は奥に隠れなかなか出てこようとしなかった息子トモエガモも、今ではお父さんの定位置に陣取り、他のカモたちともすっかりなじんでいます。

多分お父さんトモエガモは自分が慣れ親しんだ越冬地を息子に譲り、奥さんと別な越冬地に移動したものと思われます。(私の妄想)

カモの寿命が7年くらいと考えるとお父さんトモエガモは来年はこの地に飛来できないかもしれません。
息子がこの地できちんとやっていけることを確認し、移動したのでしょうね。

また来年この若いトモエガモがここへ戻って来れることを願って、様子を見守りたいと思います。
IMG_0002
IMG_0017
IMG_0024
公園を一周してきたら、池で泳いでいました。
IMG_0111
IMG_0131
IMG_0133
オナガガモ、オカヨシガモと共に。
IMG_0122
オオバンとも。
IMG_0147


それ以外のカモたちの様子ですが、やはり昨年に比べると少ない気がします。
芝川の工事の影響で、どこか別な地域へ移動したのかもしれません。
IMG_0100
オナガガモ♀
IMG_0031
カルガモつがい。
IMG_0035
オオバン。
IMG_0062
カルガモのお通り。
IMG_0053
池の氷の上を歩くコガモ。
IMG_0073
オナガガモ♂幼鳥。
IMG_0077
オナガガモ♂成鳥。
IMG_0081

まだしばらくは冬の楽しみ野鳥観察ができそうです