今日も全国的に猛暑日ですね。
私も先日体調が悪くなりかけたので、無理は禁物です
どうぞ皆さん気をつけて

さて、カナディアン・ロッキーの旅、続きをお伝えします。

2日目
ランチ・ボックスを持ってラーチ・バレー・トレイルに出発する。
先ほど歩いたレイクショア・トレイルの途中から分岐しているところが、スタート地点。
看板には6人以上のグループで登るようにと注意書きがしてあったが、バカンスシーズンで、大勢のハイカーがいたので、とりたてて問題にはならなかった。
一応、レンジャーさんがいて確認しているようだった。
シーズンオフに個人で行かれる方は注意が必要かもしれない。
画像 049

こんなふうに緩やかな上り坂が続いているので、涼しい木陰を歩く快適なハイキングコースだ。
画像 056
途中木々の間からは、真っ青なモレイン・レイクが見える。
地元のハイカーの方たちもたくさん来ていて、すれ違う時には「ハーイ」と声をかけてくれる。
「あともうちょっとで景色のいいところに着くから頑張って!」とか、たくさん励ましの声もかけてくれた。
IMG_0002

途中の路や広場にはこんな花たちが咲いていた。
名前を全く調べていないので、ごめんなさい
DSC00007
DSC00010
DSC00011 (2)
DSC00020

テンピークスが見渡せる広場に到着。
ここまでのんびり歩いて1時間ちょっと。
ランチ・ボックスを広げるが、瞬く間に不穏な雲が広がり、今にも雨が降り出しそうになってくる。
IMG_0003
IMG_0006 (2)
IMG_0010

この先行くことをあきらめ、戻りかけた途端、雷鳴がとどろき大粒の雨が降ってきた。
山の中の雷、ほんとに怖かった
地元の方は慣れているのか、途中の木の下で雨宿りしたりしていた。
私は、カナダで雷に打たれて死んだらどうしようと、結構あせっていましたね

下りを速足で降り、30分ほどで湖のところまでたどり着くとご覧の青空。
レインウエアは着ていましたが、ずぶぬれなので、とりあえずロッジに戻ることに。
IMG_0020
IMG_0021

昨日遅かったこともあり、しばらくロッジの部屋でくつろぐ。
私たちの部屋は1階なので、部屋の前のテラスからこんな景色が見える。
IMG_0033

こんなかわいいお客さんも私たちを和ませてくれた。
IMG_0034
IMG_0037

モレイン・レイク・ロッジでは、宿泊者はカヌーが無料になるサービスも付いてくる。
お天気も良くなったので、カヌーを漕ぎに行く。
カヌー乗り場で部屋の鍵を見せれば、すぐに乗せてくれる。
ちなみに時間制限はないので、日中カヌーが出はらってしまうと、かなり待つことになるかもしれない。

初めてカヌーに乗ったが、私たちでもすぐに慣れ、湖もそれほど大きくもなく波もないので、安心して漕ぐことができた。
氷河からの涼しい風に吹かれ、のんびり1時間半ほどカヌーを楽しんだ。
IMG_0039

IMG_0041
IMG_0046
IMG_0048
DSC00026

ロッジへと向かうアプローチ。
IMG_0054

すっかりカナダの休日を満喫した私たちは、夕食の予約をレストランに入れておいたので、18時半、食事に行く。
あいにく写真がないが、たぶんニジマスのムニエルか何かを食べたように記憶が。
お値段もそれほど高くなく、サービスも感じ良かったです