夢は枯れ野を...

団塊世代夫婦の個人旅行記(海外、国内)をメインに、近所の散歩道、山歩きなど気の向くままに綴っています。

写真の無断転載はご遠慮くださいね。 ホームページ上から写真が大量に消えています。 勝手に写真を盗用され悲しい思いです。 大した写真ではありませんが、私にとっては大切な思いが詰まっています。 どうかご理解のほどを。

もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの

東京ではさらに感染が拡大しサイタマにもその余波が及んでいます。

自粛要請依頼後お出かけもせずおとなしく籠っていましたが、もう一度見たい景色に会いに尾瀬沼へ。
ニッコウキスゲはほぼ見ごろのようですが、天気予報を見ても雨マークばかり。

関東が梅雨明けとなる21日以降も東北南部は雨が続く予想です。

何とかその合間を縫って日帰りで出かけようと思います。


首都圏から地方への感染拡大が懸念される中で、自分が感染しないのと同時に地元にも感染させない準備はしていこうと思っています。


この度の感染拡大に関してはもっと強制力のある対策を求める意見もあるようですが、これからコロナとの長い闘いになると思えば、まずは自己管理で感染拡大を防ぐしかないのでは...と思っています。


最近気になることと言えば「マスクをしていたから濃厚接触者はいないという」という判断ですが、マスク神話はクルーズ船の感染で崩れたのでは。

手すりやドアノブ、トイレが重要な感染源だからこそ手洗いを30秒ということだったはずですが、すっかり忘れられているように思います

ということで高速道路のSAなどで予防対策グッズを用意しました。
IMG_0001

マスクは使用しないときは折りたたんでしまえるものをネットで購入。
IMG_0004
IMG_0005


山ですれ違う時などにはウレタンのマスクを使用。
IMG_0011



今回は大清水から一ノ瀬まではバスを利用。
そこから三平峠まではかなりぬかっていて木道が滑りやすくなっているとのオットからの情報で、スパッツ、ストックも持って行くことに...
IMG_0009

ザックのカバーもマストですね。
もちろん、雨具、折り畳み傘は必須。
IMG_0013

意外と便利なのが手袋です。
雨が降って急に寒くなった時、これをはめるだけで大分寒さも防げます。
IMG_0015



YouTubeなど見ているととんでもない格好で大清水から尾瀬沼まで歩いてる方も見かけますが、やはりハイキングではなく登山の準備をしていった方が、自分だけでなく地元の方にも迷惑をかけずに済むと思います。
特にこの時期は...


ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ

今日も雨とため息をつかれている方も多いことでしょう

そして災害の危険のある地域ではどうか被害が少なく済むようにと祈るばかりです。


我が家のミニトマトもこのところの雨続きで色づきが進みません。
過ぎたるは猶及ばざるが如しですが、ここまで続くと...


ちょっと前に収穫したミニトマト4種類の食べ比べの報告です。

私のイチ押しはフルティカ。
実のなりも良く、甘く大きな実がなります。
皮も柔らかいので食べやすいです。
写真では小ぶりですが、普通のミニトマトの倍の大きさになります。
IMG_0009


その次にお勧めなのがイエローアイコ。
程よい酸味がさわやかです。
実のなり方もいいですが、唯一この苗だけが尻腐れ病にかかったので、注意が必要。
なかなか黄色のミニトマトの苗は入手できませんが、こちらは手に入ったらお勧めです。
IMG_0003 (4)


アイコは口コミではナンバーワンだったので、期待していたのですが、意外と皮が堅く、食べづらいです。
トマト独特の香りは強いので、そちらが好みの方にはいいかもしれません。
我が家ではオットの評判が今一つだったので、来年の出番はないかもしれません。
実のなりは良いので、育てやすいと思います。
IMG_0005


最後が千果。
通常のミニトマトの大きさですが、何より実のなり方が悪いので、こちらも来年は出番はなさそうです。
味はフルティカほどの甘みはなく、市販のミニトマトと同様の感じがします。
IMG_0013


追記
その後青虫は1匹退治しただけであとは発生していません。
毎日虫チェックが欠かせません

ミステリーinパラダイス シーズン9を一気見

厄日なんてあんまり信じていませんでしたが、まさに昨日が私にとっての厄日でした

まず手を滑らせ愛用のご飯茶碗を割り、猛暑の午後に寝室のエアコンが故障
15年目のエアコンだったので、そろそろ寿命とは思っていたのですが、よりによってこれから梅雨が明け暑さに向かうまさにその時に故障するとは...

早速近所の家電量販店へ。
毎日が日曜の我が家なのに、コロナがまた流行しだし買い物客で混んでいる日曜に故障するとは

コロナで不況なのかと思えば、大手企業や公務員は影響がないのでなかなかの混雑ぶり。
取付工事も最短で28日と言われ愕然とするも、ともかくその日を確保。

我が家で一番フル稼働しているエアコンなので、最新のお掃除機能付きにしましたよ

歳をとると家電の利用期限が気になりますね。
買い替えたエアコンで私がおさらばするまで持つのかどうか...


今回の豪雨災害にしても、もう少し高齢になって災害にあった時、我が家で果たして家を再建するだけの余力があるだろうか?色々考えてしまいます。



そんな気分を吹き飛ばしてくれる「ミステリーinパラダイス」の新シーズンが一挙放映されました。

舞台は英国領のカリブ海の架空の島セント・マリー島。
英国の暗く陰鬱な景色とは真逆の世界。
だから英国人には人気のエリアなんですよね。


そんなカリブ海の島で活躍する警部補はやはり英国では異端児と呼ばれるちょっと変わった人たち。

今シーズンではついに4人目の警部補が登場します。

南の島の開放的な雰囲気が漂う島でも、そこかしこに英国らしさも感じてしまうドラマ仕立てになっています。

英国はやはりヨーロッパのなかで一番律義な国ではないかと感じ、日本人にとっては居心地のいい場所だなと思います。


そして最後に関係者を集めて謎解きを公開するのもアガサ・クリスティーのポアロに対するオマージュを思い起こさせます。

事件自体はシリアスですが、解決方法はアナログで、美味しい島の料理やラム酒もよく登場します。

のんびり癒されながら、ちょっとハラハラドキドキ。


重いニュースの続く今の気分にピッタリの英国ミステリーではないかと思うドラマです。

今日のウォーキングで出会った花たち 百日紅 2020

雨続きのため、いつものウォーキングで咲いているお花も少な目。

夏を代表する百日紅。
普段は大木で見ることが多いので、お花も見上げる形になりますが、道端の百日紅はまだ小さいので、ちょうど目の高さに花が咲いています。

残念なことにうどんこ病にやられてあまりきれいではありませんが、何とかかわいいピンクのお花を咲かせてくれました。
DSCN2827

この花は名前が分かりません
DSCN2824

キャリアを積んだ女性の生き様が羨ましい「グッド・ワイフ」

FOXでグッド・ワイフの放映が始まりました。
2度もエミー賞を受賞したこの作品はあちらこちらのチャンネルで放映されているので、ご覧になった方も多いと思います。


いかにもアメリカのエリート層の仕事ぶりや日常生活は大半の庶民の生活とはかけ離れているといった指摘もありますが、平等主義がはびこっている日本から見ると羨ましい生活です。

もちろんそこにたどり着くまでに、お金持ちの親の援助で私学へ行き有名大学を出て、さらにキャリアを積むためにたゆまぬ努力を積み重ねようやく勝ち取ったもの。


日本以上に格差社会のアメリカではこうしたエリート街道を歩む道はかなり狭められていて、一般の庶民はなかなか入ることができない世界らしいです。


それでもこうした成功を収めれば、高級なスーツに身を包み、広い家に住み、子どもは高い学費を払って私学へ通わせることもできます。


かたや日本ではこうした専門職に就き社会的に認められた地位についたとしても、こんな生活を送れるほどの収入を得ることは難しいでしょう。

日本ほど専門職が軽視されている社会はないのでは...
それだけの努力を積み重ね得られた専門職が一般の庶民より低いお給料に甘んじ、貴重なキャリアも無駄になってしまうことも多いです。


そんな状況ではなかなか専門職に就きキャリアを積もうという女性も数少ないですね。


どこかで努力が報われ、それがエネルギーとなってキャリアアップを積む女性が増える時代になってほしいと願わずにはいられません。



そして輝かしい成功を収めてもまだまだキャリアと家庭の両立をしていかなければならない彼女たちの姿は、単なる法廷ドラマにとどまらない魅力を持っていると思います。

ある意味エリートの理想かもしれないけれど、仕事だけではなく家庭も両立させていく姿にこれからも励まされることでしょう。

私的はカリンダ・シャルマ役のアーチー・パンジャビの鋭い突込みが好きです
最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

okeihan

ギャラリー
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • もう一度見たい景色ニッコウキスゲ咲く尾瀬沼へ 2020 <1>尾瀬に行くにあたって感染予防で用意したもの
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • ベランダでミニトマト栽培 <15>我が家のミニトマト食べ比べ
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 百日紅 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち 百日紅 2020
  • アゴタ・クリストフの衝撃的な「悪童日記」の第2,3作 「ふたりの証拠」「第三の嘘」
  • 我が家の夏の花 サルビア・ガラニチカ 2020
  • 我が家の夏の花 サルビア・ガラニチカ 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • ベランダでミニトマト栽培 <14>青虫に実がかじられる
  • 大人の冒険譚「モンテ・クリスト伯」
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • 今日のウォーキングで出会った花たち すでに夏真っ盛り 木槿
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ベランダでミニトマト栽培 <13>昨日の大風、大雨で枝が折れ曲がる
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ラベンダーをポプリに 2020
  • ベランダでミニトマト栽培 <12>イエローアイコ、千果色づく
  • ベランダでミニトマト栽培 <12>イエローアイコ、千果色づく
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • 今日のウォーキングで出会った花たち ツルバキア 2020
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • お手頃価格で使い勝手のいいキャンプテーブルを購入
  • ベランダでミニトマト栽培 <11>フルティカも色づき始めました
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
カテゴリー