4日目 2011年7月14日
本日はセビーリャの市内観光から始まる。
まずはマリア・ルイサ公園へ。
公園の一角にあるスペイン広場にはスペインの各都市をタイルで描いた大きなベンチやサン・テルモ宮殿の一部の建物などがあり、私のお気に入りとなった素敵な場所だった。

こちらはセビリア考古学博物館。
RIMG0324
RIMG0325
RIMG0332
RIMG0336
RIMG0338
公園を抜けてスペイン広場へ。
RIMG0340
トレドの町のベンチ。
RIMG0346
こちらはグラナダ。
それぞれの街にちなんだ歴史的な出来事などが描かれている。
もちろん座ることもできるので、ここでしばしスペインの風を感じてみるのもいいかもしれない。
RIMG0362
セビーリャの街を描いたタイル。
RIMG0350
前日の「ピラートの家」同様、イスラム様式とヨーロッパ建築が混在したムデハル様式の建物。
RIMG0355
池にかかるタイルと焼き物の橋がまた素敵
スペインRIMG0375
陶磁器とタイルで飾られたテラス。
RIMG0357
RIMG0358
RIMG0360
優美なアーチと木組みの天井。
RIMG0361
2階のテラスからの景色。
1階部分がそれぞれの町のベンチとなっている。
RIMG0381

カテドラルに向かう途中で見かけたおしゃれな建物。
RIMG0382
街を走るトラム。
RIMG0387

カテドラルへ。
スペイン最大の聖堂ということだが、どうもスペインの金キラの装飾のカテドラルは好きになれなくて...
RIMG0386
RIMG0438
まずは「ヒラルダの塔」という鐘楼に上る。
かなりきつい階段を上っていく。
途中まではイスラム様式、上の鐘楼部分だけがキリスト教徒が付け加えたものらしい。
セビーリャの街並みも美しいが、この塔に上ると壮大なカテドラルの全体像が良く分かる。
RIMG0400
RIMG0403
RIMG0410
RIMG0402
カテドラル内部へ。
コロンブスのお墓もあったが、きれいな写真がなく、ごめんなさい
RIMG0420
RIMG0428
カテドラルの前には観光馬車もたくさん走っていた。
RIMG0437

そしてバスでグラナダへ移動。
途中にたくさんのヒマワリ畑が見えたが残念ながらほとんど茶色く枯れていたが、わずかにまだ咲いている畑もあった。
RIMG0450
ホテルへチェックイン後フリータイム。
夕食をパスし、予約していた洞窟フラメンコを見るため、日本語情報センターのビルへ。
夕食付のはずが、「今日はないので、返金するからその辺で食べて」と。
レストランに入るには中途半端な時間で、結局テラスのカフェでピザを食べることに

グラナダの街をぶらぶら散策。
強烈な日差しをさえぎってくれるオレンジの木。
RIMG0456
RIMG0459
カテドラル。
RIMG0462
RIMG0472

待ち合わせ場所からタブラオのバスに乗ってサクロモンテの路地を走り抜ける。
当初は欧米の観光客と一緒の場所だったが、乗り合わせた日本人カップルと共にもう一つの会場に移動させられる。
こちらには後から日本人のツアーがどっとやってきて、私たちは後ろの席に移動させられる。
しかもツアー客がずっとビデオを撮り続けているのを嫌って、ダンサーはこちらを向いて踊ってくれない。

というわけで、非常に不満足なフラメンコであった。
昨日のセビーリャがあまりに素晴らしかっただけにちょっとがっかり
RIMG0473
RIMG0474

フラメンコの帰りには夜景スポットに寄ってくれて、ホテルまで送ってくれた。
ホテルに着くと24時過ぎ。
長い一日が終わった。