夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

海外ドラマ

BBCで高視聴率の「ボディガード-守るべきもの-」人気に違わぬ面白さ

海外ドラマは前評判も高く最初から期待してみる作品と、何となく見てはまってしまった作品とあります。


今回紹介する英国ドラマ「ボディガード」は、英国では高い視聴率で人気の作品だったにも関わらず、日本での紹介は控えめ。

私も何の気なしに見始めたドラマだったが、一話ですっかり虜になってしまいました。


要人警護のボディガードの話はホイットニー・ヒューストンが主演を務めた映画が有名が、今回はそこから時代は進み、要人警護に求められるものが変わってくる。

主人公の巡査部長はアフガニスタンの戦争でPTSDに悩む帰還兵。
アフガニスタンというと米国でのPTSDは様々なドラマにも登場するくらい深刻な事態。
英国でもアフガニスタン派兵の後遺症が大きな社会問題になっているという認識は薄かったです。

そんな彼が内務大臣のボディガードを務めることになる。
その抜擢のきっかけとなった電車内での自爆テロ犯人逮捕。
たまたま子どもと居合わせた車内で息詰まる犯人説得。


吹き替え版もあるそうですが、主人公デイビッドを演じるリチャード・マッデンのスコットランド訛りの英語がセクシーなので、ぜひぜひ字幕版で見てください

彼はこの作品でゴールデングローブ賞の主演男優賞を取っています。

派手なアクションはなくとも目力ですべてを把握する彼の演技にはまること間違いないです


これからどんな風にドラマは進行していくのか、生々しい政治ドラマも他国だとすんなり受け止められてしまうのよね。


彼の存在はあまり意識していなかったけれど、実写版「シンデレラ」の王子様役も務めていて、あの「女王ビクトリア」のジェナ・コールマンとも交際していたらしいです。

王子様よりはストイックなボディガードの役の方が彼にはピッタリきます。

ということで、今後の展開に目が離せない「ボディガード」。
久々、私のイチ押しです

「三国志」に夢中 Secret of Three Kingdoms

9月に入った途端サイタマは秋の空気に入れ替わり、久しぶりにエアコンなしの朝です。

これから秋冬の流行が懸念されるコロナの心配も含め、今年は落ち着かない秋ですね。


世界から見ると相変わらず年寄りが牛耳っている日本の政治。
10年前と同じことをしようとしている内向きの状況にガッカリ。
日本の首相に通訳なしで英語を話せる人と望むのは私だけ?


中国の歴史を紐解くと、もっとどろどろとした策略に満ちたものが。
後になって振り返るからその人間ドラマは面白いのかもしれませんが、渦中にいたくないなと...


チャンネル銀河で放映中の「三国志」は史実から少し発想を飛ばしたドラマ。
史実に登場する人物以外に献帝に双子の兄弟がいたという設定。


元々の三国志演義は劉備玄徳を主人公に話が展開し、蜀が滅びることをもって物語も終わりを告げます。

今回のドラマはイケメンの架空の兄弟を中心にそちらの視点から三国時代を切り取っています。
ただそれ以外の登場人物は実在なので、別な視点からその人物を見ることができ、それはそれで面白いです。


中国、韓国、日本ともに美形がドラマの主人公になることが多いですよね。
現実にはあり得ない美男美女ぞろいで、ちょっと面白みに欠けます。

まあ目の保養にはいいのかもしれませんし、娯楽ドラマとしてそれもありかもしれません。

今回のドラマでは、本には出てこない細かなエピソードが面白いですね。
小さな出来事の積み重ねで歴史が動いていく、それが歴史ドラマの醍醐味では...

しばらく三国志の様々な人物が私を虜にしそうです


追記(9/17)
最終話見終わりました。
史書とは全く違った終わり方になっているけれど、戦乱に明け暮れた時代に晴耕雨読の生活を求めた献帝の生き方は、ある意味今の時代に共感できるものがあります。

大切な人と舟で川を下り、あれだけの権力を持っていた皇帝が畑仕事に精を出すシーンはいいですね。

全く歳を取らない顔には違和感を感じるけれど、幸せそうな穏やかな顔の献帝はいいですね。

片や司馬懿はあくまで権力闘争に明け暮れるというのも、運命のいたずら。
もし愛する人が死ななかったら別な生き方をしていたのかも?と思わせる終わり方ですね。
(もちろんそれもこのドラマの世界での話ですが)

あまりにリアルな今のアメリカを描いたドラマに胸が痛くなる「レッドライン」THE RED LINE

久しぶりの海外ドラマの新作。
先週から始まった「レッドライン~悲しみの向こうに」。

第一話から衝撃的な幕開けでドラマは展開。
ありふれた日常のアメリカシカゴの中流階級の生活。

今テレビのニュースでも取り上げられている黒人男性の誤射。
ニュースではその事件だけが取り上げられ、抗議行動の様子が映像で流されてお終い。


ドラマでは誤射した白人警官の苦悩も語られる。

あまりにリアルに現実に起きている事件と重なり、見ている私も胸が苦しくなります。


シカゴはアメリカで最も多様な人種が生活し、経済格差も大きい大都市だそう。

色々あるかもしれないけれど、価値観の多様性を認めるという点でははるかに日本の先を行っているアメリカ。

黒人と白人の同性婚、そして養子縁組。
社会的にも安定している医者と教師というカップルだからこそできる生活ではあるけれど...
互いの違いを認め合ったり、思いやりを持てるだけの余裕のある生活。


社会の底辺の貧困層ではそうした教育を受ける機会もなく...


このドラマですべてのアメリカの社会を表現しているとは思わないけれど、ドラマの原題にもなっているRed Lineはシカゴの南北を走る鉄道のように、今できる共存を模索する試みは面白いと思う。

製作総指揮のケイトリン・パリッシュは「被害者遺族や警察官、その家族に至るまで、悲劇の深刻な影響を受けた全ての人々に向けて制作した。意図としては、隣り合って暮らしているが分断されているアメリカ社会の溝を埋めることだ」と語っているという。

まだ第2話が終わったところではどんなふうに共存する社会を表現していくのかわからないけれど、コロナ禍でギスギスした社会になってしまっている今だからこそ、見る価値のドラマではないかと思った。


制作陣や役者さんもベテランの大物ぞろい。
重いドラマをさりげなく表現する技にもたけている。

テーマは重いが、描かれるのはごく普通の人たちの生活。
その日常こそ描きたかったものなのかもしれません。


NYの名所の映像も魅力 CSI・NY

CSIのシリーズの中では一番地味な存在のCSI・NYが私の一番のお気に入り。
派手なボスもいないし、大げさなアクションがあるわけではないけれど、地道な化学分析や捜査がなかなかいい。


そして何よりニューヨークの名所が事件の映像にちょくちょく登場する。
自由の女神、クライスラービル、グランド・セントラル駅、セントラルパーク、ブルックリン橋。
そして縦横無尽に走る地下鉄。

どれも駆け足で観光した私にとって懐かしい場所。
ニューヨークの観光は大抵地下鉄と徒歩で事足りる。

地下鉄が危険という人もいるけれど、それは時間帯とエリアの問題。
日本とは違い格差の大きいアメリカでは日中でも近づかない方がいいエリアは決まっている。

現地のアメリカ人でさえその掟は守り近づかない。
日本の感覚でたかをくくっていくと痛い目に合う。
命にかかわることも...

だからといってすべてのエリアが危険なわけではないし、普通にホワイトカラーの人も地下鉄で通勤している。
その流れさえわきまえていれば、乗り放題のチケットを購入して乗る地下鉄はまさにアメリカを実感できる。

ツアーのバス移動で見学しただけでは味わえない、その地で暮らしている人の生活が垣間見えるのが楽しい。


観光客慣れしたニューヨークではアジア系の人も見慣れているから、普通に扱ってくれる。
ユタ辺りのツアーではないアジア人が珍しいエリアでの痛い視線を感じることもない。


ニューヨークはやはり遠いし、もう一度行けるかどうかわからないけれど、今でも楽しい思い出がたくさん詰まった街だ。

もう一度バーガーを食べに行きたい

アウトランダー シーズン5終了 まだまだクレアとジェイミーから目が離せません

今日はもう少し雨が降り続く予報だったのですが、サイタマではパラパラ降っただけでお湿りにもなりません


それでも日の出は遅く日の入りは早くなり、いつの間にかアブラゼミからツクツクボウシに変わって涼やかな鳴き声が聞かれるようになりました。

こうして少しづつ秋の気配を感じる日が増えていくのでしょうね。


昨日アウトランダーのシーズン5が終了しました。

私的にはスコットランドを舞台にしたシーズン1~3がやっぱりいいなと思います。
歴史に翻弄されながら描かれるスコットランドの自然や文化が好きです。


アメリカが舞台になり、開拓者同士の争いはスコットランドの時ほど歴史の重みを感じられず、特にシーズン5の最終話のクレアに対する暴力事件はちょっといただけない気がします。

そんな状況を迫真の演技で表現したカトリーナ・バルフはすごいと思いますし、私の好きなタイプの女優さんです。

どんな状況であっても自分に負けない、やっぱり海外の女性は強いなとしみじみ思います。


シーズン6につながる含みを持たせながらの終了。
やっぱりクレアとジェイミーから目が離せません

キュートなダーシー役コリン・ファースにメロメロ「高慢と偏見」シネフィルwowowで一気見

昨日1995年製作BBCのドラマ「高慢と偏見」が一挙放映されました。

ジェーン・オースティンの原作は何度もドラマや映画になっていますが、その中では私の一番のお気に入り。


「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースの若かりし頃のキュートな魅力がいっぱい。

英国でイケメンというと細面のヒュー・グラントといった面々とコリン・ファースのような童顔系に分かれると思います。
私的にはコリン・ファースはかなりお気に入りの部類に入る俳優さんで、その後のブリジット・ジョーンズのシリーズはどれも好きだし、「マンマ・ミーア」のハリー役もお気に入り。

特に声フェチなので、彼のちょっと渋めの声はかなりメロメロ。


エリザベス役のジェニファー・イーリーもイメージにピッタリの知的で落ち着いた雰囲気がいいですね。


ジェーン・オースティンはいかにも英国らしい雰囲気を持った作家として有名ですが、実は原作のちょっと装飾過剰の文章は私的には苦手で、なかなか最後までたどり着きません。

そんな装飾過剰の文章も映像としてさらっと流されると嫌みがなくむしろ登場人物を引き立たせるわき役として、お屋敷の調度品やお庭が楽しめます。


幼くして父を亡くしたジェーン・オースティンの父への憧れをこの作品でも感じ、娘と父の交流はきめ細かく描かれる一方で、母や妹たちに対しては辛らつな視線を注ぎます。


ごくありふれた田舎の中流階級の様々な人間関係、そして広大な領地を持つダーシーとの結婚に至る経緯は、単なる玉の輿物語では終わらない、彼女の人間性、意志の強さ、状況に見極められる機転などすべてが備わって選ばれたのだと思います。


英国のマナーハウスは今でも存在しますが、どれも存続していくためには、経営者として厳しい努力も求められることでしょう。

最後のシーンで末っ子のリディアとウィカムが自堕落に生活している様子とは好対照ですね。


一話一話ハラハラドキドキしながら見るのもいいですが、一気に見ることで、物語を読むような感覚で楽しめました。


25年も前の作品なのに変わらぬ魅力をたくさん持った英国ドラマだと思います

悪役曹操の側から見た三国志 史実の裏側が面白い「三国志~司馬懿 軍師連盟~」

本来であれば開会式に向けたニュースで盛り上がっていたはずの今日ですが、お天気も雨が降り続き、そして感染拡大のニュースが続々と飛び込んできています。


私たちを命がけで守ってくれるはずの病院がひっ迫している中で、支援するべきは旅行会社や宿泊施設ではなく、病院なのでは...

私たちは医者は儲かる仕事、病院も儲けていているといった意識がありますが、それは過去の事。

これから先高齢化が進みさらに病院が必要になった時、世界でもまれほど評価の低い仕事に就く人が増えるのだろうか?と危惧しています。

特に高齢者の中には看護師や介護士をお世話係として低く見ている方も多く、やってもらって当たり前の意識が抜けないような気がします。


この状況が続く中で自分の身を守るには、医療体制が脆弱なサイタマに住みリスクのある私たちは外に出かけないことしかないですね



そんな中引きこもりのお楽しみの海外ドラマをまた見つけました。
今回は初の中国の歴史ドラマ「三国志~司馬懿 軍師連盟~」です。
全86話という長大なドラマなので、当分楽しめそうです


今までの三国志というと私は吉川英治の「三国志演義」にはまっていたせいか、蜀の諸葛孔明サイドから見た物語しか知りません。

その中で曹操は悪役として登場し、漢の血筋を引くという劉備や孔明とは描かれ方が全く違い、ただの悪だくみにたけた武者という印象しかありませんでした。

魏の国にも孔明と並び称される軍師がいたことを初めて知り、司馬懿を主人公にした壮大な歴史ドラマは曹操の知られざる顔に触れることもでき、多くの予算をつぎ込んで中国が作っただけあり見ごたえ十分です。


ドラマの始まりは司馬懿の若かりし頃、曹丕に使えるまでのエピソードから。

この時代(184~280年)を考えると服装やお屋敷があまりに豪華すぎますが、その辺は時代背景を無視し、ドラマとしての見せ場を重視したのでしょう。

他の中国歴史ドラマは見ていないので何とも言えませんが、すでに官僚制の基礎ができていたことや戦法などもかなり研究されていたことなど驚くばかりです。

蜀に比べると魏は北に位置し厳しい自然の中領土を広げ、それがのちの中国の基礎になるのですね。


厳しい時代に勝ち残っていくために自分の息子たちを競わせ誰が後継者としてふさわしいか見極めようとする曹操。

最後に選ばれるのは人としての情。
それは古今東西一緒ですね。


それぞれの夫婦や恋人としての駆け引きも見所の一つですが、日本では女性が政治に口だすことはまれでしたが、さすが中国の女性は強いです。
しっかり夫にも物申し自分の意志を貫きます。


また吉川英治の「三国志演義」も読み返してみたくなりました。
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新記事(画像付)
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ベランダでガーデンミックスレタス栽培 <2>かわいい双葉が出てきた
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <9>「月の花あうる」の2時間かけて味わう懐石料理のディナー
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
  • GO TOトラベルキャンペーンでちょっぴり贅沢な箱根旅 2020 <8>「月の花あうる」のお部屋紹介 ダイニングテーブルやマッサージチェアなど至れり尽せり
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー