厄日なんてあんまり信じていませんでしたが、まさに昨日が私にとっての厄日でした

まず手を滑らせ愛用のご飯茶碗を割り、猛暑の午後に寝室のエアコンが故障
15年目のエアコンだったので、そろそろ寿命とは思っていたのですが、よりによってこれから梅雨が明け暑さに向かうまさにその時に故障するとは...

早速近所の家電量販店へ。
毎日が日曜の我が家なのに、コロナがまた流行しだし買い物客で混んでいる日曜に故障するとは

コロナで不況なのかと思えば、大手企業や公務員は影響がないのでなかなかの混雑ぶり。
取付工事も最短で28日と言われ愕然とするも、ともかくその日を確保。

我が家で一番フル稼働しているエアコンなので、最新のお掃除機能付きにしましたよ

歳をとると家電の利用期限が気になりますね。
買い替えたエアコンで私がおさらばするまで持つのかどうか...


今回の豪雨災害にしても、もう少し高齢になって災害にあった時、我が家で果たして家を再建するだけの余力があるだろうか?色々考えてしまいます。



そんな気分を吹き飛ばしてくれる「ミステリーinパラダイス」の新シーズンが一挙放映されました。

舞台は英国領のカリブ海の架空の島セント・マリー島。
英国の暗く陰鬱な景色とは真逆の世界。
だから英国人には人気のエリアなんですよね。


そんなカリブ海の島で活躍する警部補はやはり英国では異端児と呼ばれるちょっと変わった人たち。

今シーズンではついに4人目の警部補が登場します。

南の島の開放的な雰囲気が漂う島でも、そこかしこに英国らしさも感じてしまうドラマ仕立てになっています。

英国はやはりヨーロッパのなかで一番律義な国ではないかと感じ、日本人にとっては居心地のいい場所だなと思います。


そして最後に関係者を集めて謎解きを公開するのもアガサ・クリスティーのポアロに対するオマージュを思い起こさせます。

事件自体はシリアスですが、解決方法はアナログで、美味しい島の料理やラム酒もよく登場します。

のんびり癒されながら、ちょっとハラハラドキドキ。


重いニュースの続く今の気分にピッタリの英国ミステリーではないかと思うドラマです。