数年前にオットが出かけ感動した高遠城址公園のコヒガンザクラを愛でに昨日出かけました。

ちょうど満開宣言が出たばかりでしかも快晴で、南アルプスや中央アルプスの雪をいただく峰々と桜とのコラボは素晴らしく、東京では味わえない信州のお花見を楽しんできました。



2019年4月16日(火)14381歩
3時半起床、4時に自宅を出発。
到着が遅れれば駐車場に入るまでに大渋滞となってしまうので、頑張って早起きしました

現地には7時半に到着し、第4駐車場はすでに満車でしたが、次の第6駐車場には空きがあり、すんなり停めることができました。
この後続々と車が入り、平日とはいえ8時には坂の上の駐車場は満車になっていました。

ちなみに、今どこの駐車場が空いているか検索できるアプリもあるようでしたが、、どちらにしても坂を上がるのに車がつながっているので、あまり意味はないようです。
やはり先手必勝。
頑張って早起きするのが一番かもしれません。

駐車料金は普通車700円で、結構いいお値段。
町の一大イベントなので、ここが稼ぎ時かもしれませんが...


ということで入り口から入ります。
IMG_0020

登録有形文化財「高遠閣」。
こちらは200円の入館料が必要な有料休憩所です。
IMG_0345
その奥に入園券の発売所があります。
大人500円。
IMG_0350
IMG_0034

早速満開のコヒガンザクラ。
IMG_0023
IMG_0184

天下第一の桜碑。
IMG_0035

一番の撮影ポイント「桜雲橋」がテレビ中継のため通行止めで、お堀に映る桜を撮りに行きます。
IMG_0042

太鼓櫓から中央アルプスが望める展望スポットへ向かいます。
IMG_0071
IMG_0080
IMG_0085
IMG_0092
IMG_0123

新城藤原神社へ。
IMG_0107
IMG_0303

高遠公園の碑。
IMG_0312

青空に満開のコヒガンザクラ。
タカトオコヒガンザクラは高遠にしかない固有種で花形がやや小ぶりで赤みが強いのが特徴だそうです。
IMG_0112
IMG_0196


もう一度引き返し「桜雲橋」へ。
奥に見えるのが「問屋門」。
IMG_0170
IMG_0142
IMG_0148
IMG_0181
「桜雲橋」を渡ります。
IMG_0320

白兎橋を見上げるスポットへ。
IMG_0199

城址公園らしくいくつもの石碑と桜のコラボもきれい。
IMG_0214
IMG_0220

白兎橋の上からも素敵な撮影ポイントでした。
IMG_0227
IMG_0238
IMG_0273
IMG_0290


一旦北ゲートを出て藩校跡の「進徳館」へ。
こちらも城址公園のチケットで入館できます。
IMG_0355
IMG_0364

バス専用駐車場前の丘からは連なる山が一望できます。
IMG_0370

バス専用駐車場奥の元高遠城楼門。
IMG_0387


ここまで2時間ちょっとで回っています。
朝イチはさすがに地元の方が多くゆったりお花見を楽しむことができました。


この後は地元の方しか知らない穴場の絶景ポイントへ向かいます。
そちらの様子は次回に。