夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

ディープな自然を味わう道東の旅 2018

ディープな自然を味わう道東の旅 2018 <8>昨夜無事帰宅

昨夜日付が変わってから帰宅しました。
今年は晴れの日が長続きしないというお天気が続いていたそうですが、すっきり晴れたのは一日だけ。
後は曇りのどんよりしたお天気で、なかなか青空に山が映えるという絶景を見ることはできませんでしたが、たくさんの野生動物との出会いがあり、奥深い道東の自然の一端を味わうことができました。

7月上旬はまだ新緑の季節で、瑞々しい緑の木々の林をあちらこちらで見かけ、お花もたくさん咲いていました。


私たちと同世代の方たちは同じようにレンタカーでのんびり旅されている方も多く、みなさんしっかり歩いて観光されていましたよ


野生動物との遭遇では、キタキツネの子ども、釧路湿原の休耕田でのタンチョウの親子、そして知床クルーズ船から見たヒグマ、エゾシカ、エゾシマリス、エゾリスなどどれも出会いたかった野生動物だったので、それが何よりもこの旅の思い出になりました。

目的地をナビに入れそこを目指して一目散という旅ではなかなか野生動物に気づくこともできませんが、ちょっとスピードを落とし周りの景色を眺める余裕があれば、至る所で出会いはあると思います。

明日から少しづつ旅の報告をしたいと思いますが、とりあえずかわいいキタキツネの子キツネの写真を紹介しますね
兄弟で道端から周りの様子を窺いながらじゃれている様子がかわいかったです。
IMG_0077

ディープな自然を味わう道東の旅 2018 <9>羽田から女満別空港 メルヘンの丘、博物館網走監獄

1日目 2018年7月8日(日)  19843歩 走行距離141.9Km
道東への旅の始まり。

我が家の最寄り駅の始発に乗り羽田空港第一ビルへ。
コンビニでサンドイッチを購入し、セキュリィティチェックへ向かう。
到着したのは6時50分頃だったが、7時半までの出発便は優先チェックのレーンを通ることができ、スムーズに通過。

7時25分の搭乗時刻までとりあえず朝食タイム。
DSCN7478

事前に窓側の座席を予約していたが、突然メールで座席が変更になったとの知らせを受け、搭乗してみると何と真ん中の列
何のための事前座席指定だか

ANAではこのような座席変更は一度もなかったがJALでは何回か経験している。
突然のツアーの予約が入ったのか、個人の旅行客はけっこう後回しにされることが多く、ちょっとがっかり。
個人のツーリストにはANAの方が人気なのもわかる気がする。

飛行時間は短いが、お天気が良かったので残念

道東にはLCCの飛ぶ空港がなかったが、今年から関空から釧路への路線ができたらしい。
早く成田からも飛んでほしいものだ。


機内では無料のWiFiが使え、天気予報など最終チェックができた。

ほぼ定刻の9時10分に女満別空港へ着陸。

ここで出発ロビーに上がり、赤いサイロを購入しようとしたが、売れ切れとのこと
(札幌では購入できるが、道東では北見市内のお店に行かなければならないので)

レンタカー会社の受付では、なぜかオリックスレンタカーだけが長蛇の列だったが、てきぱきと手続きが進み、送迎バスで会社へ。
DSCN7480
DSCN7482

こちらの受け付けでもスムーズな流れで、フィットのハイブリットに乗り込む。(写真はメルヘンの丘の道の駅)
この地にあまり慣れていない観光客でも最新式のナビが入っていたので困ることはなかった。
DSCN7496


ここから10分ほどのメルヘンの丘へ向かう。
大雨との予報を覆すこの青空
まだまだ小さいトウモロコシの苗。
DSCN7491
DSCN7494


間違って道の駅にナビをセットしてしまった
IMG_0005
関東ではとっくに終わっているバラもこれからが見ごろ。
IMG_0006
ラベンダーの花壇と走り去るライダー。
この旅ではたくさんのライダーを見かけた。
IMG_0007

肝心のメルヘンの丘は道の駅から3分くらい走ったところの路肩に駐車スペースがあった。
青々とした麦畑と青空。
IMG_0015
IMG_0018


博物館網走監獄へ向かう途中で網走湖へ立ち寄る。
手前は川の中州になっていてそこから大きな湖が広がっていた。
IMG_0043
IMG_0039


博物館網走監獄へ。
IMG_0050
IMG_0052
「我が身を見つめ自ら襟を正す」という意味が込められた鏡橋を渡る。
IMG_0149
鮮やかな蓮の花が見ごろ。
IMG_0057

入館料は1080円だが、シニア(65歳以上)は嬉しいことに530円。
IMG_0148
IMG_0060

こちらのマップにそって回ることに。
当時の刑務所の様子がリアルに再現され、サンフランシスコのアルカトラズ島より見応えがあり面白かった。
特に厳しい寒さに耐えられるよう作られた木造建築の美しさは目を引いた。
IMG_0003
IMG_0006 (2)
IMG_0008
重々しい門の前は記念写真の絶好のスポット。
IMG_0063

正門をくぐる。
IMG_0069
見張りの看守さんも記念写真の人気者。
IMG_0072

重要文化財の指定になっている庁舎。
北海道の開拓の歴史や建物の構造など詳しい説明が多言語で聞ける。
IMG_0075
ユニークな売店。
IMG_0077
ここで北海道限定のコーラで一休み。
IMG_0079

旧網走刑務所職員官舎。
IMG_0084

刑務所水門。
IMG_0085
IMG_0088

登録有形文化財の裏門と哨舎。
IMG_0093
ニポポの像。
IMG_0094

休泊所。
中央道路の開削時に使われた仮の宿舎。
IMG_0097
IMG_0100

農場もあったようです。
IMG_0102
耕てん庫。
鍛冶屋もあったそう。
IMG_0105

監獄歴史館。
中の展示は盛りだくさんで、囚人たちの労働の一端を体験できるコーナーや三面スクリーンのシアターなど、当時の北海道の厳しい寒さの中で過ごした様子がリアルに再現。
IMG_0107

こんな農作業の様子も。
左は登録有形文化財の哨舎。
IMG_0111
運動タイム。
IMG_0112

重要文化財の二見ヶ岡刑務支所。
開放的処遇施設だった。
IMG_0122
食堂。
IMG_0114
IMG_0118
奥の作業場。
IMG_0117
向かい合う房同士は見えないが斜め(看守の位置)からは見えるように工夫された斜め格子。
IMG_0120

重要文化財の舎房及び中央見張り所。
網走監獄と言ったらここが一番有名で中央見張り所を中心に5棟が放射線状に伸び、明治45年から昭和59年まで使われた。(写真汚くてごめんなさい
IMG_0125
IMG_0126
IMG_0128

浴場。
IMG_0136

登録有形文化財の煉瓦造り独居房。
IMG_0137

重要文化財の教かい堂。
外観は和風、内部は洋風とのことだったが、残念ながら内部は見ていない。
厳しい自然に耐えて残る美しい木造建築に感激。
IMG_0139
IMG_0140

花々が咲き乱れる散歩道。
IMG_0143
IMG_0146

手前には監獄食堂。
IMG_0147

ここまで回って約1時間半。
入館料も良心的で、最近はここまで見応えのある博物館になかなか出会うことはなかったので、お勧めです

この後網走市内のラーメン屋さんに向かいますが、そちらの様子は次回に。

ディープな自然を味わう道東の旅 2018 <10>オホーツク海沿いの絶景ロードを走る

1日目
博物館網走監獄から網走市中心部にある「だるまや」というラーメン屋さんに向かう。
お店の駐車場はいっぱいだったので、市民会館の駐車場へ。
ちょうど12時を回ったところで一斉に満席となり20分ほど待つ。
観光客もちらほらいるが、大半は地元の方のようだ。
DSCN7498

名物と言われるドロラーメンを注文。
一見こってり系に見えるが、意外にさっぱりしていて何よりチャーシューがおいしかった
DSCN7500
30分無料の駐車券はもらえたが、結局追加の30分100円の駐車代金は支払うことに。


市内を抜けると人生初オホーツク海を眺めながらのドライブとなる。
ほとんど信号のない道を走るとアメリカの国立公園のドライブを思い出す。
ところどころビューポイントには路肩に駐車スペースもあり、車を停めて景色を眺められる。
IMG_0159
冬は流氷を見ながらのドライブになるのかもしれないが、夏の知床連山の見える景色もなかなか素敵。
IMG_0162
IMG_0164
IMG_0171
IMG_0176


さらにオホーツク海沿いを走り、小清水原生花園へ。
IMG_0199
駐車場から見る知床連山。
ちなみにこの下向きの矢印は冬期路肩の境目の印だそう。
IMG_0203
インフォメーションセンター。
IMG_0207

園地入口。
IMG_0209
踏切を渡ると原生花園駅。
IMG_0210
IMG_0212
IMG_0292

エゾキスゲ。
IMG_0216

天覧ヶ丘展望台。
花園越しにオホーツク海、そして知床連山が見える。
IMG_0231
IMG_0227
IMG_0236
IMG_0237

散策路沿いに歩くとかわいいお花がたくさん咲いている。
IMG_0240
IMG_0243
IMG_0247
IMG_0250
IMG_0259
IMG_0262

今日は波の穏やかな海岸。
IMG_0255
こんな感じで散策路は続いている。
IMG_0264
鳴り砂で有名な海岸へも下りられる。
IMG_0266
IMG_0267

さらに散策。
この辺りは原生花園を代表する花々が咲いている。
ハマヒルガオ。
IMG_0270
ハマナス。
IMG_0272
エゾスカシユリ。
IMG_0274

一周して駅に戻ってきた。
IMG_0284
駅の中には苺のカフェがあり、私はストロベリージュースをいただく。
IMG_0286
IMG_0287


道を隔てた涛沸湖には木道が作られ、馬が放牧されている。
IMG_0294
IMG_0302
IMG_0309
IMG_0318

木道沿いにヒオウギアヤメが咲いていた。
IMG_0300


ここから知床目指してさらに走る。
IMG_0319
白いジャガイモの花が咲く畑と牧場。
IMG_0329
こちらは麦畑の奥に羅臼岳。
IMG_0332
ウトロまでこのような美しい海岸線に沿って走る快適な道だった。
IMG_0353


このあと知床エリアを観光します。
そちらは次回にお伝えしますね

ディープな自然を味わう道東の旅 2018 <11>オロンコ岩からの絶景とウトロの夕陽

1日目
小清水原生花園を14時過ぎに出発し、お天気がいいうちにと知床峠に向かうことにした。
青空が続いたのはこの日だけだったので、この判断は正解だったが、駐車場代500円をケチらずに知床五湖も行っておいた方が良かったと今更ながら後悔

途中の「天に続く道」が見つからずウロウロするがあきらめてオシンコシンの滝へ。
ウトロからだと見つけやすいが、網走方向からは一つ間違えるとわかりづらかった

オシンコシンの滝は標識も大きく出ているのでわかりやすいが、路肩の駐車スペースに両方向から入るようになっているので、混雑時は大変そうだった。
夕方近くの中途半端な時間だったので、駐車場は空いていて助かった。
IMG_0409
少しだけ階段を上る。
IMG_0380
IMG_0383
この看板からさらに滝に近づくことができ、滝の水しぶきがミストのように降りかかり気持ち良かった。
前日の大雨の影響で水かさは増しており、雨上がりのクリアな空でさらに迫力を増し、虹も見えた。
IMG_0390
IMG_0400
これから向かう知床八景の観光案内板。
IMG_0406


ウトロの町中を過ぎ、知床五湖と知床峠の分岐を越える。
IMG_0419
IMG_0435
ちょうど駐車場に着くとガスが上がってきていて、ぎりぎりセーフだった。
すでに羅臼方向は霧に包まれていた。
IMG_0472
IMG_0475
IMG_0481
羅臼岳はまだくっきり見える。
IMG_0489


ここからウトロの観光船乗り場の近くのオロンコ岩へ。
岩の真下に無料の駐車場がある。
夕陽の絶景ポイントとして知る人ぞ知る隠れた穴場。

口コミではこの階段がきつくてとても上れたものではないといった意見もあったが、実際にはおばさんの私でさえ5分ほどで上れる高さで、それほどのきつさは感じなかった。
IMG_0589
駐車場奥の簡易トイレは鍵がかかっていて開かなかった。
IMG_0536
上り口。
IMG_0535
大雨でなければ特段問題はなさそうな階段。
IMG_0541

ちょうどかわいらしい花々が咲いていた。
IMG_0538
IMG_0548
IMG_0554

上った先は知床連山からウトロの町が見下ろせる素晴らしい景色。
IMG_0553
IMG_0557
IMG_0562
ゴジラ岩も上から眺めると一層ゴジラに見える。
IMG_0564
ゴジラ岩にはカモメのコロニーが。
IMG_0568
そして知床連山。
IMG_0572
知床の森の恵みをたっぷりもらった豊饒の海。
IMG_0579
ねぐらへと急ぐケイマフリ(と思われる)。
IMG_0580
個人的にはお天気が良かったらぜひぜひ行ってほしいポイントです


この後、オロンコ岩でお会いした地元の方お勧めの通称「見晴らし橋」へ向かう。
此処も夕陽の名所で、橋の路肩に駐車スペースがある。

先ほどのオロンコ岩よりさらに壮大な景色が楽しめるが、肝心の夕陽は夏場は海に沈むので、岩の間に沈むのは冬場に近いころになるのかもしれません。
IMG_0590
IMG_0609
IMG_0602
IMG_0605


この後ウトロのセブンで買い物をし、ホテルにチェックイン。(ホテルの紹介は後ほど)
ホテルの目の前から日の入りが見れるので、夕食は19時スタートにしてもらった。
この時期の日の入りは19時ちょっとすぎ。

18時半になり大分日が傾いたので外へ出てみる。
ちょうどホテルの裏山でエゾシカがお食事タイムだった。
IMG_0629
IMG_0632

そして日の入り。
ホテルには日本人より海外のツーリストの方が多く、みんな壮大な夕陽のショーに見入っていた。
IMG_0647
IMG_0666
IMG_0697


<本日の会計2人分>
博物館網走入館料 一般+シニア  1610円
コーラ  160円
ドロラーメン 750円*2(1500円)+駐車代100円
イチゴジュース  370円
水、パン、おにぎり(翌日分)  1070円
ホテル夕食 生中  650円*2(1300円)

ディープな自然を味わう道東の旅 2018 <12>カムイワッカ湯の滝、知床五湖の高架木道

2日目 2018年7月9日(月) 18739歩 走行距離50.5Km
本日は知床五湖ガイドツアーの日。
3時間以上トイレなしで歩くのは心配なので、朝食は無しのプランにしてもらい、部屋で軽くパンを食べ、6時45分に出発する。

知床五湖のフィールドハウスは7時半からなので、先にカムイワッカの湯の滝へ。
7月31日までは自家用車で行くことができる。
五湖の駐車場の分岐を曲がらずにそのまま進むとすぐに舗装のない道になる。
IMG_0022
所々すれ違いが困難なほど狭い道も通り、20分ほどで駐車場へ。
IMG_0047
ヒグマの目撃情報が相次いでいるのかこの看板より先は立ち入り禁止で滝には入れないようになっていた。
かすかに硫黄のようなにおいもした。
IMG_0034
IMG_0038
立ち入りが可能な時期であれば、奥のテープの印まで登ることができたのだろう。
IMG_0048
夏は届け出を出した登山客のみこの先まで行けるようだ。
ルールを守らなければ即自己責任として跳ね返ってくる。
IMG_0051

五湖の駐車場戻る途中でエゾシカと遭遇した。
角が生えかわりの時期で、まだ先が赤くなっている。
ばっちりカメラ目線でこちらを振り向き、悠々と立ち去って行った。
IMG_0055
IMG_0057

カムイワッカ湯の滝から五湖の駐車場へ曲がる分岐。
IMG_0059

8時前には着いたのでまだ駐車場はがらがらだった。
この後8時半過ぎからは賑やかな団体さんが続々とやってきたので、静かな知床五湖を味わいたいかったら8時前の到着がお奨め
シーズン中の日中は駐車場に入るのにかなり待つらしいので、特に朝イチがいいかも。

500円の駐車代金を払う。
ウトロから送迎のあるガイドツアーでは高架木道はほぼ素通りなので、高架木道も楽しみたかったらやはり500円払っても自家用車で来た方がいいかもしれない。
眺望的には高架木道の方がすばらしかったので...
IMG_0003
IMG_0002

フィールドセンター。
IMG_0062
飴などすべての食べ物は車の中でキチンと袋にしまっておいた。
IMG_0063
本日のツアーの空き状況。
到着してからツアーを申し込む人も結構いたが、午前中はまだ五湖を回る大ループのツアーも開催されるようだが、午後はヒグマの目撃状況が相次ぐとツアーも中止や短縮になったりするようなので、やはり朝のツアーを予約しておいた方が確実。(特にヒグマ活動期は)
この日の午後もツアーは一時中止となっていた。
IMG_0064
IMG_0061

駐車場から眺める知床連山。
IMG_0071

高架木道の入口。
IMG_0073
IMG_0086

連山展望台。
IMG_0088

さらに木道を。
IMG_0105
IMG_0115

オコツク展望台。
IMG_0123
豊かな知床の森の奥に広がるオホーツク海、さらに国後島がすぐ近くに見える。
IMG_0187
IMG_0199
厳しい冬を乗り越えて生き残った一本の木。
IMG_0130
羅臼岳をアップで。
IMG_0490

一湖が見えてきた。
IMG_0487
IMG_0134
IMG_0128
IMG_0487


湖畔展望台。
IMG_0152
IMG_0135
雲は多いが何とか湖に映る知床連山が見える。
IMG_0171
湖の奥にはカモ。
IMG_0160
地上遊歩道。
IMG_0164
地上遊歩道からの入口。
IMG_0168

木道の周りは電気柵が張り巡らされているので、ヒグマは近づくことができないようになっている。
IMG_0485

これだけの絶景をバリアフリーで楽しめるのは本当に素晴らしい
できることならもう少し青空がほしかったですが、雨が降らなかっただけでも良しとしなければ...

この後はいよいよガイドツアーに出かけます。
そちらの様子は次回に。

ディープな自然を味わう道東の旅 2018 <13>知床五湖一周ガイドツアーとフレペの滝

2日目
知床五湖の高架木道の散策からフィールドセンターに戻ってきた。
散策時間は50分。
1時間もあればゆっくり景色が味わえると思う。

知床ネイチャーオフィスの方とは9時に待ち合わせをしていたので、それまでにトイレを済ませ受付へ。
こちらではツアーの参加申し込みなどひっきりなしに観光客が訪れ賑わっていた。
IMG_0212

知床ネイチャーオフィスのガイドさんから「ぬかっている道があるので長靴の方がいいかも?」というアドヴァイスを受け、ありがたくお借りすることに。

その後ウトロから来た方たちと合流し、フィールドハウスの奥で五湖の地上遊歩道を歩く際のレクチャーのビデオとガイドさんによる直近のヒグマの情報など教えていただく。
前日は20件のヒグマの目撃情報があり2時間ほどツアーも中止になったとのこと。
ビデオにも英語の字幕があり海外からのツーリストにも対応しているようだった。
IMG_0224

このレクチャーが終わったところでガイドさんから立入認定証をいただく。
立ち入りの料金500円はガイドツアーに含まれている。
IMG_0002 (2)


そしていざ出発。
各自双眼鏡を貸していただき、使い方の説明も。

まずは五湖をめざす。
IMG_0226
IMG_0228
早速ヒグマの大好物水芭蕉の群落。
IMG_0236
急に気温が上がったので蚊、ブヨの攻撃が半端でなく、全員で虫よけスプレーで防御。
ヒグマに注意しながら進む。

ガイドさんから様々な知床の自然の説明を聞き、これはエゾハルゼミの幼虫の抜けがら。
IMG_0239
キビタキの幼鳥。(と聞いた気がしますが間違っていたらごめんなさい)
IMG_0241
キノコも色々。
IMG_0247
知床特有のカエル。(ピンボケですみません
すごく小さいです。
IMG_0248
ヒグマが木の皮を食べてしまった痕。
エゾシカは届く範囲が限られているが、ヒグマは上まで食べてしまうそう。
IMG_0256
そしてヒグマの爪跡。
IMG_0258


そうこうしているうちに五湖に到着。
IMG_0266
IMG_0268
IMG_0276
マガモのメス。
IMG_0274

四湖に到着。
IMG_0290
IMG_0297
IMG_0300

湖に沿って歩いて行く。
IMG_0324
またまたキノコ。
IMG_0327
サルノコシカケ。
IMG_0329


三湖に到着。
IMG_0346
カイツブリのつがい。
ネムロコオホネも咲いている。
IMG_0353

紫陽花の一種だそう。
IMG_0362

三湖に沿って歩いて行く。
IMG_0364
この辺りが良くパンフレットなどに使われる撮影ポイントらしいが、今日は空の青さが足りません
IMG_0365
まだまだ三湖。
IMG_0372
IMG_0381
IMG_0388
睡蓮が咲いていた。
IMG_0392
ネムロコオホネの咲く清流が湖に流れ込んでいる。
IMG_0400

三湖沿いの木道にヒグマのフン。
結構堂々と木道の真ん中にぶちまけている。
IMG_0402
三湖沿いの道が長い。
IMG_0411
IMG_0408

またまたまたキノコ。
IMG_0416

二湖到着。
IMG_0443
IMG_0435

クマゲラの開けた穴。
一度は見てみたい鳥
IMG_0448

このようなルートマップがあるので、自分の現在地も把握しやすい。
この先ショートコースのルートと合流する地点なので、方向を間違えないように注意書きがある。
IMG_0455


そして一湖へ戻ってきた。
IMG_0456
IMG_0468
IMG_0462
高架木道が見える。
IMG_0471
ここが高架木道の終点。
IMG_0476

この後、ざっくり高架木道を通りフィールドセンターで解散。
3時間は長いのかなと思ったが、平坦な道でそれほど疲れもせず知床の自然を堪能できました

景色だけを眺めるなら高架木道で充分かもしれないが、奥深い知床の自然の一端に触れるにはこうして地上遊歩道を歩くことで見えてくるものがたくさんあると思う。
できることなら双眼鏡片手に知床の素晴らしい自然を発見してみてくださいね


パークサービスセンターでコケモモソフトクリームを食べた後、知床自然センターへ移動。
IMG_0503
こちらのテーブルでおにぎりを食べ、しばし休憩。
IMG_0504

フレペの滝へと向かう遊歩道を歩いてみることに。
途中の案内板にはヒグマの目撃情報も載っている。
IMG_0505
IMG_0510
IMG_0513

展望台へ到着。(なぜか写真を撮り忘れています
IMG_0518
ちょうど観光船が出て行くところ。
IMG_0520
IMG_0527
IMG_0532

展望台からは知床連山とフレペの滝を見ることができる。
IMG_0538

ウトロ岬灯台へ続く道は立ち入り禁止。
IMG_0544

こちらもかわいい花がたくさん咲いていた。(シコタンハコベ)
IMG_0543
IMG_0547


この後、観光船に乗るためウトロの町へ戻ります。
そちらは次回に。

ディープな自然を味わう道東の旅 2018 <14>ヒグマウォッチクルーズで知床自然の王者ヒグマを見れたよ

連日体温を越える暑さに家に籠りっきりの日々です。
西日本豪雨の被災地などさらに過酷な環境ですね。
どうかお体に気をつけて。


さて道東の旅の報告まだ前半ですが、今回は一番楽しみにしていたヒグマウォッチのクルーズの報告です。
想像以上の楽しさでその様子をうまくお伝えできるといいのですが


2日目

フレペの滝から戻りまだ少し時間があったので、休憩がてら知床自然センターで14時から映像ホールの「知床の四季」を見ることに。
大人一人500円と良いお値段です(20分)
助成金で作られたのかあまりに自然センターに似つかわしくないほど立派なホールでしたが、私たちだけの貸し切り。
300円位ならもう少し入るのではと思うのですが...

内容自体は懐かしい城達也さんのナレーションで美しい映像だっただけに残念。


朝から歩き続けの疲れも少し取れ、知床ネーチャーオフィスで予約しておいたゴジラ岩観光へ向かう。
15時少し前にオフィスに着き、すぐに駐車場に案内していただく。
この辺りに観光船の会社はたくさんあったが、ここだけが大賑わいだった。
IMG_0551
受付で代金を支払い、酔い止めの薬を車に落とし失くしてしまったので錠剤の薬を分けてもらう。(2錠で200円、液体の薬は使わなかったら返せば返金してくれるとのことだったが、念のため早めに錠剤を飲むことに)

ちなみにJALの機内でもらうパンフレットで400円引きになるのだが、私たちはすでに知床ネイチャーオフィスで割引になっているので、使えないとのことだった。


すでに中は座る場所もないほどいっぱいだったので外で待つ。
15時15分から予約の順番に名前を呼ばれ、並んで船に向かう。
ゴジラ岩の前を通り船着き場へ。
IMG_0552
IMG_0976

すべて右側の席から見えるように船を停止させるので右側に座るようにとアナウンスがあったが、私たちは予約したのが遅く後ろの方だったので、ライフジャケットを受け取り1階デッキの右側に座った。

2時間のルシャコースに15時半出航。(5500円)
IMG_0002 (3)
IMG_0559

このコースはヒグマウォッチングコースと謳っているだけあり、双眼鏡や大きな望遠レンズのカメラを持つ人など、みなさん気合いが入っていましたよ

そして出航間もなく町からそう離れていないところでまず発見。
まだ子熊のようですが、すぐそばには人の姿も見え、危ないんじゃないという声も聞こえた。
このヒグマが町へ近づくようだとまた観光に大きな影響が出るとのことで、船長さんからは「無事に山に帰ってくれることを願いましょう」と。
IMG_0576

切り立った崖にはこんな大きな岩の割れ目がいくつもあり、これは船に乗らなければ見れない知床の風景。
IMG_0595
夕方はねぐらへ帰るケイマフリも良く見れるそうで、これも貴重な鳥。
IMG_0597

先ほど上から見たフレペの滝(乙女の涙)。
上からだと脇の方の滝は見えないので、全部を見ようと思ったらやはり船からということになる。
IMG_0606
IMG_0612

岩の割れ目から幾筋もの小さな滝が流れている。
IMG_0627
「湯の華の滝」(「男の涙」)。
IMG_0635
「クンネポール」。
IMG_0643
「象岩」。
IMG_0665
知床連山が見え出した。
IMG_0673
IMG_0676
海鳥のコロニーがある岩場は鳥のフンですごいことに。
IMG_0690
「水晶岬」。
IMG_0718
切り立った崖がそのまま垂直に海に落ちている「五湖の断崖」。
IMG_0723

先端部分「コケシ岩」。
IMG_0737
左奥「ワシの鼻」。
IMG_0747

なだらかな知床岳が見えてきた。
IMG_0763


ここでまたヒグマ発見。
今度は海岸近くなので写真も撮りやすい。
結構大きい。
IMG_0777
IMG_0781
すぐそばには滝もあり、悠然と歩く姿はまさに知床の自然の王者といった雰囲気。
こうして船から眺めることができれば人もヒグマも安心ですね
IMG_0783
IMG_0790
IMG_0794

遠くカムイワッカの滝が見え始めた。
IMG_0798
滝の流れ込む部分だけ海の色が変わっている。
IMG_0807
さらに奥に見えるのが、カムイワッカ湯の滝。
IMG_0821
IMG_0824
IMG_0830

「たわら岩」。
IMG_0835
IMG_0839

「硫黄の滝」。
IMG_0849
IMG_0852

個人では海からはカヤックで来ることが認められているそうだ。
あのヒグマを見た後はちょっと怖い
IMG_0858

「知床大橋」。
自然調査など限られた人だけが入れる道。
IMG_0867
IMG_0871

ここでまたまたヒグマ発見。
今度は親子だったらしいですが、かなり遠く、小熊の姿は捉えられず。
IMG_0881

ルシャ湾にある漁師さんの番屋。
IMG_0886

この辺りで引き返し、帰りはかなり岸から離れスピードもあげたため、デッキから中へ入る人続出。
私はせっかくの景色を楽しみたいので、最後までデッキで頑張っちゃいました
IMG_0890
帰りの方が知床連山はくっきり見えた。
IMG_0909
大きなタイプの観光船。
IMG_0922
海から眺める羅臼岳。
IMG_0933
次第にウトロの町も見えてくる。
IMG_0937
IMG_0956
IMG_0966

お世話になった船。
IMG_0974

事前の情報で皆さんウィンドウブレカーは着こんでいましたが、それだけでは寒かったようです。(別に船備え付けの防寒着も貸してくれる)
私はパーカーのフードをかぶりさらにウィンドウブレーカーだったのでOKでしたが、薄手のダウンを着ている人もいました。
今回は風もなく全く船酔いの心配はありませんでした。

ヒグマを見るにはやはり双眼鏡は必需品ですね。

アメリカの国立公園でも熊の生息するエリアに入るルールは厳しかったです。
人とヒグマが共存するためにこの観光船からのウォッチはとっても素晴らしいことだと思います。


この後、ウトロの温泉ホテルに向かいます。
私たちの旅で一番の贅沢でした。
そちらはまた別に報告しますね。


<本日の会計>
知床五湖ガイドウォーク  4500円*2(9000円)
水 160円
コケモモソフト  300円*2(600円)
自然センター映像ホール  500円*2(1000円)
カルピスウォーター  130円
ゴジラ観光ルシャコース  5500円*2(11000円)
ホテル夕食 地ビール1200円+スーパードライ800円




最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <5>超美味 しかもゆったり味わえる毘沙門氷はお勧め
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <5>超美味 しかもゆったり味わえる毘沙門氷はお勧め
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <5>超美味 しかもゆったり味わえる毘沙門氷はお勧め
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <5>超美味 しかもゆったり味わえる毘沙門氷はお勧め
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <5>超美味 しかもゆったり味わえる毘沙門氷はお勧め
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <5>超美味 しかもゆったり味わえる毘沙門氷はお勧め
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <5>超美味 しかもゆったり味わえる毘沙門氷はお勧め
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <5>超美味 しかもゆったり味わえる毘沙門氷はお勧め
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <4>川からの風がさわやかな大血川渓流釣り場でマス釣り
  • 新型コロナウィルスと共存する生活での3世代キャンプ 2020 <3>お盆休みの長瀞の混雑回避には早め早めの行動を
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • るいと東吾の子ども世代の活躍を描いた「新・御宿かわせみ」
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー