夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

大人の遠足 日光第2弾

大人の遠足 日光第2弾2017 ①鮮やかによみがえった陽明門にうっとり

昨日梅雨の合間の晴れのお天気の日に、修復を終えたばかりの日光東照宮陽明門に出かけた。
さらに家光公の霊廟のある大猷院、滝尾神社、裏見の滝へ。
美しい日本の美に触れ、自然も満喫できた一日になった。
写真が多いので、少しづつ報告したいと思います

2017年6月23日(金)  23789歩

陽明門の修復工事が済み公開されてから、連日テレビなどで取り上げられているのでかなりの混雑している様子。
朝5時半に出発し、東照宮の駐車場へは7時半過ぎに着いた。
何と、朝お花に水をあげた時に履いていたクロックスのままで出かけたことに途中で気づき、とっても恥ずかしい思いをしながらの観光となった
IMG_0006
駐車場からこの階段を上る。
IMG_0008

ここから石段を上がっていく。
IMG_0020
石鳥居。
IMG_0025

チケットの販売は8時から。
10分前くらいには行列ができていた。
東照宮だけで大人1300円。
IMG_0043
表門。
IMG_0064

階段を上り、陽明門とご対面。
陽明門は1636年建造された三間一戸楼門で、屋根は入母屋造りの銅瓦葺。
東西南北に唐破風が付されている。

IMG_0103
まずは正面唐破風を眺める。
IMG_0108
さらにアップにすると、鬼瓦の下には葵の紋。
IMG_0276
その下には「東照大権現」の勅額が。
IMG_0278

門表の左右に随心像。
IMG_0256
本殿から見た陽明門。
IMG_0155

素晴らしい彫刻の数々には特に霊獣、霊鳥など吉祥的な意味あいを持ったものが多い。
IMG_0126
IMG_0128
IMG_0150
IMG_0158
IMG_0188
IMG_0192
IMG_0215
IMG_0223
IMG_0224
IMG_0229
IMG_0236
IMG_0244
IMG_0247


天井には墨絵の雲竜図。
IMG_0129
IMG_0131

門の裏側にある左右の獅子像。
回りを飾る色彩模様の透かし彫りも見事。
IMG_0205
IMG_0210
門の脇の華やかなボタンの花。
IMG_0194


初層組物間には中国の故事や伝説上の仙人など人物の装飾彫刻が配されている。
リアルな表情から江戸初期にはまだ中国思想の影響が強かったことが窺われる。
琴高仙人。
IMG_0196
IMG_0198
IMG_0199
IMG_0200
IMG_0201
梅福仙人。
IMG_0202
鉄拐仙人。
IMG_0203
IMG_0257
IMG_0258
IMG_0259
IMG_0260
IMG_0266
IMG_0267

門の左右には袖塀があり、東西廻廊につながっている。
IMG_0218


この後「眠り猫」「唐門」など見学します。
そちらは次回に

大人の遠足 日光第2弾2017 ②こちらも修復工事完了 三猿、眠り猫

前回は陽明門を中心に紹介したが、それ以外にもたくさんある東照宮の見どころを紹介。

まずは五重塔。
IMG_0066
IMG_0040
五重塔初層には東西南北の方角を示す位置に十二支の彫刻が飾られている。
通路側には、寅(家康)、卯(秀忠)、辰(家光)が。
IMG_0038

IMG_0034
IMG_0035

表門の左右の仁王像。
IMG_0318
IMG_0316
表門裏側。
IMG_0315

神宝を納める三神庫の一つ中神庫。
IMG_0089

上神庫。
狩野探幽が下絵を手掛けたと言われる一対の象。
左は白い象、右は黒い象。
IMG_0309
IMG_0311

神厩舎。
馬を守る存在の猿の彫刻が飾られている。
人の一生を猿になぞらえ、一般庶民にわかりやすく表現している。
有名な三猿は8面あるうちの2番目。
IMG_0287

親猿が子猿の将来を見つめている。(赤子の時期)
IMG_0300
「見ざる、言わざる、聞かざる」(三猿、幼少期)
IMG_0091
座っている猿。(青年期)
IMG_0289
大きな志を抱いて天を仰いでいる猿。(大人の時期)
IMG_0288
下を見て悩む猿と慰める友。(大人の時期)
IMG_0286

こちらは若い猿の男女の出会いの時期。
IMG_0304
二人で手を取り合って共に人生の苦難を乗り越えていこうとする結婚の時期。
IMG_0306
赤ちゃんができ親となり、再び第一場面に戻る。
IMG_0307

御水舎。
IMG_0095
IMG_0282


陽明門の脇から奥社へと向かう参道の入り口の欄干に「眠り猫」がある。
IMG_0182
IMG_0178
IMG_0176
IMG_0167
後ろ側のスズメはまだ修復されていなかった。
IMG_0171
今回は奥社へは行かず、ここで引き返す。

唐門へと続く廻廊。
IMG_0164
唐門。
こちらは以前修復工事が済んだばかりの時に訪れている。
IMG_0140
IMG_0145


ここから大猷院へ向かいます。
あまり知られていませんがここも世界遺産の一つで、見ごたえのある建物でした。
そちらは次回に。


追記

表門から陽明門へと続く敷石が、途中で石の組み方を変えています。
これは自然と人の流れを変えるために組み方を変えたそうですが、まさに日本の技術の粋ですね。
IMG_0313
日本では当たり前ですが、トイレも無料できれいです。
IMG_0312

大人の遠足 日光第2弾2017 ③ここも世界遺産 大猷院の美しさにはまる

東照宮を後にし、二荒山神社へ向かう。
杉並木が美しい。
IMG_0321
今回は神社の前の道を大猷院方向へ。
IMG_0332
IMG_0328
IMG_0333

チケットを購入し、中へ。(大人550円)

大猷院は「死後も東照大権現にお仕えしたい」という家光の遺言に基づき、四代将軍家綱の命で造られたもの。
本殿1棟に使用された金の量は東照宮55棟の建物より多く、江戸初期を代表する霊廟建築。
随所におじいちゃん(家康公)への敬愛の念が散りばめられた美しい建物は、見ごたえがあり、ここまで足を延ばす観光客が少ないのを残念に思った。

また広い庭園にはモミジやカエデの木が多く、秋には紅葉がさぞ見事なことだろう。
IMG_0335
IMG_0336

要所要所にこうした看板があり、日本人だけでなく海外からのツーリストにもわかりやすい。
仁王門。
IMG_0347
IMG_0341
IMG_0346
IMG_0348
門をくぐったところ。
IMG_0352

御水舎。
残念ながら天井の龍の絵はほとんど見えなかった。
IMG_0356
IMG_0354
IMG_0357

二天門。
平成30年までの修復工事中。
IMG_0474
IMG_0355

急な石段を上がると展望所へ。
IMG_0363
IMG_0366

鐘楼・鼓楼。
IMG_0372
IMG_0371
IMG_0374

夜叉門。
IMG_0376
IMG_0368
IMG_0380
IMG_0382
IMG_0384
IMG_0399
IMG_0396

IMG_0385
毘陀羅(びだら)。
表の左側に立つ南を司る夜叉。
IMG_0389
阿跋摩羅(あばつまら)。
表の右側に立つ、東を司る夜叉。
IMG_0395
徤陀羅(けんだら)。
裏の右側に立つ、西を司る夜叉。
IMG_0403
烏摩勒伽(うまろきゃ)。
裏の左側に立つ、北を司る夜叉。
IMG_0402

唐門。
IMG_0407
IMG_0408


IMG_0410
IMG_0411
IMG_0422

拝殿・本殿。
中は撮影禁止ですが、家光公の大きなお位牌などもあり、特に絢爛豪華な天井の美しさは必見。
IMG_0449
拝殿の入口から眺めた写真。
IMG_0445
外から。
IMG_0460
IMG_0463
IMG_0466

IMG_0450
IMG_0455
拝殿・本殿を囲む塀。
IMG_0469

ここから先奥院へとつながる道は工事のため行けませんでした。
竜宮門と呼ばれる美しい門も次回へ持ち越しです

精巧に施された見事な細工や装飾の数々は素晴らしかったです。
550円というお値段でこれだけの物を見られるのは、なかなかないと思います。
陽明門をご覧になった帰りには、ぜひ立ち寄って見てくださいね

(参考文献 「散歩の達人MOOK 日光・那須・益子」)

大人の遠足 日光第2弾2017 ④日光随一のパワースポット 滝尾神社へ

大猷院から二荒山神社へ戻る。
ここは人気のパワースポット。
IMG_0478
IMG_0482
IMG_0485

滝尾神社へ行く道がわからず案内の所で聞くと、先ほどの大猷院の脇の道を上がっていけばよかった
また下り、そして石段を上る。
IMG_0486
IMG_0492
IMG_0498

20分ほどかなり急な石段や坂を上がり、行者堂へ着いた。
IMG_0506
IMG_0503
狛犬が小さくてかわいい。
IMG_0505
手前にはかわいそうなお地蔵さん。
IMG_0504

今度は下りの道。
IMG_0508
神橋から上ってくる道とぶつかる。
帰りはこの道を下る。
IMG_0510

緩やかな上りの石畳。
IMG_0512
白糸の滝へ。
山の渓流を流れ落ちるかわいい滝。
IMG_0520
IMG_0513
IMG_0516
IMG_0518


橋を渡ったところが滝尾神社の入口。
滝尾神社は二荒山神社の別院であちらこちらにパワースポットが存在するとか...
IMG_0521
山奥なので、まだモミジの新緑がきれい。
IMG_0524
意外に本殿までは遠い。
IMG_0527
この鳥居の真ん中の丸い穴に小石を3つ投げて通れば幸運が舞い込んでくるということで、オットも試してみましたが、全く届かず
IMG_0531

ようやく楼門が見えてきた。
IMG_0538
IMG_0542
IMG_0545
門をくぐると拝殿。
IMG_0548
IMG_0547
本殿・唐門。
山の奥とはいえ立派な造り。
IMG_0551
さらに奥へと続く。
IMG_0554
三本杉。
IMG_0556
IMG_0560
滝尾稲荷神社。
IMG_0555
IMG_0563
酒の泉。
IMG_0567
IMG_0568
子種石。
IMG_0570
IMG_0571


ここからまた神社の入口に戻り、神橋方向へ下っていく。
二荒山神社からの険しい道と違い、緩やかな傾斜の苔むした石畳の道を歩くだけで癒され、海外のツーリストともたくさん会いましたよ。
IMG_0582
IMG_0583
IMG_0584

途中には北野神社が。
IMG_0593
IMG_0591
すぐ近くには「ここから滝尾道」と言う標識も。
神橋から歩いてきた人は、この標識から山道が始まると実感できるのでしょうね。
IMG_0595
観音堂。
なぜか将棋の駒がたくさん奉納されていた。
時の人、藤井四段を思い浮かべてしまった。
IMG_0600
IMG_0604
IMG_0602

前回訪れた東照宮美術館の前を通り...
IMG_0611

前回すっかり気に入った中華「翠園」でランチをいただく。
オットはB、私はA定食。
特に杏仁豆腐は絶品
IMG_0620
IMG_0615
IMG_0616
IMG_0617


お腹も満たされ、次なる目的地「本宮神社」へ。
そちらは次回に。

大人の遠足 日光第2弾2017 ⑤裏見ノ滝でマイナスイオンをたっぷり浴び、癒される

ランチの後は本宮神社へ向かう。
勝道上人像。
ここの近くに世界遺産めぐりのバス停があり、いつも海外ツーリストで賑わっている。

IMG_0628
IMG_0629

神橋の前から上っていく参道。
上がってすぐのところにカフェの看板が出ているので、そちらを入ると本宮神社へ通じる道となる。
IMG_0638
このカフェもいい感じで、次回はここでランチもいいかも?
IMG_0639

石畳の坂をさらに上がると、本宮神社の案内が見える。
IMG_0641
IMG_0643
あちらこちらに開運スポットがあり、我が家はもっぱら健康運を願うのみ。
IMG_0645
IMG_0646

本宮神社の門が見えてきた。
IMG_0647
IMG_0648

IMG_0653
こぶ杉。
IMG_0654
紫雲石。
IMG_0658
IMG_0659
四本龍寺三重塔。
IMG_0661
IMG_0663

ここから保育園の脇を通り、再び東照宮の駐車場へ。
IMG_0667
IMG_0669
江戸時代に積まれた石垣?
苔むした大きな石は、古人の足跡を偲ばせる。
IMG_0670


東照宮の駐車所を出たのは13時過ぎだったが、駐車場に入る車で長い列ができていた。
やはり朝一番に来て、団体ツアーが来る9時までが、いちばん静かにゆっくり見学できると思う。

10分ほど車を走らせ「裏見ノ滝」の駐車場へ。
ここまでは公共の乗り物はないので、マイカーでないとちょっと来るのが厳しいかも。(バス停からは徒歩45分)
IMG_0671
IMG_0673

日光三大名瀑の一つで、滝までは15分ほど。
ぬかったり滑りやすくなっているので、スニーカー程度の靴は必要かも。(私はクロックスで行ってしまいましたが
ところがこんな看板が
IMG_0674
とりあえず行ける所まで行こうと急な階段を上っていく。
IMG_0677
IMG_0678
渓流沿いの散歩道は涼しい風が吹き、気持ちいい。
IMG_0688
この木道が見えたら「裏見の滝」。
IMG_0719

梅雨時と言うこともあるかもしれないが、豪快な水しぶきを上げる滝はまさに行者さんの修行の場といった感じ。
IMG_0692
IMG_0696
IMG_0704
こちらは「荒沢相生滝」というらしい。
工事が済めば、こちらの滝の豪快な水しぶきも見えるはず。
IMG_0699
工事中の看板。
IMG_0706
地中からわき出た水が岩を伝い渓流となる。
IMG_0712

帰り道に見つけたお地蔵さん。
日光はこういうところまで人の手が行き届いているのを感じる。
IMG_0723
IMG_0722
同じ道を戻る。
IMG_0724
IMG_0725
わずか15分ほどですが、気持ちのいい散歩道です。
マイナスイオンをたっぷり浴びて、ちょっぴり元気になった気がします。
手軽に行けるので、ぜひ立ち寄って見てくださいね

駐車場からはまっすぐ我が家へ。
日光は見どころがたくさんあるので、なかなかマイナーな所へは寄りづらいですが、それぞれに趣きのある素敵な所でした。
また季節を変えて癒されに行ってみようと思います。


最後に日光で見かけたお花の紹介です。
ユキノシタ
IMG_0017
ミヤマガマズミ
IMG_0578

最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新記事(画像付)
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー