少し前NHKBSで放映された「キリング・フィールド」。

ようやく見ることができました。


戦争映画というジャンルは私が苦手とするもので、よっぽどの話題作でもない限り、基本パスすることが多かったです。


そんな私が久々感動した戦争映画でした。



特に米国の映画会社制作の戦争映画はベトナム戦争を題材にしたものが多く、残虐な戦闘シーンが延々と続き、見続けるのが苦になり、途中飛ばしてしまうこともしばしば。


「キリングフィールド」は英国・米国の共同制作ですが、英国の映画会社が制作を担ったため、戦闘シーンで戦争の残虐性を訴えるというより、そこに登場する人物を丁寧に描くことにより、当時の
カンボジアで起きたことをリアルに訴えかけています。



「キリング・フィールド」はピュリッツァ賞を受賞したニューヨーク・タイムズのジャーナリストの実体験に基づいて制作されました。


そのため、派手なアクションはなく、彼の助手を務めていた一人のカンボジア人との交流が淡々と描かれています。


その中でポルポト政権の恐ろしい虐殺など、彼の目を通してみた体験として描かれています。


命がけで今何が起きているのか伝えようと努力するジャーナリストたち。


そして自分たちが正義と信じて疑わず、それ以外を排除しようとする人たちの怖さ。
(日本の野党にもそういう方々いますよね)



最後は二人が奇跡的に再会するシーンで終わります。


正義という大きく振りかざしたものより、米国、カンボジアという国籍を超えた交流。

それは何より作者のジャーナリストの強い思いだったのかもしれません。