2日目 2018年8月8日(水)
翌朝起きてみると雨は小止みになっていたが、朝食が済むころには本降りに。

手白澤温泉のワンちゃんが遊びに来ていた。
人の足で1時間かかる山道を毎日遊びに来ていると言う。
ワイルドなワンちゃんだがおとなしく人懐っこい。
DSCN8002

9時の送迎バスで女夫渕駐車場へ向かう。
途中で八丁の湯が見下ろせる場所で停まってくれるが、ガスって何も見えない。
DSCN8014

女夫渕駐車場で送迎バスとはお別れ。
DSCN8017
駐車場側のトイレ。
りっぱできれい。
これならここで車中泊もOKかも?
DSCN8020

川俣湖のダム。
晴れていればこのあたりも絶景だろう。
DSCN8027

川俣温泉から山王林道を走り、奥日光の龍頭の滝方面に抜ける予定だったが、何と通行止め。
台風が近づいているのだから当たり前といえば当たり前だが、全く予想していなかったこと
ここで2日目の予定がすべて狂い、行きで懲りた霧降高原経由ではなく鬼怒川温泉経由で戻ることに。

途中のトイレ休憩で寄った龍王峡。
こちらも雨が強くちょっと危険。
DSCN8028
茶店で日光名物のかき氷をいただく。
あまおうのミルクかけ。(550円)
DSCN8030


天気予報では夕方になると雨風強まるとのことで、そのまま高速に乗り、家路に。

なかなか休みがとれない娘ファミリーにとっては残念な2日目となってしまったが、無理をし災害に巻き込まれてからでは遅いので、これはこれであきらめるしかなかった


今回秘湯と言われる八丁の湯へ行き、遠いがそれだけの価値のある素敵な滞在ができた。
お客さんや宿のスタッフとの距離も近く、孫もたくさんの方と話ができ、山の宿ならでは素晴らしい経験ができたと思う。
快適性ではなく、自然や人とのふれあいこそがこの宿の魅力。

家族にとっても密度の濃い旅ができ、また一つ楽しい思い出を作ることができた


追記
八丁の湯宿泊料金(いのしし鍋つき基本会席)
大人 16740円
小学生 11718円
入湯税 150円(大人のみ)