4日目 2019年1月12日(土)
明日は移動で一日終わってしまうので、実質、観光できる最終日だ。
いつものようにコンビニでパンとヨーグルトを購入。
ほんとは朝粥でも食べに行きたかったが、1人だとどうしてもお店に入るのが億劫になってしまう。
まだ一人旅に慣れていないので、観光でいっぱいいっぱいなのだ。

とりあえず、朝食を済ませ、すぐ近くのバス停から28Cのバスに乗り、ロウリムイオック公園に向かう。
車内のアナウンスも中国語と英語で、それらしきところに近づいたので、ブザーを押してバスを降りる。

降りてすぐのところにあったのが、澳門茶文化館だ。
入口から入るとこんな素敵な空間が演出されている。
中はそれほど広くなく、すぐに裏庭に出てしまったので、とりあえず、いったん通りに出て、ロウリムイオック公園に向かう。

273

ここは私のお気に入りの盧家屋敷の持ち主の庭園で、古典的な蘇州様式の作りになっている。
屋敷同様、どこをとっても持ち主のセンスが感じられる、素晴らしい庭園だった。
早朝だったこともあり、街中にありながら静かなたたずまいで、ゆっくり散策できた。
275
  入口
276
  観音様もオブジェの一つだ
277
  中国式の回廊で行き来できるようになっている
278
  1月でもハスの花が
279

280
  東屋に置いてあるベンチもかわいらしい
281
  こちらは澳門茶文化館とつながっていた 盆栽が展示してある

282
  澳門茶文化館の建物 裏から見た方が美しい洋館だ
283
  近所の人が太極拳をしている 土曜の早朝なので、あちこちで見かけた

ここから歩いてギア教会、灯台を目指す。
ロープウェイで上るはずが、道を間違えそのまま歩いて上ることに。
真冬にも関わらず、お花がいっぱいの公園。
285

286

287
  太極拳をしている人 年配の人だけでなく若い人も結構いる

世界遺産のギア教会と灯台に着く。
教会は1622年に建立されたもので、当時のフレスコ画が残るが、現在は写真撮影禁止になっている。
灯台は1865年に建設されたもの。
教会と対になったようなデザインがかわいい。

中学生くらいの学生さんが校外学習らしく、あちこちで写生をしていた。
みんなまじめで一生懸命だ。
290

マカオ半島の最高地点の丘のため、お天気がいい時は中国大陸まで一望できるそうだ。
今日はあいにくガスっている。
293

294

ここからミカエル墓地に向かうが、地図を眺めながら歩いていると、30代の夫婦が声をかけてくれた。
思っているよりも遠いし、バスの便も悪いので、下の大通りに出たらタクシーで行った方がいいと教えられる。
親切に手招きでこっちの階段を下りた方が近いと案内してくれる。
こんな出会いがあるから、街歩きは楽しい。