毎日、梅雨空が続いていますね

先日、ニューヨークの美術館の情報を集めているときに面白い本を見つけたので、ご紹介します。
タイトルは「ニューヨーク美術案内」(千住博、野地秩嘉著 光文社新書)

日本画家の千住博氏によるメトロポリタン美術館とMOMAの作品の解説とノンフィクション作家の野地秩嘉氏によるニューヨークの美術館体験をまとめたもの。

特に私は千住博氏による美術館の楽しみ方は読みやすく面白かったです。
メトロポリタン美術館では、著名な画家を取り上げ、とかく日本人は解説を頼りにかしこまって作品を鑑賞するが、もっと肩の力を抜いて、画家たちと対話を楽しんだらいいという文章には深く共感し、MOMAでは、私もあまり知らないアメリカの画家を取り上げ、敬遠しがちなモダンアートの楽しみ方の文章には、ちょっとトライしてみようという気持ちを起こさせてくれました。

膨大な収集作品のあるメトロポリタン美術館で、何を基準に作品を重点的に鑑賞するか、それは一人一人の選択。

最後に「芸術とはコミュニケーションのことだ」という一文に、また新たな美術作品との出会いが楽しみになってきました

まだ母の容体のことがあるので何とも言えませんが、回復を願いつつニューヨークに想いをはせたいと思っています。
P1100478