先週に続き、全国的に大雪ですね。
関東地方でも今日一日雪が降り続きそうで、お仕事の方は大変ですね。
どうぞ、お気をつけて

P1060262
  雪にすっぽり埋まったチューリップの球根


オランダ・ベルギーの旅行に向けての準備の途中経過を報告したいと思う。

いろいろ下調べをする中で、ブルージュ、ゲントを一日で回る予定にしていたが、どちらも見ごたえがあり、ゆっくり回るのにどちらか一泊したくなり、時刻表とにらめっこしながら、考えてみた。

ブリュージュとゲントの評価は様々で、ガイドブックやツアーでは圧倒的にブルージュに人気があるが、夜景で言うならブリュージュよりゲントがすばらしいとの口コミが。
なのであえてツアーの混雑を避け、ゲントで一泊することにした。
幸い、アントワープからゲントまで、乗り換えなしで1時間ほどだ。
ホテルはゲントの駅前のカールトンホテル。
1泊92.5€だ。

またアムステルダムでも通常の運河クルーズではなく、パリのバトビュスのようなカナルバスが運行していることがわかった。
通常の運河クルーズでは海の方に出てしまい、世界遺産の環状運河からアムステルダムの街並みを眺めることが難しそうだ。
その点、こちらの方が、よりアムステルダムの運河を味わえるクルーズになっているとの情報で、24Hのチケットをネットで購入することに。
ゴッホ美術館や国立美術館などからすぐのところに乗り場があり、トラムではなく、カナルバスを利用して目的地に行くこともできそうだ。
ただ運航の本数が限られるので、あらかじめ、時刻表を見ながら、計画を立てた方がいいかもしれない。

さらに前回お伝えしていたミュージアムカルトだが、やはり観光案内所でもアンネの家でも買えないことが判明し、とりあえず、ネットでアンネの家の入場チケットを購入した。
20分ごとの区切りになっており、すぐに入場できるため、待ち時間が長いと言われるアンネの家の観光には便利なチケットだと思う。
IMG_0001A
IMG_0003A

IMG_0004A
タリスのeチケット。
3か月前から購入できる。
ブリュッセルからスキポール空港までで59€。
朝の時間帯のタリスは値段が高かったが、飛行機の発着時間に間に合わせるため、やむなく購入。
これでも定価よりはかなり安く購入できた。
ICでもそれほど時間は変わらないが、停まる駅が多いほど列車が遅れた時に影響するのでタリスにした。

IMG_0002A
キューケンホフ公園のチケット。
バスの乗車券と入場券がセットになったコンビチケット。
スキポールやライデンからのバスに使える。
もちろん現地でも購入できるが、窓口を探し、並んで購入する手間を考えると、日本で購入しておいた方が気が楽だ。
キューケンホフ公園が開園している時期ならいつでも利用可能だ。
キューケンホフのホームページは日本語なので、チケットの購入も簡単だ。