夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

国内旅行

3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報

今回の旅で利用したホテルは口コミ評価でも人気ナンバーワンの桓武平氏ゆかりの宿「揚羽~AGEHA~」。



我が家では普段ベッドのため、布団敷きの和風の温泉旅館は苦手ですが、やはり3世代で宿泊するとそこそこ宿泊料もかかりますし、値段の割に口コミ評価が高かったということで選んでみました。


安いプランだとトイレが部屋にないためそこはきちんとあった方がいいよねということで、新本館(数寄屋造り)、全室リバービュー、囲炉裏造りの客室です。

こちらは部屋数が少ないので、かまくら祭りの期間やお盆、年末などは早めに予約を入れた方がいいですね。
(口コミで評価が低かったのは、こちらの説明を読まなかったため、トイレがなかったというのが圧倒的に多かったです)


ちなみに料金は1泊2食付きの大人12650円、小学生低学年8855円。
これが週末は2万円を超えてしまうので、かなり平日と週末で料金の差があります。


ホテルの目の前がバス停なので、冬は湯西川温泉駅からバスもありかも?

団体さんがいないので、温泉宿にありがちなざわついた雰囲気もなく、しかも若いファミリーやカップルが多かったので、非常にマナーも良く気持ちのいい滞在になりました。
(年寄りの私が言うのもなんですが、最近のご高齢の方の傍若無人な振舞いにはちょっとげっそりさせられます



まずは入り口から。
DSCN2075
DSCN2082
DSCN2084

ワクワク感をそそるロビー。
DSCN2091
DSCN2093

受付ロビーの階段を上がったところには古民家バーがあり、15:00~17:00、7:00~9:00の間無料で美味しいコーヒーがいただけます。
DSCN2296
DSCN2304
DSCN2301

お風呂は新本館1階。
隣には卓球場があり、30分500円。
我が家恒例の温泉卓球です
DSCN2276
DSCN2275


受付ロビーが新本館の3階になっていて、私たちの部屋は2階。
重厚なつくりの廊下。
DSCN2269

私たちの部屋は桓武天皇というお部屋。
艶やかな色打掛が飾られています。
DSCN2252
DSCN2250

部屋を入ってすぐのところに、広めのスペースがあり、洗面所、トイレ、お風呂もあります。
化粧水、乳液も置いてあるので便利。
歯ブラシは磨いている途中で歯ブラシの毛が抜けてしまい気持ち悪かったので、My歯ブラシを使用。
DSCN2258
こちらでは選べる浴衣も人気の一つですが、使用していないので情報なしです

バタバタしてお茶菓子は写真に撮っていませんが、なかなか美味しかったです。
お茶は粉末になったものを湯のみの注ぐだけなので、茶葉の片づけなどもいらず、ホテルにとっては合理的かもしれませんね。

冷蔵庫に一人1本づつミネラルウオーターが入っていたのもポイント高いですね。
(麦茶は我が家のもの
DSCN2287

翌朝の部屋からの眺め。
通路の奥が貸切露天風呂のようです。
DSCN2288


夕食は小鉢バイキングと囲炉裏料理など。
残念ながらアユの塩焼きはちょっと冷めていましたが、温泉粥、田舎風けんちん蕎麦は美味しかったです。
DSCN2285
DSCN2286
クレジットカードで即決済にすると、3000円分の飲み放題が付きます。
せっかくの家族旅行なので、こちらを選択しましたが、正直アルコールに関してはプラス3000円出して飲み放題をつけるのは勿体ないです。

まともだったのはビールくらいで、焼酎も梅酒もロックでかなり薄めてある感じでした
私たちはおまけのようなものと思ったので、それほどがっかりしませんでしたが、もし余分に払っていたらかなりだったと思います。


そして朝食。
私はまたお粥を。
温泉卵や温泉湯豆腐美味しかったです
DSCN2293

こちらのホテルでは日本では珍しく週2日休館を取り入れています。
そのゆとりある働き方のおかげかスタッフの皆さん笑顔が素敵でした。

トータルで考えると日本の温泉旅館の中ではコスパも良く、お勧めできると思います。
ただ安さにつられないで、部屋の確認は必要だと思います。



送迎バス「湯けむり号」の情報です。
おおるりグループという格安温泉チェーンが主に高齢者のために運行しているバスです。
IMG_0003 (2)
平日などはバス代が無料になるホテルもあるようですが、私たちはおおるりグループのホテルではないため、1人3000円払いました。
2人なら高速代より安く済みますが、それにはからくりがあります。

鬼怒川温泉など栃木県の温泉へ向かう場合、必ず提携の田吾作という食事処でバスの乗り換えがあり、否が応でもそちらで昼食を取らざるを得ない時間配分になっています。

それでも行きはまだスムーズですが、帰りは湯西川温泉を9時半に出発した後、温泉会館でショーとカラオケがあり、そちらで約1時間、さらに田吾作で50分の待ち合わせがあり、結局戻ってくるのは15時半過ぎ。

田吾作のお蕎麦やうどんは駅の立ち食いそばよりひどいレベル。
コンビニもないので、こちらでお昼を食べるしかありません。

我が家も高齢になりつつありますが、まるで昭和の遺物のようなシステムに正直次回はないねというのが正直な感想です。

こういうシステムを知らずに利用する方のため、情報として伝えておきますね



3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ②小雪舞う幻想的なライトアップ

ホテルで温泉につかった後、17時半にかまくら祭りの会場へ。
ちょうど日が暮れかかり、小雪が舞う絶好のシチュエーションでライトアップを楽しむことができました。


まずは沢口会場へ。
本来であればもっと大きなかまくらが並んでいるのですが、今年は2個だけ。
それでも暖冬で雪不足の中、こうして会場を作り上げてくれた地元の皆さんのお力に感謝。
IMG_0003
IMG_0007
IMG_0012
お汁粉や甘酒なども頂けます。
InkedIMG_0014_LI

河川敷のミニかまくら。
よくポスターなどで見かける湯西川温泉を代表する景色ですが、こちらも数が少な目。
IMG_0025
IMG_0042


歩いて昼間行った平家の里のライトアップ会場へ。
こちらは有料だけあって雪の積もった茅葺き屋根に照らし出される明かりなど、雪国らしい幻想的な風景でした。

沢口会場からもすぐなので、湯西川温泉に宿泊されたら、ぜひぜひ足を伸ばしていただきたい素敵なライトアップでした。
IMG_0076
IMG_0083
夜だけだと大人300円と料金が安くなります。
私たちは昼間のチケットで再入場。
IMG_0090
IMG_0093

昼間とは全く雰囲気の違う空間です。
IMG_0095
IMG_0097
IMG_0099
IMG_0107
IMG_0114
IMG_0117
IMG_0118
IMG_0122
IMG_0127
IMG_0139
IMG_0144


一番奥の赤間神宮にはたくさんのミニかまくらが...
IMG_0156
IMG_0158

庭園を歩いて戻ります。
IMG_0166
IMG_0170
IMG_0180
IMG_0181


平家の里は有料のせいか人も少なくゆったりライトアップを楽しめました。
ここから送迎の車の駐車場まで戻り、ホテルへ。

19時からお待ちかねの夕食。

そちらの様子は次回に

3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ①昼間の湯西川温泉 平家の里や温泉街を散策

コロナウイルス肺炎が拡大している中、3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ行ってきました。
雪見の露天風呂や幻想的なミニかまくらのライトアップの景色が見たくて、温泉嫌いなオットだけでは重い腰が上がらないので、娘ファミリーも誘っての冬の温泉旅行です。

今年は暖冬の影響で雪がほとんど降らず山から雪を集めてミニかまくら作りをしたということでしたが、ちょうど最強の寒波がやってきて、雪がちらつく幻想的な景色の中かまくら祭りが楽しめました



今回は通常の冬であれば路面の凍結などスタッドレスタイヤでも危険な状況であるため、あらかじめ「湯けむり号」という送迎バスを予約しておきましたが、結果暖冬でほとんど雪がなかったためスタッドレスタイヤなら十分行ける状況でした。

1週間前の予約でも十分間に合うらしいので、天気予報を見て決めたらよかったですね

こちらのバスの情報とホテルについては次回お伝えするとして、まずホテルに荷物を預けて平家の里へ向かいました。
IMG_0002


さっそくかわいい雪だるま登場。
DSCN2100
こちらの酒屋さんの前の酔っぱらった雪だるまは有名ですよね。
DSCN2107
DSCN2105
こちらはネズミ年にちなんだ雪像です。
DSCN2210

路肩に雪は積もっていますが、凍結はしていないので滑らずに済みました。
DSCN2113
DSCN2115
DSCN2117
DSCN2121
DSCN2123


10分ほど歩いて平家の里に到着です。
DSCN2124
DSCN2126
DSCN2130

入場料は大人510円、小・中学生250円。
こちらのチケットで昼と夜の両方入れます。
DSCN2207

意外に雪が積もっていて、夜はライトアップされて美しいミニかまくらが並んでいます。
DSCN2134


平家の落ち武者が生活していた様子を復元した施設。
DSCN2200
DSCN2135

小3の孫はちょうど社会科で昔の生活を勉強したばかり。
なかなか見る機会がなくなった萱葺きの屋根など興味津々に見ています。
DSCN2138
DSCN2141
DSCN2143
DSCN2144
DSCN2148

ここには駕籠も吊るされていました。
DSCN2155
DSCN2159
DSCN2168

小さな雪だるまがかわいい。
DSCN2173

一番奥にある赤間神宮。
DSCN2181


茅葺き屋根に見事なつらら。
DSCN2177

庭園の雪景色。
DSCN2193
DSCN2195
DSCN2201

出口です。
DSCN2205



ここからホテルへ戻りながら慈光寺というお寺へ。
DSCN2214
屋根のあるお地蔵さん。
DSCN2217


橋を渡ります。
DSCN2221
DSCN2222
DSCN2224

橋からは氷瀑が眺められます。
ホテルの中からは真正面に見えるらしいですが、橋からだと木が邪魔しています。
DSCN2229
DSCN2230
こちらのホテルです。
(私たちが宿泊したホテルではありません
DSCN2232

この後レトロな喫茶店でコーヒーをいただき、ホテルへチェックイン。

17時半からはライトアップが始まり、会場まで送迎の車で連れて行ってもらいます。
2台の車が送迎しているので、好きな時間に戻れるのもいいですね。

そちらの様子は次回に。

JR西日本でお得な乗り放題パス発売 2019

ようやくサイタマにも青空が戻ってきました
降り続く雨と寒さで身も心も縮こまっていましたが、ようやくいつもの元気を取り戻しました。



ヨーロッパを個人で旅していると電車移動の安さに驚かされます。

フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、オランダ、ベルギー、ポーランド。
どの国でも早割のチケットがネットで簡単に購入でき、定価の半分から3分の1で購入することができます。

4時間くらいその国に最高レベルの特急を乗っても3000~4000円くらいなので、気軽に電車旅を楽しむことができ、ファミリー専用車があったり、車両の一角がキッズコーナーになっていたりと家族で電車旅を楽しむ人も多いです。



一方、日本では新幹線や特急の利用はもっぱらビジネスで使われることが多いので、費用は会社持ちということでそれほど値段にこだわらない人が多いです。

そのため個人が気軽に電車旅を楽しめる料金ではなく、正直アジア方面に旅したほうが安いので、立派な車両でも空席の目立つ便も多いです。

海外のツーリスト向けには乗り放題のパスがかなり安くで購入できるのに、自分の国を旅したいと思う日本人向けにはほとんど割引サービスがありません。

これから車の運転は控えて電車で旅したいと思うシニアは多いはずですが、個人で旅するのはあまりに料金が高すぎます


今までの新幹線の割引切符はホテルがついたパック旅行扱いのものが多かったですが、つい先日発売になったJR西日本のおとなび会員限定パスは新幹線、特急に3日間乗り放題で20370円とかなり画期的。
(12/1~20.1/15~3/15)
50歳以上のおとなび会員がネットで購入することが条件ですが、おとなび会員そのものに会費などは必要ないので無駄な費用が掛かりません。

一方JR東日本は大人の休日俱楽部に入会すれば割引チケットは購入できますが、夫婦で年会費7458円とかなり高額。
これだけの年会費を払って元を取る以上のお得感を味わうにはかなり回数を乗らないと難しいでしょう。

近場なら青春18切符を活用するのもいいかもしれませんが、遠出は難しいですね。


LCCにしても今回のJR西日本のパスにしても、乗り物の安さや利便性という意味では完全に西高東低ですね。
西日本が海外のツーリストからが人気があるのもわかるような気がします。


東日本もいつまでも殿様商売していないで、臨機応変に新しい顧客を確保するために工夫が必要では...
東大出のお役所考えではそこに飛びつくだけの魅力ある考えは出ないでしょう。


航空会社のように時期だけでなく、時間帯により料金を変えるとか...
ヨーロッパの鉄道会社ではどこも当たり前にやっていることです。


ともあれ、西日本までは安い高速バスを使い、この乗り放題パスを試してみたいと思います。
今年は無理かもしれないけど

3世代で行く白馬キャンプ 2019 ②娘ファミリーは青木湖でカナディアンカヌーを、年寄り組は居谷里湿原を散策

2019年8月4日(日) 13721歩
5時前にお隣のテントの話し声で目が覚める。
さすがに朝は空気がさわやか。

私たちのテントを片付け、前日そのまま放置していた食器洗いに。
火おこしも順調で、BBQの残りのウィンナーやシシャモなどとスクランブルエッグで朝食をいただく。

そして美味しい山の水でコーヒーを...

キャンプの大仕事片づけを済ませ荷物を車に積み込む。


本日は娘ファミリーは車で20分ほどの青木湖キャンプ場のカナディアンカヌーを体験することに。
仁科三湖と呼ばれる湖の美しい一帯にはカヌーやカヤックなど楽しめる場所がいくつかある。
その中でも青木湖キャンプ場はかなり奥まったところにあるので、より自然を楽しみながらカヌーを漕ぐことができる。

8時半前にはキャンプ場に到着し、水着に着替え集合。
日本では万一の事故の時の保険などもあるため、こうした体験は意外と高い。
大人5750円、小学生4200円と家族で参加すれば結構な金額になる。

ただ子どもにとっての様々な体験は、この時期しかできないと思うし、立派なホテルに泊まるより手軽なキャンプ場で宿泊費を安くあげ、こうした体験にお金を使いたいと私は思う。


ということで、娘ファミリーは9時にカヌーツアーに出発し、私たちは近くの居谷里湿原に向かう。
ほとんど地元の方しか知らない地味な湿原は木崎湖の東にある。

ナビにも出てこないが、木崎湖を過ぎたところで居谷里湿原の矢印が出ていたのそちらの道へ。
さらに進むと、こちらの標識が。
この道を入り、未舗装道路になったらすぐに駐車場だ。
DSCN0693

虫よけスプレーをたっぷりして湿原へ。
DSCN0635
入り口近くに咲くコオニユリ。
DSCN0641
コバギボウシ。
DSCN0643
ヒナギク?
DSCN0648

しばらく歩くとしょうぶ橋へ。
DSCN0650

湿原の中に神社もあります。
DSCN0655

林の生き物の食べかけ?
DSCN0657
この時期はシダが生い茂り、ちょっと熱帯雨林の雰囲気。
DSCN0659
熊の大好きな水芭蕉。
中心部が全部なくなっているので、食べられたのかもしれません。
この辺りは用心しながら歩くことに。
DSCN0662
瑞々しいコケも。
DSCN0663

分岐に差し掛かる。
DSCN0666
この辺りは背の高い林が続いている。
DSCN0672
ポツンとキノコ。
DSCN0676

案内板が見えてきた。
DSCN0677
展望スペースまで行ってみるが本日は鹿島槍は見えず
DSCN0679
この花は?
DSCN0681
ハンノキの小道。
DSCN0683
居谷里一番水。
甘くておいしいお水。
DSCN0687
DSCN0689
ここから駐車場まではすぐ。
一周60分のコース。
お花のない時はつまらないかもしれないけれど、この時期はコオニユリなど咲いていて、ちょっとした散策が楽しめます


ここから中綱湖に戻る。
湖と並行して走る大糸線の線路。
DSCN0698
DSCN0699
大糸線の踏切を渡る。
DSCN0702


中綱湖の駐車場へ。
DSCN0708
DSCN0711
DSCN0738

コウホネは終わりかけですが、尾瀬より花が大きい。
DSCN0717
橋から眺める中綱湖。
地元の釣り人が何人か。
DSCN0726
ちょうど大糸線の電車が通り過ぎた。
DSCN0732


青木湖を一周。
水深が深いので、湖の色がより青く神秘的な感じ。
DSCN0740
DSCN0743
DSCN0744

青木湖キャンプ場へ戻ってきた。
ちょうど娘ファミリーがカヌーを懸命に漕いで戻るところだった。
孫も初めてのカヌーを満喫し、湖でダイブしたり、泳いだりと楽しかったそうだ
DSCN0748
DSCN0749
DSCN0750


お昼の時間となり、木崎湖の温泉でお風呂&ランチタイム。
運動してお腹が空いていたので、みんなガッツリ食べるメニューを選択。
季節日替わり定食には、この地の名物の具だくさんの汁物とサーモン丼がついて1000円。
DSCN0775
DSCN0773

この後は道の駅に寄ったり、横川SAでおぎのやさんの釜めしを夕食用に購入し帰途へ。
関越の事故渋滞に巻き込まれたが1時間ほどの超過タイムで済み、無事我が家へ。

娘ファミリーは翌日からまた仕事で多忙な日々に戻ります

3世代で行く白馬キャンプ 2019 ①白馬グリーンスポーツの森キャンプ場で遊びつくす

引き続き猛暑の日々ですね。

少しでも涼しいところへと白馬キャンプに3世代で出かけました。
ところが、涼しいはずの白馬も夜まで蒸し暑さが続き、初めて寝苦しい山のキャンプを経験しました。

それも含めて孫や娘ファミリーとの楽しい夏休みの思い出を報告したいと思います。


2019年8月3日(土) 8721歩
夏休み真っただ中の土曜日、どこへ行くのも高速は渋滞するだろうと、始発の電車で娘ファミリーの最寄り駅へ。
最近キャンプにはまり、新しいキャンプ道具をたくさん積んだ車に我が家の荷物も積み、いざ出発。

途中で少し渋滞に引っ掛かりながらも順調に白馬グリーンスポーツの森キャンプ場へ11時過ぎに到着。

娘ファミリーはフルセットの設営済みテントを予約。
我が家はフリーサイトに山のテントを張る。
周りはみなアウトドア用の大きなテントに埋もれる我が家の小さなテント。


テント設営が終わったところで、近くのお蕎麦屋さんへ。
キャンプ場一帯には何軒かお蕎麦屋さんがあり、そのうちの一番近い「そば神」へ。
ちょうど第一陣で来ていた方が帰り、待たずにすぐに注文。
おそばが来るまで冷たいそば茶が美味しい。
DSCN0586
DSCN0578
私は天ざるを。
DSCN0581
天ぷら盛り合わせ。
DSCN0580
口コミ通り地の野菜の天ぷらが美味しかった
東京と変わらないくらいお値段も良かったですが...


キャンプ場に戻り、設営済みのテントの説明を。
DSCN0591
DSCN0588
DSCN0623
4人用テントと炭、コンロ他キャンプ用品一式がセットになって12000円。
洗剤や軍手の用意もあったので、文字通り手ぶらでキャンプできるのが売りなのだろう。
足りない食器などは持参したキャンプ用品を使用。

奥のテントにはランタン、マット、寝袋も。
DSCN0597

クーポン券を購入し、いろいろな遊びやクラフト、体験などに使えた。
(4000円で46ポイント)
ただ終了時間が15時半なので、お昼からきて遊ぶには慌ただしいかもしれない。
できるなら2泊したら無料のアスレチックや川遊びなど、色々楽しめたかもしれない。

孫はまずEXアドベンチャーというアスレチックを。
DSCN0587

私たちが荷物運びをしている間、パパと魚釣りを。
入れ食い状態ですぐに釣れるので、大喜び。
自分で釣った魚を塩焼きにしてもらい、美味しく頂きました
DSCN0601
DSCN0602
DSCN0606

その後はママとネイチャークラフトを。
こだわりの萱葺き小屋を頑張って作りました。
DSCN0614
DSCN0615

それ以外にも子どもが大好きな自然の遊び場があり、普通のキャンプ場では味わえない遊びをたくさん体験。
DSCN0598
DSCN0619
DSCN0631

売店でもチケットは使える。
DSCN0618
設営済みテントやレンタルテントのスペースは余裕があるが、フリーサイトのテント場は大混雑で、隣のテントの話し声が聞こえてしまうほどの近さだった。
夏休みの土日は仕方ないですね
DSCN0621

買い出しの後は割引券をもらったお風呂屋さんへ。
DSCN0626

キャンプ場に戻ってきたのは18時過ぎ。
ここから火おこしのはずが、プランに含まれていた炭は全く火が付かず、またスーパーへ炭に買いに行く始末
その後は孫も頑張って火おこしを手伝い、BBQをたらふくいただきました


残念ながらあまりに暑いせいか靄った空で、星を眺めることはできませんでした。

朝早くから頑張ったので、21時過ぎにはバタンキュー。
他のテントも夜遅くまで騒いでいる人もいなかったので、静かなキャンプ場でした


翌日は娘ファミリーは青木湖でカナディアンカヌーを。
私たち年寄り組は湿原の散策に出かけます。
そちらの様子は次回に。


追記
キャンプ場のテントサイトの駐車場が分かりずらかったので、地図を載せておきます。
赤く囲ってあるエリアが予約テントのサイトです。
DSCN0778

宮島・倉敷・道後温泉 紅葉ひとり旅 2018 <25>13府県復興割を使って宿泊費の補助を受ける

いよいよ年の瀬。
何となく気ぜわしくなってきました。
暖かい今週中に大掃除や植木の剪定も終わらせないと


今回の旅で「13府県復興割」という制度を使わせていただいて、宿泊料の補助を得ることができました。
これは国が交付する「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」の対象となる地域「岐阜県、京都府(京都市を除く)、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県」への旅行やボランティアの方の宿泊がお得になる観光支援事業というもの。

県によって補助金の額も異なり、岡山、広島、愛媛は一人一泊6000円まで、その他は4000円となっています。

条件としては対象の県に連続して2泊以上するか、移動しながら連続して2泊以上すること。


今回は広島、岡山、愛媛とまさに対象となる県を旅することになり、たまたまネットでこちらの情報を見つけたので、応募してみることにしました。


今までもこういった復興支援の旅費援助はありましたが、たいていは旅行代理店を通さなければならず個人で申し込める枠はほとんどありませんでした。

今回はネットからたくさんの書類をダウンロードし、旅先のホテルで証明書を書いてもらうという手間はかかりましたが、個人の旅行者やボランティアを対象にしているという点ではかなり画期的ではないかと思います。

手続きをする県の職員の方は一人一人の対応となるので非常なお手間はかかると思いますが、おざなりではなく一人一人を大切にした取り組みは、これからも被災地に足を運んでもらう良いきっかけになったのではないでしょうか。


私自身も広島から倉敷に向かう電車のなかで、山が削り取られ、流木が積み上げられた様子をまざまざと見ることができましたし、まだ呉線も全線開通していませんでした。

公共の乗り物に乗ったり、地元で食事したりすることで、少しでも復興のお役にたつことができたら幸いです。


残念ながら、旅行から帰ってきたときには広島は締め切られていて、岡山の分だけしか補助を受けることができませんでしたが、予定していた旅とはいえ、ささやかに得した気持ちになり、うれしいです。


あってはほしくないけれど、やはり起きてしまう災害もあります。
足が遠のいてしまった観光地を元気づけるのに、またこうした取り組みがあればいいなと思います


追記
今回の13府県復興割についてはほとんどの府県で予算額に達して締め切られています。
詳しい内容、手続きについてはホームページでご確認くださいね。
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • ローズマリーも咲きだしました 2020
  • ローズマリーも咲きだしました 2020
  • 早くもアネモネが咲きだしました 2020 
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー