今日は真冬の寒さに逆戻り。
一日限りの寒さのようですが、気温の乱高下が激しいので体調管理が難しいですね


先日の春の信州路の旅の報告続けたいと思います。


上田城址公園から昼食を挟んで別所温泉へ。
別所温泉は日本武尊の東征の折に発見された言われていますが、温泉だけでなく由緒ある古刹も多く残されています。
その中でも安楽寺の国宝八角三重塔は鎌倉末期に建立されたもので、その美しい姿の写真に一目ぼれし短いフリータイムの時間にぜひ訪れたいと思っていました。


まずは駐車場から。
IMG_0247
IMG_0245
こちらの案内板を目印にちょっと急な坂を上ります。
IMG_0127
途中にある茶房がなかなか良い趣き。
IMG_0130
こちらへ向かえば足湯だったのですが、今回は時間が足りず
IMG_0131

北向観音の前を通り過ぎて安楽寺へ向かいます。
IMG_0141
急な石段を上るとお寺の本堂へと向かう参道へ。
脇には緩やかな坂道もあったので、階段が辛い方はそちらの道を...
IMG_0149
立派な杉の大木が歴史を物語っていますね。
IMG_0156
IMG_0151
IMG_0193
IMG_0155
IMG_0189

三重塔は境内の奥にあり、300円払って中に入ります。
ここからはまた階段&坂道です。
IMG_0159

ようやくたどり着いた八角三重塔。
現存している八角三重塔はここだけ。
平成23年に屋根の全面葺き替え、相輪(塔頭部)の補修が行われたそうです。
IMG_0184
IMG_0170
建築様式は禅宋様と呼ばれるもので、鎌倉時代に禅宗と共に伝来した様式で初重に裳階(もこし)を付けた珍しい形式。
傘のような華やかな木造の塔がこうして現存していることは素晴らしいですね。

目新しいものばかりが持てはやされるのではなく、こうした貴重な文化遺産をもっと多くの人に見てもらいたいです。
こうした文化財を一つの寺院だけで維持管理していくのは大変なことですから。
IMG_0169
IMG_0180


その後、通り過ぎた北向観音に向かいます。
IMG_0138
湯川に架かる橋を渡ります。
IMG_0203
左右に並ぶお土産屋さんから見上げる観音様。
日本のお土産屋さんは悲しいくらいに画一的です。
IMG_0205

階段を登り切った先にある北向観音へ。
ここは天台宗常楽寺の別院で平安時代初期に開創された霊場とのこと。

北向観音は千手観音をご本尊に現世利益を願って北向に建立したのに対し、善光寺は阿弥陀如来をご本尊に未来往生を願って南向きに建立されたそうです。
向き合った両方をお詣りするのが、正式なお詣りらしいです。
IMG_0207
IMG_0210
まずは本堂へ。
IMG_0223
IMG_0224
IMG_0227

温泉薬師瑠璃殿。
ここの枝垂桜はまだつぼみです。
IMG_0214
IMG_0217

護摩堂(不動堂)。
IMG_0222
愛染堂。
IMG_0242
かわいいと評判の別所温泉駅も素通りしてしまったけれど、遠く山並みが見える信州らしいお寺を満喫いました。


ここから信州国際音楽村へ。
黄色のラッパスイセンの畑が鮮やかです。
こちらもソメイヨシノはまだ開花していませんでした。
35分の予定が15分に縮められ駆け足で回ります。
IMG_0250
IMG_0252
IMG_0260
IMG_0267
IMG_0276
IMG_0281
立派な土筆も。
IMG_0274

この後マンズワインの小諸ワイナリーへ。
長野県産のブドウを使った高級ワイン専門のワイナリーとのことで、たくさん試飲もさせていただき、お気に入りを1本お買い上げ。
他にも気に入ったワインがあったので、そのうちお取り寄せするかも

最後に軽井沢チーズロールの工房へ立ち寄り帰路につきました。


なかなか個人で行くのは遠い信州の春を楽しむ旅でした。
今年は先週の降雪でソメイヨシノの開花が遅れ見ごろとはいきませんでしたが、それでも春景色や古刹を味わうことができました。


ただ残念なことに集合時刻に20分、10分と大幅にに遅刻された方がいて、敬老会のお花見ならお互い譲り合ってということもあるかもしれませんが、ツアーはみな貴重な時間にお金を出していることを思うと、年寄りだから多少大目に見てというのは、ちょっと違うんじゃないかなと思いました。

そういう方は次もみんなが集合してもぎりぎりに戻ってきて当たり前の顔をされます。

皆さんお元気で80代の方もお見受けしましたが、やはり年齢に関係なく集合のマナーは守るべきでしょうね