夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

海外旅行

2012年 英国旅の思い出 ①湖水地方

当分引きこもりの日が続きそうですね。


2012年6月、英国を旅した時の写真が出てきたので、紹介することにしました。

資料をすべて破棄してしまい、詳しい日程は忘れてしまいましたが、航空券と宿泊、英国内の鉄道パスと湖水地方半日観光が付いたフリープランの10日間のツアーです。
(代理店の手配間違いで鉄道パスがフレキシブルではなく続けて使用するパスだったので、現地であたふたこれ以降手配は自力でするようになりました

6月はバラの季節、英国では一年で一番美しい季節と言われる時期ですが、この年は異常気象でバラの開花も遅れ、どんよりしたお天気のちょっぴりがっかりの旅でした。


それでも今写真を見返してみると、緑の草原に羊たちの群れ。
石造りの落ち着いた街並み。

英国内ではたくさんの方から優しく対応していただき、私の中でもベストワンに入る好印象の国でした。


1回目は湖水地方の紹介です。
湖水地方と言えばピーター・ラビットの世界が有名ですが、私的にはアーサー・ランサムの湖水地方の物語の舞台としてのイメージと憧れが強かったです。
IMG_0001

ロンドンのユーストン駅からウィンダミア駅へ。
ヒル・トップ農場へ向かいます。
コテージ内は撮影禁止でした。
035
051
056
ヒル・トップ農場の風景。
059
061
062

グラスミアの街並み。
066
067
072

アンブルサイドの船着き場からウィンダミア湖を観光船に乗りボウネスまで。
077
湖水地方086


宿泊したボウネスのコテージ。
シャワー・トイレは共用でした。
105

早朝ウィンダミア湖を見渡す丘へ。
090
湖水地方238


レイク・ディストリクト国立公園の一日ツアーに参加。
111
117
湖水地方182
湖水地方191
湖水地方215
214
湖水地方226

グラスミア湖をクルーズ。
湖水地方235
湖水地方250

夕方のウィンダミア湖。
253
166
168
湖水地方251
湖水地方131
湖水地方165

ボウネスのピーターラビット博物館。
254

参考資料
JTB出版「ピーターラビットと歩くイギリス湖水地方 ワーズワース&ラスキンを訪ねて」

マイルで行くベトナム北部・中部ひとり旅 2020 <16>スカイマイルで来年3月のベトナム航空のチケットを取り直し

我が家のささやかな感染拡大防止の取り組み。

フルタイムで仕事をしていた私は週に1回まとめて買い物をし、ローテーションで献立を作って回しています。
リタイア後もその習慣は変わらず、毎週まとめて買い物をするのですが、今週からオットは車で待機してもらい、私一人が買い物することにしました。

近所のスーパーでは開店と同時にどっと人が入り3密状態です
こんな時に一家で買い物しては、余計に混雑に拍車をかけています。
お父さん、お母さん、小学生2人総出の買い物

一人一人に外出の自粛と言いながら、閉まっていないスーパーにこれだけ人が押しかけては感染防止には全くつながりません。

家族で一人の買い物をと呼びかけたら少しは自粛するのでしょうか?
どうか皆さん、繁華街だけでなくスーパーでも3密を避ける努力を



そして前回お伝えしていたスカイマイルの交換期限が迫ったので、来年の3月に改めて航空券を取り直しました。

3月に入り、航空会社の電話もつながりにくくなり、それがまたストレスになったりしますが、デルタ航空に関しては、スカイマイルの番号を入力すると比較的スムーズに電話がつながり、手続きも簡単でした

前回マイルでベトナム航空のチケットを取った時は22500マイル必要でしたが、新たに航空券を取りなおした時には17500マイルで済み、往復10000マイルもお得になりました

どこの航空会社もキャンセル料を払うのが厳しくなっていますから、こうして先延ばしにして予約が取れることは安心材料になりますね。

行きだけ新たに50円の手続き料金が発生しましたが、それ以外は全く手数料もかからず、もし先伸ばしにしてOKならそちらの方がはるかにお得です。

10000マイルで国内往復できそうですし、色々大変なこともあったけど、前向きに進んでいきそうです。

完全に収束とはいかなくとも、少しは落ち着いた状態になっていることを心から願うばかりです。

マイルで行くベトナム北部・中部ひとり旅 2020 <15>キャンセルにかかった金額

日本国内ではヨーロッパのような大流行にはなっておらず、今のところまだ何とか抑え込めているようです。

これからどうなるかまだまだ予測できませんが、一人一人が地道に感染拡大を防ぐ行動をするしかないのでは...と思っています。


本来であれば今日がベトナムからの帰国日でした。

わずか一週間で感染が拡大するヨーロッパや韓国の様子を見ていると、何とか行けるだろうと思った旅も急転直下、入国制限やフライトの運航休止でキャンセルせざるを得なかった方も多くいると思います。

ツアーであればそれなりの対応を取ってもらえると思いますが、個人旅行の場合すべて自分の判断にかかり自分で決断しなければなりません。

今回の旅のキャンセルは渡航3日前。
すべてスーツケースに荷物もパッキンし、後はウエブチェックインをするばかりという状態で飛び込んできた日本人の入国制限の情報。

キャンセルを決めた日ではなく、本来ハノイに到着する予定だった日の翌日に入国制限が発令されました。
すでにハノイには4万人を隔離できる施設を準備し、個人任せのゆるゆるの日本とは大違いの対応。
ハノイの人民委員会によると宿泊中の韓国人、日本人の動向調査も始まっていて、自由な移動もできるかどうか疑問な状態でした。

この日本にいるとまさか自分が拘束されるなんて想像もつきませんが、やはり社会主義の国では、国の命令には問答無用で従わなくてはなりません。

そして、この後ダナンからのフライトも運航休止になっていました。


こんな事態が起こるとは夢にも思わなかった事態の急速な進展に、思っていた以上にキャンセル料もかかりました。

そちらのすべてをお伝えしたいと思います。

航空券:デルタスカイマイルのマイルを利用した航空券のため、4月上旬までの保留期間があり、その間に次の予約を入れれば空港使用料などの税金も含めて次のフライトに充当できるので、実質キャンセル料なし。

ハノイからフエのベトナム航空は1400円のキャンセル料でキャンセル。


ホテル:キャンセル料のかかる期間に入ってしまっていたり、キャンセル不可のホテルでのキャンセル料は一切戻らず、トータル25853円のキャンセル料。(bookingで大分交渉してもらったが一切受け容れてもらえなかった)


現地ツアー:get your guideは前日までキャンセル料がかからないため、キャンセル料なし。
シンツーリストは8~15日前のキャンセル料は50%だが、新型コロナウィルスが原因でキャンセルと英文メールを送ったため30%のキャンセル料で1398円

AO SHOW:当初キャンセル不可と言われたが、公演が中止となり、全額返金。

トータル28651円


元々ベトナムはお手軽な値段で行く予定にしていたので、私にとってはかなり痛い出費ですが、現地で拘束されたり、足止めを食らうことを考えれば、致し方ない出費だったと思うしかありません


ちなみにベトナム航空の航空券はベトナム航空のHPから予約しているので、直接電話し、メールに添付された申請書を本社に送り返し、さらに本社からの確認メールを送り返せば手続き完了です。

エアトリなど代理店を通して購入している場合は別に手数料がかかるので、そちらは注意が必要です。



さらに補足すると、キャンセル料は利用したクレジットカードに返金になりますが、提携でないVISAが一番手続きが早く、返金の額が上回った場合は口座に入金してくれます。

楽天カードの場合は利用額が上回るまで返金は保留となり、相殺してやっと返金になります。

特に海外での利用はVISAは利用した日のレート表示が出るので、確認しやすく透明性も高いです。
楽天など提携カードではほとんとレート表示がないため、利用額から割ってレートを計算する必要があります。


You Tubeで旅のイメージを膨らます

どんよりした雨交じりの曇り空。

心も沈みがちなニュースが多いですが、気分を変えて、次の渡航先に予定しているギリシャのYou Tubeを検索。


日本語ですと個人の旅行記ばかりですが、英語の地名で検索すると、個人の旅行記だけでなく、現地のツーリストインフォメーションが製作したものなど様々あり、結構見ごたえがあります。


初めての国、初めての土地だとガイドブックだけではイメージを掴めず、また日本のガイドブックに載っているエリアも限られています。


ギリシャの島ではレンタカーを借りて観光する方が多く、思いもよらない素敵な場所もたくさん登場します。


さらに現地を旅している人の服装をチェックすれば、現地で浮かない服装選びにも役立ちますね。
(アジア系の日焼け防御の服装はかなり目立ちます


英語があまり理解できなくとも映像を見ているだけで、街の雰囲気、行く予定の遺跡など、いろいろ役立つ情報が得られると思うので、お勧めです


そして何よりちょっぴり重い気分を吹き飛ばしてくれる効果も...


クロアチアもついに日本人の入国制限を始め、これ先どの程度ヨーロッパに広がるのか心配な毎日です

マイルで行くベトナム北部・中部ひとり旅 2020 <14>ベトナム日本人入国制限との情報で旅行取りやめ

ついに恐れていた事態になりつつあります。


ベトナム政府が韓国人、日本人の入国制限との情報。(現在は韓国一部の地域のみ)
今までは被害者としての日本でしたが、これだけ感染が拡大すると渡航先で日本人が新たな感染源となる懸念も...


今回の旅は11日間、ベトナム縦断ひとり旅という長丁場の予定で、これからさらに日本で感染が拡大した場合、隔離などの足止めを食らうことも考えられ、入国できたとしてもあまりにリスキーと判断し、泣く泣く中止を決断しました



航空券はデルタスカイマイルのベトナム航空特典航空券ですが、世界的にこういった状況なので、正式にベトナム政府から入国制限の通知が出ればキャンセル料は無料になりますが、今回はまだ確定はしていないので、マイルと税金関係の手数料すべて含めて4月上旬までに次の予約を取れば、そのまま利用できるとのこと。(期限は航空券の搭乗時期によって異なります)

予約は311日後まで取れるので、ベトナム行を1年先伸ばしにする予定です。

ハノイからフエまでの国内線のベトナム航空は1500円の手数料のみで後は全額返金されるそうです。
ベトナム航空からメールで申請書が届くので、それを本社へ送り返すと手続きが開始。


ホテルの宿泊は前日までキャンセル無料のホテルはすぐにサイトでキャンセルし、さらに返金不可のホテルもbookingを通して交渉中です。


現地ツアーはget your guideはすぐにサイトからキャンセルでき、すべて返金されます。

シン・ツーリストの現地ツアーはHPから英文メールでキャンセルの手続きを進めているところです。

ホイアンのAO SHOWのチケットもキャンセルのメールを送りましたが、こちらの対応は不明です。



ということで、現時点ではキャンセルにかかった費用は1500円で済んでいますので、また来年仕切り直ししようと思っています


最終どのような結果になったか、また報告したいと思います。


追記
2/28現在
シンツーリストは14-8日前のキャンセルは50%のキャンセル料が発生しますが、特別な事情ということで30%のキャンセル料で済みました。
(キャンセル依頼のメールには新型コロナウィルスのためと記載)

AO SHOWは元々購入時点でキャンセルできない取り決めになっていて(海外の公演、コンサートではほとんどそれに当てはまります)、事情は分かるがチケット代金の返金できないとのことで、もし可能であれば日にちをずらしてチケットを取り直すことはできると。

2/29現在
返金不可のホテルのキャンセル料について、現時点では韓国の入国制限は出ているため返金可能だが日本はその対象になっていないためキャンセル料が生じるとの回答。


トータル
ベトナム航空国内線 キャンセル手数料 30万ドン(約1500円)
シンツーリスト現地ツアー30%キャンセル手数料 1300円
AO SHOWチケット代 5500円
返金不可のホテルキャンセル料 21000円


3/3
ついにベトナムでも日本人の入国制限が出ました。
発熱症状があれば即刻帰国、従わない場合強制的に隔離施設に入れられます。
もう少し早く出ていればホテルのキャンセル料もかからなかったのに...

旅行中に行動制限されるよりマシと思うしか





マイルで行くベトナム北部・中部ひとり旅 2020 <13>フエからダナンまでの移動手段はハイヴァン峠越えのツアーでリスク軽減

日本でのコロナウィルスの市中感染が確実になり、日々状況は変化しながら悪化の一途をたどっています。



ニュースでは必ず海外の渡航歴の有無が報道されていますが、熱があっても満員電車で通勤する、バスツアーに参加するといったことが行わている日本の方がはるかにリスキーです。


先日もお伝えしたようにベトナムでは早期に中国本土からの渡来を禁止し、空港も何日か閉鎖して徹底的に消毒するといった対策をとり、さらに学校も休校中です。


もし日本が早くにそういった処置を取る決断ができていれば、状況は全く違ったものになったでしょう。


よそからの感染は大騒ぎする割に、自分が知らず知らず感染源となっていることに全く無頓着な人が多いのも、やはり報道の在り方などに問題があるような気がします。



前回お伝えしてからまたいろいろと悩みましたが、少なくともベトナムでの感染リスクは少なく、日本人が入国拒否になるような事態に発展しなければ、そのまま旅をする予定でいます。



ただ状況が悪化していることを考え、自分が感染源にならないためにも、ベトナム国内での移動は気を付けようと思います。


具体的にはフエからダナンの移動はシンツーリストのスリーピングバスを考えていましたが、ハイヴァン峠を経由しダナンへ向かう少人数のツアーを見つけ、そちらで移動することにしました。


ヨーロッパ本国ほどでないにしても、やはり欧米人の日本人に対する視線は厳しさを増しています。

少しでもそういったリスクを減らしていくことは旅の快適性の意味でも重要かなと思っています。


具体的にはフエのホテルから木造橋で有名なタントアン橋、ランコービーチ、ハイヴァン峠を経由し、ランチが付いてダナンのホテルへというツアーです。


get your guideで一人1894円とリーズナブル。


朝8時に出発し13時に到着予定。
一人参加の割増料金もありません。

マイルで行くベトナム北部・中部のひとり旅 2020 <12>新型コロナウィルスの感染拡大の影響でハノイの予定を大幅変更

日を追うごとに日本でもコロナウィルスの影響が拡大し、今回の旅の当初の予定を見直すことにしました。


ハロン湾一泊クルーズはベトナム旅行を計画した時から私の夢でしたが、ダイヤモンド・プリンセスのウィルスの広がり具合を目の当たりにして、閉鎖された空間での感染リスクを思い知らされました。


宿泊を伴うクルーズでは接触の機会も増えリスクが高まることから、今回は泣く泣く1泊クルーズは断念し、日帰りで行くことに


日帰りでも通常のハロン湾3時間クルーズではなく7時間クルーズがあることを知り、そちらであれば私の行きたかった一番奥のスンソット洞窟まで行き、さらにティートップ島へも上陸します。

ハロン湾までは片道4時間近くかかるのがネックになっていましたが、ちょっと高いツアーだと高速を利用するため2時間ほどで済みます。

ということで、そちらのツアーをお天気を見ながら予約しようと思っています。


ハロン湾一泊クルーズを予約していたget your guideですぐにキャンセルの手続きもでき、4~5日でカードの返金になるとのこと

海外のホテルや現地ツアーは値段もありますが、万が一の時簡単にキャンセル手続きができることも重要なポイントだと思います。


まだ流動的ですが、こんな感じで予定を変更しました。
ホテルは当初予約したLa Selva Central Hotelを変更して予約し直しています。
やはり観光客が減っている影響か2泊で7000円とさらにリーズナブルに

2日目
ホアルー・タムコックツアー

3日目
ハロン湾日帰りツアー

4日目
Hop on Hop offバスでハノイ市内観光


ハノイでは有名観光地を2,3日閉鎖し、くまなく消毒したとのこと。
今回は手から感染が最も影響を受けているので、こうした手すりやドアノブなどの消毒は大事ですね。

日本もせめてエアポートシャトルやエアポート特急の消毒を速やかにやってもらいたいです。
これ以上大きな感染が拡大しないうちに...
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • ベランダでミニトマト栽培 <18>ハダニその後の状況
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 我が家の夏の花 2020 ブルーサルビア
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 ノアサガオ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 2020 桔梗
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • 我が家のラベンダーにルリシジミ 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <17>ハダニが大量発生
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • ベランダでミニトマト栽培 <16>長雨続きで色づかないまま実が割れる
  • るいと東吾の子ども世代の活躍を描いた「新・御宿かわせみ」
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <5>尾瀬で見た花たち
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <4>尾瀬沼の感染予防対策で感じたこと
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー