夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

「神の絨毯」栗駒山へ紅葉登山 2017 ③東栗駒山から栗駒山へ 中央道より下山

東栗駒山山頂より稜線伝いに気持ちのいいトレッキングコースを歩く。
DSCN5784
山頂がガスって道がわかりづらい時のため、岩にこんな印も付いている。
DSCN5795
栗駒山を眺めながらの稜線歩きは最高
DSCN5807
DSCN5810
DSCN5841
この辺りから栗駒山山頂まで美しい草紅葉が続く。
DSCN5855

東栗駒分岐。
ここから山頂まで30分のコースタイムだったが、1時間はたっぷりかかった。
DSCN5857

真っ赤に色づいたナナカマド。
DSCN5874
アキノキリンソウ
DSCN5880

DSCN5882

最後の急な登り。
DSCN5883
山頂に近づくにつれガスってくる。
DSCN5888


ようやく9時20分に山頂へ。
DSCN5914
DSCN5902
麓の方からガスがわいてきて、かろうじていわかがみ平の駐車場が見える位。
DSCN5911
麓の天気が良ければ良いほど山頂との温度差でガスがわきやすいので、やはり良く知っている人は日の出前に出発していた。
ちょっとのんびり出発したことに後悔
晴れていれば、月山、鳥海山、蔵王連峰などが望めるとのことだったが、ここはあきらめ、早々に下山する。

帰りは山頂直下の階段を下りた後、途中の分岐で中央コースへ向かう。
DSCN5917
DSCN5918


ここが東栗駒コースとの分岐点。
DSCN5934


ここからは「神の絨毯」の間を歩く絶景のコース。
空が青くないのは残念
DSCN5943
DSCN5952
DSCN5961
DSCN5969
DSCN5981
DSCN5985
DSCN5986
DSCN5989
DSCN6001
DSCN6017
DSCN6034
DSCN6047

途中で地元の小学生の遠足と出会った。
みんな元気よく挨拶してくれる

この辺りは、コンクリートで固められた道で、たぶんちょっとぬかるむと滑りやすい道と言うことで、このような方法をとったのだと思うが、基本登山道ということを忘れてショルダーバックで雨具も持たず街歩きの靴で来るような観光客を増やすことになってしまうのではないかと思ってしまった。

ホームページで見る限りかなり楽なハイキングコースの様な気がしていたが、結構な距離があり、天候の急変時、気軽な観光で来た人が戻るには時間がかかるのでは...

やはり、きちんとした装備で登る道だと思うのですが。
DSCN6065
DSCN6070


結局1時間半ほどかかり、駐車場へ戻ってきた。
平日にも関わらず、駐車場は満車で「いこいの村」の駐車場からシャトルバスも出ていた。

山頂ではトイレが気になり食べられなかったので、車の中でおにぎりを食べ、駐車場を後にする。


東北道に入り、行きと同じ長者原SAでずんだのソフトクリームで一息つく。
DSCN6097
DSCN6098

この後、安達太良SAと佐野SAで休憩し、我が家へ戻った。
DSCN6105
DSCN6109


天気予報を見ながらバタバタと決めた日程だったので、高い高速料金を払った割にはどこへも寄らず、栗駒山だけのために長距離移動となったが、まさに見ごろの「神の絨毯」を堪能でき、間にあって良かったです

関東からはかなり遠いですが、車中泊をすれば日帰りで戻ってこれるので、お天気が良かったら行く価値はあるのでは...


なかなか紅葉の見ごろと晴天が一致することは難しいですが、もし青空の下「神の絨毯」が見れたら、山の神に感謝ですね

山の知識も技量もない私の報告におつき合いいただきありがとうございました

「神の絨毯」栗駒山へ紅葉登山 2017 ②いわかがみ平駐車場で車中泊し、東栗駒コースを東栗駒山まで

2017年9月26日(火) 晴れのち曇り 9.15km  17411歩
前日13時に自宅を出発。
午前中にお墓参り3軒を済ませて慌ただしく家を出る。

途中、那須高原SAと長者原SAで休憩。
長者原のフードコートで、仙台名物の牛タン塩丼の夕食。
ネギ塩スープも付いて1000円でまずまずのお味。(写真撮り忘れ

若柳金成ICを降り、いわかがみ平へ。
途中のコンビニで明日の朝食のサンドイッチと昼食のおにぎり、水を仕入れ、駐車場へ向かう。
日は暮れて真っ暗でナビだけが頼りだが、これまで行った中でも一、二を争うぐらいの整備された道なので、夜でも安心して通ることができる。

駐車場へは19時45分に到着。
私たちが一番乗りだった。

道を隔てて2か所に分かれた駐車場のうち、下のトイレに近い方へ停める。
トイレも洗面台がついた立派なもので、登山口にこれだけのトイレがあるのはありがたい。

関東地方は日中夏日の暑さだったが、さすがに夜は冷え込んでいた。
長袖にフリースをはおり、ダウンの寝袋でぬくぬくと。(我が家唯一の贅沢品

満天の星空はまるでプラネタリウムを見ているかのように、天の川から流れ星までくっきり見える。
私たちにわかったのはオリオンの3つ星だけですが、これこそ山の麓の駐車場に車中泊する醍醐味


そして5時過ぎに目を覚ますと、駐車場の3分の1くらいは埋まっており、すでに登り始めている人も,,,
日が昇り始めた。
DSCN5627
DSCN5623
駐車場トイレ。
DSCN5625

私たちも朝食を食べ、6時に出発。
駐車場脇の登山口から登り始めたが、レストハウス脇で合流しているので、そこまでは舗装された道で行った方が楽。
DSCN5632
DSCN5633
レストハウス。
この時間はまだ営業していないが、下山後覗いてみたが、水不足のため休業中だった。
DSCN5638
山頂近くのナナカマドはすでに枯れていて、ここのナナカマドが一番きれいだった。
DSCN5641


ここから徒渉点までは40分のコースタイムだが、私たちは65分もかかってしまい、削られた水のない川の道は結構ハードだった。
滑り止めのついた手袋必需品。

写真ではそう見えませんが、かなりの高さ。
DSCN5649
梯子も登場。
DSCN5650
標識はしっかりしている。
DSCN5655

時折東栗駒山の姿が見えるようになる。
やはり冷夏の影響か、きれいに色づく前に茶色に枯れてしまった木も多い。
DSCN5664
それでも青空に真っ赤に染める木もあり、まさに紅葉シーズン真っ盛りといった感じだ。
DSCN5670
DSCN5675
DSCN5676
登山道の咲くオヤマリンドウ。
DSCN5681
DSCN5683

ようやく徒渉点が近づいてきた。
川を渡り、右の登山道へ。
DSCN5684
紐の渡してある場所より上流へは登ることはできない。
DSCN5686
DSCN5693
DSCN5699
慎重に渡っていく。
写真だと岩の大きさが伝わらないけれど、意外に大きい岩で、コンパスの短い私はオットに引っ張り上げてもらった。
DSCN5700
DSCN5704

登山道を進むが、ここからは歩きやすくなり、景色も良くなる。
DSCN5715
DSCN5716
ついに「神の絨毯」が見えだした。
DSCN5721
クマよけの鈴やラジオをつけている人も結構いた。
特にこの時期注意が必要。
DSCN5723

標高が上がり、ハイマツが目立つようになる。
中央道で登り東栗駒を下る人も多いが、上りでは、このように常に栗駒山や東栗駒山を正面に眺めながらの景色が楽しめる。
DSCN5728
DSCN5729

正面に東栗駒山が見えてきた。
DSCN5741
DSCN5745
道はこんな感じ。
DSCN5747

黄色、赤、オレンジ、緑、様々な色が混じって美しい秋の風景を染め上げていく。
DSCN5752
栗駒山。
DSCN5758
DSCN5759
登るにつれ、違った色の美しさを見せてくれる。
DSCN5770
DSCN5771
DSCN5773

ついに東栗駒山の山頂へ。
DSCN5778


ここから稜線を歩き、栗駒山へ向かうが、そちらの様子は次回に。

「神の絨毯」栗駒山へ紅葉登山 2017 ①昨夜帰宅

昨日、「神の絨毯」と称される紅葉の見事な栗駒山へ登ってきました。

前日にいわかがみ平駐車場に車中泊し、朝イチで登り始め、お昼前には駐車場へ戻ってきました。

現地でのお勧めは行きは東栗駒コースを上り、下りは中央コースで戻るというもの。(予定より前倒ししていきました)
IMG_0003

あいにく山頂に着くころにはガスってしまいましたが、それまで素晴らしい眺望が楽しめ、はるばる6時間半かけてやってきた甲斐がありました。

現地の紅葉の情報がなかなか得られず、天気予報とにらめっこしてこの日に決めたのですが、通常の紅葉情報が出る時期では栗駒山の山頂の「神の絨毯」はちょっと遅いようですね。
もし「神の絨毯」が見たかったら9月の4週目当たりが良さそうですよ
地元の方は良く知っていて、この日は大賑わいでした。
ただ山頂付近はすでにピークを過ぎていました。


景色の写真は良く目にするのですが、特に東栗駒のコースは思っているよりタフなコースだったので、ちょっとハイキングと思っている人には厳しい所もあったので(私です)、そちらのコースの情報もお伝えしたいと思います。


まだ写真の整理ができていないので、とりあえず、お気に入りの何枚か載せてみました。
DSCN5753
DSCN5775
DSCN5847


次回から詳しく報告したいと思いますので、よかったらおつき合いくださいね

初秋の影信山・高尾山縦走ハイキング 2017 ③初秋のお花たち

今日は気持ち良い秋晴れになりました。
お出かけには最適のお天気ですね


今回のハイキングで出会ったお花たちを紹介しますね。
この時期、夏の花や秋の始まりを告げる花など地味だがかわいいお花がいっぱい。

もっとたくさん咲いていたのですが、うまく撮れなくてこれだけになってしまいました


ミズヒキ
DSCN5438
シラヤマギク
DSCN5452
マルバハギ
DSCN5453
ノコンギク
DSCN5458
キバナアキギリ
DSCN5460

DSCN5467
キンミズヒキ
DSCN5487

DSCN5489
シモバシラ
DSCN5565
タマアジサイ
DSCN5594
ヤマホトトギス
DSCN5595

初秋の影信山・高尾山縦走ハイキング 2017 ②小仏城山から高尾山4号路を経て下山

小仏峠から城山を目指しています。

最後はこんな急な登り。
城山は文字通りちょっと小高いピークになっているので、高尾山側から登っても急な登りが待っている。
DSCN5514
下のまき道で城山を通らずに一丁平へ抜けることもできるが、ここはやはり眺望のいい城山を目指し、最後の登りを頑張ることに。
DSCN5515
この鉄塔が見えだしたらまもなく城山。
DSCN5516


小仏城山に到着。
時刻は11時。
ちょっと早いがここでお昼ごはんにする人も多い。
DSCN5532
DSCN5530
ススキの穂がきらきら輝き、まさに秋の始まりを感じさせる。
DSCN5527
城山へはたくさんの登山道がつながっていて、気軽な山歩きにはもってこいのコース。
DSCN5523
私たちもコンビニのおにぎりを食べた後、この暖簾に誘われてかき氷を頂いた。
小サイズで300円とお値段も良心的。
他にもコーヒー200円やなめこ汁250円など、中高年の登山者には優しい価格。
甘いシロップに群がるハチたちを追い払うのに一苦労。
DSCN5519
DSCN5521


かき氷と山頂の涼しい風でクールダウンし、元気を取り戻し、一丁平へ向かう。
春にはきれいな花を咲かせていた敷地の一角に彼岸花の見事な絨毯が。
DSCN5536
DSCN5539
こんな感じで木道になっているので歩きやすい。
DSCN5540

そして一丁平の展望台へ。
ここは高尾山では一番好きな場所で、ここから眺める富士山は美しいです。
高尾山山頂まで来たら、ぜひぜひ足を延ばして此処まで来てみて
DSCN5549
DSCN5555


モミジ台の急な階段を避け、下のまき道を高尾山方向へと進む。
DSCN5563
合流地点に到着。
紅葉シーズンの時は、この辺りはモミジの名所。
DSCN5569


山頂下のトイレへ。
ここからみやま橋を通り、浄心門へ向かう4号路を進む。
この道は結構アップダウンもあり、思っているより長い道。
最低限ショルダーバックではなく、リュックに滑らないハイキングシューズは必要かと。
(途中で何度もgoogle mapを確認している方もいました)
DSCN5575
DSCN5576
最初はちょっと急な下り。
DSCN5577
奥深い高尾山の自然を感じさせてくれる場所でもある。
DSCN5583
このルートのハイライトみやま橋へ。
DSCN5586
DSCN5591
このまま4号路を進む。
山の初心者はこの標識を見落としがちだが、地図よりこの標識が頼りになること多い。
特に高尾山のような整備された山では、ポイントポイントにちゃんと標識があるので、それを目当てに行けばたぶん大丈夫なはず
DSCN5598


浄心門に着いた。
DSCN5599
ここから最初は2号路を歩く。
DSCN5602
DSCN5603
琵琶滝・高尾山口駅方向へ。
この道は整備されていない道なので、高尾山のガイドブックにも載っていないが、みなさんよく知っているようでたくさんの登山者と出会った。
DSCN5604

私たちは最後の分岐で琵琶滝方向ではなく、高尾病院の敷地の一部を通るルートを選び、高尾山口駅へ。
ケーブルカーの清滝駅は秋バージョンで、たくさんの遠足の小学生で賑わっていた。
DSCN5619
登山道の情報はこうした麓の掲示板で確認することが重要。
DSCN5616

そして京王線の高尾山口駅へ。
時刻は14時過ぎ。
まだ電車もそれほど混んでいないので、武蔵野線も途中から座れ、ちょっと助かりました。
DSCN5622


スマホで計測した結果、本日は12.06km歩き、時間は5時間32分。
カロリーは361kcal、22953歩でした。

高尾山初めての縦走はほぼ日陰のコースなので、気温がまだ高いこの時期でも歩きやすかったですが、肝心の自分がバテバテで、ちょっと辛い一日でした。
女性一人で歩かれている方も多く、みなさん山を楽しまれて自分のペースで歩いている姿がうらやましかったです

次回はもう少しトレーニングしなければ


高尾山で出会ったお花たち、次回紹介いたしますね。




初秋の影信山・高尾山縦走ハイキング 2017 ①影信山から小仏峠まで

真夏の暑さから少し解放され、近場の山歩きが楽しめる季節がやってきた。涸沢のトレーニングに出かけるオットに同行し、私も快晴の高尾山へ昨日登ってきた。
(この時まで涸沢に行く気満々だったが、このところのメタボ生活がたたり、トレーニング不足でとても無理ということが発覚


コースはJR高尾駅からバスで小仏まで行き、そこから影信山、小仏城山を経て一丁平、モミジ台、高尾山4号路、浄心門よりルートには載っていない道を下り、高尾山口へ戻るというもの。

高尾駅から小仏行きのバスは平日は1時間に1本しかなく、6時ころ我が家を出ても、8時12分のバスが最速。
高尾駅には7時45分頃着いたが、すでにバス停には行列ができ、8時過ぎには大変なことになっていた。
久しぶりの晴天なので、大半が高齢者である(私たちも含め)。

混雑時には臨時バスも出るようで、バス2台が連なってやってきた。
何人かは座れない人もいたが、大半は座席を確保できていたので、お天気のいい日は少し早目にバスを待っていたほうがいいかもしれない。
(土日に関しては、バスの本数も増えるが、時間帯によっては満員のバスに揺られることも覚悟した方が良さそう)
ちなみにSuicaは使えます。

街中を抜けるとすぐに細い山道になり、車1台がやっと通れる程の狭い道なので、小仏に駐車場もあるような情報もあったが、この道に慣れていない人は通るのは至難の技の様な気がした。

20分ほどで小仏バス停に到着。
トイレが一つしかない情報は得ていたので、とりあえず早めに降りトイレへ。
DSCN5432
DSCN5431
DSCN5433


ここからしばらく車道を歩く。
DSCN5436
10分ほどで影信山の登山口へ。
DSCN5443
いきなりの急な階段。
DSCN5445
基本林の中の道なので、日陰で緩やかな登りが続いていく。
DSCN5449
ドングリが落ちていたり...
DSCN5446
山頂近くはちょっと急な登り。
この山頂までが一番つらかった。
日ごろの運動不足を思い知らされました
DSCN5454
きちんと標識もあるので安心。
DSCN5455
このトイレが見えてきたら山頂はすぐ。
DSCN5468
一気に見晴らしも良くなる。
DSCN5469
高尾山方向へ行くと影信山山頂。
DSCN5470
DSCN5471
この日はがらんとしていたが、土日は営業しているのかもしれない。
DSCN5475
これから向かう小仏城山。
DSCN5472
この展望台からの景色は絶景で、残念ながらまだ冠雪していない黒い富士山も見える。
DSCN5477
DSCN5478
DSCN5484


ここから小仏峠を経て城山へ。
DSCN5481
ほぼ平坦な涼しい風が吹き抜ける道。
DSCN5498
野生の栗の木も生えていた。
DSCN5499


小仏峠に到着。
先ほどのバス停から直接ここへ登るルートもある。
DSCN5509
かわいらしいお地蔵さん。
DSCN5502
ここからは都心のビルが眺められる。
DSCN5506
これから先はちょっと急な城山への道。
DSCN5500

紅葉見ごろの赤城山トレッキング ②沼を縁取る紅葉の美しい小沼と草紅葉の覚満淵

今日も素晴らしい秋晴れのお天気ですね
赤城山のトレッキングの続きをお伝えしますね。


オトギの森から再び小沼分岐へ向かった。。
ここは緩やかなスロープの上りなので、オトギの森に行かれる時はこの回り方で回った方が楽。
P1170554
P1170556
P1170557

小沼分岐からすぐに小沼水門が見えてくる。
あいにく曇り空に変わり、冷たい風が吹き始める。
ここのベンチでランチタイム。
自然の中で食べるコンビニのおにぎりは妙においしいし、しかも安い。
P1170558
小沼の周りは色づいた木々が目立ち、まさに見ごろ。
P1170559

小沼を半周し駐車場へ向かう。
ここは車で来れるので、ハイキング姿の人より地元のお散歩がてら紅葉見物に来ている人たちが多かった。
P1170573
P1170583
P1170587
P1170595

池のほとりに出る。
ちょうどお日様も射し始め、湖面がきらきら輝いている。
P1170608
P1170628
P1170633
P1170634
P1170638
P1170641

駐車場へと続く道に出た。
P1170643
P1170644

小沼見晴へ戻る。
P1170648
P1170649
P1170650

朝は富士山が見えたところだ。
P1170651
P1170652
このコースにはこんな看板がポイントポイントで立っていて、はじめてくる人にもわかりやすい。
P1170654

P1170656

覚満淵から大沼が見渡せる展望ポイント。
P1170664

P1170666

朝の道を下り、覚満淵の入口へ。
今度は木道を歩く。
まだ何とか草紅葉に間にあった。
P1170668
P1170670
P1170679
P1170688
P1170698
P1170701

ここからビジターセンターへ戻る。
最後まで素晴らしい黄葉を見せてくれ、日本の秋を満喫した。
P1170702
P1170704

ビジターセンターに戻ったのが13時過ぎ。
コースタイムは約4時間となっていたので、ランチタイムや写真を撮る時間など入れて、そこそこのペースで歩けた。

赤城神社の鳥居が飾ってありますが、説明を読み忘れたので、なぜここに飾ってあるかは不明
P1170705


今回は5割程度の色づきという情報で出かけたが、日に日に冷え込んでいるので、一番いい時期に来れたのではと思っています。
山が荒れないように整備するのは大変な作業だと思うし、こうして私たちに素晴らしい自然を見せてくださっている地元の方に感謝です。

また今度はツツジの時期に来たいと思える素敵な秋の一日になりました
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新記事(画像付)
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <51>クラクフ ヴァヴェル城とヴァヴェル大聖堂を堪能
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <50>ザコパネ タクシーをチャーターし素朴で美しい木造教会巡り
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー