15日目
ミラノのドゥオモへ向かっています。

時刻は17時過ぎ。
ガイドブックでは屋上は21時まで入れるとなっていたが、19時に変更になっていた。
チケット売り場は長蛇の列だったが、私たちが並んで10分たった頃、「今から並んでも中に入れません」とチケット売り場の列がクローズになっていた。
もちろん、ヨーロッパなのでどんなに混んでいても一人一人丁寧に対応するので列はなかなか進まない。
IMG_0064
それでも40分ほどで何とかチケットは購入できた。
たまたま窓口の係りの方が日本人で、Aパスで翌日もドゥオモに入れることが分かり、そちらを購入した。(15€)
このAパスには、屋上のエレベーター、ドゥオモの内部入場、ドゥオモ美術館が含まれている。
それほどお得というわけではないが、チケットを購入するのに並ぶ時間が省略できるので助かる。
ちなみに屋上テラスと内部入場のコンビチケットでは翌日は使えないので、夕方来て翌日も行こうと思うならAパスの方がお得。

ミラノのドゥオモについて改めて述べるまでもない、完成までに500年を費やしたゴシック建築の聖堂。
イタリアではこのとがった尖塔の多いゴシック様式の聖堂はあまり見かけないが、ミラノの青空にそびえ立つ聖堂は良く映える。

まずは全体像を。
午後の方が青空をバックに撮れるので、よけいにドゥオモの白さが際立つ。
IMG_0049
IMG_0051
IMG_0055
チケット売り場側の横は修復工事中。
IMG_0060

屋上テラスへ上がるリフトも多少並んでいたが、それほど待たずに済んだ。
ただテロの影響で、入り口の荷物検査には係員だけでなく銃を持った兵士の姿もあり、全身くまなく調べられた。

閉まるまでに1時間を切っているので、係員が急ぐようにと叫んでいる。
ヨーロッパでは残業はあり得ないので、大概の施設は10分前には閉まってしまうことが多い。

下から眺めていた尖塔の数々をこうして間近に見ると、さらにその繊細な作りに驚く。
IMG_0069
IMG_0075
IMG_0076
IMG_0080
彫刻をアップにしてみる。
IMG_0081
IMG_0084

IMG_0085
IMG_0093

尖塔中央の先端にはマドンニーナの像。
IMG_0101

ミラノの街を見下ろす聖人たち。
IMG_0104
IMG_0106
IMG_0112
IMG_0116
IMG_0121

テラスには傾斜があるが思いほか広い。
思い思いに美しい尖塔や彫刻、ミラノの眺望を楽しんでいる。
IMG_0122 (2)
IMG_0125 (2)

リフトへ戻りながら、まだまだ景色を楽しむ。
ガレリアのガラス天井も見える。
IMG_0127
IMG_0132
IMG_0139 (2)
IMG_0141 (2)
IMG_0143
IMG_0144

テラスにいたのは1時間弱。
私たちはほぼ最後の方で、係員はリフトが一杯だから階段で下りるようにと勧めているが、みんなのんびり待っているので、私たちもそのまま待つことに。


下りてきて、サッカー好きの孫のためACミランのショップへ。
英語の堪能なイケメンのお兄さんの勧めで、名前と背番号まで入れてユニフォームを購入。
ほぼ待ち時間なしで入れてもらうことができた。(帰国して孫が大喜びだったのは言うまでもない)
めったとお土産を購入することはないので、久しぶりに散財してしまいました
IMG_0147
この看板が見えたら商店街の中へ入っていくとすぐにショップは見つかる。
IMG_0148

また地下鉄ドゥオモの駅まで戻り、ホテルへ帰る。
IMG_0150
IMG_0154 (2)
IMG_0155 (2)

この日も結局部屋食に。