一昨日、昨日と台風の真っただ中、八丁の湯へ行ってきました。
予定は大幅に変更になりましたが、その中でもカッパを着て川遊びを楽しみ、孫の成長を実感した旅になりました。

八丁の湯の館内の様子、そして今年できたばかりのカフェのランチの様子をお伝えしたいと思います。


1日目 2018年8月7日(火)
娘宅の最寄りの駅で7時過ぎに待ち合わせ。
途中休憩を2回挟みながら、日光ICから霧降高原道路を通り、女夫渕駐車場へ。

霧降高原では横殴りの雨が降り、かなり視界も悪く、途中で軽自動車とトラックの衝突事故現場も横目に見ながら慎重に走る。
お天気のいい時はあっという間に通り過ぎたような気がするが、ゆっくり走るとカーブの連続で余計に遠く感じる。

本来は瀬戸合峡のお蕎麦屋さんで早めに昼食を取る予定だったが、かなり時間が押していたのでお蕎麦はあきらめ、そのまま駐車場へ向かう。(しかもお蕎麦屋さんは臨時休業だった

八丁の湯の送迎バスは12時の後は15時なので、乗り遅れることはできない。
駐車場には11時40分には着き、バスが来るまで休憩所で待つ。
休憩所には奥鬼怒温泉の花や生き物の紹介の写真も飾ってある。
DSCN7750
こちらが鬼怒川温泉からのバス停だろうか。
DSCN7749

10分前に来たバスに乗り込む。
送迎バスは宿泊者と日帰りパックの予約者のみ。
バスの助手席に乗っていたという子はいなかった。
DSCN7755
DSCN7756


慎重に運転してくださり30分ほどで到着。
DSCN7763
さっそく看板犬のお出迎え。
DSCN7765


こちらの宿は12時からチェックインができる。
DSCN7999
DSCN7779
DSCN7777


露天風呂の入口の奥に新しくできたヒマーリカフェがある。
DSCN7775
DSCN7774
こちらは受付方向。
夜はランプが素敵な雰囲気だった。
DSCN7773


メニュー一覧。
4種類のサンドイッチと飲み物がセットで1250円。
DSCN7768

サンドイッチができるまで私たち貸し切りで素敵な空間を楽しむ。
大きなまきストーブ。
DSCN7766
壁にはムース(ヘラジカ)のはく製。
DSCN7792
手前には和室も。
DSCN7771
こちらも素敵な雰囲気。
DSCN7783

セットの卵サンドが2人分で終了ということで、フルーツサンドが替わりに入っている。
コーヒーも美味しそうだったが、この後川遊びに出かけるので、私はコーンスープを。
濃厚で美味しかった
サンドイッチもギョーザ味、合鴨ロース、フレッシュ野菜とチーズ、そしてフルーツと結構なボリュームでこちらもおいしかった。

山では和食が中心になるので、こうしたパン系の食べ物があると嬉しい。
DSCN7798
食事だけでなく自由に休憩所としても利用できるようで、こういったスペースはカナダのモレインレイクのロッジを思い出し、山の空気を味わいながらゆったり過ごす時間は至福の時間ですね

夜には八丁の湯の成り立ちの朗読会が開かれ、孫は大喜びでした。
参加したのはほとんど海外からのツーリストだったらしいです。


この後ログハウスのお部屋に入ります。
そちらの紹介は次回に。