夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

涼と紫陽花を求めて箱根日帰り旅

涼と紫陽花を求めて箱根日帰り旅 2017 ①小田原から箱根登山鉄道で強羅公園へ

昨日猛暑のサイタマを抜けだし、紫陽花が見ごろとなった箱根へ日帰りで行ってきた。
今回は最寄駅から小田原まで乗り換えなしで行く宇都宮線・高崎線からウエノエクスプレスで東海道線へつながっているルートを利用した。
特急料金もかからないで2000円弱で小田原まで行けてしまう。
時間は2時間ほどだが、一度席が空き座ってしまえば、乗り変えなしなので、あとはのんびり。

ということで、サイタマから行けるお手軽箱根旅をお伝えしたいと思います

2017年7月10日(月) 17954歩
朝6時25分発が、小田原まで直通の一番電車。
月曜日ということで、ビジネスマンの皆さんに混じって電車に乗り込む。
この時間なのでぎゅうぎゅうに押しつぶされるほどの混雑ではない。
ラッキーなことに上野で座れたので、あとはひたすら寝てしまい、気が付いたら湘南に入っていた。

小田原から箱根登山鉄道に乗り換える。
標識もあるので、わかりやすい。
今回は強羅公園と彫刻の森だけなので、そのまま切符を買ってしまったが、そのルートでも1日乗車券の方がお得だった

小田急線の小田原駅から湯本方面はエスカレーターで下のホームへ下りる。
小田原発8時24分の登山電車は、地元の通勤の方が大半だった。
IMG_0001

湯本で強羅行きに乗り換え。
IMG_0005
IMG_0003
IMG_0006
座席はできることなら運転手さんに近い席をお勧めする。(乗車位置3)
登山鉄道名物のスイッチバックが良く見えるので。


ここからは沿線の解説も入り、まさに観光列車として楽しめる。
ただ残念なことに英語で駅名のアナウンスもなく、海外のツーリストもかなり乗っていたので、せめてそれくらいは必要ではないかと思った。
(海外で鉄道を利用する旅で英語での駅名アナウンスは助かる)

なかなか沿線の紫陽花の撮影は難しく、こうして停車した時がシャッターチャンス。
IMG_0011
湯本から強羅まで3か所でスイッチバックがあり、車掌さんと運転手さんが入れ替わり、向きを変えて上っていく。
IMG_0014
IMG_0018
宮ノ下駅ホーム。
IMG_0024
IMG_0025


強羅駅でケーブルカーに乗り換える。
IMG_0026
上公園で下車し、強羅公園へ。
強羅からでも歩いて行けるが、日差しも強いので、上公園駅から下って行った方が楽だし、切符売り場も空いている。
IMG_0031
IMG_0034
入園料は550円。
ネットから割引券をプリントアウトし500円になったが、箱根のフリーパスなら無料になる。
IMG_0001 (2)

はいってすぐに鮮やかに咲くガクアジサイ。
IMG_0037

バラの時期にはちょっと遅いようだが、2番花が咲いていた。
IMG_0042
IMG_0043
IMG_0044
IMG_0047
園の中央にある噴水。
後ろの山には、夏の風物詩大文字焼きの「大」という字が見える。
IMG_0060
噴水脇の小道に咲く紫陽花。
まさに満開で、ピンクと白の紫陽花がたわわに咲いている。
IMG_0069
IMG_0073
白に淡い紫が美しいガクアジサイ。
IMG_0071

バラ花びらのついたソフトクリーム。
400円。
IMG_0077

「白雲洞茶苑」の方へ下っていく。
IMG_0080
IMG_0086
白雲洞茶苑の中へ。
IMG_0089
再び噴水下の道へ。
IMG_0090
とんぼ玉工作館の売店。
これからの季節にピッタリの涼しげな演出。
IMG_0097
こちらが正門。
IMG_0107

今度は公園下駅まで歩き、そこから一駅乗って強羅へ。
IMG_0108

この後、強羅から彫刻の森まで一駅乗り、「彫刻の森美術館」へ向かいます。
日なたは暑かったけれど、木陰の風はさわやか。
芝生の緑と素晴らしい彫刻の数々に癒されました。
そちらの様子は次回に

涼と紫陽花を求めて箱根日帰り旅 2017 ②箱根彫刻の森美術館その①

箱根日帰り旅の続きです。

公園下から強羅乗り換えで彫刻の森駅へ。
公園下から強羅までは80円、強羅から彫刻の森までは130円。
IMG_0122
彫刻の森駅の踏切近くの紫陽花。
IMG_0131
IMG_0134

美術館までは2,3分。
IMG_0135
こちらもネットの割引提示で1500円。
IMG_0006 (2)
IMG_0139

通路から円形広場へ。
IMG_0140
本館ギャラリー。
IMG_0143
オーギュルスト・ロダン 「バルザック」
IMG_0145
箱根の山々をバックにした絶好のロケーション。
IMG_0146
じぐザグワーるド。
ここの美術館では小さな子ども連れファミリーをたくさん見かけた。
IMG_0157

エミール・アントワーヌ・ブールデル 「弓をひくヘラクレス」
IMG_0163
IMG_0165
IMG_0166

ブールデル作。
アルゼンチン建国の父アルヴェアル将軍の騎馬像の台座の四隅を飾った像。
IMG_0169

ここから下り木々の多いエリアに。
IMG_0178
IMG_0189
IMG_0200

強羅公園よりはるかに種類も多く手入れの行き届いた紫陽花がちょうど見ごろだった。
紫陽花を楽しむ場所としてもお勧め
IMG_0188
IMG_0192

佐藤忠良 「マント」
IMG_0202

IMG_0204

星の庭へ。
IMG_0207
森のアトリエは改装工事中だった。(夏休み前には完成予定)
IMG_0213

ピカソ館へ向かう。
この辺りも紫陽花がたくさん。
IMG_0218
IMG_0228

エレベーターもあったが、彫刻のある道を歩いて下る。
エミリオ・グレコ 「水浴びをする女 NO.6」
IMG_0233
IMG_0235
IMG_0243
IMG_0238
中は撮影禁止だが、思いのほか充実した展示内容で、これが入園料に含まれ無料で見れるのは嬉しい
作品の紹介も日本語と英語の併記で、ここでは欧米のツーリストも結構見かけ、みんな熱心に見学していた。
私はお魚のお皿など特にお気に入り。


ここから足湯へ。
IMG_0247
足湯の前には「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」。
IMG_0249
自販機でタオルも売っていますが、私はあらかじめ持参。
IMG_0253
IMG_0256
緑陰ギャラリー。
ここには自販機もあり、一休みするのに良さそう。
IMG_0254


さきほど足湯から眺めた「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」へ上ってみる。
1フロアー上がったところからは、こんな光り輝くステンドグラスに包まれた塔が広がる。
IMG_0262
IMG_0264
塔の上は箱根の山々が見渡せる絶景。
IMG_0265
IMG_0267
IMG_0270
上り、下りの階段が分かれているがこんな足跡もおちゃめ。
IMG_0272
IMG_0275
全く期待しないで上ったけれど、すっかりはまってしまいました
何といっても無料ですし、お天気が良かったら、ぜひぜひ上ってみて。

写真の点数も多くなってしまったので、次回に続きを報告させてくださいね。

涼と紫陽花を求めて箱根日帰り旅 2017 ③箱根彫刻の森美術館その②

彫刻の森美術館の散策の続きです。
「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」から緑陰広場へ向かっています。


鮮やかな緑の芝生の上には色々な彫刻が。
どれも室内で飾られているのと違い、のびのびとそこに存在しているように見える。
IMG_0285

ヘンリー・ムーア 「横たわる像」
IMG_0288
こんなところでおにぎりもいいかもしれない。
IMG_0289
IMG_0292

アントニー・ゴームリ 「密着」。
若者に人気の撮影スポットですね
IMG_0295

この辺りにはちょっと珍しい紫陽花も植えられていた。
IMG_0302
IMG_0303IMG_0305
IMG_0308

ヘンリー・ムーア 「母と子 台座」
IMG_0311

IMG_0314
IMG_0315
IMG_0318
IMG_0322
IMG_0323
IMG_0325
どちらかと言えばメタリックな彫刻は好きではなかったが、自然の中に溶け込み日の光を浴びてきらきら輝く様はとても美しかった。
IMG_0327
IMG_0329
IMG_0330
IMG_0336
IMG_0337

ここからトンネルの通路を通りマルチホールへ。
IMG_0341


彫刻の森ダイニングでランチをいただく。
シーフードカレーとアイスティ。
IMG_0345
美術館に入らず直接レストランやミュージアムショップに行くにはここから入る。
IMG_0346


3時間余り滞在し、再び彫刻の森駅へ。
IMG_0348
IMG_0351
ここから湯本までは満席で座れず。

大平台駅。
IMG_0392
塔の沢駅。
IMG_0407

帰りは小田原から、ゆっくり座って我が家へ。


最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新記事(画像付)
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー