夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

国内旅行

3世代で行く白馬キャンプ 2019 ②娘ファミリーは青木湖でカナディアンカヌーを、年寄り組は居谷里湿原を散策

2019年8月4日(日) 13721歩
5時前にお隣のテントの話し声で目が覚める。
さすがに朝は空気がさわやか。

私たちのテントを片付け、前日そのまま放置していた食器洗いに。
火おこしも順調で、BBQの残りのウィンナーやシシャモなどとスクランブルエッグで朝食をいただく。

そして美味しい山の水でコーヒーを...

キャンプの大仕事片づけを済ませ荷物を車に積み込む。


本日は娘ファミリーは車で20分ほどの青木湖キャンプ場のカナディアンカヌーを体験することに。
仁科三湖と呼ばれる湖の美しい一帯にはカヌーやカヤックなど楽しめる場所がいくつかある。
その中でも青木湖キャンプ場はかなり奥まったところにあるので、より自然を楽しみながらカヌーを漕ぐことができる。

8時半前にはキャンプ場に到着し、水着に着替え集合。
日本では万一の事故の時の保険などもあるため、こうした体験は意外と高い。
大人5750円、小学生4200円と家族で参加すれば結構な金額になる。

ただ子どもにとっての様々な体験は、この時期しかできないと思うし、立派なホテルに泊まるより手軽なキャンプ場で宿泊費を安くあげ、こうした体験にお金を使いたいと私は思う。


ということで、娘ファミリーは9時にカヌーツアーに出発し、私たちは近くの居谷里湿原に向かう。
ほとんど地元の方しか知らない地味な湿原は木崎湖の東にある。

ナビにも出てこないが、木崎湖を過ぎたところで居谷里湿原の矢印が出ていたのそちらの道へ。
さらに進むと、こちらの標識が。
この道を入り、未舗装道路になったらすぐに駐車場だ。
DSCN0693

虫よけスプレーをたっぷりして湿原へ。
DSCN0635
入り口近くに咲くコオニユリ。
DSCN0641
コバギボウシ。
DSCN0643
ヒナギク?
DSCN0648

しばらく歩くとしょうぶ橋へ。
DSCN0650

湿原の中に神社もあります。
DSCN0655

林の生き物の食べかけ?
DSCN0657
この時期はシダが生い茂り、ちょっと熱帯雨林の雰囲気。
DSCN0659
熊の大好きな水芭蕉。
中心部が全部なくなっているので、食べられたのかもしれません。
この辺りは用心しながら歩くことに。
DSCN0662
瑞々しいコケも。
DSCN0663

分岐に差し掛かる。
DSCN0666
この辺りは背の高い林が続いている。
DSCN0672
ポツンとキノコ。
DSCN0676

案内板が見えてきた。
DSCN0677
展望スペースまで行ってみるが本日は鹿島槍は見えず
DSCN0679
この花は?
DSCN0681
ハンノキの小道。
DSCN0683
居谷里一番水。
甘くておいしいお水。
DSCN0687
DSCN0689
ここから駐車場まではすぐ。
一周60分のコース。
お花のない時はつまらないかもしれないけれど、この時期はコオニユリなど咲いていて、ちょっとした散策が楽しめます


ここから中綱湖に戻る。
湖と並行して走る大糸線の線路。
DSCN0698
DSCN0699
大糸線の踏切を渡る。
DSCN0702


中綱湖の駐車場へ。
DSCN0708
DSCN0711
DSCN0738

コウホネは終わりかけですが、尾瀬より花が大きい。
DSCN0717
橋から眺める中綱湖。
地元の釣り人が何人か。
DSCN0726
ちょうど大糸線の電車が通り過ぎた。
DSCN0732


青木湖を一周。
水深が深いので、湖の色がより青く神秘的な感じ。
DSCN0740
DSCN0743
DSCN0744

青木湖キャンプ場へ戻ってきた。
ちょうど娘ファミリーがカヌーを懸命に漕いで戻るところだった。
孫も初めてのカヌーを満喫し、湖でダイブしたり、泳いだりと楽しかったそうだ
DSCN0748
DSCN0749
DSCN0750


お昼の時間となり、木崎湖の温泉でお風呂&ランチタイム。
運動してお腹が空いていたので、みんなガッツリ食べるメニューを選択。
季節日替わり定食には、この地の名物の具だくさんの汁物とサーモン丼がついて1000円。
DSCN0775
DSCN0773

この後は道の駅に寄ったり、横川SAでおぎのやさんの釜めしを夕食用に購入し帰途へ。
関越の事故渋滞に巻き込まれたが1時間ほどの超過タイムで済み、無事我が家へ。

娘ファミリーは翌日からまた仕事で多忙な日々に戻ります

3世代で行く白馬キャンプ 2019 ①白馬グリーンスポーツの森キャンプ場で遊びつくす

引き続き猛暑の日々ですね。

少しでも涼しいところへと白馬キャンプに3世代で出かけました。
ところが、涼しいはずの白馬も夜まで蒸し暑さが続き、初めて寝苦しい山のキャンプを経験しました。

それも含めて孫や娘ファミリーとの楽しい夏休みの思い出を報告したいと思います。


2019年8月3日(土) 8721歩
夏休み真っただ中の土曜日、どこへ行くのも高速は渋滞するだろうと、始発の電車で娘ファミリーの最寄り駅へ。
最近キャンプにはまり、新しいキャンプ道具をたくさん積んだ車に我が家の荷物も積み、いざ出発。

途中で少し渋滞に引っ掛かりながらも順調に白馬グリーンスポーツの森キャンプ場へ11時過ぎに到着。

娘ファミリーはフルセットの設営済みテントを予約。
我が家はフリーサイトに山のテントを張る。
周りはみなアウトドア用の大きなテントに埋もれる我が家の小さなテント。


テント設営が終わったところで、近くのお蕎麦屋さんへ。
キャンプ場一帯には何軒かお蕎麦屋さんがあり、そのうちの一番近い「そば神」へ。
ちょうど第一陣で来ていた方が帰り、待たずにすぐに注文。
おそばが来るまで冷たいそば茶が美味しい。
DSCN0586
DSCN0578
私は天ざるを。
DSCN0581
天ぷら盛り合わせ。
DSCN0580
口コミ通り地の野菜の天ぷらが美味しかった
東京と変わらないくらいお値段も良かったですが...


キャンプ場に戻り、設営済みのテントの説明を。
DSCN0591
DSCN0588
DSCN0623
4人用テントと炭、コンロ他キャンプ用品一式がセットになって12000円。
洗剤や軍手の用意もあったので、文字通り手ぶらでキャンプできるのが売りなのだろう。
足りない食器などは持参したキャンプ用品を使用。

奥のテントにはランタン、マット、寝袋も。
DSCN0597

クーポン券を購入し、いろいろな遊びやクラフト、体験などに使えた。
(4000円で46ポイント)
ただ終了時間が15時半なので、お昼からきて遊ぶには慌ただしいかもしれない。
できるなら2泊したら無料のアスレチックや川遊びなど、色々楽しめたかもしれない。

孫はまずEXアドベンチャーというアスレチックを。
DSCN0587

私たちが荷物運びをしている間、パパと魚釣りを。
入れ食い状態ですぐに釣れるので、大喜び。
自分で釣った魚を塩焼きにしてもらい、美味しく頂きました
DSCN0601
DSCN0602
DSCN0606

その後はママとネイチャークラフトを。
こだわりの萱葺き小屋を頑張って作りました。
DSCN0614
DSCN0615

それ以外にも子どもが大好きな自然の遊び場があり、普通のキャンプ場では味わえない遊びをたくさん体験。
DSCN0598
DSCN0619
DSCN0631

売店でもチケットは使える。
DSCN0618
設営済みテントやレンタルテントのスペースは余裕があるが、フリーサイトのテント場は大混雑で、隣のテントの話し声が聞こえてしまうほどの近さだった。
夏休みの土日は仕方ないですね
DSCN0621

買い出しの後は割引券をもらったお風呂屋さんへ。
DSCN0626

キャンプ場に戻ってきたのは18時過ぎ。
ここから火おこしのはずが、プランに含まれていた炭は全く火が付かず、またスーパーへ炭に買いに行く始末
その後は孫も頑張って火おこしを手伝い、BBQをたらふくいただきました


残念ながらあまりに暑いせいか靄った空で、星を眺めることはできませんでした。

朝早くから頑張ったので、21時過ぎにはバタンキュー。
他のテントも夜遅くまで騒いでいる人もいなかったので、静かなキャンプ場でした


翌日は娘ファミリーは青木湖でカナディアンカヌーを。
私たち年寄り組は湿原の散策に出かけます。
そちらの様子は次回に。


追記
キャンプ場のテントサイトの駐車場が分かりずらかったので、地図を載せておきます。
赤く囲ってあるエリアが予約テントのサイトです。
DSCN0778

宮島・倉敷・道後温泉 紅葉ひとり旅 2018 <25>13府県復興割を使って宿泊費の補助を受ける

いよいよ年の瀬。
何となく気ぜわしくなってきました。
暖かい今週中に大掃除や植木の剪定も終わらせないと


今回の旅で「13府県復興割」という制度を使わせていただいて、宿泊料の補助を得ることができました。
これは国が交付する「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」の対象となる地域「岐阜県、京都府(京都市を除く)、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県」への旅行やボランティアの方の宿泊がお得になる観光支援事業というもの。

県によって補助金の額も異なり、岡山、広島、愛媛は一人一泊6000円まで、その他は4000円となっています。

条件としては対象の県に連続して2泊以上するか、移動しながら連続して2泊以上すること。


今回は広島、岡山、愛媛とまさに対象となる県を旅することになり、たまたまネットでこちらの情報を見つけたので、応募してみることにしました。


今までもこういった復興支援の旅費援助はありましたが、たいていは旅行代理店を通さなければならず個人で申し込める枠はほとんどありませんでした。

今回はネットからたくさんの書類をダウンロードし、旅先のホテルで証明書を書いてもらうという手間はかかりましたが、個人の旅行者やボランティアを対象にしているという点ではかなり画期的ではないかと思います。

手続きをする県の職員の方は一人一人の対応となるので非常なお手間はかかると思いますが、おざなりではなく一人一人を大切にした取り組みは、これからも被災地に足を運んでもらう良いきっかけになったのではないでしょうか。


私自身も広島から倉敷に向かう電車のなかで、山が削り取られ、流木が積み上げられた様子をまざまざと見ることができましたし、まだ呉線も全線開通していませんでした。

公共の乗り物に乗ったり、地元で食事したりすることで、少しでも復興のお役にたつことができたら幸いです。


残念ながら、旅行から帰ってきたときには広島は締め切られていて、岡山の分だけしか補助を受けることができませんでしたが、予定していた旅とはいえ、ささやかに得した気持ちになり、うれしいです。


あってはほしくないけれど、やはり起きてしまう災害もあります。
足が遠のいてしまった観光地を元気づけるのに、またこうした取り組みがあればいいなと思います


追記
今回の13府県復興割についてはほとんどの府県で予算額に達して締め切られています。
詳しい内容、手続きについてはホームページでご確認くださいね。

宮島・倉敷・道後温泉 紅葉ひとり旅 2018 <24>旅の感想、お土産紹介

今日もどんよりしたお天気ですね
師走が近づいてきている気ぜわしさはあるのですが、このお天気でなかなか重い腰が上がらず、だらだらと過ごしています。


今回の旅の感想とお土産を紹介しようと思います。

今回は久々の国内ひとり旅、しかもLCCを利用してと言うことでしたが、やはり一番のネックになる交通費がLCCを利用することでかなり安く抑えることができました。
LCCに対しての嫌悪感のようなものをお持ちの方もいらっしゃいますが、通常であれば、サービスも機体もそれほど大手と変わらないのではないかと言う気がします。
受け止め方に個人差はありますが、たかが1時間ちょっとのフライトであれば、私は丁寧なサービスを望むよりコスパを優先しますね。

今回利用した便はどちらもほぼ満席に近かったですが、オフシーズンともなれば苦しい路線もあるのでしょうね。
できることならもっとたくさんの方に利用してもらって、運航路線を増やしてほしいです。


一度は行ってみたかった広島、宮島、道後温泉、そして再訪してみたかった倉敷。
どちらも日本の秋の美しい季節を味わうことができ良かったです。

個人の旅ならではの時間をずらして人込みを避け味わえる町の美しさ、路地歩きなど、日本であればいくらでも言葉は通じるので、地元の方の交流も含めて色々な味わい方ができました。


今回は秋の修学旅行シーズンと言うこともあり、たくさんの学生さんともお会いしました。
最近は一斉に観光と言うより、グループ行動が多いようですが、食べ歩きやお土産購入もいいかもしれませんが、もっともっと日本の素晴らしい文化、芸術に関心を持ってもらえたら嬉しいです。
(これは日本の教育が文化、芸術をおろそかにしてきたつけかもしれませんが...)
海外では自国の文化、芸術に関してもっと誇りを持って教えているような気がします。


ともあれ、やはり日本は美しい、食べ物は美味しいと再認識した旅でもありました。

このエリアは比較的公共の乗り物が本数も多く便利なので、レンタカーを利用しない一人旅でも充分満喫することができますし、移動も比較的楽です。
こんな一人旅もできるという何かの参考になれば嬉しいです。


最後にお土産紹介です。
機内手荷物の重量制限があったため、購入したのはこれだけでした。
このキットカットはたまたまコンビニで見つけ購入したものですが、こういう形で気軽に被災地の支援ができるのは良い取り組みだと思います。
金額も安いですし、コンビニで購入できるのもついでの感じでいいですよね
IMG_0003

宮島・倉敷・道後温泉 紅葉ひとり旅 2018 <23>宿泊したホテルの紹介

今日も震えるほどの寒さですね。
今まで暖かかったので、なかなか体がついてきません


今回の旅で宿泊したホテルを紹介しますね。

1泊目 広島 ヴィアイン広島 シングル 8370円
広島市内のビジネスホテルの相場からいえばかなり高い方の部類に入ると思います。
予約のところでも書いたように早朝宮島へ移動するため、ほぼ駅ナカと言っても良いくらいの近さだったので、予約しましたが、これは結果的には正解だったと思います。

広島駅南口を出てすぐの駅ビルが並ぶ通路を進むと突きあたりのビルの1階にホテルの看板が出ています。
DSCN8986

入口にはカフェと和食屋さんがあり、こちらで500円で朝食が取れるようです。(私は利用せず)
DSCN9115
通路を進むとホテルの入口。
DSCN9116

私の部屋は6階。
狭いですが、荷物も少なかったので充分快適でした。
もし大きなスーツケースを広げるとなるとちょっと厳しいかも?
(日本のエコノミークラスのビジネスホテルはどこも同様ですが)

何より固めのベッドが私好みで熟睡できました。
DSCN9120
浴槽も狭めですが、アメニティが充実していて(確かPOLA)特に女性には嬉しいと思います。
DSCN9118
1階のロビーで飲み物やボディタオルなど必要なものを勝手に取っていくシステムです。
私はアップルティーとボディタオル、DHCのクレンジングやローションを持っていきましたが、なかなか快適なボディタオルとDHCの化粧品は役立ちました。

フロントの女性もお勧めの牡蠣料理のお店を教えて下さったりと、ビジネスライクですが丁寧な応対でした。

ちなみに並びにあるお好み焼きやさんは安くておいしかったので、お勧めです。


2泊目 倉敷 ホテルサンプラザ倉敷 5500円
美観地区とは反対側で、駅から看板は見えて入るのですが、駐車場をぐるっと回らなければならないため思ったより遠く、21時過ぎでほとんど人通りがないのでちょっと怖かったです。
美観地区に向かう大通りにもビジネスホテルがあったので、そちらの方が良かったかも?

ホテルの部屋のキーは、今どきのタッチでOKのものではなく、ずっしり重い昔ながらのキーでした。
朝食は食べていないので様子はわかりませんが、フロントの隣にレストランがありました。

部屋は古いながらも最低限のビジネスホテルの要素はきちんとあるので、それほど問題はありません。
ただ浴衣スタイルの寝巻は、最近のビジネスホテルでは見かけないもので、個人的にはそれが一番困りました。
DSCN9145
浴槽はさらに狭く、私はシャワーのみ利用。
温度調節もちょっとやっかいでした。
DSCN9147

1泊5500円という宿泊料を考えれば、料金なりのサービス、施設であったと思うので、とりあえず安く泊まりたい人には利用価値はあると思います。
私も着いてすぐ食事に出かけ、朝も早かったのでそれほど不便さは感じませんでした。


3泊目 道後温泉 オーベルジュ道後 16350円(2食付き)

友と二人でツインを利用。
2部屋あるリニューアルしたての部屋を予約できたので、広々した部屋に新しい水周りで気持ち良かったです。

ここは道後温泉駅のすぐそば、そして温泉本館にも近かったので、街歩きには非常に立地のいいホテルでした。
さらにチェックアウトも11時と他のホテルより遅いので、朝食後、温泉本館のお湯につかってから街歩きをした後でも充分時間がありました。

またチェックアウトまでロビーのドリンクサービスが利用できるのも高ポイント。
ポンジュースやミカンジュースなど愛媛の特産のドリンクも自由に飲めました。
DSCN9307
DSCN9179

部屋は広々。
ただ隣室の話し声が結構聞こえたので、壁は薄いのかもしれません。
DSCN9181
ソファもあるので落ちつきます。
DSCN9182
貸金庫の上の黒い箱がお茶道具セットでした。
ロビーのドリンクを利用したので、こちらは使っていません。
DSCN9183
浴槽はなくシャワールームのみ。
オーガニックにこだわったアメニティでした。
大浴場があるので、無駄な浴槽を設置するよりシャワールームで充分だと思います。
DSCN9230
DSCN9229
トイレも最新式。
DSCN9231

3階が私たちの部屋でしたが、部屋を出てすぐのところに女性用の大浴場がありました。
時間帯もあったのかもしれませんが、貸し切り状態で気持ちよく汗を流すことができました。
お湯は道後温泉のお湯なので、ちょっとぬるっとしてお肌に優しいお湯でした。
DSCN9222
DSCN9223
DSCN9225

夕食のフルコースディナーについては旅行記で報告したので詳細は説明しませんが、かなりお得感のある素晴らしいお料理でした。
通常のいわゆる温泉宿とは一線を画すもので、こういった温泉宿が道後の町にあるのは素敵なことだと思います。
それほどお値段も高くないので、道後温泉に泊まる機会があればぜひぜひ

宮島・倉敷・道後温泉 紅葉ひとり旅 2018 <22>松山城を眺め、ジェットスターで成田へ

4日目
大街道 16:01~松山空港 16:30(伊予鉄空港リムジンバス)
松山空港 18:45~成田空港20:15(ジェットスター)
成田空港第3ターミナル 20:45~さいたま新都心 22:30(京成空港バス)


友と大街道で分かれた後、三越のコインロッカーに荷物を預ける。
100円なので、大街道で荷物を預けるには安くて重宝するかもしれない。

松山城二之丸史跡公園は向かうつもりだったが、行き方が分からず、とりあえずロープウェイ乗り場に行ってみることに。
乗り場の方に聞いてみると、長者ヶ平から下っていけると教えていただいた。
(大街道から県庁方向へ歩けばすぐだった

お天気も良いことなので、リフト片道券を購入し、長者ヶ平へ向かう。
リフトとロープウェイも並行して走っており、下には歩道もあった。
IMG_0146
IMG_0148
長者ヶ平駅にはお決まりのはめ絵写真。
IMG_0150

どうせ此処まで来たからにはと、急な坂を上り本丸を目指す。
思っているより急坂で、途中で息切れ
IMG_0158
IMG_0160
松山市街が望めるところまで上ってきた。
IMG_0166
モミジの色づきはこれから。
IMG_0169
天守閣が望めるところまで来て、バスの時間も迫っているので引き返すことに。
IMG_0174
IMG_0176

すぐそばに見える瀬戸内海。
IMG_0177
立派な松も植えられていた。
IMG_0183

行きに通った門をくぐり、二之丸史跡庭園へ。
案内板も出ているので、わかりやすい。
IMG_0189
IMG_0190
IMG_0192
最初はこんな緩やかな石段でしたが、途中から本格的な山道になり、下りはまだしも上りはちょっときついかも?
IMG_0193

坂の途中から眺める二之丸史跡公園。
IMG_0194
IMG_0198
公園入口へ。
ここで案内板をじっくり眺めると、かなり広い公園であることが分かり、バスに乗り遅れたらと思い断念
IMG_0201
IMG_0206

さらに下っていくと県庁があり、地元の方に道をお聞きし、大街道の空港リムジンバス停へ。
予定していたより1本早いバスに乗れたが、なんと定員オーバーで乗れない方続出。
運転手さんが、次の市バスに乗るよう案内していましたが、松山市駅でも同様の状態だったので、大街道のバス停で早めに並んでいたのが効を制した格好。
夕方は出帳帰りの方が多いので、早め早めがいいですね

リムジンバスは時間通り到着し、搭乗時刻の2時間前を切っていたので、ジェットスターの自動チェックイン機も開いていて、そこで予約番号を入力して搭乗券を発券。
意外にもビジネスマン風の方も多かった。


搭乗券を手にし一安心したところで、空港探索。
噂のミカンジュースの蛇口も発見。
DSCN9312
DSCN9315
そしていかにも四国らしい案内板も。
DSCN9311

二階のレストラン街で、松山で食べる予定だった「かどや」の鯛めし屋さんを見つけ、早速入る。
DSCN9317
DSCN9319
私は軽めにしらす丼を注文。
最後の最後まで名物料理を楽しむことができた
DSCN9318


ジェットスターは搭乗時刻の30分前が締め切りとなっていたが、手荷物検査も長蛇の列だったので、早めに並ぶことに。
急ぎの人を途中で入れながらだったので、15分以上は待つことに。
最近は国内線といえども時間帯によってはかなり込み合うので、早め早めが良さそう


ジェットスターの搭乗口はANAと共用で、そちらで搭乗券をかざした後、長い通路を歩き、ジェットスターの搭乗口にたどり着いた。
定刻に離陸し、機内サービスはもちろん有料だが、CAさんもてきぱきして気持ちいいサービスだった。

着陸した後はタラップを降り、第3ターミナルまでバスで移動。
私は大宮行きの空港バスが最終なので、早めに歩き、最初のバスに乗りこむことができた。

リムジンバスは多少高いですが、第3ターミナル発なので移動もなく目的地まで座っていけるので楽ですね。


と言うことで、夜遅く自宅に戻り、久しぶりの国内ひとり旅を終えることができた。


<本日の会計>
霊の湯二階席 1250円
セキ美術館 700円
ランチ 855円
子規記念館 400円
坊っちゃん列車 800円
コインロッカー100円
ジュース 130円
リフト 260円
松山空港リムジンバス 610円
しらす丼 980円
水、キーホルダー 535円
成田空港からさいたま新都心バス 2800円

宮島・倉敷・道後温泉 紅葉ひとり旅 2018 <21>道後町屋カフェでまったり、そして坊っちゃん列車に

4日目
道後温泉 14:09~大街道 14:20
セキ美術館を堪能した私たちは、ハイカラ通りにある「道後の町屋」でランチをすることに。
ここは大正時代の町屋をリノベートしたカフェ。
IMG_0046
IMG_0049
シフォンケーキとカフェオレ。
そしてフランスパンにチーズとトマトを挟んだサンドイッチのランチセット。
パン工房だけあり、フランスパンが香ばしく美味しかったです。
IMG_0050
IMG_0053
手前はこんな感じでレトロな雰囲気が素敵。
IMG_0051
中庭のある通路。
IMG_0054
奥の部屋はソファがあり、ゆったりした雰囲気。
さすがにお昼前は満席。
その入口の飾り棚もレトロな置物がおしゃれ。
IMG_0056
IMG_0058

「松山市立子規記念博物館」へ。
入館料は400円。
松山出身の俳人、正岡子規の生涯を展示してあります。
俳人として大成してからの生涯しか知りませんでしたが、若かりし頃はジャーナリストを目指し、野球に夢中だったなんて、親近感を覚えます。
IMG_0091
IMG_0092
IMG_0002 (2)
一階には書店もあり、俳句関係の書籍がたくさん置いてありました。
IMG_0093

中は撮影禁止ですが、子規と漱石が暮らした「愚陀佛庵」だけは撮影OKです。
子規と漱石という文豪が松山で一緒に生活していたなんて...
子規は元々小説家をめざしていたそうなので、お互い通じ合うものがあったのでしょうね。
IMG_0095
IMG_0096

お天気がいいので、隣の道後公園へ寄ってみました。
桜の名所と言うことなので、春に訪れたら大分雰囲気が違うかもしれません。
ひっそりした公園にアオサギが一羽池にたたずんでいます。
IMG_0100
IMG_0103
IMG_0106


ホテルに預けていた荷物を取って道後温泉駅へ。
DSCN9277
駅前に展示してある蒸気機関車。
私たちはこれに乗ります。
IMG_0111
IMG_0109
松山らしい伊予鉄道の車両。
IMG_0117

いよいよ坊っちゃん列車がホームに入ってきます。
IMG_0119
IMG_0121
IMG_0124
イケメンの学生服姿の車掌さん。
IMG_0127
IMG_0128

整理番号順に乗車なので、私は一番目に乗りこみます。
車掌さんが車内で坊っちゃん列車や沿線の名所を案内してくれます。
IMG_0006
私たちは大街道で下車。
IMG_0132

大街道で降りてさらに坊っちゃん列車をパチリ。
車掌さんも手を振ってくれました。
IMG_0136
IMG_0138
IMG_0140

この後、友は高速バスに乗り、帰路につきます。
私はまだフライトまで時間があるので、松山城の二の丸史跡庭園を目指しました。
そちらは次回にお伝えしますね。
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
最新記事(画像付)
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <32>パイプオルガンだけではないオリヴァー大聖堂の見事な装飾にうっとり
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
  • ポーランド縦断ひとり旅 ~木造教会と中世の街並みを訪ねる旅~ 2019 <31>グダンスク本駅からドゥーギ広場まで朝のお散歩
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー