このイタリア旅で私がどうしても行ってみたいところがいくつかあった。
須賀敦子さんのエッセイを愛読していて、イタリアの田舎にあこがれていた。
彼女の本に出てくるシエナを始めとするトスカーナ地方、そしてアッシジ。
イタリア初旅にも関わらず、私にとって外せない場所だった。
もう若くもないので、そうそう何度も行けるところではないし、悔いが残らないように王道の観光地にプラスすることにした。

基本、自分たちの足で回るとして、移動が難しいところはいくつか現地のオプショナルツアーを予約した。

フィレンツェからピサまでは激安往復バス。バスのみで現地では自由行動だ。別にピサの公式サイトより斜塔に上るチケットは手配しておいた。これはトラベルドンキーで二人で54€。

シエナ・サンジャミーノ・キャンティを回るツアーは自由時間が長いというのが魅力で、ロッティツアーより申し込んだ。こちらは日本語ガイド付きだ。ワインのテイスティングのときなど、私たちの英語力では心もとないと思い、かなり割高だが、日本語ガイドにした。二人で180€。

南イタリアはローマよりいろいろツアーはあったが、ソレントに泊まり、カプリ島でも青の洞窟以外に観光できるということで、Alan1で1泊2日のツアーを申し込んだ。二人で714€。
ナポリの車窓見学、ポンペイ遺跡、そしてソレント。翌日はソレントよりカプリ島へ渡り陸路で青の洞窟へ。そのあと、アナカプリやカプリの街の自由時間があり、ナポリよりローマへ戻るルートだった。
このツアーにそれだけ払う価値があったのかと聞かれると、正直迷う。
宿泊は4つ星ホテルと言われていたが、部屋はかなり狭かった。食事はツアーの食事という感じでまずくて食べられないほどではないが、それほどおいしくもなかった。
ただ天気が良かったこともあり、ポンペイからソレントまでの海岸線の景色やオーストラリアやカナダから参加していた人たちとの交流は楽しかった。
ポンペイの日本語ガイドさんは熱く遺跡のことを語ってくださり、青の洞窟も陸路のため、ほとんど日陰で、船にも揺られず、待つことができた。
またカプリ島のそれぞれの自由時間では絶景の展望台にも行け、十分にリゾートの気分を味わうことができた。
一度しか行かないのなら、こんな贅沢も許されていいのかなと思う。
こればかりは、天気によって印象が全く変わってしまうので、何とも言えないが。

そのほかネットで手配したのは、ヴァチカン博物館の予約、サンマルコ大聖堂に優先的に入れる時間指定の予約、ヴェネチア水上バスのチケット、サンマルコ広場周辺の美術館の優先入場チケット(午後を選択すると安くなる)。
ピサ斜塔バチカン美術館
 ピサの斜塔の予約チケット          ヴァチカン博物館の予約チケット
ベネチアMark's

P1010880
 水上バスのチケット              サン・マルコ広美術館の優先チケット
 事前購入は早いほど割安になる 
       ドゥカーレ宮殿も入れる