夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

スイス&ミラノ旅 2016

スイス&ミラノ旅行記 2016 <1>旅の計画

7月のスイス旅の大まかな予定が決まったので、報告させてくださいね。

まず7月はバカンスシーズンということで世界中から観光客が押し寄せ激コミなのは承知しているが、6月下旬から7月上旬にかけては、日本の梅雨のようなお天気で安定しないという現地からの情報を聞き、どうせならマッターホルンやユングフラウも眺めたいので、お天気の安定している7月中旬を選んだ。(もちろんその年によって違うとは思いますが)

スイスというとチューリッヒ入りがほとんどだが、実はミラノからも結構近いし、航空運賃も安い。
さらにアルプス越えになるので、車中の景色もいい。
実はミラノの空港からルガーノまでのシャトルバスが何便も出ている。
それを利用すれば、その日のうちに日本からルガーノまで行けてしまうのだ。

ということで、ミラノ往復の航空券を考えているが、アリタリアであれば直行便もあり、スカイマイルチームでデルタのマイルも貯まるので、こちらで決まり。
何よりバカンスシーズンの乗り継ぎの大変さは身にしみているので、直行便であれば時間が読めるのも気分的に楽だ。

ただこのところの原油安が反映されるのは4月1日以降の発売になりそう。
単純に計算しただけでも、往復6000円、二人で12000円ほど変わってくることになる。
以前イタリアへ行った時もアリタリアの直行便は早めに売り切れてしまったこともあり、悩みどころだが、もう少し様子を見ようと思っている。

さらにスイス国内の移動だが、スイストラベルパスやスイス半額カードの利用が考えられる。
ただスイス半額カードであればチケットを購入するのに窓口で並ばなければならず、ヨーロッパの鉄道窓口が購入に時間のかかることは、これまでの旅で経験済みだ。
バカンスシーズンであればなおさら、日本のようにたくさんの人が待っているからといってちゃっちゃっと手続きすることはない。
一人一人の相談に丁寧に応えていくから。
もちろんそれは文化の違いということで、善しあしではなく、時間がかかると言うことを覚悟の上で窓口に並ばなければならないということ。

ここはやはりいつでも好きな時に乗れるスイストラベルパスの方が無難そうだ。
スイストラベルパスもかなり変更があったが、それはまた後日お伝えしたいと思う。

スイスというと展望台巡りやハイキング中心の方が大半だが、実はスイスは古城や質の高い美術館といった別な魅力もたくさんある。
しかもスイストラベルカードでほとんど無料という嬉しい特典も。

そしてせっかくミラノ経由で旅するのであれば、ミラノも観光したい。
できればミラノ近郊のヴェローナあたりまで。

という希望をまとめてこんなスケジュールを組んでみた。

7/5  成田~ミラノ ミラノ・マルペンサ空港~ルガーノ(1時間に1本のシャトルバス、1h) ルガーノ泊
7/6  ルガーノ~ルツェルン(ウィルアム・テル特急ルートで) ルツェルン泊
7/7  ルツェルン泊 →ブリエンツ泊に変更
7/8  ルツェルン~インターラーケン・オスト インターラーケンオスト泊
7/9  インターラーケン・オスト泊
7/10 インターラーケン・オスト泊
7/11 インターラーケン・オスト~ツェルマット ツェルマット泊
7/12 ツェルマット泊
7/13 ツェルマット泊
7/14 ツェルマット泊
7/15 ツェルマット~クール クール泊
7/16 クール~サメダン(ユリアルート・エクスプレスでサンモリッツまで) サメダン泊 →Bernina Suotに変更
7/17 サメダン~ティラーノ~ミラノ ミラノ泊
7/18 ミラノ泊
7/19 ミラノ~成田
7/20 成田

実は昨年10月にすでにホテルは仮押さえしてある。
というのも、ヨーロッパのバカンスシーズンでは1週間くらいの滞在は当たり前なので、駅に近く、コストパフォーマンスのいいホテルは昨年秋でもかなりふさがっていたから。
予約サイトではマッターホルンビューの部屋も1ルーム2000円くらいのアップで指定できるのに、日本の代理店を通すとなぜあんなにも高くなるのでしょう?
もちろんキャンセル無料のところばかりなので、変更は可能。


あとはお天気任せの所もありますが、大きな移動に関しては少しづつ手配を進めていきたいと思っています。
また調べたことを報告したいと思いますので、どうぞよろしく

スイス&ミラノ旅行記 2016 <2>予約ホテルの詳細

暖冬から一転寒気がやってきて、朝晩冷え込みますね

スイスの旅の大まかな予定を報告したのですが、早速変更です
これからまだまだ調べていくと、いろいろ変更になりそうですが、とりあえず途中経過をお伝えしますね。
ルツェルン2泊を1泊に減らしました。
ウィリアム・テル特急ルートはトンネルが多く、それほどの見どころは少ないとの情報もあり、ルガーノからまっすぐルツェルンに向かうことにしたためです。

ホテル選びは、私の旅の計画を立てる上での一番の楽しみでもあります。
日本人だけの評価ではかなり偏りも見られますので、世界中からの評価を基準に考えています。
バスタブの有無より、駅から近く、わかりやすい大通りに面していることやWihiのつながりやすさなどが、私にとっての選択の基準となります。

スイスではそれ以外に団体さんが利用するような大きなホテルも、選択からはずしました。
1泊200CHFくらいで収まるようにしたかったのですが、ちょっとオーバーしているところもあります。
何よりスイスフランがかなり高騰してしまったので、日本円に直すとけっこうな額です。
まあ、一生に一度のスイスなので、多少は目をつぶりますが...

(一応Booking.comの評価も載せました)

1泊目  ルガーノ  ホテル フェデラル「Hotel Federale](3つ星) 187CHF 評価8.8 駅より3分
2泊目  ルツェルン カスケーダスイス・クオリティホテル[Cascade Swiss Quality Hotel](マウンテン・ビュー)(4つ星) 250CHF 評価8.6 駅近、レストランも評価高い
3泊目  ブリエンツ ホテル シュタインボック「Hotel Steinbock](3つ星) 200CHF 評価9.0 駅より3分、レストランも評価高い
4~6泊目 インターラーケンオスト カールトン・ヨーロッパホテル[Carton Europe Hotel](3つ星) 810CHF 評価7.6 駅近、ヘーエ通りに面する
7~10泊目 ツェルマット ホテル ガルニ・テスタ・グリジア[Hotel Garni Testa Grigia](マッターホルン・ビュー)(3つ星) 1008CHF 評価9.3 バーンホフ通り沿い
11泊目 クール アンビエンテホテル フライエック「Ambiente Hotel Freieck](3つ星) 175CHF 評価8.8 駅と旧市街の中間
12泊目 サメダン ホテル テルミナス[Hotel Terminus](マウンテン・ビュー)(2つ星) 200CHF  評価8.6 駅近
変更しました
12泊目 ベルニナスオート ガストハウス&ホテルベルニナホース[Gasthaus & Hotel Berninahaus](マウンテン・ビュー)(3つ星) 176CHF 評価8.9 ベルニナスオート駅前 ベルニナディアヴォレッツアとモルテラッチの間にあり、ベルニナアルプス一望
13・14泊目 ミラノ スターホテルズ アンダーソン[Starhotels Anderson](4つ星) 265.5€ 評価8.6 ミラノ中央駅駅前

スイスは外食が高いので有名ですが、2食付きのホテル(ハーフ・ボード)にすると結構安くつきます。
下手なガイドブックに載っているレストランよりはるかにおいし いローカルフードが食べられますよ
特にお料理に評判の良いホテルは予約が埋まるも早いみたいです。

さらに変更しました 
(6/14) 
4~6泊目 インターラーケンオスト ホテル・デュ ノルド[Hotel Do Nord](マウンテン・ビュー)(4つ星) 865CHF 評価8.0 ヘーエ通りに面する

スイス&ミラノ旅行記 2016 <3>スイストラベルパス&ユングフラウパス

スキーバスの痛ましい事故のニュース、胸が痛みます。
ここまで大切に育ててきた親ごさんの気持ちを思うと、いたたまれないですね。
心からご冥福をお祈りいたします。


さて、スイスの旅ですが、昨年よりスイスパスの名前も変わり、スイストラベルパスとなり、今まで使い始める前にヴァリデーションを窓口でする必要があったのですが、購入の際、使い始める日を指定するというシステムになったため、駅の窓口の手続きが不要となり、パスを持ってその日に乗り込めばOKらしいです。

これはスイス国内からではなく、ミラノなどイタリアから入るときに大変便利なシステムですね
途中の乗り換えの時にヴァリデーションの手続きに走らなくてもいいし、窓口の長蛇の列に巻き込まれることもないですから。

日本の代理店からの購入になりますが、代理店によりかなり価格にばらつきがあります。
なので、主だった所の代理店だけでも調べて、一番安い所を選んだほうが良さそうですね。

連続タイプと乗りたい日を選ぶフレックスタイプがありますが、例えば15日連続タイプと1カ月のうちの8日間選択のタイプの料金を比べて見ると4000円くらいの差があります。
その人の旅のスタイルによってどちらを選ぶか変わってくるかと思いますが、選択タイプもあらかじめ使う日を事前に知らせる必要がでてきたので、どんなにお天気が悪くてもその日しか使えないとなると、ちょっと不便ですね。

さらにスイスは意外に狭い国なので、たとえばお天気が悪い日はインターラーケンからモントルーまで日帰りで出かけたりということも、楽々できてしまいます。

ということで、我が家は15日連続タイプを購入する予定。

もう一つ皆さんの旅行記によく登場する「ライゼゲペック」というシステム。
こちらも何回か利用する予定だが、駅によって荷物の受け取れる時間が違うが、スイス国鉄のホームページの「Services」という項目の「Luggage」から検索すると、すべての駅の受け取り時間が確認できるので、予め確認しておけば予定も立てやすいと思います。

追記
以前は「ライゼゲペック」と呼んでいた荷物の移動サービスも「ラゲージ」という名称に代わり、今のところ荷物1つにつき12CHFです。
ただこのサービスは翌日以降の受け取りとなり、当日に受け取るサービスは「エクスプレス・ラゲージ」となり、追加で30CHFが必要です。
この追加料金はすべての荷物につき1回だけかかる料金なので、家族が多ければお得ですが、2人の場合、約6000円かかってしまうので、結構な出費ですね。
いわゆる有名特急を利用せず、普通の急行で途中の街に寄る旅をしたい人には便利なシステムではあるのですが...


昔は氷河急行やベルニナ急行など予約がないと満席で乗れないと脅されて指定席を購入する人も多かったようですが、最近の旅行記を見ていると、窓の開く普通列車や急行で行かれる方が増えているようですね。
写真も撮りやすいし、予約に縛れることなく、お天気次第で予定が変更できるも気が楽です

それ以外にユングフラウ専用のパスもあり、スイストラベルパスの割引がきくなら、現地でユングフラウVIPパスを利用しようと思っています。
日本の代理店では、6日間利用のユングフラウパスの取り扱いしか見かけませんでしたが、スイストラベルパスとダブっているサービスもあるので、お天気と相談しながら現地で購入しようと思っています。

実際の使い勝手も含めて報告できたらいいなと思っていますので、どうぞよろしくお願いします

追記
ユングフラウ鉄道のホームページを眺めていたら、すでに2016年のサマーシーズンのパスの案内が出ていました。
日本の代理店のページではユングフラパスは6日間しか見かけなかったですが、3~6日間で選択でき、5,6日用のパスではトゥーン湖やブリエンツ湖の遊覧船もフリーになっていましたが、スイストラベルパスとダブるので、私たちには必要ありません。

代金は3日間2等利用で135CHFでした。
窓口で普通に購入できるので、今回はこちらを利用しようと思っています。
ホームページから利用できる登山電車やロープウェイなどの範囲をプリントアウトしたので、載せておきます。
今までと大きく変わっているところは見当たらなかったのですが、とりあえず短い期間のパスもあると言うことをお伝えしたくて載せました。
IMG_0001

スイス&ミラノ旅行記 2016 <4>航空券を予約

連日の寒波で身も縮こまるようなお天気ですね。
今まで暖冬だっただけに余計に寒さがこたえます

ミラノまでの航空券について検討中とお伝えしましたが、このところのユーロ安でさらにアリタリアの航空運賃が下がったため、本日購入しました。
ミラノまでの直行便の機種を調べたところ200人乗りの小さめということが分かったので、満席になって予約できなくなるのが心配で、思い切って購入することにしました。

行きは 成田13:00~ミラノ18:30
帰りは ミラノ15:25~成田10:15(+1日)

往復で税金や燃油サーチャージなどすべて含めて83160円。
ヨーロッパ系の航空会社としてまあまあなのでは。
久しぶりの直行便で気が楽。

ホームページよりすぐに座席の指定もできました
あとはゆっくり計画を立てます。


スイス&ミラノ旅行記 2016 <5>スイスでSIMカードを購入する方法

無事に航空券の予約も済んだところでいろいろ下調べをしていますが、今回の旅でも街中の地図や天気予報、そしてスイス国鉄の時刻表と、やはりインターネット環境は個人旅行の必需品ですね。

突然の予定変更などもスイス国鉄のホームページで検索すれば、最短のルートがわかります。
日本で乗り継ぎ案内のアプリを使っているのと全く同じ感覚ですね。

ということで、スイスでもプリペイドのSIMカードがどこで購入できるのか調べてみました。
個人で行かれている方もあまり利用していないのか、情報は少なかったのですが、スイスでは「Swiss.com」という会社が一番流通しているようです。

イタリアにはヨーロッパ全土で使える優れもののSIMカードがあるらしいのですが、ミラノの空港では取り扱っていないので、今回そちらは却下です。

ルガーノにも「Swiss.com」のお店はありますが、ちょっと時間が足らず、次のルツェルンの「Swiss.com」のお店で購入することに。
google mapの検索でお店はすぐに見つかり、予約したホテルからもすぐです。
ホームページで開いている時間も調べ、18時半までということがわかったので、それまでに行く予定です。

詳しい情報がないのですが「NATEL easy」というプリペイドのSIMカードがあり、、旅行者はそちらを使うことが多いようです。
値段は19.9CHFで、今までヨーロッパで使っていたものと同じくらいではないかと思います。

ハイキングが中心で街歩きはそれほど多くないですが、常に情報が入る状態にしておくと何かと便利。

こちらも帰って来てからの報告になりますが、どうぞよろしくお願いします

スイス&ミラノ旅行記 2016 <6>スイス政府観光局より資料を取り寄せる

2月に入り、また真冬の寒さですね
個人的にあの冬のグレーの空は胸が締め付けられる思いで、ちょっと苦手です
早く春が来てほしいと思っていたら、今日、スイス政府観光局から取り寄せていた資料が届きました

「絶景ルートの旅」や「花の旅」などガイドブックに載っていないコースも詳細に紹介されていてお勧め

スイス政府観光局のホームページから申し込むと1週間ほどで届きます。
料金は送料が着払いとなっていて、今回371円でした。
きれいなカラー写真で、見ているだけでも楽しいですし、旅のプランを作る参考にもなると思いますので、活用してみたらいかがでしょう?

なお資料の種類は多く、品切れになっている場合もあるようですので、その辺はご確認くださいね。
IMG_0001 (2)

スイス&ミラノ旅行記 2016 <7>ミラノ・マルペンサ空港からルガーノまでのシャトルバス詳細

今日はお彼岸のお中日。
3連休という方も多いのでしょうね。

桜の開花が発表された所もありましたが、サイタマももう少し先になりそうですね。
咲き始めるまでにあと一週間。
満開までにもうあと一週間という感じでしょうか。
こうして今か今かと待ち望む時期も結構好きです


さてスイス・ミラノ旅の最初の予定でお伝えしていたミラノ・マルペンサ空港からルガーノのまでのシャトルバスの詳細を調べたのでお伝えしますね。

実は1社だけではなく3社あることが分かり、かなりな頻度で運行されていることがわかりました。

たとえば成田発ミラノ行きの直行便を利用した場合、ミラノ着が18:30なので、順調に行けば
ミラノ・マルペンサ空港 19:20   ルガーノ 20:30 (JET BUS)  25€
同上             19:50        同上    20:45(Giosy Tours)  20€
同上            20:25       同上         21:45(LUGANO SERVIZI) 25€

などが利用できそうです。(利用料金は昨日現在なので、値上がりの可能性あり)

せっかくミラノからスイス行きを予定されて、何も観光などを考えていないようでしたら、高いミラノに1泊するよりは、かなり時間的にもお財布的にも節約になるのでは。

ちなみにバスの乗り場は出口4を出て、駐車場の5か6とのこと。
チケットはバスの運転手さんから直接買えるようです(もちろん常識的に考えて大きいお札は利用できないと思います)
               
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新記事(画像付)
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー