夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

山歩き

孫と新緑の高尾山へ 2019 ③高尾山の春の花

ついにGWも終わってしまい、ちょっぴり憂鬱な出勤ですね。


我が家はいつもの毎日が日曜日の生活に戻り、今日は緑のカーテンの苗を植えました。

去年の琉球朝顔がそのまま冬越ししてくれるかと思ったのですが、やはりサイタマの冷え込みには負けてしまったようで芽は出てきませんでした。

今年は「沖縄スズメウリ」という苗を植えてみたのですが、文字通り緑のカーテンになり、すこしでも夏の暑い日差しを遮ってくれればと願っています



先日の高尾山で見かけてお花たちの紹介をしますね。
スミレの仲間もたくさん咲いていたのですが、すべてピンボケで紹介できず残念です

散策路の脇に咲いている花たちはどれも小さいのでうっかりすると見逃しがちですが、一度目に留まるとあとは次々見つけることができるので、良かったら足元を見ながら歩いてみてくださいね。

シャガ。
いつもはGW明けに行くことが多いので、これほど見事な群落をたくさん見かけたのは初めてかもしれません。
山の斜面に広がって咲いています。
DSCN9432
クサイチゴ。
DSCN9447
シャクナゲ。
白やピンクなど色も様々ですが、私はこの桜色のシャクナゲがお気に入り。
DSCN9471
ヤマツツジ。
DSCN9534
キジムシロ。
もみじ台の近くで見かけました。
DSCN9549
チゴユリ。
今回一番のお気に入り。
DSCN9568
ミツバウツギ。
DSCN9572
ホウチャクソウ。
DSCN9575

孫と新緑の高尾山へ 2019 ②山頂から一丁平へ 5号路、4号路、1号路で下山

今日は立夏。
いよいよ庭の虫退治に追われる日々の始まりです


先日の高尾山ハイキングの報告を続けますね。
薬王院から山頂まで登ってきました。
時刻は10時半を過ぎたところなので、まだそれほど激混みというほどではありませんでした。
ただ山頂の記念碑と一緒に写真を撮る行列ができていましたが、途中で割り込む不届き者もいない静かな風景でした。
DSCN9536
お天気のいい時でも山頂の展望台からは富士山が小さく見えるだけなので、眺望としてはやはりもみじ台まで行った方がいいです。
この日は空は霞んで富士山は見えません。
DSCN9538


山頂直下の急な階段を下り、もみじ台へ向かいます。
DSCN9540
紅葉の名所へやってきました。
新緑のもみじがお日様に輝き、秋とは違った美しさ。
DSCN9545
DSCN9546

もみじ台へ到着。
ここまでは山頂から10分ほどなので、お天気のいい日はぜひここまで足を延ばしてくださいね。
美しい富士山が眺められます
DSCN9551


私たちはさらに一丁平まで尾根道のアップダウンを繰り返しながら上っていきます。
DSCN9554
DSCN9558
一丁平の展望台です。
晴天ならここは素晴らしい景色です。
DSCN9559
DSCN9560


ここで私たちは引き返し、山頂下の5号路へ向かいます。
5号路はお花の宝庫。
可憐な花がたくさん咲いています。
(そちらはまとめて紹介しますね)

大きなトイレのある4号路の分岐です。
ケーブルカー乗り場までの道ですが、意外に距離があり、しかも険しい崖のそばを歩きますので、高尾山だから甘く見ることなく、最低足元のしっかりした靴と雨具は必要です。
下り40分となっていますが、子ども連れだともう少しかかりますよ。
DSCN9579
DSCN9580
DSCN9587
自然の営みが感じられる道です。
DSCN9584

分岐までやってきました。
DSCN9586

4号路のハイライトつり橋へ到着。
DSCN9593
DSCN9595

昨年秋の台風で倒れた倒木が残っています。
上に見える切り株から倒れてきました。
DSCN9597
木の間から高速の八王子ジャンクションが見えます。
DSCN9599


朝の浄心門まで戻ってきました。
ここから1号路へ入り、さる園へ。
こちらも我が家は初来園です。
ちょうど出産ラッシュの時期で、今朝産まれたばかりの赤ちゃん猿も見れました。
DSCN9601
DSCN9602
DSCN9604
DSCN9605


この後リフトで下山する予定でしたが、整理券を貰いさらにかなり待つということで、そのまま1号路を下りることに。
下りなら50分ほどなので、待っている間に着いてしまいます

1号路は石畳の道なので足元の心配はありませんが、急こう配なので、膝から腰にきます
DSCN9612
ようやく清滝駅へ。
DSCN9613


普段ならとっとと帰宅するところですが、手焼きのお煎餅をいただいたり、お団子やソフトクリーム...
孫と一緒に最後まで歩いたご褒美をたっぷり味わいます
DSCN9614


今年は学校も10連休だったので、こうして孫と出かける時間も取れました。
私たちのような3世代でお出かけの方も多かったです。

ただあまりに軽装の方も多く、たとえケーブルカーを利用するにしても、山へ入るという心構えは必要かと思います。

私たちが下山する途中でも消防車と救急車のサイレンが鳴り響き、また年配の方が駅員さんに付き添われて電車に乗る姿もお見受けしました。

最低限コースタイムくらいは知っておいた方が安心できますね

今回は置いてなかったですが、高尾山口駅やケーブルカーの清滝駅にこんな冊子が置いてあります。
四季の花々も写真入りで載っていたり割引クーポンもついているので、見かけたらぜひゲットして
普通の地図はたくさん置いてあるので、そちらは道に迷った時の必需品ですので、持っていかれた方がいいと思います。
IMG_0007
IMG_0005

孫と新緑の高尾山へ 2019 ①意外に奥深い高尾山薬王院へ

GW唯一の我が家の予定、高尾山へ昨日出かけてきました。

残念ながら一丁平で富士山を望むことはできませんでしたが、前日のサッカーの試合疲れにも拘わらず頑張って歩き通した孫の成長した姿にちょっとほっとしながら、孫とのひと時を楽しみました


2019年5月4日(土) 27392歩

いつものように早起きして7時半前には高尾山口駅に到着。
ケーブルカーが8時からで15分おきのため大混雑との情報でしたが、この時点では8時の始発を7時半過ぎに早め7分おきなので、ほとんど待たずに乗れるとのアナウンスあり。

ちなみに高尾山口駅の女性トイレはすでに長蛇の列でしたが、ケーブルカー乗り場にもトイレがありそちらは空いていたので。そちらの利用をお勧めします

娘と孫の到着を待つ間乗車券を購入し朝食を。
DSCN9406
モミジの新緑が瑞々しく、つつじも咲いていました。
DSCN9408
DSCN9410

ケーブルカー乗り場も令和仕様です。
DSCN9398
DSCN9403
平成と令和のケーブルカーが走ります。
数えきれないほど高尾山に来ている私たちもケーブルカーに乗るのは初めて。
DSCN9420
DSCN9427

ケーブルカー高尾山駅。
DSCN9430
降りてすぐの展望台。
あいにく霞んで眺望は今一つ。
DSCN9429

ここから浄心門目指して上ります。
DSCN9433
六根清浄と唱えながら回す石車。
以前より設置台数が増えていました。

「六根」とは私欲や煩悩、迷いを引き起こす目、耳、鼻、舌、身、意の6つの器官を言い、「清浄」は煩悩や私欲から遠ざかり、清らかで汚れがない境地のこと。
山に入り修行する人たちは日常生活で汚れた六根を清らかな六根に近づけるため、六根清浄を繰り返し唱えながら登るそうです。
DSCN9435
お昼ごろには長蛇の列の天狗だんごも朝はまだガラガラ。
DSCN9436
野生のお猿さんには会えませんでしたが、こんなかわいい猿が。
DSCN9437
たこ杉。
昔お参りに来る人々のため天狗が参道の整備をしている時に四方に張った根の大杉を引き抜くことを決めたところ、杉は一夜にして根をくるくると縮めてしまったそうです。
本当にタコの足のようにくるくると丸まった根がかわいいですが、この根を撫でることで杉の生育を妨げることになるそうです。
高尾山の植物は触らず眺めるのが基本ですので、どうぞご注意あれ。
DSCN9442
ここにも六根清浄の石車。
DSCN9445


浄心門に到着。
ここから薬王院の境内です。

薬王院は正式名称「高尾山薬王院有喜寺」といい、天平16年(744年)に聖武天皇の勅令により行基により開山されたとのこと。

現在は真言宗智山派の大本山です。
DSCN9448
神変堂。
DSCN9455
DSCN9457

ここは有名なポイントですね。
男坂、女坂の分かれ道。
DSCN9460
私たちは男坂の百八段の階段を上ります。
DSCN9466
この階段を上ると仏舎利塔ですが、今回はパス。
DSCN9467


大杉原の杉木立の雰囲気は好きです
DSCN9472
DSCN9475

山門に着きました。
DSCN9481
DSCN9482
山門には境内結界守護の神が設置されています。
入って右が持国天。
DSCN9484
左が増長天。
DSCN9486
門をくぐった左右にも広目天王、多門天王が。

そして高尾山といえばこの天狗が思い浮かびます。
像の前でうちわを持って記念撮影ができます。
DSCN9494

八大龍王堂。
DSCN9497
この辺りにはパワースポットがいくつも...
DSCN9500
DSCN9502
鐘楼堂。
DSCN9499
お護摩受付所。
DSCN9503


階段を上がり仁王門へ。
DSCN9504
本堂へ。
DSCN9506
仁王門の左右にも天狗の像。
DSCN9507
DSCN9508
本堂の右にはこれまた大きな天狗の面。
DSCN9510
大師堂。
DSCN9511
高尾山薬王院の開祖の行基の記念碑。
DSCN9513
奥にはいくつものお堂が並び、それぞれにお参り。
DSCN9515
DSCN9518
DSCN9519


最後の力を振り絞って階段を上ります。
DSCN9520
本社へと続く階段。
DSCN9521
見事な彫刻に彩られた本社。
DSCN9523
DSCN9525
DSCN9527

奥の院。
DSCN9530
薬王院というというお寺の中に浅間神社があります。
この浅間神社は富士山の神様が祀られています。
DSCN9531


いつもはハイキングの帰りに無事に帰ってこれたお礼のお参りをするので、人混みの中ゆっくり写真を撮ることもできませんでした。
今回は早朝だったので人も少なく、それぞれに由緒ある高尾山の薬王院の境内をお参り。


この後、いよいよ高尾山山頂から一丁平へ向かいます。
そちらの様子は次回に。

「神の絨毯」栗駒山へ紅葉登山 2017 ③東栗駒山から栗駒山へ 中央道より下山

東栗駒山山頂より稜線伝いに気持ちのいいトレッキングコースを歩く。
DSCN5784
山頂がガスって道がわかりづらい時のため、岩にこんな印も付いている。
DSCN5795
栗駒山を眺めながらの稜線歩きは最高
DSCN5807
DSCN5810
DSCN5841
この辺りから栗駒山山頂まで美しい草紅葉が続く。
DSCN5855

東栗駒分岐。
ここから山頂まで30分のコースタイムだったが、1時間はたっぷりかかった。
DSCN5857

真っ赤に色づいたナナカマド。
DSCN5874
アキノキリンソウ
DSCN5880

DSCN5882

最後の急な登り。
DSCN5883
山頂に近づくにつれガスってくる。
DSCN5888


ようやく9時20分に山頂へ。
DSCN5914
DSCN5902
麓の方からガスがわいてきて、かろうじていわかがみ平の駐車場が見える位。
DSCN5911
麓の天気が良ければ良いほど山頂との温度差でガスがわきやすいので、やはり良く知っている人は日の出前に出発していた。
ちょっとのんびり出発したことに後悔
晴れていれば、月山、鳥海山、蔵王連峰などが望めるとのことだったが、ここはあきらめ、早々に下山する。

帰りは山頂直下の階段を下りた後、途中の分岐で中央コースへ向かう。
DSCN5917
DSCN5918


ここが東栗駒コースとの分岐点。
DSCN5934


ここからは「神の絨毯」の間を歩く絶景のコース。
空が青くないのは残念
DSCN5943
DSCN5952
DSCN5961
DSCN5969
DSCN5981
DSCN5985
DSCN5986
DSCN5989
DSCN6001
DSCN6017
DSCN6034
DSCN6047

途中で地元の小学生の遠足と出会った。
みんな元気よく挨拶してくれる

この辺りは、コンクリートで固められた道で、たぶんちょっとぬかるむと滑りやすい道と言うことで、このような方法をとったのだと思うが、基本登山道ということを忘れてショルダーバックで雨具も持たず街歩きの靴で来るような観光客を増やすことになってしまうのではないかと思ってしまった。

ホームページで見る限りかなり楽なハイキングコースの様な気がしていたが、結構な距離があり、天候の急変時、気軽な観光で来た人が戻るには時間がかかるのでは...

やはり、きちんとした装備で登る道だと思うのですが。
DSCN6065
DSCN6070


結局1時間半ほどかかり、駐車場へ戻ってきた。
平日にも関わらず、駐車場は満車で「いこいの村」の駐車場からシャトルバスも出ていた。

山頂ではトイレが気になり食べられなかったので、車の中でおにぎりを食べ、駐車場を後にする。


東北道に入り、行きと同じ長者原SAでずんだのソフトクリームで一息つく。
DSCN6097
DSCN6098

この後、安達太良SAと佐野SAで休憩し、我が家へ戻った。
DSCN6105
DSCN6109


天気予報を見ながらバタバタと決めた日程だったので、高い高速料金を払った割にはどこへも寄らず、栗駒山だけのために長距離移動となったが、まさに見ごろの「神の絨毯」を堪能でき、間にあって良かったです

関東からはかなり遠いですが、車中泊をすれば日帰りで戻ってこれるので、お天気が良かったら行く価値はあるのでは...


なかなか紅葉の見ごろと晴天が一致することは難しいですが、もし青空の下「神の絨毯」が見れたら、山の神に感謝ですね

山の知識も技量もない私の報告におつき合いいただきありがとうございました

「神の絨毯」栗駒山へ紅葉登山 2017 ②いわかがみ平駐車場で車中泊し、東栗駒コースを東栗駒山まで

2017年9月26日(火) 晴れのち曇り 9.15km  17411歩
前日13時に自宅を出発。
午前中にお墓参り3軒を済ませて慌ただしく家を出る。

途中、那須高原SAと長者原SAで休憩。
長者原のフードコートで、仙台名物の牛タン塩丼の夕食。
ネギ塩スープも付いて1000円でまずまずのお味。(写真撮り忘れ

若柳金成ICを降り、いわかがみ平へ。
途中のコンビニで明日の朝食のサンドイッチと昼食のおにぎり、水を仕入れ、駐車場へ向かう。
日は暮れて真っ暗でナビだけが頼りだが、これまで行った中でも一、二を争うぐらいの整備された道なので、夜でも安心して通ることができる。

駐車場へは19時45分に到着。
私たちが一番乗りだった。

道を隔てて2か所に分かれた駐車場のうち、下のトイレに近い方へ停める。
トイレも洗面台がついた立派なもので、登山口にこれだけのトイレがあるのはありがたい。

関東地方は日中夏日の暑さだったが、さすがに夜は冷え込んでいた。
長袖にフリースをはおり、ダウンの寝袋でぬくぬくと。(我が家唯一の贅沢品

満天の星空はまるでプラネタリウムを見ているかのように、天の川から流れ星までくっきり見える。
私たちにわかったのはオリオンの3つ星だけですが、これこそ山の麓の駐車場に車中泊する醍醐味


そして5時過ぎに目を覚ますと、駐車場の3分の1くらいは埋まっており、すでに登り始めている人も,,,
日が昇り始めた。
DSCN5627
DSCN5623
駐車場トイレ。
DSCN5625

私たちも朝食を食べ、6時に出発。
駐車場脇の登山口から登り始めたが、レストハウス脇で合流しているので、そこまでは舗装された道で行った方が楽。
DSCN5632
DSCN5633
レストハウス。
この時間はまだ営業していないが、下山後覗いてみたが、水不足のため休業中だった。
DSCN5638
山頂近くのナナカマドはすでに枯れていて、ここのナナカマドが一番きれいだった。
DSCN5641


ここから徒渉点までは40分のコースタイムだが、私たちは65分もかかってしまい、削られた水のない川の道は結構ハードだった。
滑り止めのついた手袋必需品。

写真ではそう見えませんが、かなりの高さ。
DSCN5649
梯子も登場。
DSCN5650
標識はしっかりしている。
DSCN5655

時折東栗駒山の姿が見えるようになる。
やはり冷夏の影響か、きれいに色づく前に茶色に枯れてしまった木も多い。
DSCN5664
それでも青空に真っ赤に染める木もあり、まさに紅葉シーズン真っ盛りといった感じだ。
DSCN5670
DSCN5675
DSCN5676
登山道の咲くオヤマリンドウ。
DSCN5681
DSCN5683

ようやく徒渉点が近づいてきた。
川を渡り、右の登山道へ。
DSCN5684
紐の渡してある場所より上流へは登ることはできない。
DSCN5686
DSCN5693
DSCN5699
慎重に渡っていく。
写真だと岩の大きさが伝わらないけれど、意外に大きい岩で、コンパスの短い私はオットに引っ張り上げてもらった。
DSCN5700
DSCN5704

登山道を進むが、ここからは歩きやすくなり、景色も良くなる。
DSCN5715
DSCN5716
ついに「神の絨毯」が見えだした。
DSCN5721
クマよけの鈴やラジオをつけている人も結構いた。
特にこの時期注意が必要。
DSCN5723

標高が上がり、ハイマツが目立つようになる。
中央道で登り東栗駒を下る人も多いが、上りでは、このように常に栗駒山や東栗駒山を正面に眺めながらの景色が楽しめる。
DSCN5728
DSCN5729

正面に東栗駒山が見えてきた。
DSCN5741
DSCN5745
道はこんな感じ。
DSCN5747

黄色、赤、オレンジ、緑、様々な色が混じって美しい秋の風景を染め上げていく。
DSCN5752
栗駒山。
DSCN5758
DSCN5759
登るにつれ、違った色の美しさを見せてくれる。
DSCN5770
DSCN5771
DSCN5773

ついに東栗駒山の山頂へ。
DSCN5778


ここから稜線を歩き、栗駒山へ向かうが、そちらの様子は次回に。

「神の絨毯」栗駒山へ紅葉登山 2017 ①昨夜帰宅

昨日、「神の絨毯」と称される紅葉の見事な栗駒山へ登ってきました。

前日にいわかがみ平駐車場に車中泊し、朝イチで登り始め、お昼前には駐車場へ戻ってきました。

現地でのお勧めは行きは東栗駒コースを上り、下りは中央コースで戻るというもの。(予定より前倒ししていきました)
IMG_0003

あいにく山頂に着くころにはガスってしまいましたが、それまで素晴らしい眺望が楽しめ、はるばる6時間半かけてやってきた甲斐がありました。

現地の紅葉の情報がなかなか得られず、天気予報とにらめっこしてこの日に決めたのですが、通常の紅葉情報が出る時期では栗駒山の山頂の「神の絨毯」はちょっと遅いようですね。
もし「神の絨毯」が見たかったら9月の4週目当たりが良さそうですよ
地元の方は良く知っていて、この日は大賑わいでした。
ただ山頂付近はすでにピークを過ぎていました。


景色の写真は良く目にするのですが、特に東栗駒のコースは思っているよりタフなコースだったので、ちょっとハイキングと思っている人には厳しい所もあったので(私です)、そちらのコースの情報もお伝えしたいと思います。


まだ写真の整理ができていないので、とりあえず、お気に入りの何枚か載せてみました。
DSCN5753
DSCN5775
DSCN5847


次回から詳しく報告したいと思いますので、よかったらおつき合いくださいね

初秋の影信山・高尾山縦走ハイキング 2017 ③初秋のお花たち

今日は気持ち良い秋晴れになりました。
お出かけには最適のお天気ですね


今回のハイキングで出会ったお花たちを紹介しますね。
この時期、夏の花や秋の始まりを告げる花など地味だがかわいいお花がいっぱい。

もっとたくさん咲いていたのですが、うまく撮れなくてこれだけになってしまいました


ミズヒキ
DSCN5438
シラヤマギク
DSCN5452
マルバハギ
DSCN5453
ノコンギク
DSCN5458
キバナアキギリ
DSCN5460

DSCN5467
キンミズヒキ
DSCN5487

DSCN5489
シモバシラ
DSCN5565
タマアジサイ
DSCN5594
ヤマホトトギス
DSCN5595
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新記事(画像付)
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー