2日目
土砂降りの雨がうそのように晴れて青空が出てきた。
15時、メトロでルーヴル美術館へ向かう。

ミュージアム・パスの優先入場のおかげでそれほど待たずに中に入ることができた。
まずは古代エジプトの展示品から。
C10030053

さすがに「ミロのビーナス」の前には人だかりが。
C10030056

半地階のナポレオンホールに下りると、真っ青な青空がまぶしい。
C10030057

下から順番にざっくりルーヴルの要塞跡など見学していたが、中はかなり人込みだったので、もう少し空くまで待つことにし、いったん外に出る。
何回でも入場できるミュージアム・パスがあるからこそできることだ。
C10030059

R1003135

R1003136

カルーゼル凱旋門。
C10030061

そのままぶらぶらとチェイルリー公園へ。
すぐ近くにあるシティラマ社へ、明日から使用するロープン・トゥールという2階建オープンバスのチケットを取りに行く。
公園は花盛りで、お散歩が気持ちいい。
R1003143

このバスが。明日から乗るバス。
R1003145

17時を回り、再度入場する。
団体客がいなくなり、個人の観光客のみなので、大分空いた感じがする。
階段を上ったところにある、「サモトラケのニケ」。
C10030062

基本、美術館で絵の写真を撮るのはあまり好きではないので、写真は少ない。
目の前にある絵とじっくり対話したいので。
一つ一つの絵から受けるオーラは、その場にいるからこそ、感じることができると思う。
R1003156

R1003157

R1003160

C10030064

C10030065

じっくり堪能し、フードコートで夕食も食べる。
時刻は21時。
すっかり日が暮れ、ライトアップされ、美しい。
C10030066

バス24で、アパルトマンに戻った。