夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

「風の勇士ポルダーク」の美男美女コンビにぞっこん

3月に「風の勇士ポルダーク」シーズン5が放映される前にシーズン4がシネフィルWOWOWで放映されました。



イングランドのコーンウォール州を舞台に繰り広げられるこのドラマは同名の歴史小説に基づいて制作されています。


イングランドがフランスとの戦争に明け暮れるというこの時代、その地を治める領主たち、そしてそこに暮らす人々。


史実に基づき書かれた原作をかなり忠実に再現し、そこには英国お馴染みの議会でのやり取りもかなり赤裸々に語られています。


利権をむさぼる司教や政治家の姿も見ものですが、やはり何といってもこのドラマの魅力は主役を演じるエイダン・ターナーとその妻エレノア・トムリンソンではないでしょうか?


英国ドラマには珍しく美男美女コンビ。

どちらも私好みなので、それだけでドラマにくぎ付けです



そしてコーンウォールの美しい自然の映像。

どれも相まってこのドラマの魅力を盛り上げています。


ドロドロした場面もあるけれど、その根本にあるのは自然の中で暮らす人々のあり様。
その辺がドロドロさをあまり感じないこのドラマの魅力かもしれません。


3月のシーズン5が待ち遠しいですね

見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020

今年も見沼の桜の情報をお届けする時期がやってきました。


最近は重いニュースが多く気も滅入りがちなので、明るいニュースを



各地で河津桜が満開のニュースが届いていて、ソメイヨシノも東京では3月15日開花の予想が出ています。


いつもお花見を楽しみしている見沼氷川神社公園もさぞかし河津桜が咲き始めているのでは...と期待して出かけたのですが、いつも飛び切り早く咲く早咲きの桜以外の河津桜はほとんど咲いておらず、ソメイヨシノの蕾もまだまだ固かったので、東京よりだいぶ遅れて開花するのではないでしょうか?


とりあえず1本だけ満開だった早咲きの桜を。
(どう見ても河津桜の花に似ているのですが、別な品種?)
IMG_0031
IMG_0021
IMG_0027
IMG_0029
IMG_0034

それ以外の河津桜の様子です。
IMG_0038
IMG_0042

ソメイヨシノの蕾はこんな感じ。
IMG_0051


池の中州ではカルガモが巣作りをして警戒中。
IMG_0007
IMG_0011


ハーブ園のお花たちはまだこれからですが、通りのむこうに鮮やかな新芽を見つけ思わずパチリ。
IMG_0015


こちらはシジュウカラ。
IMG_0046


公園の入り口にはシェアサイクルのスタンドができていました。
これからの時期、見沼田んぼの道をサイクリングするのは気持ちいいでしょうね
IMG_0054
IMG_0005


用水路沿いに咲いていた白梅と寒桜。
IMG_0003
IMG_0055

朝のうちだったので、風もなく、久しぶりにのんびりしました。


そこで気になることが一つ。
公園でお散歩中の方もマスク姿

密閉された空間ではマスクを着用することは重要だと思いますが、それ以外の場所でのマスクはちょっと過剰反応じゃないかと思ってしまいます。
(もしかして花粉症かもしれませんが...)

不要不急の外出は避けるようにと言いながら、ラグビーやサッカー、野球などたくさんの人の集まるイベントは中止になっていません。

一方で不安をあおるような報道をし人の気持ちを縛るようなことをしながら、他方でそれとは真逆の事が行われているのは、実際どうなんだろう?という気がします。


私たち自身が正しい情報をキャッチし、新型コロナウィルスの感染拡大に努めなければと思います。

マイルで行くベトナム北部・中部ひとり旅 2020 <13>フエからダナンまでの移動手段はハイヴァン峠越えのツアーでリスク軽減

日本でのコロナウィルスの市中感染が確実になり、日々状況は変化しながら悪化の一途をたどっています。



ニュースでは必ず海外の渡航歴の有無が報道されていますが、熱があっても満員電車で通勤する、バスツアーに参加するといったことが行わている日本の方がはるかにリスキーです。


先日もお伝えしたようにベトナムでは早期に中国本土からの渡来を禁止し、空港も何日か閉鎖して徹底的に消毒するといった対策をとり、さらに学校も休校中です。


もし日本が早くにそういった処置を取る決断ができていれば、状況は全く違ったものになったでしょう。


よそからの感染は大騒ぎする割に、自分が知らず知らず感染源となっていることに全く無頓着な人が多いのも、やはり報道の在り方などに問題があるような気がします。



前回お伝えしてからまたいろいろと悩みましたが、少なくともベトナムでの感染リスクは少なく、日本人が入国拒否になるような事態に発展しなければ、そのまま旅をする予定でいます。



ただ状況が悪化していることを考え、自分が感染源にならないためにも、ベトナム国内での移動は気を付けようと思います。


具体的にはフエからダナンの移動はシンツーリストのスリーピングバスを考えていましたが、ハイヴァン峠を経由しダナンへ向かう少人数のツアーを見つけ、そちらで移動することにしました。


ヨーロッパ本国ほどでないにしても、やはり欧米人の日本人に対する視線は厳しさを増しています。

少しでもそういったリスクを減らしていくことは旅の快適性の意味でも重要かなと思っています。


具体的にはフエのホテルから木造橋で有名なタントアン橋、ランコービーチ、ハイヴァン峠を経由し、ランチが付いてダナンのホテルへというツアーです。


get your guideで一人1894円とリーズナブル。


朝8時に出発し13時に到着予定。
一人参加の割増料金もありません。

まさにアメリカ 「大草原の小さな家 特別版 帰還」

思い入れのある原作を映画化されたりドラマ化されされた時ほど、自分の評価が分かれることが多い。


あまりに有名なローラ・インガルス・ワイルダーの「大きな森の小さな家」のシリーズは私にとってはかなりお気に入りの本だっただけに、正直このドラマに関してはなかなか高い評価を下すことはできなかった。


私は開拓者として生活する日常、自然との闘いなど彼女の素朴な文章に心惹かれ、その世界を愛してきた。



ドラマの最初のシリーズではそうした場面も登場し楽しみにもしていたが、次第に彼女の世界とかけ離れた逸話も多くなり、ちょっぴり残念な思いもしながらドラマを見続けて。

この人たちがトランプさんの支持基盤を支えているのだろうなと思うことも...
もちろん時代背景は、まだまだ古い価値観の残る中での生活であったとは思うが、父親役のマイケル・ランドンの脚本には納得できないストーリーも多々あった。


その中で、本日「特別版 帰還」の放映があり、ある意味この物語の世界こそがまさにアメリカなのだという思いを強くした。

アルバートが医学部に入学する直前に白血病にかかり、余命いくばくないと告げられる。

彼は最後まで自力で挑戦することをあきらめない。
そんな生き様こそ多くのアメリカ人の理想ではないかと。

挑戦することに意義があり、そして自分の力でつかみ取ることに価値がある。


今は考え方も多様化しそれがすべてではないだろうけれど、どこか根っこの部分に自力で独立を勝ち取り、大変な思いをしながら開拓を進めてきた、その思い、誇りが残っているような気がする。


そんなことを思いながらドラマを見ると、やはり独立心の強かったローラの面影が残り、多くの人に愛されてきたドラマというのも納得できるような気がしてきた。

この先の展開は予想がつきそうだが、それも含めてやはり愛すべきドラマかなと思う。

ローズマリーも咲きだしました 2020

少し前からぽつぽつ花を咲かせていたローズマリー。

秋に大分刈り込んでしまったため花は少な目ですが、この時期らしいコバルトブルーの花はいいですね
IMG_0001
IMG_0003

最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • 見沼氷川神社公園の早咲きの桜が満開に 2020
  • ローズマリーも咲きだしました 2020
  • ローズマリーも咲きだしました 2020
  • 早くもアネモネが咲きだしました 2020 
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 我が家のクリスマスローズ 第2弾 2020
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
  • 3世代で湯西川温泉かまくら祭りへ 2020 ③宿泊した「揚羽」新本館の紹介と送迎バス「湯けむり号」の情報
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー