小仏峠から城山を目指しています。

最後はこんな急な登り。
城山は文字通りちょっと小高いピークになっているので、高尾山側から登っても急な登りが待っている。
DSCN5514
下のまき道で城山を通らずに一丁平へ抜けることもできるが、ここはやはり眺望のいい城山を目指し、最後の登りを頑張ることに。
DSCN5515
この鉄塔が見えだしたらまもなく城山。
DSCN5516


小仏城山に到着。
時刻は11時。
ちょっと早いがここでお昼ごはんにする人も多い。
DSCN5532
DSCN5530
ススキの穂がきらきら輝き、まさに秋の始まりを感じさせる。
DSCN5527
城山へはたくさんの登山道がつながっていて、気軽な山歩きにはもってこいのコース。
DSCN5523
私たちもコンビニのおにぎりを食べた後、この暖簾に誘われてかき氷を頂いた。
小サイズで300円とお値段も良心的。
他にもコーヒー200円やなめこ汁250円など、中高年の登山者には優しい価格。
甘いシロップに群がるハチたちを追い払うのに一苦労。
DSCN5519
DSCN5521


かき氷と山頂の涼しい風でクールダウンし、元気を取り戻し、一丁平へ向かう。
春にはきれいな花を咲かせていた敷地の一角に彼岸花の見事な絨毯が。
DSCN5536
DSCN5539
こんな感じで木道になっているので歩きやすい。
DSCN5540

そして一丁平の展望台へ。
ここは高尾山では一番好きな場所で、ここから眺める富士山は美しいです。
高尾山山頂まで来たら、ぜひぜひ足を延ばして此処まで来てみて
DSCN5549
DSCN5555


モミジ台の急な階段を避け、下のまき道を高尾山方向へと進む。
DSCN5563
合流地点に到着。
紅葉シーズンの時は、この辺りはモミジの名所。
DSCN5569


山頂下のトイレへ。
ここからみやま橋を通り、浄心門へ向かう4号路を進む。
この道は結構アップダウンもあり、思っているより長い道。
最低限ショルダーバックではなく、リュックに滑らないハイキングシューズは必要かと。
(途中で何度もgoogle mapを確認している方もいました)
DSCN5575
DSCN5576
最初はちょっと急な下り。
DSCN5577
奥深い高尾山の自然を感じさせてくれる場所でもある。
DSCN5583
このルートのハイライトみやま橋へ。
DSCN5586
DSCN5591
このまま4号路を進む。
山の初心者はこの標識を見落としがちだが、地図よりこの標識が頼りになること多い。
特に高尾山のような整備された山では、ポイントポイントにちゃんと標識があるので、それを目当てに行けばたぶん大丈夫なはず
DSCN5598


浄心門に着いた。
DSCN5599
ここから最初は2号路を歩く。
DSCN5602
DSCN5603
琵琶滝・高尾山口駅方向へ。
この道は整備されていない道なので、高尾山のガイドブックにも載っていないが、みなさんよく知っているようでたくさんの登山者と出会った。
DSCN5604

私たちは最後の分岐で琵琶滝方向ではなく、高尾病院の敷地の一部を通るルートを選び、高尾山口駅へ。
ケーブルカーの清滝駅は秋バージョンで、たくさんの遠足の小学生で賑わっていた。
DSCN5619
登山道の情報はこうした麓の掲示板で確認することが重要。
DSCN5616

そして京王線の高尾山口駅へ。
時刻は14時過ぎ。
まだ電車もそれほど混んでいないので、武蔵野線も途中から座れ、ちょっと助かりました。
DSCN5622


スマホで計測した結果、本日は12.06km歩き、時間は5時間32分。
カロリーは361kcal、22953歩でした。

高尾山初めての縦走はほぼ日陰のコースなので、気温がまだ高いこの時期でも歩きやすかったですが、肝心の自分がバテバテで、ちょっと辛い一日でした。
女性一人で歩かれている方も多く、みなさん山を楽しまれて自分のペースで歩いている姿がうらやましかったです

次回はもう少しトレーニングしなければ


高尾山で出会ったお花たち、次回紹介いたしますね。