夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

山歩き

10万円の給付金でわたしが買ったもの ②THE NORTH FACEウォーターサイド グラフィックTシャツ

白馬でも山小屋やテント泊が7月から再開されるらしいです。

今までのようにその時任せではなく、すべて予約制です。

もちろん感染予防の対策として当然のことと思いますが、山のベテランほど天気予報も含め、こうした情報はきちんとチェックし山に入る準備をしています。


ところがにわか登山好きの方に限ってロクに天気予報も詳細に検討することもなく、こうした情報には無頓着で、山小屋の駆け込むケースも十分考えられます。



今まで日本ではお客様は神さまの考えでずっとやってきましたが、コロナウィルスを機会に少し考え方を改めた方がいい時期が来ていると思います。


登山届も出さず装備も不十分な人は、今年に限っては山に入れるべきではないと思うし、そこは地元でお願い以上の強い権限を持って、入山禁止措置を取ってもいいのではないでしょうか?


以前カナダでハイキングした時にはシャトルバス2台分の入山しか認められず、すべて事前予約でした。


特に年配の人ほどごねて自分の意志を押し通そうとしますが、その辺はもっと地元の自治体でも強い呼びかけをするべきだと思います。
(それでもわがままで常識のない人は変わらないかもしれませんが



私は今年は関東近辺のハイキングで十分と思っていますが...


ということで、私の給付金で購入したもの第2弾です。
真夏のハイキングはもちろん長袖の方がいいのですが、暑がりな私はそれだけで体力を消耗してしまいますので、半袖で出かけることも多いです。

この時よく聞かれることが綿素材のものは汗をかいた後、そのまま冷えて低体温症になってしまうのでやめた方がいいということ。

Tシャツも大半は綿素材ですが、一部山専用のものはポリエステルなど化学繊維の速乾Tシャツが出回っています。
汗冷えや低体温症を防ぐためにもこうした素材のものを選ぶことが大事ですね


メーカーにより値段は様々ですが、大半はTシャツとは思えないいいお値段です
その中で丁度セールをやっていたノースフェイスのTシャツをお買い上げ。

ショートスリーブウォーターサイドグラフィックというシリーズです。
定価は5800円+税ですが、税込み5104円で楽天で購入。

安いと思うと大半は綿素材なので、そこはしっかりチェックしたほうがいいと思います。
IMG_0006
IMG_0011
IMG_0012

10万円の給付金でわたしが買ったもの① THE NORTH FACEクラウドジャケット

関東地方では今日まで猛暑との予報。

孫の学校も再開し少しづつ日常が戻りつつあります。




ちょっと気が早いですが、10万円の給付金の申込書を郵送したので、手元に入る前ですが、ささやかに以前から買いたいと思っていたノースフェイスのクラウドジャケットを購入しました


結構いいお値段で必需品でもないためこんな時でないと思い切って購入できません



山のベテランの方から雨具の大切さについてはからよく聞かれることです。

素人の私にはなかなかその大切さはわかっていてもゴアテックスの高価な雨具は昔々購入したきりで、なかなか新しいものには手が出ませんでした。


15年以上前のゴアテックスの雨具は重く、さらに私が大きくなったため(太ったとも言える)、サイズも合わなくなってきました。


色々口コミで調べてみると一長一短あり、なかなか決めかねていたのですが、低山の山歩きやハイキング程度に利用価値が高いものとしてこちらのジャケットを選択しました。

定価27000円+消費税ですが、今回アマゾンのセールで税込み20700円で見つけ即決。
アマゾンでは色によって値段がかなり違うので、そちらは購入の際、気を付けた方が良さそう。
私が購入したバーントオリーブやブラックが一番安かったです。

早速届いて袖を通してみたのですが、やはりその軽さにかなり驚きました。
もちろんゴアテックスでファスナー部分が二重で保護されていますので、かなりしっかりした雨にも対応できそう。

サイズはジャストサイズなので、下に薄手のフリースなど着込んでも大丈夫。

尾瀬など突然の雷雨に会うことはよくあることですが、やはり通常のレインジャケットでは雨を通し急に体を冷やしてしまうなど、時として命にかかわることにもなりかねません。

登山用品はどれも高く、それらを揃えると結構なお値段に。
やはり使うかどうかわからない雨具に高額投資するのは、もったいない気がしますが、ここは山の先輩方の意見を聞いて、命にかかわるものはしっかりしたものを購入しておいた方が良さそうです。


今年、来年としばらく街に出るより自然の中に出かける機会が増えそうです。
そんなとき、このジャケットが、お役に立てばいいなと願っています。
IMG_0011
IMG_0007

高尾山へ紅葉登山 2019 ②いろはの森から日影沢へ まだ色濃く残る台風の爪痕

もみじ台で紅葉を満喫した後は5号路、1号路を経ていろはの森へ向かいます。

分岐となる案内板。
IMG_0367

4号路からこちらの道に入ったのだろうか?
何人かの観光客に遭遇。


いきなりの階段が続きます。
下りなので楽々。
IMG_0377

いろはの森の由来となった48文字で始まる木の名前がかかった説明板。
東京都でありながら奥深い森の一端を知る機会にもなりますね。
IMG_0375
IMG_0378


4号路との分岐の看板。
IMG_0380
クマ注意の看板が出てきたので、あわててクマよけの鈴を鳴らしながら歩きます。
(常に鳴りっぱなしの鈴はうるさいので、ON,OFFの設定ができる鈴が便利です)
IMG_0384

結構急な下り道。
濡れた落ち葉で滑らないように用心しながら下ります。
IMG_0389
IMG_0390


ようやく林道との分岐に出ます。
ここまで1時間弱。
IMG_0391


ここから川沿いは濁流で押し流された川の堤防や流木など、自然の脅威のすさまじさを物語るものばかり。
ちょっと離れた高尾山では大勢の登山者や観光客で賑わっているというのに...

林道もあちこちえぐれた川の後が残っています。
IMG_0392
IMG_0395
IMG_0397

キャンプ場に到着しました。
ここにはきれいなトイレも整備されています。
IMG_0400
本来であれば林間学校などに利用される自然豊かな森だったのでしょう。
IMG_0404


整備された林道をバス停まで下ります。
森に溜まる湿気の影響でしょうか?
ロープに苔が密生しかわいい姿。
IMG_0406
IMG_0409
IMG_0417

途中の川にはまだ流木が。
IMG_0413


今年の春ハナネコノメを見に行った木道は通行止めになっていました。
来年は無事ハナネコノメが見られるのか心配です。

そして日影のバス停へ。
IMG_0420
林道はもちろん一般車両は通行止め。
IMG_0427
バス停近くの川もこんなに削られていました。
IMG_0432
木道が閉鎖されていたので時間は余ってしまったけれど、日向で気持ちいいのでのんびりバスを待ちます。
IMG_0433


野鳥の鳴き声もあまり聞かれず、わずかにかわいいお花が咲いていました。
IMG_0398
IMG_0426
IMG_0431

高尾駅に到着。
IMG_0435


今回は高尾山LOVEのオットに付き合って、気になる通行止め解除後の様子を見に行きましたが、都内でもこうしてまだ台風の爪痕が残っていることを実感しました。

こうした自然災害の状況はすぐに忘れられがちですが、やはり自然の力に人はなすすべがないということを戒めにして、そうした状況になった時にいち早い避難をするしかないですね

高尾山へ紅葉登山 2019 ①混雑回避と富士山眺望には早朝出発が鍵

昨日ようやくお天気が回復した高尾山へ紅葉登山に出かけました。

今回オットはようやく開通した6号路の状況を確認するため徒歩で登山。
私は紅葉の写真撮影がメインなので、ケーブルカーを利用し薬王院経由で山頂へ向かい、山頂で落ち合うことにしました。


高尾山口駅へ到着したのが7時半。
すでに1号路を登り始める登山者も結構見かけました。

清滝駅のベンチでチョコクロワッサンで朝食タイム。
落葉が始まっているモミジもあり、ちょっと見ごろは過ぎてしまった感じ。
ただ植えてある場所によってはまだこれからといった木も。
IMG_0008
IMG_0010
IMG_0013
IMG_0017
IMG_0024


始発のケーブルカーで山頂へ。
10分前から並び始めました。
超満員のケーブルカーは寒さと人いきれで窓ガラスは曇ったまま。
IMG_0032
IMG_0040


山頂駅からの眺望。
この時間カスミ展望台はまだ開いていません。
IMG_0056
IMG_0058


薬王院へ。
蛸杉の周りの開運の石碑また増えていました
IMG_0065

浄心門に到着。
IMG_0067
今回は女坂を歩いて仁王門へ。
この辺りはまさに紅葉の見ごろ。
IMG_0085
InkedIMG_0090_LI
IMG_0093
IMG_0111
InkedIMG_0115_LI
IMG_0131
IMG_0133
高尾山のお水を売っている自販機もモミジに包まれて...
IMG_0136
お札の販売所も。
IMG_0144

階段を上り、本堂へ。
IMG_0161
IMG_0159
IMG_0170

さらに階段を上り、本社へ。
IMG_0181
IMG_0199
IMG_0227
IMG_0229


山頂へ続く緩やかな上り道も紅葉がいい感じ。
IMG_0236
山頂到着。
IMG_0280
IMG_0270
IMG_0290

富士山も雪化粧した美しい全容が見れました
IMG_0250

小休憩のあと、もみじ台へ。
IMG_0297


階段を下りると奥高尾の入り口です。
IMG_0313
IMG_0318
IMG_0365

もみじ台のお蕎麦屋さんへ。
開店を待ちわびる方多数。
IMG_0323
IMG_0351

ここからの富士山が一番きれいなのですが、あいにく雲が出てきてしまいました。
やはり富士山をすっきり眺めるのは10時ころまでがベストかと。
IMG_0348

この後、いろはの森を下り、台風の爪痕を多数見かけました。
そちらの様子は次回に。

孫と新緑の高尾山へ 2019 ③高尾山の春の花

ついにGWも終わってしまい、ちょっぴり憂鬱な出勤ですね。


我が家はいつもの毎日が日曜日の生活に戻り、今日は緑のカーテンの苗を植えました。

去年の琉球朝顔がそのまま冬越ししてくれるかと思ったのですが、やはりサイタマの冷え込みには負けてしまったようで芽は出てきませんでした。

今年は「沖縄スズメウリ」という苗を植えてみたのですが、文字通り緑のカーテンになり、すこしでも夏の暑い日差しを遮ってくれればと願っています



先日の高尾山で見かけてお花たちの紹介をしますね。
スミレの仲間もたくさん咲いていたのですが、すべてピンボケで紹介できず残念です

散策路の脇に咲いている花たちはどれも小さいのでうっかりすると見逃しがちですが、一度目に留まるとあとは次々見つけることができるので、良かったら足元を見ながら歩いてみてくださいね。

シャガ。
いつもはGW明けに行くことが多いので、これほど見事な群落をたくさん見かけたのは初めてかもしれません。
山の斜面に広がって咲いています。
DSCN9432
クサイチゴ。
DSCN9447
シャクナゲ。
白やピンクなど色も様々ですが、私はこの桜色のシャクナゲがお気に入り。
DSCN9471
ヤマツツジ。
DSCN9534
キジムシロ。
もみじ台の近くで見かけました。
DSCN9549
チゴユリ。
今回一番のお気に入り。
DSCN9568
ミツバウツギ。
DSCN9572
ホウチャクソウ。
DSCN9575

孫と新緑の高尾山へ 2019 ②山頂から一丁平へ 5号路、4号路、1号路で下山

今日は立夏。
いよいよ庭の虫退治に追われる日々の始まりです


先日の高尾山ハイキングの報告を続けますね。
薬王院から山頂まで登ってきました。
時刻は10時半を過ぎたところなので、まだそれほど激混みというほどではありませんでした。
ただ山頂の記念碑と一緒に写真を撮る行列ができていましたが、途中で割り込む不届き者もいない静かな風景でした。
DSCN9536
お天気のいい時でも山頂の展望台からは富士山が小さく見えるだけなので、眺望としてはやはりもみじ台まで行った方がいいです。
この日は空は霞んで富士山は見えません。
DSCN9538


山頂直下の急な階段を下り、もみじ台へ向かいます。
DSCN9540
紅葉の名所へやってきました。
新緑のもみじがお日様に輝き、秋とは違った美しさ。
DSCN9545
DSCN9546

もみじ台へ到着。
ここまでは山頂から10分ほどなので、お天気のいい日はぜひここまで足を延ばしてくださいね。
美しい富士山が眺められます
DSCN9551


私たちはさらに一丁平まで尾根道のアップダウンを繰り返しながら上っていきます。
DSCN9554
DSCN9558
一丁平の展望台です。
晴天ならここは素晴らしい景色です。
DSCN9559
DSCN9560


ここで私たちは引き返し、山頂下の5号路へ向かいます。
5号路はお花の宝庫。
可憐な花がたくさん咲いています。
(そちらはまとめて紹介しますね)

大きなトイレのある4号路の分岐です。
ケーブルカー乗り場までの道ですが、意外に距離があり、しかも険しい崖のそばを歩きますので、高尾山だから甘く見ることなく、最低足元のしっかりした靴と雨具は必要です。
下り40分となっていますが、子ども連れだともう少しかかりますよ。
DSCN9579
DSCN9580
DSCN9587
自然の営みが感じられる道です。
DSCN9584

分岐までやってきました。
DSCN9586

4号路のハイライトつり橋へ到着。
DSCN9593
DSCN9595

昨年秋の台風で倒れた倒木が残っています。
上に見える切り株から倒れてきました。
DSCN9597
木の間から高速の八王子ジャンクションが見えます。
DSCN9599


朝の浄心門まで戻ってきました。
ここから1号路へ入り、さる園へ。
こちらも我が家は初来園です。
ちょうど出産ラッシュの時期で、今朝産まれたばかりの赤ちゃん猿も見れました。
DSCN9601
DSCN9602
DSCN9604
DSCN9605


この後リフトで下山する予定でしたが、整理券を貰いさらにかなり待つということで、そのまま1号路を下りることに。
下りなら50分ほどなので、待っている間に着いてしまいます

1号路は石畳の道なので足元の心配はありませんが、急こう配なので、膝から腰にきます
DSCN9612
ようやく清滝駅へ。
DSCN9613


普段ならとっとと帰宅するところですが、手焼きのお煎餅をいただいたり、お団子やソフトクリーム...
孫と一緒に最後まで歩いたご褒美をたっぷり味わいます
DSCN9614


今年は学校も10連休だったので、こうして孫と出かける時間も取れました。
私たちのような3世代でお出かけの方も多かったです。

ただあまりに軽装の方も多く、たとえケーブルカーを利用するにしても、山へ入るという心構えは必要かと思います。

私たちが下山する途中でも消防車と救急車のサイレンが鳴り響き、また年配の方が駅員さんに付き添われて電車に乗る姿もお見受けしました。

最低限コースタイムくらいは知っておいた方が安心できますね

今回は置いてなかったですが、高尾山口駅やケーブルカーの清滝駅にこんな冊子が置いてあります。
四季の花々も写真入りで載っていたり割引クーポンもついているので、見かけたらぜひゲットして
普通の地図はたくさん置いてあるので、そちらは道に迷った時の必需品ですので、持っていかれた方がいいと思います。
IMG_0007
IMG_0005

孫と新緑の高尾山へ 2019 ①意外に奥深い高尾山薬王院へ

GW唯一の我が家の予定、高尾山へ昨日出かけてきました。

残念ながら一丁平で富士山を望むことはできませんでしたが、前日のサッカーの試合疲れにも拘わらず頑張って歩き通した孫の成長した姿にちょっとほっとしながら、孫とのひと時を楽しみました


2019年5月4日(土) 27392歩

いつものように早起きして7時半前には高尾山口駅に到着。
ケーブルカーが8時からで15分おきのため大混雑との情報でしたが、この時点では8時の始発を7時半過ぎに早め7分おきなので、ほとんど待たずに乗れるとのアナウンスあり。

ちなみに高尾山口駅の女性トイレはすでに長蛇の列でしたが、ケーブルカー乗り場にもトイレがありそちらは空いていたので。そちらの利用をお勧めします

娘と孫の到着を待つ間乗車券を購入し朝食を。
DSCN9406
モミジの新緑が瑞々しく、つつじも咲いていました。
DSCN9408
DSCN9410

ケーブルカー乗り場も令和仕様です。
DSCN9398
DSCN9403
平成と令和のケーブルカーが走ります。
数えきれないほど高尾山に来ている私たちもケーブルカーに乗るのは初めて。
DSCN9420
DSCN9427

ケーブルカー高尾山駅。
DSCN9430
降りてすぐの展望台。
あいにく霞んで眺望は今一つ。
DSCN9429

ここから浄心門目指して上ります。
DSCN9433
六根清浄と唱えながら回す石車。
以前より設置台数が増えていました。

「六根」とは私欲や煩悩、迷いを引き起こす目、耳、鼻、舌、身、意の6つの器官を言い、「清浄」は煩悩や私欲から遠ざかり、清らかで汚れがない境地のこと。
山に入り修行する人たちは日常生活で汚れた六根を清らかな六根に近づけるため、六根清浄を繰り返し唱えながら登るそうです。
DSCN9435
お昼ごろには長蛇の列の天狗だんごも朝はまだガラガラ。
DSCN9436
野生のお猿さんには会えませんでしたが、こんなかわいい猿が。
DSCN9437
たこ杉。
昔お参りに来る人々のため天狗が参道の整備をしている時に四方に張った根の大杉を引き抜くことを決めたところ、杉は一夜にして根をくるくると縮めてしまったそうです。
本当にタコの足のようにくるくると丸まった根がかわいいですが、この根を撫でることで杉の生育を妨げることになるそうです。
高尾山の植物は触らず眺めるのが基本ですので、どうぞご注意あれ。
DSCN9442
ここにも六根清浄の石車。
DSCN9445


浄心門に到着。
ここから薬王院の境内です。

薬王院は正式名称「高尾山薬王院有喜寺」といい、天平16年(744年)に聖武天皇の勅令により行基により開山されたとのこと。

現在は真言宗智山派の大本山です。
DSCN9448
神変堂。
DSCN9455
DSCN9457

ここは有名なポイントですね。
男坂、女坂の分かれ道。
DSCN9460
私たちは男坂の百八段の階段を上ります。
DSCN9466
この階段を上ると仏舎利塔ですが、今回はパス。
DSCN9467


大杉原の杉木立の雰囲気は好きです
DSCN9472
DSCN9475

山門に着きました。
DSCN9481
DSCN9482
山門には境内結界守護の神が設置されています。
入って右が持国天。
DSCN9484
左が増長天。
DSCN9486
門をくぐった左右にも広目天王、多門天王が。

そして高尾山といえばこの天狗が思い浮かびます。
像の前でうちわを持って記念撮影ができます。
DSCN9494

八大龍王堂。
DSCN9497
この辺りにはパワースポットがいくつも...
DSCN9500
DSCN9502
鐘楼堂。
DSCN9499
お護摩受付所。
DSCN9503


階段を上がり仁王門へ。
DSCN9504
本堂へ。
DSCN9506
仁王門の左右にも天狗の像。
DSCN9507
DSCN9508
本堂の右にはこれまた大きな天狗の面。
DSCN9510
大師堂。
DSCN9511
高尾山薬王院の開祖の行基の記念碑。
DSCN9513
奥にはいくつものお堂が並び、それぞれにお参り。
DSCN9515
DSCN9518
DSCN9519


最後の力を振り絞って階段を上ります。
DSCN9520
本社へと続く階段。
DSCN9521
見事な彫刻に彩られた本社。
DSCN9523
DSCN9525
DSCN9527

奥の院。
DSCN9530
薬王院というというお寺の中に浅間神社があります。
この浅間神社は富士山の神様が祀られています。
DSCN9531


いつもはハイキングの帰りに無事に帰ってこれたお礼のお参りをするので、人混みの中ゆっくり写真を撮ることもできませんでした。
今回は早朝だったので人も少なく、それぞれに由緒ある高尾山の薬王院の境内をお参り。


この後、いよいよ高尾山山頂から一丁平へ向かいます。
そちらの様子は次回に。
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • るいと東吾の子ども世代の活躍を描いた「新・御宿かわせみ」
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー