1日目 2008年10月2日(木)
旅立ちの日だ。
自宅を6時半に出発。
例によって成田空港近くのUSAパーキングを予約していて、ワンちゃんとともに預かってもらう。
空港まではバスで送ってもらい9時過ぎに到着。

ANAのカウンターでチェックインを済ませ、朝食をとる。
今回はパリまでの直行便、しかも日本のエアラインなので気が楽だ。
ANAのツアーだったため、事前の座席予約ができず、行きは通路側の席が取れたものの、帰りは窓側で、通路側の若い男の子は一度もトイレに行かず、非常につらいフライトになった。

定刻の11時25分離陸。
ANAの機内食、設備は可もなく不可もなくといったところ。
無難だが、それほどおいしい機内食でもない。

10時間を越えるフライトは今回が初めてで、最後の2時間が長かった。

ようやく16時40分、パリ シャルル・ド・ゴール空港に着陸。

何組かのツアーメンバーと一緒にホテルに送ってもらう。
パリと言う場所柄、お嬢さんとお母さんという組み合わせの方が多かった。

夕方でパリの街はラッシュアワーに入ってなかなか車が進まない。
第一印象は埃っぽくごみごみした感じで、ちょっと意外な印象だった。

パリの街中に入ってからは、さすが落ち着いた街並みに変わり、その間をバスが走りぬけて行く。
結局、私たちのアパルトマンが最後になったため、予定していたよりかなり遅くなって到着した。

キッチンには食洗機も供えられていて、フライパン、お鍋、カトラリー一揃え、お皿もあった。
なぜか部屋の写真が一枚もなく、残念。

R1010175

R1010172
  アパルトマン近くの散歩道
R1010174

パリも含めヨーロッパのスーパーは閉まるのが早いので、近所のスーパーはすでに閉店の時間になっていた。

あまりお腹もすいていなかったので、夕食は日本から持参したお茶漬けで済ませることにし、近くのメトロの乗り場の確認に出かける。

ツアーにはカルネという10枚つづりの回数券も付いていたが、それだけでは足りないので、追加のカルネと明日ヴェルサイユに行くためのモビリスというチケットを購入する。
モビリスは1日乗車券で、1日だけちょっと郊外に出かける時など便利。
ヴェルサイユに行く場合はゾーン1~4を購入すればよい。
モビリスは9.6€、カルネは11.6€だった。

地下鉄の窓口で書いたメモを見せながら、何とか購入できた。

明日はヴェルサイユに一番乗りをし、混む前に見学する予定。

部屋が広いので食事をとるスペースもたっぷりあり、快適だ。
時差ボケもあり、早々に休む。