夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

南イタリア・クロアチア・スロヴェニア旅行記 2018

クロアチア・スロヴェニア旅行記 2018 <8>ドゥブロヴニクからモンテネグロへの現地ツアー

ドゥブロヴニクからモンテネグロのコトルへは日帰り旅も人気のエリア。

ツアーではコトルで十分な時間が取れないため、当初は自力で行く予定にしており、ドゥブロヴニク発7:00のバスが以前はコトルに9:10に到着していたためこれに乗れば日帰りは可能だったが、最新の時刻表を見ると7:00発で到着は10:30になっている。

さらに口コミによるとオーバーブッキングで予約したバスに乗れなかったり、運転手が全く英語が話せず、いつ到着するのかさっぱり分からない状況だったとのこと。(英語の口コミも確認)


ということで、さすがに自力は難しいと判断し、現地ツアーを利用することに。
人気のエリアなので、いくつもの現地ツアーが出ているが、その中で一番コトルの滞在時間が長いものを選ぶことに。
ブドヴァへ寄るツアーの方が人気だが、その分コトルでの自由時間が減ることになり、城壁へ登る時間があまり取れないことになってしまう。

そこでペラストの岩礁のマリア教会とコトルに絞ったツアーを探してみた。

ベルトラでも同じようなツアーはあるのだが残念ながら金曜日のみ。

色々検索してみると一番希望にあうツアーとして、「Adriatic Explore」と言う会社が見つかった。
その中で「Montenegro Bay of kotor Tour from Dubrovnik」は希望通りのコースで催行日も火、木とちょうど予定にあう日にちとなった。
さらに私たちが宿泊するバークレーホテルでもピックアップしてくれ、時間も若干遅いのでホテルの朝食も食べることができる。

シャトルバスなので、小回りもきき、比較的国境通過もスムーズだったとの口コミ。
料金も49.77€と比較的リーズナブル。


ランチの時間は削り、おにぎり持参で行くつもり。

順調に行けば3時間あるので、要塞まで登るのは無理としてもある程度の眺望ポイントまでは行けるのでは...
IMG_0004 (2)


予約は天気予報も見ながらぎりぎりにするつもりです


クロアチア・スロヴェニア旅行記 2018 <9>オフシーズン(5月)のフヴァルからスプリットまでの高速艇は本数が少ないので要注意

またまた冬のどんよりした曇り空に逆戻りです


1月に調べた時には出ていなかったヤドロリニヤのフヴァルからスプリットへ向かうタイムスケジュールがでていました。
オンシーズンであればフヴァルからの高速艇が13:00発もあったのですが、やはり5月はオフシーズンなので、高速艇は早朝の6:35発のみ。

スタリ・グラードからのフェリーは1日3便出ています。
5:30発スプリット7:30着
11:30発スプリット13:30着
17:30発スプリット19:30着

クリロの高速艇はフヴァル19:35発スプリット20:45着。


スプリットのスーパーが21時で閉まってしまうので、それを考えるとスタリ・グラード17:30発のフェリーしかありません。

フヴァルからスタリ・グラードまではバスで30分ほどですが、小さなシャトルバスで大きなスーツケースを持って乗りこめるのか心配。
しかも私たちの滞在は金~土なので、いくらオフシーズンとはいえ、かなりな混雑が予想されます。

バスの時間は15:00発。(クロアチアバスのホームページで検索できます)
これも微妙な時間ですが、スーツケースをフェリーターミナルで預けられるならスタリ・グラードまで海辺の散歩道をぶらぶらするのも良さそう。(英語の口コミではスタリ・グラードまで徒歩20分と)

もしどうしても込み合って大変な状況ならタクシー移動も考えていますが、日本と同じくらいタクシー料金が高いとの情報で、できることなら避けたいですが...
やはり情報が少ないので、これは現地に行ってみないとわからないですね。


フヴァル島自体はヨーロッパ有数のリゾート地ならではの街並みやおいしいお料理など楽しみにしている訪問地の一つでもあります。
青の洞窟以外の現地ツアーもありますが、やはりきれいなビーチを巡り、そこで泳ぐと言うのが中心になりそうです。(山派の私たちにはちょっと辛いかも?)



クロアチア・スロヴェニア旅行記 2018 <10>現地使用のSIMカードは国内で調達

関東地方でもみぞれのような小雨が降っていますが、もう少しの辛抱で暖かくなる日がやってくるとの予報です
春が待ち遠しいですね。


今回のクロアチア・スロヴェニアでも海外用のSIMカードは必須アイテムです。
現地での購入の例などあまり情報がなく、とりあえず昨年に続き日本でのヨーロッパ周遊のプリペイドSIMカードを考えています。

今回はようやくオットもSIMフリーのスマホを手に入れたので、別行動してもLINEで連絡が取り合えるようになったので便利です。(お互いに興味の対象が違うので...)

ヨーロッパ周遊タイプのプリペイドSIMカードは昨年私が使ったイギリスのThree社とタイのAIS社とが人気を2分しているようで、どちらもクロアチア・スロヴェニアには対応しています。


特にAISの「SIM2Fly」(15日)はヨーロッパ27カ国だけではなく日本も含めたアジア、北米など幅広いエリアを網羅しているので口コミの評価も高いです。
速度も速いのですが4Gタイプしかなくお値段も3500円とThreeに比べて高いです。(それでも海外用のレンタルWiFiに比べたらかなり安いですが)

一方のThreeは1GBで2000円(1カ月)とやはりリーズナブル。
しかもイギリスの会社なのでヨーロッパ42カ国を網羅しています。(残念ながらモンテネグロなどは含まれていませんが、特にヨーロッパの地方ではAISよりつながりやすいとの情報も)

基本利用するのはgoogle mapとLINEくらいで、あとはホテルのWiFiを利用して天気予報や現地情報を調べるつもりなので、それほどに速さが求められるわけではないので、今回はコスパ重視でThreeにしようと思っています。(ドイツでも普通にさくさくつながりましたので)


日本人は新しい機能を持った新商品が大好きなのでそれに飛びつきがちですが、やはり自分の求めているものを吟味し選ぶことが大事だと思いますね。

とりあえず日本で準備していけば、現地での時間も有効に使えますし、一つやるべきことが減るだけでも気が楽になります。

入手するまで多少時間がかかるらしいので、来月に入ったら購入しようと思っています。
使い勝手についてはまた報告させていただきたいと思いますので、どうぞよろしく

クロアチア・スロヴェニア旅行記 2018 <11>ドゥブロヴニクからフヴァルまでのクリロ高速艇をネットで購入

数日前の暖かさがうそのようなひんやりした空気です。
あとわずかの寒の戻りだそうですが、本格的な春が待ち遠しいです


クロアチアの旅、出発まではしばらくありますが、これからお花見に浮かれてうっかり忘れてしまってはいけないと思い(おやじギャグですいません)、クリロのホームページを開けてみたらチケットの購入ができるようだったので、さっそく手続きをしました。(料金はドゥブロヴニク~フヴァルで210Kn)

5月はまだオフシーズンですが、金曜発なので、早めにチケットを入手しておけば安心なので...

ホームページからの手続きについては詳しく書かれている情報がいくつもあるので省略しますが、通常の海外の長距離バスや鉄道のチケット購入と変わらないので、それほど迷うことはないと思います。

手続きの済んだページからそのままダウンロードして印刷することもできますし、登録したメールアドレスの添付ファイルから印刷することもできます。
チケットを交換するなどの手間もなく、そのまま乗船できますので、ネット予約は便利ですね。

どちらにしてもヤドロリニヤのフェリーほどたくさんの人数は運べず、1日1往復なので、ピークシーズンや週末は早めに予約した方がいいかもしれないです。
最近のドゥブロヴニクの観光地としての人気はかなりなものがありますから...

ヤドロリニヤの高速艇(カタマラン)は外に出ることができませんが、クリロはデッキに出ることができるようです。
今回は帰りはスプリットまでヤドロリニヤのフェリーを利用しますが、スプリットから日帰りでフヴァルへ行くならヤドロリニヤの高速艇ではなく、クリロを利用しても良いかもしれませんね。


スプリットまでのフェリーや長距離バスのチケットは1カ月前位に購入予定です。
そちらはまた無事購入できたら報告したいと思います
IMG_0003 (4)



クロアチア・スロヴェニア旅行記 2018 <12>今回の旅の両替は初めて海外ATMに挑戦

今までの海外旅行はメジャーなエリアが多かったので、大半は日本で両替をしていくか、はたまたタイやマカオのように現地で日本円から両替するかという方法で、現地のお金を入手してきました。
今回のクロアチアではクーナ(kn)に変える必要がありますが、日本円からの両替はレートが悪くしかも取り扱っていない店も多いとのこと。

ユーロを多めに両替しておき、現地でクーナに両替する方法も検討してみましたが、日帰りなどで少額の両替ならそれもありですが、結構長い間クロアチアを旅し、しかも観光地ではかなり物価も高く、現金しか使えないお店も多いとなると、やはり二重の両替する手数料はかなりな額になりそうです。


今までいろんな方の旅行記を読ませていただいて現地のATMでのキャッシングが手数料が安いと言うことは知っていたのですが、なかなか踏み切れず、また日本で切符などの手配を済ませてしまい、あとはクレジット払いにすることが多く、それほど現金を必要としていなかったため一度も利用したことはありませんでした。

色々調べてみると銀行の国際キャッシュカードはほとんどなくなり、デビットカードかクレジットカードを利用することが多いようです。
手数料的には日本へ帰りすぐに入金すれば、クレジットカードの方が安いようなのでそちらでチャレンジしてみようと思っています。
(英語版のATMの操作方法はプリントアウトして持っていく予定)


スロヴェニアやモンテネグロではユーロが使われているので、もちろんユーロは日本から両替していくつもりですが...
空港などで自販機を利用するときにコインは便利ですし(早朝はお店も開いていないので)。


何事も初めての体験はハラハラドキドキするものですが、また現地での体験を報告したいと思います

クロアチア・スロヴェニア旅行記 2018 <13>現地使用のプリペイドSIMカード購入

今週はどうもすっきりしないお天気が続くようですね

少し早いですが現地で使うプリペイドSIMカードを購入したので報告しますね。
当初はイギリスのThree社の1GBタイプを購入するつもりでしたが、今回は路地歩きも多くgoogle mapの出番も多いかもしれないと思い3GBのタイプをアマゾンにて購入。(思ったより早く翌日届きました)

値段は2800円ほどなので、AISよりは安いです。
日本語版設定マニュアルもダウンロードできますが、昨年もスマホの設定からモバイルネットワークを選択するだけですぐにつながったので、それほど難しくはありません。
日本からSIMカードを入れて行った場合は、電源を入れず、現地の空港についてから入れるようにしました。(乗りつぎの空港で入れても大丈夫ですが、小さなカードを失くすと大変なので、たぶん日本から入れていくことなると思います))

利用を始めてから1ヶ月間有効ですが、データ通信のみで通話はできません。

ハンガリーでも利用可能なので、また次の旅でも利用することになりそうですね
IMG_0003 (3)
IMG_0006 (2)
IMG_0008
IMG_0010 (2)

クロアチア・スロヴェニア旅行記 2018 <14>ポストイナ鍾乳洞とシュコツィヤン鍾乳洞を1日で回るプラン

お彼岸だというのにサイタマでも雪がちらついています。
天気予報では「なごり雪」という表現がよく使われていましたが、私の世代には卒業シーズンのふわっと消えてしまいそうな雪は懐かしく、ちょっぴりセンチになっています。

でも寒いです。
我が家では今シーズン最後のお鍋の登場のなりそうです


少しづつスロヴェニアの下調べもしていますが、当初ポストイナの鍾乳洞はツアーで行くつもりでしたが、リュブリャナでは2日間フリーの時間があるので、ぎりぎりまで天気予報とにらめっこをしてお天気のいい日にブレッド湖に行きたいと思ったので、ポストイナも自由のきく公共の乗り物利用で行くことにしました。

ガイドブックでは個人で行きづらいと書いてあったが、リュブリャナからポストイナ鍾乳洞のすぐ近くまで比較的頻繁にバスも出ているので、それほど個人で行くのもハードルは高くないのでと思います。

ただ土曜は朝イチのバスの後14時過ぎまでリュブリャナに戻るバスはないので、そちらは要注意ですね。
平日であれば8:15のバスに乗り9:12にポストイナに着くのがベストですが、土曜は8:50発で10:02着なので、11:00からの鍾乳洞ツアー参加となり込み合う時間帯になりそうです。
バスのチケット売り場で入場券も売っているようなので、そちらを利用すれば確実かもしれません


皆さんの旅行記を読ませていただく中でシュコツィヤン鍾乳洞にも心惹かれ始め、平日であればそちらに寄るプランも考えてみました。(土曜はその後ザグレブ移動のため難しい)

ネックはディヴァチャ駅からの無料のシャトルバスの時間ですが、スロヴェニア国鉄のホームページから見つけたので、情報として載せておきますね。

タイムスケジュールとしてこんな風に立ててみました。
土曜はバスの連絡が悪く難しいので、平日のみのプランです。(日本のようにぎりぎり滑り込みでツアーに参加するのは難しいと思うので、余裕を持ってスケジュールを立てています)

リュブリャナ8:10~ディヴァチャ9:51(スロヴェニア国鉄LPV)
ディヴァチャ9:50~シュコツィヤン鍾乳洞9:57(無料シャトルバス たぶんこの電車に接続しているので間にあうはず?)
鍾乳洞ツアー11:00~13:00
ランチ
シュコツィヤン鍾乳洞14:12~ディヴァチャ14:19(無料シャトルバス)
ディヴァチャ14:43~ポストイナ15:19(スロヴェニア国鉄LPV)
ポストイナ鍾乳洞ツアー16:00~17:30
ポストイナ鍾乳洞18:13~リュブリャナ19:21(バス)

IMG_0004 (3)
この時刻表は変更になる場合がありますので、直近の情報はスロヴェニア国鉄のホームページでご確認ください。




最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • るいと東吾の子ども世代の活躍を描いた「新・御宿かわせみ」
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー