4連休2日目。
相変わらずどんよりしたお天気。
エアコンが壊れ取り付け工事が2週間以上先になってしまった我が家にとっては不幸中の幸いのお天気ですが、これだけの雨続きは農作物にも大きな影響がありますよね。

悪いことの連鎖が続く年はみんなで耐え忍ぶしかないのかな。
明けない夜はないと願って


自粛になってからほんとによく読書するようになりました。
しばらく活字を読むことが億劫だった時期もあるのですが、再開してみると結構はまります。

昔懐かしい本を読み返したり、新しい本に挑戦したり...
何より現実世界をつかの間忘れることができ、本の世界にはまることでいい気分転換になります



一人の作家に凝ると続けて全部の作品を読んでしまうことが多いですが、一時期平岩弓枝にもはまりました。
平岩弓枝の作品の中で一番お気に入りだったのが「御宿かわせみ」のシリーズ。

るいと東吾のキャラクターそして江戸の情緒漂う下町の風情。
どれも趣きがあり、しかも読みやすい文体なので、あっという間にその世界に引き込まれていきました。


今回は私が読んでいなかったその後の物語、るいと東吾の子ども世代の活躍を描いた「新・御宿かわせみ」シリーズを図書館で見つけ、さっそく読んでみることに。

時代も江戸から明治に変わり、江戸の雰囲気も残しつつ確実に近代へと進み始めている頃。


正直やはりるいや東吾ほどに主人公のキャラクターに思い入れをすることができなかったので、本家の「御宿かわせみ」ほどにはのめりこめませんでした。


かわせみにいたお馴染みの面々はそのまま登場し、それが救いですが、やはり物語全体の雰囲気も変わってしまい、しっとりした江戸情緒を味わうことができません。

あえてその後を書き続けた平岩弓枝の心境はわかりませんが、一ファンとしては、そこで物語を終わりにしてほしかったと思っています。
IMG_0003