昨日梅雨の合間の晴れのお天気の日に、修復を終えたばかりの日光東照宮陽明門に出かけた。
さらに家光公の霊廟のある大猷院、滝尾神社、裏見の滝へ。
美しい日本の美に触れ、自然も満喫できた一日になった。
写真が多いので、少しづつ報告したいと思います

2017年6月23日(金)  23789歩

陽明門の修復工事が済み公開されてから、連日テレビなどで取り上げられているのでかなりの混雑している様子。
朝5時半に出発し、東照宮の駐車場へは7時半過ぎに着いた。
何と、朝お花に水をあげた時に履いていたクロックスのままで出かけたことに途中で気づき、とっても恥ずかしい思いをしながらの観光となった
IMG_0006
駐車場からこの階段を上る。
IMG_0008

ここから石段を上がっていく。
IMG_0020
石鳥居。
IMG_0025

チケットの販売は8時から。
10分前くらいには行列ができていた。
東照宮だけで大人1300円。
IMG_0043
表門。
IMG_0064

階段を上り、陽明門とご対面。
陽明門は1636年建造された三間一戸楼門で、屋根は入母屋造りの銅瓦葺。
東西南北に唐破風が付されている。

IMG_0103
まずは正面唐破風を眺める。
IMG_0108
さらにアップにすると、鬼瓦の下には葵の紋。
IMG_0276
その下には「東照大権現」の勅額が。
IMG_0278

門表の左右に随心像。
IMG_0256
本殿から見た陽明門。
IMG_0155

素晴らしい彫刻の数々には特に霊獣、霊鳥など吉祥的な意味あいを持ったものが多い。
IMG_0126
IMG_0128
IMG_0150
IMG_0158
IMG_0188
IMG_0192
IMG_0215
IMG_0223
IMG_0224
IMG_0229
IMG_0236
IMG_0244
IMG_0247


天井には墨絵の雲竜図。
IMG_0129
IMG_0131

門の裏側にある左右の獅子像。
回りを飾る色彩模様の透かし彫りも見事。
IMG_0205
IMG_0210
門の脇の華やかなボタンの花。
IMG_0194


初層組物間には中国の故事や伝説上の仙人など人物の装飾彫刻が配されている。
リアルな表情から江戸初期にはまだ中国思想の影響が強かったことが窺われる。
琴高仙人。
IMG_0196
IMG_0198
IMG_0199
IMG_0200
IMG_0201
梅福仙人。
IMG_0202
鉄拐仙人。
IMG_0203
IMG_0257
IMG_0258
IMG_0259
IMG_0260
IMG_0266
IMG_0267

門の左右には袖塀があり、東西廻廊につながっている。
IMG_0218


この後「眠り猫」「唐門」など見学します。
そちらは次回に