2017年9月26日(火) 晴れのち曇り 9.15km  17411歩
前日13時に自宅を出発。
午前中にお墓参り3軒を済ませて慌ただしく家を出る。

途中、那須高原SAと長者原SAで休憩。
長者原のフードコートで、仙台名物の牛タン塩丼の夕食。
ネギ塩スープも付いて1000円でまずまずのお味。(写真撮り忘れ

若柳金成ICを降り、いわかがみ平へ。
途中のコンビニで明日の朝食のサンドイッチと昼食のおにぎり、水を仕入れ、駐車場へ向かう。
日は暮れて真っ暗でナビだけが頼りだが、これまで行った中でも一、二を争うぐらいの整備された道なので、夜でも安心して通ることができる。

駐車場へは19時45分に到着。
私たちが一番乗りだった。

道を隔てて2か所に分かれた駐車場のうち、下のトイレに近い方へ停める。
トイレも洗面台がついた立派なもので、登山口にこれだけのトイレがあるのはありがたい。

関東地方は日中夏日の暑さだったが、さすがに夜は冷え込んでいた。
長袖にフリースをはおり、ダウンの寝袋でぬくぬくと。(我が家唯一の贅沢品

満天の星空はまるでプラネタリウムを見ているかのように、天の川から流れ星までくっきり見える。
私たちにわかったのはオリオンの3つ星だけですが、これこそ山の麓の駐車場に車中泊する醍醐味


そして5時過ぎに目を覚ますと、駐車場の3分の1くらいは埋まっており、すでに登り始めている人も,,,
日が昇り始めた。
DSCN5627
DSCN5623
駐車場トイレ。
DSCN5625

私たちも朝食を食べ、6時に出発。
駐車場脇の登山口から登り始めたが、レストハウス脇で合流しているので、そこまでは舗装された道で行った方が楽。
DSCN5632
DSCN5633
レストハウス。
この時間はまだ営業していないが、下山後覗いてみたが、水不足のため休業中だった。
DSCN5638
山頂近くのナナカマドはすでに枯れていて、ここのナナカマドが一番きれいだった。
DSCN5641


ここから徒渉点までは40分のコースタイムだが、私たちは65分もかかってしまい、削られた水のない川の道は結構ハードだった。
滑り止めのついた手袋必需品。

写真ではそう見えませんが、かなりの高さ。
DSCN5649
梯子も登場。
DSCN5650
標識はしっかりしている。
DSCN5655

時折東栗駒山の姿が見えるようになる。
やはり冷夏の影響か、きれいに色づく前に茶色に枯れてしまった木も多い。
DSCN5664
それでも青空に真っ赤に染める木もあり、まさに紅葉シーズン真っ盛りといった感じだ。
DSCN5670
DSCN5675
DSCN5676
登山道の咲くオヤマリンドウ。
DSCN5681
DSCN5683

ようやく徒渉点が近づいてきた。
川を渡り、右の登山道へ。
DSCN5684
紐の渡してある場所より上流へは登ることはできない。
DSCN5686
DSCN5693
DSCN5699
慎重に渡っていく。
写真だと岩の大きさが伝わらないけれど、意外に大きい岩で、コンパスの短い私はオットに引っ張り上げてもらった。
DSCN5700
DSCN5704

登山道を進むが、ここからは歩きやすくなり、景色も良くなる。
DSCN5715
DSCN5716
ついに「神の絨毯」が見えだした。
DSCN5721
クマよけの鈴やラジオをつけている人も結構いた。
特にこの時期注意が必要。
DSCN5723

標高が上がり、ハイマツが目立つようになる。
中央道で登り東栗駒を下る人も多いが、上りでは、このように常に栗駒山や東栗駒山を正面に眺めながらの景色が楽しめる。
DSCN5728
DSCN5729

正面に東栗駒山が見えてきた。
DSCN5741
DSCN5745
道はこんな感じ。
DSCN5747

黄色、赤、オレンジ、緑、様々な色が混じって美しい秋の風景を染め上げていく。
DSCN5752
栗駒山。
DSCN5758
DSCN5759
登るにつれ、違った色の美しさを見せてくれる。
DSCN5770
DSCN5771
DSCN5773

ついに東栗駒山の山頂へ。
DSCN5778


ここから稜線を歩き、栗駒山へ向かうが、そちらの様子は次回に。