夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

海外ドラマ

ミステリーinパラダイス シーズン9を一気見

厄日なんてあんまり信じていませんでしたが、まさに昨日が私にとっての厄日でした

まず手を滑らせ愛用のご飯茶碗を割り、猛暑の午後に寝室のエアコンが故障
15年目のエアコンだったので、そろそろ寿命とは思っていたのですが、よりによってこれから梅雨が明け暑さに向かうまさにその時に故障するとは...

早速近所の家電量販店へ。
毎日が日曜の我が家なのに、コロナがまた流行しだし買い物客で混んでいる日曜に故障するとは

コロナで不況なのかと思えば、大手企業や公務員は影響がないのでなかなかの混雑ぶり。
取付工事も最短で28日と言われ愕然とするも、ともかくその日を確保。

我が家で一番フル稼働しているエアコンなので、最新のお掃除機能付きにしましたよ

歳をとると家電の利用期限が気になりますね。
買い替えたエアコンで私がおさらばするまで持つのかどうか...


今回の豪雨災害にしても、もう少し高齢になって災害にあった時、我が家で果たして家を再建するだけの余力があるだろうか?色々考えてしまいます。



そんな気分を吹き飛ばしてくれる「ミステリーinパラダイス」の新シーズンが一挙放映されました。

舞台は英国領のカリブ海の架空の島セント・マリー島。
英国の暗く陰鬱な景色とは真逆の世界。
だから英国人には人気のエリアなんですよね。


そんなカリブ海の島で活躍する警部補はやはり英国では異端児と呼ばれるちょっと変わった人たち。

今シーズンではついに4人目の警部補が登場します。

南の島の開放的な雰囲気が漂う島でも、そこかしこに英国らしさも感じてしまうドラマ仕立てになっています。

英国はやはりヨーロッパのなかで一番律義な国ではないかと感じ、日本人にとっては居心地のいい場所だなと思います。


そして最後に関係者を集めて謎解きを公開するのもアガサ・クリスティーのポアロに対するオマージュを思い起こさせます。

事件自体はシリアスですが、解決方法はアナログで、美味しい島の料理やラム酒もよく登場します。

のんびり癒されながら、ちょっとハラハラドキドキ。


重いニュースの続く今の気分にピッタリの英国ミステリーではないかと思うドラマです。

キャリアを積んだ女性の生き様が羨ましい「グッド・ワイフ」

FOXでグッド・ワイフの放映が始まりました。
2度もエミー賞を受賞したこの作品はあちらこちらのチャンネルで放映されているので、ご覧になった方も多いと思います。


いかにもアメリカのエリート層の仕事ぶりや日常生活は大半の庶民の生活とはかけ離れているといった指摘もありますが、平等主義がはびこっている日本から見ると羨ましい生活です。

もちろんそこにたどり着くまでに、お金持ちの親の援助で私学へ行き有名大学を出て、さらにキャリアを積むためにたゆまぬ努力を積み重ねようやく勝ち取ったもの。


日本以上に格差社会のアメリカではこうしたエリート街道を歩む道はかなり狭められていて、一般の庶民はなかなか入ることができない世界らしいです。


それでもこうした成功を収めれば、高級なスーツに身を包み、広い家に住み、子どもは高い学費を払って私学へ通わせることもできます。


かたや日本ではこうした専門職に就き社会的に認められた地位についたとしても、こんな生活を送れるほどの収入を得ることは難しいでしょう。

日本ほど専門職が軽視されている社会はないのでは...
それだけの努力を積み重ね得られた専門職が一般の庶民より低いお給料に甘んじ、貴重なキャリアも無駄になってしまうことも多いです。


そんな状況ではなかなか専門職に就きキャリアを積もうという女性も数少ないですね。


どこかで努力が報われ、それがエネルギーとなってキャリアアップを積む女性が増える時代になってほしいと願わずにはいられません。



そして輝かしい成功を収めてもまだまだキャリアと家庭の両立をしていかなければならない彼女たちの姿は、単なる法廷ドラマにとどまらない魅力を持っていると思います。

ある意味エリートの理想かもしれないけれど、仕事だけではなく家庭も両立させていく姿にこれからも励まされることでしょう。

私的はカリンダ・シャルマ役のアーチー・パンジャビの鋭い突込みが好きです

冴えわたる推理 やっぱりモースは最高 Case18「堕ちたミューズ」&Case19「死者のフィルム」

シネフィルWOWOWで昨日と一昨日モースのCase18とCase19が放映されました。

「刑事モース~オックスフォード事件簿」は若かりし頃のモースの活躍を描いた英国ミステリー。

新人だったモースも今回のCase18.19になると中堅どころに出世し、ますますその推理が冴えわたります。

モースの代名詞ジャガーの初代の車、クロスワードパズルなどもモースファンにはたまらないシーンも数多く登場。


良き上司であるサーズディー警部もモースの将来を案じながらやさしく見守っています。

初めてできたモースの部下に対する態度は、やはりその後の一匹狼的生き方の一端を暗示。


このところのCaseとは違い、どちらもオーソドックスな英国の自然や街並みが出ているエピソードになっています。

Case18では名画になぞられた謎解きが解決のカギとなり、Case19ではモースがオックスフォードの街案内をするシーンが登場して素敵。



幾重にも重なった複雑な事件を持ち前の感で紐解いていく姿はまさにモースの真骨頂。

美しい映像と共にやはり並みはずれた才能の持ち主のモースの魅力がたくさん詰まった今回のエピソード。

やっぱりモースは私にとって最高の英国ドラマです

スコットランドの史実に基づいた歴史ドラマ「アウトランダー」シーズン5始まる

昨日アウトランダーのシーズン5の放映が始まりました。


美男美女コンビの時を超えたロマンスとして人気が高いですが、それ以外にもスコットランドやアメリカ独立戦争前の史実に基づいた描写やエピソードが数多くあります。


このドラマを通して初めてカローデンの戦いを知り、様々な当時のスコットランドの状況も学ぶことができました。

イングランドサイドからの情報が多い中で、語り継がれてきたスコットランドの歴史。
美しい自然の映像と共に語られる逸話の数々。


その辺が単なる時空を超えたロマンスにとどまらない人気の所以かもしれません。


アメリカに渡った人たちもこうした自分たちのルーツを忘れることなく持ち続けているからこそ、他者と共存する社会を築いていけたのですね。



そして私の大好きな主題歌。
こちらはそれぞれのシーズンごとに編曲を変え、どれも素敵です。

この曲も実はスコットランドに古くから伝わる曲だということをつい最近知りました。


史実のなかで生きた様々な人の人生、愛、家族。
今だからこそ見たいドラマの一つです。

雄大な自然、見事なプロット健在 シェトランド シーズン4

私のお気に入りのヴェラと同じ原作者アン・クリーヴスのシェトランド島を舞台にしたミステリー「シェトランド」のシーズン4が先週土曜日AXNミステリーで一挙放映されました。


様々な人間関係が織り成す複雑なミステリーなので、飛び飛びに視聴するよりは一気に見てしまった方が自分の中にすっと入るし感動も大きいと思います。
そしてまた続けてみたくなるだけの魅力もたっぷり詰まっています。


スコットランドにあるシェトランド島が舞台ということで、イングランドが舞台のドラマとは違う訛りのある英語も魅力的。
出演している役者さんもスコットランド出身の方が多いようです。


シーズン4では巨大な人身売買の組織がからんだ事件が発端。
いつものように社会的弱者への温かい目線は変わりません。
日本だったら個人の問題としてほったらかしにされそうなことも、辛抱強く見守り、ともに解決しようとします。


閉鎖的な村社会と言われるこの島でも、自身も様々な問題を抱えながら他者を受け入れ解決しようとする温かさに救われます。


そして何より雄大な自然。
オーロラが普通にまたたく壮大な景色。

意外と忘れられがちですが、厳しい自然に即した暖かそうな衣装や木の温もりの感じる部屋のインテリアなども魅力的。


重厚で複雑なストーリー展開ですが、それだけに見終わった後にずっしり来るドラマだと思います。

英国の魅力たっぷり シェイクスピア&ハサウェイの事件簿 シーズン3

関東地方では久しぶりの青空です。
やっと気になっていたバラの剪定ができました



首都圏でも緊急事態宣言が解除の方向に向かっていますが、まだしばらくはフラフラとで歩く気にはなれません。

図書館に行けるようになるのは嬉しいですね。




昨日AXNミステリーで「シェイクスピア&ハサウェイの事件簿」シーズン3が放映されました。

英国のシェイクスピアゆかりの地、ストラットフォード・アポン・エイボンが舞台のこのドラマ、随所に中世の街並みや建物が登場し、私たちを楽しませてくれます。


そして癒し系のシェイクスピアとハサウェイという探偵。

事件自体はそんなにドロドロしたものではなく、英国ミステリー特有の人間関係のもつれから起こる様々な光と影の描写が丹念に描かれています。


それと同時に英国らしいユーモアも...


重さがないのでミステリーと言いながら最後はほっこりしてしまうドラマです。



そしてその探偵のアシスタントを務めるイケメンのパトリック・ウォールシュ・マクブライドがなかなかいい感じ。
英国の有名な演劇学校を卒業しているだけあり、古典的な言い回しや衣装使いなど見事


重いドラマは見飽きた方にぜひお勧めしたい新作です。

amazon primeでダウントンアビー全シーズン全話視聴 「風と共に去りぬ」のオマージュ

自粛の間に見逃したドラマを見ようとamazon primeの無料お試しを視聴。


まずは見逃していたシーズン5,6を全話見た後に改めてシーズン1から見直してみました。


始めはお目当てだった英国貴族のお屋敷や調度品、衣装などに興味がいったものの、改めて見直してみると「風と共に去りぬ」のオマージュが随所に。


「風と共に去りぬ」はアメリカ南部の上流会階級の農園主の娘スカーレット・オハラが主人公で、南北戦争を経て、すべて以前の価値観が変わる中でタラという彼女の心の拠り所のお屋敷を守っていくというあまりに有名な物語です。


ダウントンアビーも第一次世界大戦を経て大きく変化していく英国の貴族の生き方を描いた壮大な歴史ドラマだったということに改めて気づかされました。


その中でお屋敷を守っていくのは長女メアリー。
彼女の強い意志、生きざまがスカーレット・オハラと重なります。


園遊会の最中に第一次世界大戦の開始を告げる当主のロバート。
まさに「風と共に去りぬ」でも園遊会のさなかに南北戦争の始まりが告げられます。


そしてメアリーの婚約者であったカーライルが彼女との別れ際に「君が思っている以上に君のことを愛していた」というセリフは、レット・バトラーが別れ際にいうセリフとそっくり同じ。
悪役であった彼の去り際はなかなかかっこいいです。



オマージュといっても時代は大きく違いますから、戦後の新しい価値観で女性が働く地位を勝ち取り活躍する描き方は「風と共に去りぬ」に新しいエッセンスを加えたジュリアン・フェロウズの脚本によるところが大きいのかもしれません。



「風と共に去りぬ」同様3姉妹それぞれの個性の描き方もおもしろいですね。
妹の婚約者にちょっかいを出したりと、メアリーとイーディスとのバトルも女兄弟のいない私にはうらやましくもあります。

不器用で幸せをなかなかつかめないイーディスが最後の最後に実直さで幸せを勝ち取るシーンはいかにも英国らしい気がします。



個人的にはマシュー役のダン・スティーブンスよりチャールズ役のジュリアン・オーブンデンの方が好みの俳優さんです。

女優さんはローズ役のリリー・ジェームズがダントツお気に入り。


いい映画もそうですが、いいドラマも見る度に新しい発見があり、そこが面白いですね
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 百日紅 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 百日紅 2020
  • アゴタ・クリストフの衝撃的な「悪童日記」の第2,3作 「ふたりの証拠」「第三の嘘」
  • 我が家の夏の花 サルビア・ガラニチカ 2020
  • 我が家の夏の花 サルビア・ガラニチカ 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • 大人の冒険譚「モンテ・クリスト伯」
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <12>イエローアイコ、千果色づく
  • ベランダでミニトマト栽培 <12>イエローアイコ、千果色づく
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • ベランダでミニトマト栽培 <11>フルティカも色づき始めました
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー