夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

山歩き

もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの

東京ではさらに感染が拡大しサイタマにもその余波が及んでいます。

自粛要請依頼後お出かけもせずおとなしく籠っていましたが、もう一度見たい景色に会いに尾瀬沼へ。
ニッコウキスゲはほぼ見ごろのようですが、天気予報を見ても雨マークばかり。

関東が梅雨明けとなる21日以降も東北南部は雨が続く予想です。

何とかその合間を縫って日帰りで出かけようと思います。


首都圏から地方への感染拡大が懸念される中で、自分が感染しないのと同時に地元にも感染させない準備はしていこうと思っています。


この度の感染拡大に関してはもっと強制力のある対策を求める意見もあるようですが、これからコロナとの長い闘いになると思えば、まずは自己管理で感染拡大を防ぐしかないのでは...と思っています。


最近気になることと言えば「マスクをしていたから濃厚接触者はいないという」という判断ですが、マスク神話はクルーズ船の感染で崩れたのでは。

手すりやドアノブ、トイレが重要な感染源だからこそ手洗いを30秒ということだったはずですが、すっかり忘れられているように思います

ということで高速道路のSAなどで予防対策グッズを用意しました。
IMG_0001

マスクは使用しないときは折りたたんでしまえるものをネットで購入。
IMG_0004
IMG_0005


山ですれ違う時などにはウレタンのマスクを使用。
IMG_0011



今回は大清水から一ノ瀬まではバスを利用。
そこから三平峠まではかなりぬかっていて木道が滑りやすくなっているとのオットからの情報で、スパッツ、ストックも持って行くことに...
IMG_0009

ザックのカバーもマストですね。
もちろん、雨具、折り畳み傘は必須。
IMG_0013

意外と便利なのが手袋です。
雨が降って急に寒くなった時、これをはめるだけで大分寒さも防げます。
IMG_0015



YouTubeなど見ているととんでもない格好で大清水から尾瀬沼まで歩いてる方も見かけますが、やはりハイキングではなく登山の準備をしていった方が、自分だけでなく地元の方にも迷惑をかけずに済むと思います。
特にこの時期は...


お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入

キャンプ用品もピンからキリまであり、かなり高額なものも...

そこまでのこだわりもない私が最近ちょっとお気に入りにキャンプテーブルを見つけたので紹介しちゃいますね。

アマゾンの口コミでかなり評判の良かったキャンプテーブル。

私の使い道としては、例えば上高地の小梨平キャンプ場のような自然の中で比較的移動がしやすいところで何日か過ごすためのもの。
なので、ある程度の距離は自力で運ぶことも考え重さは必須条件です。

もっと軽いキャンプテーブルもありますが、オットと二人でのんびり自然の中で過ごすために二人用で最小軽量のもの。

一応アルミ合金製で防水、耐熱仕様になっています。
お値段は2899円(税込み)。

同じタイプでヘリノックスのタクティカルテーブルが有名ですが、こちらはお値段が17500円(税別)とかなり高額。


袋に入っていて組み立ても簡単。
カップホルダーも付いているので、ブランドにこだわらない私にとっては十分な商品だと思います。


早速娘ファミリーのキャンプに持って行く予定です
IMG_0002
IMG_0004
IMG_0008

今年の山キャンプの食料はドライフードで軽く

この週末の人出は一気に増加し、久々高速道路も渋滞していましたね。

他の人も出かけるなら私も...という軽いノリの方のなんと多いこと。

行こうとしている場所にどれだけのリスクがあり、それに対しての対策を考えてのお出かけなのか、ちょっぴり疑問です。


頻繁に手洗いできるわけではないので、マスクだけでは防御できない場所もたくさんあると思います。


もちろん不安があるから新しい接触アプリをインストールする方も多いのでしょうが、実際自分が感染しましたと入力する人がどれだけいるのか、社会全体で感染防止をしなければいけないという思いになる人がどれだけいるのかはとっても疑問です。


ただ単に自分が感染したくないからというだけではなかなかアプリの効果は求められないのでは...



と色々不安を感じながらも、私も少しづつ活動を開始したいと思っています。
マスクだけでなく、携帯用ハンドソープ、除菌スプレーは欠かさず持参で


今年はテント泊が中心ですが、昔若かりし頃は重い食料を詰めこんだリュックも全然OKでしたが、この歳になると、やはり少しでも荷物は軽くしていきたいという気持ちが強くなります。

以前から海外旅行には雑炊やにゅう麺などのドライフードを活用していましたが、それだけではなく、シチューやカレー、パスタなど色々種類があるようです。

しかも味もカレーなど本格的でスパイシーと評判も上々。

今年の山旅のために買いそろえてみたドライフードです。
IMG_0004
IMG_0006
IMG_0011
IMG_0016
IMG_0019


山の朝は寒いのでシチューや豚汁など温かいものは嬉しいですね。

個人的にはパスタに心惹かれているのですが、こちらはあまり情報がなかったので、また実際に食べたら報告しますね

ただやはりカロリーがかなり抑えられているので、プラスαがっちりしたものが必要ですね。
チーズの入ったパンとか...

10万円の給付金でわたしが買ったもの ②THE NORTH FACEウォーターサイド グラフィックTシャツ

白馬でも山小屋やテント泊が7月から再開されるらしいです。

今までのようにその時任せではなく、すべて予約制です。

もちろん感染予防の対策として当然のことと思いますが、山のベテランほど天気予報も含め、こうした情報はきちんとチェックし山に入る準備をしています。


ところがにわか登山好きの方に限ってロクに天気予報も詳細に検討することもなく、こうした情報には無頓着で、山小屋の駆け込むケースも十分考えられます。



今まで日本ではお客様は神さまの考えでずっとやってきましたが、コロナウィルスを機会に少し考え方を改めた方がいい時期が来ていると思います。


登山届も出さず装備も不十分な人は、今年に限っては山に入れるべきではないと思うし、そこは地元でお願い以上の強い権限を持って、入山禁止措置を取ってもいいのではないでしょうか?


以前カナダでハイキングした時にはシャトルバス2台分の入山しか認められず、すべて事前予約でした。


特に年配の人ほどごねて自分の意志を押し通そうとしますが、その辺はもっと地元の自治体でも強い呼びかけをするべきだと思います。
(それでもわがままで常識のない人は変わらないかもしれませんが



私は今年は関東近辺のハイキングで十分と思っていますが...


ということで、私の給付金で購入したもの第2弾です。
真夏のハイキングはもちろん長袖の方がいいのですが、暑がりな私はそれだけで体力を消耗してしまいますので、半袖で出かけることも多いです。

この時よく聞かれることが綿素材のものは汗をかいた後、そのまま冷えて低体温症になってしまうのでやめた方がいいということ。

Tシャツも大半は綿素材ですが、一部山専用のものはポリエステルなど化学繊維の速乾Tシャツが出回っています。
汗冷えや低体温症を防ぐためにもこうした素材のものを選ぶことが大事ですね


メーカーにより値段は様々ですが、大半はTシャツとは思えないいいお値段です
その中で丁度セールをやっていたノースフェイスのTシャツをお買い上げ。

ショートスリーブウォーターサイドグラフィックというシリーズです。
定価は5800円+税ですが、税込み5104円で楽天で購入。

安いと思うと大半は綿素材なので、そこはしっかりチェックしたほうがいいと思います。
IMG_0006
IMG_0011
IMG_0012

10万円の給付金でわたしが買ったもの① THE NORTH FACEクラウドジャケット

関東地方では今日まで猛暑との予報。

孫の学校も再開し少しづつ日常が戻りつつあります。




ちょっと気が早いですが、10万円の給付金の申込書を郵送したので、手元に入る前ですが、ささやかに以前から買いたいと思っていたノースフェイスのクラウドジャケットを購入しました


結構いいお値段で必需品でもないためこんな時でないと思い切って購入できません



山のベテランの方から雨具の大切さについてはからよく聞かれることです。

素人の私にはなかなかその大切さはわかっていてもゴアテックスの高価な雨具は昔々購入したきりで、なかなか新しいものには手が出ませんでした。


15年以上前のゴアテックスの雨具は重く、さらに私が大きくなったため(太ったとも言える)、サイズも合わなくなってきました。


色々口コミで調べてみると一長一短あり、なかなか決めかねていたのですが、低山の山歩きやハイキング程度に利用価値が高いものとしてこちらのジャケットを選択しました。

定価27000円+消費税ですが、今回アマゾンのセールで税込み20700円で見つけ即決。
アマゾンでは色によって値段がかなり違うので、そちらは購入の際、気を付けた方が良さそう。
私が購入したバーントオリーブやブラックが一番安かったです。

早速届いて袖を通してみたのですが、やはりその軽さにかなり驚きました。
もちろんゴアテックスでファスナー部分が二重で保護されていますので、かなりしっかりした雨にも対応できそう。

サイズはジャストサイズなので、下に薄手のフリースなど着込んでも大丈夫。

尾瀬など突然の雷雨に会うことはよくあることですが、やはり通常のレインジャケットでは雨を通し急に体を冷やしてしまうなど、時として命にかかわることにもなりかねません。

登山用品はどれも高く、それらを揃えると結構なお値段に。
やはり使うかどうかわからない雨具に高額投資するのは、もったいない気がしますが、ここは山の先輩方の意見を聞いて、命にかかわるものはしっかりしたものを購入しておいた方が良さそうです。


今年、来年としばらく街に出るより自然の中に出かける機会が増えそうです。
そんなとき、このジャケットが、お役に立てばいいなと願っています。
IMG_0011
IMG_0007

高尾山へ紅葉登山 2019 ②いろはの森から日影沢へ まだ色濃く残る台風の爪痕

もみじ台で紅葉を満喫した後は5号路、1号路を経ていろはの森へ向かいます。

分岐となる案内板。
IMG_0367

4号路からこちらの道に入ったのだろうか?
何人かの観光客に遭遇。


いきなりの階段が続きます。
下りなので楽々。
IMG_0377

いろはの森の由来となった48文字で始まる木の名前がかかった説明板。
東京都でありながら奥深い森の一端を知る機会にもなりますね。
IMG_0375
IMG_0378


4号路との分岐の看板。
IMG_0380
クマ注意の看板が出てきたので、あわててクマよけの鈴を鳴らしながら歩きます。
(常に鳴りっぱなしの鈴はうるさいので、ON,OFFの設定ができる鈴が便利です)
IMG_0384

結構急な下り道。
濡れた落ち葉で滑らないように用心しながら下ります。
IMG_0389
IMG_0390


ようやく林道との分岐に出ます。
ここまで1時間弱。
IMG_0391


ここから川沿いは濁流で押し流された川の堤防や流木など、自然の脅威のすさまじさを物語るものばかり。
ちょっと離れた高尾山では大勢の登山者や観光客で賑わっているというのに...

林道もあちこちえぐれた川の後が残っています。
IMG_0392
IMG_0395
IMG_0397

キャンプ場に到着しました。
ここにはきれいなトイレも整備されています。
IMG_0400
本来であれば林間学校などに利用される自然豊かな森だったのでしょう。
IMG_0404


整備された林道をバス停まで下ります。
森に溜まる湿気の影響でしょうか?
ロープに苔が密生しかわいい姿。
IMG_0406
IMG_0409
IMG_0417

途中の川にはまだ流木が。
IMG_0413


今年の春ハナネコノメを見に行った木道は通行止めになっていました。
来年は無事ハナネコノメが見られるのか心配です。

そして日影のバス停へ。
IMG_0420
林道はもちろん一般車両は通行止め。
IMG_0427
バス停近くの川もこんなに削られていました。
IMG_0432
木道が閉鎖されていたので時間は余ってしまったけれど、日向で気持ちいいのでのんびりバスを待ちます。
IMG_0433


野鳥の鳴き声もあまり聞かれず、わずかにかわいいお花が咲いていました。
IMG_0398
IMG_0426
IMG_0431

高尾駅に到着。
IMG_0435


今回は高尾山LOVEのオットに付き合って、気になる通行止め解除後の様子を見に行きましたが、都内でもこうしてまだ台風の爪痕が残っていることを実感しました。

こうした自然災害の状況はすぐに忘れられがちですが、やはり自然の力に人はなすすべがないということを戒めにして、そうした状況になった時にいち早い避難をするしかないですね

高尾山へ紅葉登山 2019 ①混雑回避と富士山眺望には早朝出発が鍵

昨日ようやくお天気が回復した高尾山へ紅葉登山に出かけました。

今回オットはようやく開通した6号路の状況を確認するため徒歩で登山。
私は紅葉の写真撮影がメインなので、ケーブルカーを利用し薬王院経由で山頂へ向かい、山頂で落ち合うことにしました。


高尾山口駅へ到着したのが7時半。
すでに1号路を登り始める登山者も結構見かけました。

清滝駅のベンチでチョコクロワッサンで朝食タイム。
落葉が始まっているモミジもあり、ちょっと見ごろは過ぎてしまった感じ。
ただ植えてある場所によってはまだこれからといった木も。
IMG_0008
IMG_0010
IMG_0013
IMG_0017
IMG_0024


始発のケーブルカーで山頂へ。
10分前から並び始めました。
超満員のケーブルカーは寒さと人いきれで窓ガラスは曇ったまま。
IMG_0032
IMG_0040


山頂駅からの眺望。
この時間カスミ展望台はまだ開いていません。
IMG_0056
IMG_0058


薬王院へ。
蛸杉の周りの開運の石碑また増えていました
IMG_0065

浄心門に到着。
IMG_0067
今回は女坂を歩いて仁王門へ。
この辺りはまさに紅葉の見ごろ。
IMG_0085
InkedIMG_0090_LI
IMG_0093
IMG_0111
InkedIMG_0115_LI
IMG_0131
IMG_0133
高尾山のお水を売っている自販機もモミジに包まれて...
IMG_0136
お札の販売所も。
IMG_0144

階段を上り、本堂へ。
IMG_0161
IMG_0159
IMG_0170

さらに階段を上り、本社へ。
IMG_0181
IMG_0199
IMG_0227
IMG_0229


山頂へ続く緩やかな上り道も紅葉がいい感じ。
IMG_0236
山頂到着。
IMG_0280
IMG_0270
IMG_0290

富士山も雪化粧した美しい全容が見れました
IMG_0250

小休憩のあと、もみじ台へ。
IMG_0297


階段を下りると奥高尾の入り口です。
IMG_0313
IMG_0318
IMG_0365

もみじ台のお蕎麦屋さんへ。
開店を待ちわびる方多数。
IMG_0323
IMG_0351

ここからの富士山が一番きれいなのですが、あいにく雲が出てきてしまいました。
やはり富士山をすっきり眺めるのは10時ころまでがベストかと。
IMG_0348

この後、いろはの森を下り、台風の爪痕を多数見かけました。
そちらの様子は次回に。
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 百日紅 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 百日紅 2020
  • アゴタ・クリストフの衝撃的な「悪童日記」の第2,3作 「ふたりの証拠」「第三の嘘」
  • 我が家の夏の花 サルビア・ガラニチカ 2020
  • 我が家の夏の花 サルビア・ガラニチカ 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • 大人の冒険譚「モンテ・クリスト伯」
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <12>イエローアイコ、千果色づく
  • ベランダでミニトマト栽培 <12>イエローアイコ、千果色づく
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • ベランダでミニトマト栽培 <11>フルティカも色づき始めました
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー