夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

海外ドラマ

「風の勇士ポルダーク」の美男美女コンビにぞっこん

3月に「風の勇士ポルダーク」シーズン5が放映される前にシーズン4がシネフィルWOWOWで放映されました。



イングランドのコーンウォール州を舞台に繰り広げられるこのドラマは同名の歴史小説に基づいて制作されています。


イングランドがフランスとの戦争に明け暮れるというこの時代、その地を治める領主たち、そしてそこに暮らす人々。


史実に基づき書かれた原作をかなり忠実に再現し、そこには英国お馴染みの議会でのやり取りもかなり赤裸々に語られています。


利権をむさぼる司教や政治家の姿も見ものですが、やはり何といってもこのドラマの魅力は主役を演じるエイダン・ターナーとその妻エレノア・トムリンソンではないでしょうか?


英国ドラマには珍しく美男美女コンビ。

どちらも私好みなので、それだけでドラマにくぎ付けです



そしてコーンウォールの美しい自然の映像。

どれも相まってこのドラマの魅力を盛り上げています。


ドロドロした場面もあるけれど、その根本にあるのは自然の中で暮らす人々のあり様。
その辺がドロドロさをあまり感じないこのドラマの魅力かもしれません。


3月のシーズン5が待ち遠しいですね

まさにアメリカ 「大草原の小さな家 特別版 帰還」

思い入れのある原作を映画化されたりドラマ化されされた時ほど、自分の評価が分かれることが多い。


あまりに有名なローラ・インガルス・ワイルダーの「大きな森の小さな家」のシリーズは私にとってはかなりお気に入りの本だっただけに、正直このドラマに関してはなかなか高い評価を下すことはできなかった。


私は開拓者として生活する日常、自然との闘いなど彼女の素朴な文章に心惹かれ、その世界を愛してきた。



ドラマの最初のシリーズではそうした場面も登場し楽しみにもしていたが、次第に彼女の世界とかけ離れた逸話も多くなり、ちょっぴり残念な思いもしながらドラマを見続けて。

この人たちがトランプさんの支持基盤を支えているのだろうなと思うことも...
もちろん時代背景は、まだまだ古い価値観の残る中での生活であったとは思うが、父親役のマイケル・ランドンの脚本には納得できないストーリーも多々あった。


その中で、本日「特別版 帰還」の放映があり、ある意味この物語の世界こそがまさにアメリカなのだという思いを強くした。

アルバートが医学部に入学する直前に白血病にかかり、余命いくばくないと告げられる。

彼は最後まで自力で挑戦することをあきらめない。
そんな生き様こそ多くのアメリカ人の理想ではないかと。

挑戦することに意義があり、そして自分の力でつかみ取ることに価値がある。


今は考え方も多様化しそれがすべてではないだろうけれど、どこか根っこの部分に自力で独立を勝ち取り、大変な思いをしながら開拓を進めてきた、その思い、誇りが残っているような気がする。


そんなことを思いながらドラマを見ると、やはり独立心の強かったローラの面影が残り、多くの人に愛されてきたドラマというのも納得できるような気がしてきた。

この先の展開は予想がつきそうだが、それも含めてやはり愛すべきドラマかなと思う。

スペインの明るさと軽さを感じるミステリー ワンコ探偵マックス

昨日スペインの最新ミステリー「ワンコ探偵マックス」が放映されました。


英国ミステリーの重さや深さと好対照のスペインミステリー。

これはこれで結構気楽に見れるミステリーとして気に入っています。
何より主人公のワンコの可愛さにはまってしまいました
そして相棒となるアルベルトのちょっと気弱でおっちょこちょいなパーソナリティーも好感が持てます。


解決する犯罪もシリアスなものはなく、日常あるちょっとした事件ばかり。


今まで英国ミステリーの重さにどっぷり浸かっていた私としてはいい気分転換になったかもしれません。

アメリカほどにドタバタした展開がないのも高ポイント。

ちょっと癒されながらミステリーを楽しみたい方にはぜひお勧めです

いかにもフランス グルメでおしゃれ「バルタザール 法医学者捜査ファイル」

昨日AXNミステリーでフランスミステリー「バルタザール 法医学者捜査ファイル」が全作放映されました。



フランスのミステリーというと絶景ミステリーなど思い浮かべますが、今回もそれに近いもの。

主人公はイケメン、美女。

ちょっと米国のサスペンスをまねっこしたかなと思うシーンもありますが、主人公の法医学者バルタザールが作るお料理はなかなかのもの。

食へのこだわりはさすがフランスという気がします。


肝心のドラマはやはり英国ミステリーの奥深さには及びませんが、そこまで深く人間性を突き詰めないのが、フランスらしくていいのかも?


英国ドラマもそうですが、家の間取り、調度品どれも素敵で、狭い家に物があふれた日本とは大違いの暮らしぶり。

家の狭さは変えられないけど、すっきりと物のない生活に変えたいと思わせる素敵なインテリアがドラマの至る所で登場します。
そちらもドラマの楽しみの一つです



あまりにタイムリー「ヘンリー8世と6人の妻たち」

日曜日より「ヘンリー8世と6人の妻たち」の放映が始まりました。


まさにヘンリー王子の去就を巡って大きなニュースになっている時に始まったこのドラマ。

名前だけでなくお顔もヘンリー王子とよく似ているんですよね


私はスペインの歴史ドラマ「イザベル」で最初の妻キャサリン王妃についてはスペイン側からの見方で知ってはいましたが、国が違うとそれぞれの思惑が入り描き方は全く違ってきますよね。


今よりももっと情報が少なかった時代にスペインから英国という全く違う文化を持つ国へよくお嫁に行ったなと思います。

もちろんよく国と国との交渉手段として、小さいころから語学も含めて教育はされてきたのでしょうけれど...

1回目の放映の最初の妻キャサリンに関しては比較的好意的に描かれています。



この番組はドラマともドキュメンタリーとも違うやり方で、ヘンリー8世の生きた時代を妻の側からの視点で描こうとした作品とのこと。

詳細なデータをもとにできるだけ史実に沿って描こうとする試みは歴史好きにはたまらないでしょうね。

つまらない世界史の参考書が生きた歴史として実感できるという意味では、私も学生の時にこんなドラマに出会っていたらもっと違う感覚をもったかもしれませんね。

とかく日本の歴史の授業は暗記が中心で、もっと身近に歴史を感じられる工夫が必要ですよね。


大人にとっても改めて歴史を勉強するいい機会かもしれません。
これからますます楽しみになりそうな番組です。


NCIS~ネイビー犯罪捜査班 シーズン17でついにジヴァが帰ってくる

今日は七草。
今年のお正月もおしまいですね。


昨日から仕事始めの方も多いので、すでにお正月気分はぬけているかもしれませんが...


我が家は暮れからお正月にかけて来客で慌ただしかったので、やっと一休みしているところです。
年々疲れを引きずるので、一大行事が終わるとしばらく放心状態です


ということで2日続けて海外ドラマネタです


今週からNCIS~ネイビー捜査班のシーズン17が始まりますが、それに先駆けて先週第1話が放映になりました。

NCISはアメリカでも日本でも人気の高いクライムサスペンスですが、私のお気に入りだったジヴァとトニーが去ってしまった後、なかなか続けて視聴する気力が無くなってしまい、かなり飛び飛びにしか見ていません。

そんなファンも多いと思うこのドラマにジヴァが帰って来ることに
いぜと変わらぬキレキレの演技にやっぱり釘付け。
どんな展開になるかはわかりませんが、少なくともドラマの雰囲気は変わりそう。

今後の展開が楽しみです

いかにもアメリカ的な法廷サスペンス グッド・ファイト the good fight

昨日からNHK総合で米国の法廷サスペンス「グッド・ファイト」が始まりました。



アメリカンドリームですべての人に成功のチャンスがあると思われている米国だが、日本以上に階級社会が存在し、富も社会的地位もエリートとして弁護士などになれるのはやはりエリート出身でなければ難しい。

今回の舞台は一般庶民とは別世界に生きるエリートたちの物語。
その中で成功を勝ち取っていくために更に上を目指して生き抜いていかなければならない。

そこで起きたトラブルやアクシデントなどに潰されてしまう人生もあるが、何とか乗り切ってさらに勝ちの人生を歩んでいく。
もちろんその成功を収めるために並み大抵ではない努力や能力が要求されることは言うまでもない。


そんな彼女たちの物語だが、男社会のサクセスストーリーはもはや時代遅れで面白くないので、女性にスポットライトを当て物語を展開していく。

さすがにそこがアメリカらしい。

欧米では女性が地位を得、経済的にも成功している実態はいくらでも目にすることができるが、正直日本はまだまだ。
やはり男性の補佐役が求められ、それに甘んじて仕事をしている女性も多く存在する。


その意味では、日本のドラマのような嘘っぽさがない分、主人公の女性たちの活躍ぶりに目が離せないドラマになりそう。
結末は見えているのかもしれないが、途中経過は楽しめそうなドラマに


最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • ローズマリーも咲きだしました 2020
  • ローズマリーも咲きだしました 2020
  • 早くもアネモネが咲きだしました 2020 
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー