夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

ポーランド縦断の旅 2019

ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <8>ヴロツワフから日帰りでシフィドニツァとヤヴォルの平和教会を訪ねる日程を考えてみた

昨日は日中でもしんしんと底冷えの一日でした。
今日は少しマシですが、まだまだ寒さ続きそうですね。


この旅で一番訪れたい場所の一つがヤヴォルとシフィドニツァの平和教会です。
どちらもヴロツワフから電車やバスで1時間ちょっとのところですが、本数は限られるのであらかじめ下調べしてから出かけたほうがよさそうです。

ただ思っていたより本数はあるし、教会だけでなく街並みも美しいので、それほど何もないバス停で時間を潰さなければならないほど大変な場所でもないようです。

「歩き方」にはバスのほうが便利と書いてありましたが、現地の方の情報では電車の線路工事も終わり、遅れもほとんどないようです。

ということで、ヴロツワフからの日帰りの計画を立ててみました。
戻ってからヴロツワフ大学の美しいバロック建築を見学したいので、朝は早めに出て戻りも早めにしています。

ヴロツワフ本駅7:44~シフィドニツァ8:42    ポーランド国鉄 教会は9時から
シフィドニツァ11:10~ヤヴォル12:17 ミニバス 教会は10時から
ヤヴォル14:36~ヴロツワフ15:44    ミニバス

これは9月までの平日の時刻表で、日曜、祝日は極端に本数が減りますので、ご注意ください。
また11月~3月くらいまではオフシーズンですので、こちらも本数が減り、教会自体も開いていないことがありますので、そちらも事前に確認してくださいね。

せっかく苦労して行ったのに開いていなかったらもったいないですから...


シフィドニツァからヤヴォルまではこの後、12時過ぎにミニバスもポーランド国鉄も便がありました。
ヤヴォルからの戻りはこの後は16時過ぎだったと思います。


ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <9>ポーランド航空ホームページから予約 座席指定も

今日は天気予報より良いお天気になり、関東南部では最後のお花見が楽しめますね。



4月1日に各航空会社の燃油サーチャージが値下げになり、ヨーロッパ方面も片道1万円くらいは安くなったので、往復にするとかなりお得になりました。


とは言っても世界的な観光ブームの影響で、ここ数年航空運賃の値上がりが続いています
ちょっと前までは大手のエアラインでもヨーロッパへ10万そこそこで往復できたのに、最近は20万を超えることもザラです。


今回のポーランドの旅では、グダンスクin、クラクフoutでいろいろルートと航空運賃を検討してみた結果、フライト時間も長く、乗り継ぎ時間も長いのなら安く行くルートもいくつかありましたが、長時間のフライト、乗り継ぎは段々つらくなってきているので却下。


海外の乗り継ぎの際問題になるのが、天候やその他諸々の事情で定刻に着かないことが多々あること。
その時にリカバリーできるルートを選択しておくことが個人の旅では重要になってくると思います。

やはりポーランド航空は、ポーランド国内で多くの運航があり、利便性から言うとナンバー1。
ワルシャワで予約した便に乗り継げなくても、その日のうちに着く便はあり、同じ航空会社であれば振り替えも楽です。


ということで、ホームページから予約を入れました。

以前は単純な往復しかホームページから予約できない気がしたのですが、今回は周遊を選択するとinとoutで違う空港を選択することができました。

予約サイトで航空運賃の比較もしましたが、正規早割料金に関しては全く一緒。
キャンセルの場合、航空会社以外に予約した代理店にも別にキャンセル料を払わなければならないので、そこを考えると直で予約したほうがお得です。

さらに予約を進めていく段階で座席の予約もできるので、後からするより楽です。
ちなみにエコノミーは成田~ワルシャワの通路側の席が3200円(非常口で広めの座席を除く)、ワルシャワ~ポーランド国内は680円でした。
成田~ワルシャワ間はまだ座席に余裕がありましたが、9月上旬はヨーロッパのハイシーズンに当たるため、ポーランド国内便はかなり席が埋まっていましたよ。


今回予約したのは
成田10:15~ワルシャワ14:30
ワルシャワ16:35~グダンスク17:35

クラクフ12:15~ワルシャワ13:10
ワルシャワ15:10~成田8:35(+1)

運賃    162500円
燃油サーチャージ    18800円
空港税他    8630円
座席指定料金 7760円


予約サイトで同じルートで安いと思って飛びつくと運賃のみの表示で、それに燃油サーチャージや税金を足したら同額だったということはよくあるので、詳細を検討したうえで比較することが重要ですね


ホテルはすでに予約キャンセOKのところを押さえてあるので、また次回報告しますね。


ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <10>get your guideでアウシュヴィッツのフリーツアーとシンドラー工場見学チケットを予約

夏真っ盛り、猛暑のサイタマです


ポーランド縦断ひとり旅も出発まで1か月となってしまい、そろそろ本腰を入れて下調べやチケットの予約をしなければと思っています。



アウシュヴィッツはこの旅の大きな目的でもありますが、ガイド付きツアーにするのか自力で行くのか色々迷い悩みました。

9月は10:00~16:00まではガイド付きツアーでないと入場できないため、フリープランの場合は早朝出発し、ガイドツアーが始まる前の時間に行くか、夕方遅くに行くかのどちらかになります。

もちろん施設の詳細な説明などガイド付きツアーの方がいいとは思いますが、日本語ツアーはあまりに高く、正直それだけの価値があるのか悩みました。

思いも海外での経験なども違う人たちを一纏めにする日本語の現地ツアーで、今まで良かったと思えるものがなかったということもあります。(コスパに見合うもの)

そんな時get your guideで見つけたセルフガイドツアー。
オンシーズンにはクラクフからアウシュヴィッツまでのバスもかなりな混雑ということも耳にしていたので、とりあえず、クラクフからアウシュヴィッツ、ビルケナウへの移動手段が確保され、なおかつ詳細なガイドブックも付き2716円という安さにひかれて...
移動時間も含めて7時間のツアーです。

日本人の口コミもありそちらもかなり良かったです。

アンネの家に始まり、アウシュヴィッツに関する映画もかなり見て、そして日本人ガイド中谷氏の本も購入した私の選択です。

アウシュヴィッツに関しては一刻も早い方がいいということで、すでに予約は入れています。


もう一つ早めに予約を入れておく必要があるものにシンドラーの工場見学があります。
あまり日本では知られていませんが、欧米では大変な人気でオンシーズンは1か月前には予約を入れないと希望した日時が取れないことがあるそうです。

ブダペストの国会議事堂の失敗もあるので、こちらもget your guideで予約しました。
シンドラーの工場のホームページでも予約できますが、いったんチケットをインフォメーションセンターで交換しなければなりませんが、get your guideではプリントアウトしたチケットをそのまま持って行けばいいので、便利です。

ということで、急ぐ予約は確定したので、あとはゆっくり検討してみようと思っています

ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <11>POLSKI BUS(Flix Bus)ホームページよりグダンスク~トルン、トルン~ポズナンのチケット購入

この旅では主要な都市の移動に長距離バスを利用しようと思っています。

これまでポーランド国内ではPOLSKI BUSが最大手であったらしいですが、現在はFlixBusと提携しているようでこちらのホームページを開くとFlix Busのホームページに飛ぶようになっていました。



今回グダンスク~トルン、トルン~ポズナンのチケットを購入しました。
(ホームページからの購入方法はいくつも情報があるので載せていませんが、出発、到着地を入れ、日付、人数をチェックすればその日購入できるバスを検索することができます)

Flix Busはドイツのバス会社なので、カード決済の場合0.1€の手数料を取られますが、早めに予約すればするほどチケット代金は安くなります。

ホームページで時刻を検索したときに、この価格で購入できるのはあと何席と出ているので、そちらで確認することができます。

今回はどちらも2.99€(360円)とあり得ないほど安い価格で購入できました
もちろんこの値段ですから、キャンセル不可のチケットです。(変更はできるようです)
高速バスで2時間以上乗るのにこの価格は、公共の乗り物が高い日本では考えられないこと。

預入荷物は20kgまで、手荷物は7kgと制限されていますが、今までバス移動で荷物チェックはなかったので、通常の荷物であれば問題ないと思います。
それをオーバーするようでしたら荷物チケットを購入することもできますし、座席の指定もできます。

ただ大半の人が勝手に座るシステムのヨーロッパのバスで、「指定した席だからどいて」というのは非常に嫌な顔をされることが多いので、座席指定もしませんでした。


どちらも電車移動できますが、トルンは電車の駅より長距離バスターミナルの方が旧市街に近く便利です。
(トルンはバスターミナルに近いホテルを予約)

チケットはプリントアウトしたものでもスマホの画面表示でもOK。
チケットにバス乗り場の案内が付いているのは有難いですね


ただポズナン~ヴィロツワフの移動はバスより電車のほうが早そうなので、そちらはポーランド国鉄のサイトから購入しようと思います。




ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <12>ヴロツワフ~クラクフまでFlix Busでチケット購入

連日の猛暑に我が家のお花たちも大分傷めつけられています
お盆休みは台風直撃との情報もあり、これからお出かけ予定の方は天気予報が気になりますね。


なかなかポーランドの情報集めに身が入りませんが、ヴロツワフからクラクフまでのバスのチケットも購入しました。

当初はポーランド国鉄での移動を考えていましたが、意外に電車移動の方が大変です。
まずは日本のようにきっちりホームに何号車という表示がないため、アバウトな表示の範囲をスーツケースを持ってダッシュしなければならないこともあり、始発以外では荷物置き場が空いていなくて入り口の通路に重ねるように置かなければならなかったり、さらに指定している座席に座っている人がいたらどいてもらわなければならなかったり...と。(特に今回は日曜なので)

1等車両は快適という口コミは多いですが、最近はバス旅の快適さにはまっているので、今回はバス移動を選択しました。
若干バスのほうが早く着きますし。(3時間10分)

前回と同じFlix Busのホームページから購入できます。
本数も1時間に1本出ているので時間の選択も幅が広がりますね。

さすがに午後の一番いい時間帯なので高かったですが、それでも18.99€(2250円)です。
ヨーロッパのバスは時間帯を一つずらすだけで半額近くになったりとかなり料金に差があります。
今回はクラクフのアパートにあまり遅くに着きたくなかったので、一番高い時間帯になってしまいましたが


ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <13>ポーランド国鉄のホームページよりポズナン~ヴロツワフICのチケットを購入

ポズナンからヴロツワフの移動については、所要時間はバスも電車も変わりませんが、ポズナンを観光して次の街に行くちょうどいい時間帯が電車だったため、ポーランド国鉄のホームページよりチケットを予約しました。


最新鋭のEIPは通っていないため、普通のICになります。
一応ICまではエアコンもきいた許容範囲の電車ということなので、何事もなく運行してもらえることを願っています


今回は1か月前の発売直後ということで、チケットの代金も最安値で購入できました。(37.90zl  1200円)
ちなみにバスは25.99zlだったので若干安いですが、早割だとそれほど料金は変わりません。

EIPであれば1等車には軽食が付くそうで、そちらは試してみたかったのですが、ICの場合はそうしたサービスもないらしいので、おとなしく2等車にしました。



ポーランド国鉄のホームページは英語に変換できるので、さほど難しくなくチケットは購入できると思います。

ヨーロッパの鉄道窓口はポーランドに限らずどこも混んで待つことが多いし、しかも当日乗車券はかなり高くなるので、やはりネットで事前に購入したほうが楽だし、お得だと思います。
IMG_0001

チケットはもちろんポーランド語なので、わかりづらいですが、「Wagon」は車両のことですが、座席ナンバーは「Nr」に表示されているものかと?(間違っていたらごめんなさい

座席はコンパートメントではなく、普通の座席タイプを選んだ方がいいと思います。

ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <14>グダンスク~マルボルクポーランド国鉄のホームページでEIPのチケットを購入

グダンスクから日帰りで行こうと思っている場所の一つがマルボルク城。
ドイツ騎士団の城として世界遺産にもなっている人気の観光地。


グダンスク本駅からは電車の本数も多く、個人でも行きやすい場所です。

現地の窓口でもチケットを購入できますが、窓口に並ぶ時間がもったいないので、事前にネットでチケットを購入しました。

実はマルボルクはポーランド国鉄最速のEIPも停車する駅。
当日の窓口で購入すれば結構な値段になりますが、事前購入だと29zl。
窓口で普通電車のチケットは17zlなので、12zl(380円)ほどしか変わりません。
グダンスク本駅からは29分で到着。

よほど長期間の旅でない限り、ほぼ予定は決まっていると思いますので、事前購入が安くて便利でお勧めです

もちろん座席指定もできますので、たとえ30分といえども快適に移動できるのではないかと思います。

ただ本数は限られますので、ポーランド国鉄のホームページで時刻表を確認して予定を立てた方が良さそうです。
IMG_0008
IMG_0004


追記
マルボルク城の入場チケットもHPより購入しました。
英語のオーディオガイド付きで45zl。
朝イチ行くので当日でも十分間に合いそうでしたが、9月初めはハイシーズンなので念のため

このお城の構造は非常に複雑でガイドツアーかオーディオガイドでないとわかりずらいとの情報を得ていたたので、オーディオガイド付きにしました。

たとえ英語が不得手であってもただ行ったというだけでなく、お城の歴史や構造を知るためにこういったものを活用するのも一つの方法だと思います。

英語も慣れなので、わからないながらも聞いているとだんだん聞き取りに慣れてくるので、利用してみる価値はあると思います。
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • るいと東吾の子ども世代の活躍を描いた「新・御宿かわせみ」
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー